広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 世界の核を日本へ | トップページ | 過去の町に行く »

2013年1月 8日 (火)

ビフォー&アフター 佰年珈琲

大手町通りに、前のお店の雰囲気をほぼそのまま残したカフェ「佰年珈琲」がオーブンした。

 Image

町屋風の木造建物の入口の格子戸を開けて入ると、
土間の向こうの木のカウンターに、受付の女性が立っている。
カフェというのに、客席は全く見えない。
ここがカフェ?
と一瞬戸惑う。

1階がカフェで
2階、中3階はchano-ma2、食事もできるという。

靴を脱ぎ、
畳の廊下を歩いて奥に行くと、
幅1m、長さ10mあろうかという大きな木のカウンター席があり、
その前には太い丸太を輪切りにし、四角くカットした椅子がおかれている。
1枚板の木のカウンターは今では手にいれるのも難しいだろうと思う。
部屋は薄暗く、カウンターの上には小さな四角い和紙の照明器具が置かれ、
低くジャズのBGMが流れている。

茶と黒の土壁、
燻されてか茶色く光る竹の天井、
床には、かなり古そうな板が張られている。

コーヒーは凝りに凝っている、
目の前で豆を挽き、いれてくれる。
コーヒーの匂いがいい。

豪華ではないが、
スタバ、ドトール等と全くちがった独特のオシャレな雰囲気がある。

コーヒーが500円というのは、高いといえば高いが、
その値段で、こんなにも優雅な、豊かな気分になれるのだから、
それをおもえば、安い。

お客は殆ど若い女性だ。
1人で来ている女性もいる。

その感度の鋭さに驚く。

元々ここは、
古民家を改装し、京料理を売りとする「茶茶貳MOON」ダイニングバーだった。

何度か食事したことはあるが、その時はそれほど特別な感じはなかった。

それが、
建物をほぼそっくりそのままの残し、用途をカフェに変更するだけで、
こんなにも不思議な空間に生まれ変わるとは、
信じられない。
驚く。

建物の改装前と後の違いを取り上げた番組、
「ビフォー&アフター」が人気だが、
ソフト、使い方にも「ビフォー&アフター」があるとは、
思わなかった。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


茶茶貳MOONの時に何度か行ったことがありますが、こんなに変わっているのですね。
今度、コーヒーを飲みに行ってみたいと思います。

投稿: アコ | 2013年1月 8日 (火) 14時21分


アコ様

街に、新しい施設ができるのも楽しいことですが、
こうした秘かな変化も楽しいことですね。

投稿: 元安川 | 2013年1月 8日 (火) 15時15分

« 世界の核を日本へ | トップページ | 過去の町に行く »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

茶茶貳MOONの時に何度か行ったことがありますが、こんなに変わっているのですね。
今度、コーヒーを飲みに行ってみたいと思います。

アコ様

街に、新しい施設ができるのも楽しいことですが、
こうした秘かな変化も楽しいことですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/56384012

この記事へのトラックバック一覧です: ビフォー&アフター 佰年珈琲:

« 世界の核を日本へ | トップページ | 過去の町に行く »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31