広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ガスのハイブリッド車 | トップページ | アベノミクス »

2013年1月25日 (金)

選択肢が3つ ー岩国錦帯橋空港

昨年の12月13日、岩国錦帯橋空港が
米軍、防衛省との軍民共用空港として開港した。

米軍との共用空港としては青森県三沢空港についで、2番目だという。

岩国空港としての工事費の内訳をみると、
岩国基地としての整備費は、
直接工事費2,400億円。関連工事費は軽く1,000億円を越える。
この費用には、
滑走路を1キロ沖合に移設する費用と、
米空母艦載機を神奈川県の厚木基地から岩国基地に移転させるための費用を含んでいるという。
民間空港とするための駐機場等の整備費は46億円、
ターミナルビルの工事費は15億円程度のようだ。

民間空港にするための工事費は基地整備費の数%に過ぎない。

随分と安あがりにできている。

それはいいが、
日本で2番目の軍民供用空港誕生の背景には、
岩国市が空母艦載機の移転を受け入れたことへのお礼の「アメ」の意味が込められているようだ。
なんとなく原発建設と同じような構図ではないかと思えてくる。

しかし全く別の見方も出来そうだ。

東日本大地震は、想定を超えることが起こり得るのだから、
被災地の人々が生存していくには、
バックアップシステムをいかに確保するかが、必須の条件であるということも教えてくれた。

そして今、南海トラフ大地震に限らず、東京直下型地震、テロによる原発攻撃等様々の事故が起こりうるといわれている。

その際、生き延びるためのボイントは、
1:水、食糧をいかに確保するか。
2:交通、情報系をいかに確保するか。
だという。

2の交通系についてみると、
広島の交通機関は、JR西日本在来線、新幹線、山陽自動車道とあるが、
それらが切れた時、
空からのサポートシステムとして、既存の広島空港に加えて、岩国錦帯橋空港も位置づけられる。
この2つの空港は、海外からのアクセスボイントとしても使える。

西飛行場はヘリポート空港にはなったが、
それも加えれば、空からのアクセスボイントの選択肢は3つもあるということになる。

東京にはヘリポート、羽田空港、調布飛行場と幾つかの空港があるが、
広島には、
「大型の旅客機が離着陸できる滑走路を持った2つの空港と、都心から車ですぐに行けるヘリポート」
もある。
国内に、こんな都市は他にはない。

この際、空港を別の視点から捉え直し、位置づけて見てみることも、
それなりに意味のあることではないだろうか。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


岩国で米軍との共用ができるんであれば、
横田、厚木の基地もそうしたらいいですね。
さらに沖縄の嘉手納基地も軍民共用として欲しいですね。
それが全ての基地が日本に返還されるための道かも知れませんね。

投稿: 宇品灯台 | 2013年1月25日 (金) 15時40分


在日米軍基地が日本に返還、自衛隊が運営しその中に米軍を受け入れる形がベストかもしれませんね。 あくまで主導権は日本側にしたいですし。

投稿: | 2013年2月25日 (月) 15時07分


在日米軍基地の共同利用、次に返還。
そしていずれは基地のいらない世界になって欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2013年2月25日 (月) 16時06分

« ガスのハイブリッド車 | トップページ | アベノミクス »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

岩国で米軍との共用ができるんであれば、
横田、厚木の基地もそうしたらいいですね。
さらに沖縄の嘉手納基地も軍民共用として欲しいですね。
それが全ての基地が日本に返還されるための道かも知れませんね。

在日米軍基地が日本に返還、自衛隊が運営しその中に米軍を受け入れる形がベストかもしれませんね。 あくまで主導権は日本側にしたいですし。

在日米軍基地の共同利用、次に返還。
そしていずれは基地のいらない世界になって欲しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/56578880

この記事へのトラックバック一覧です: 選択肢が3つ ー岩国錦帯橋空港:

» 錦帯橋周辺ひな飾りに物語性 [ローカルニュースの旅]
「桃の節句」に合わせ、岩国市の錦帯橋周辺の街角をひな人形で飾る恒例のイベントがことし、例年の七段飾りからストーリー性を持たせた展示に変更される。主催する岩国ひなまつり実行委員会がかぐや姫をイメージしたり、花見風にしたりと展示に工夫を凝らす。地元商店などの協力も得て、手芸品のワークショップなども企画し、集客力アップを図る。... [続きを読む]

« ガスのハイブリッド車 | トップページ | アベノミクス »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31