広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 最も高い原発の電気代 | トップページ | ネットが安くて早い »

2012年12月 3日 (月)

広島菜と野沢菜

広島菜漬をいただいた。
ここしばらく広島菜漬けを食べていなかった。

柔らかくて、味に深みがあって美味い。
こんなに美味かったかな?
歳を取ると、人は古くから馴染んできた漬物への回帰があるのだろうか。

東京にいる頃、何度か野沢菜漬を食べたことがあるが、こんなに美味くはなかった。

改めて近くのスーパーで、野沢菜漬を買ってきて、食べ比べてみた。


Image_4


野沢菜漬は塩辛く、幾分硬く、噛んだあと繊維が口の中に残る。

広島菜漬は柔らかく、味に深みがある。
広島菜漬は麹と昆布で漬けているというが、
それがこの味を作っているのだろう。

野沢菜漬と広島菜漬は同じアブラナ科で、同じく京都をルーツとするらしいが、
見かけは殆ど同じだが、
その味も歯ごたえも全く違う。

知名度ははるかに野沢菜漬の方が高いが、
広島菜漬の方がはるかに美味い。

広島県は「おしい広島県キャンペーン」をしているが、
私は、この広島菜漬を「美味しい広島県」の代表として推薦したい。

頂き物は、普段の食生活を無視して届けられる。
それは、しばらく忘れていた価値を思い出させてもくれる。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


信州の野沢菜、九州の高菜、広島の広島菜は日本の三大漬け菜と言われていますが、広島菜は耐暑性・耐寒性がなく、婚弱性が強い上に広島市近郊でしか作られておらず生産量が少ないので、関東では殆ど見ることがありませんね。

一度、新宿のサザンテラスにある広島県の物産館で買ったことがありますが、たまたまでしょうけど広島で一般的な広島菜とはちょっと違う感じがしました。

投稿: 灰猫 | 2012年12月 3日 (月) 09時07分


灰猫様

私のいただいたのは、長崎屋の広島菜でしたが、美味しかったです。
もみじ饅頭もお店によって随分味が違いますからね。
どこそこの広島菜ということも、あるのでしょうね。

投稿: 元安川 | 2012年12月 3日 (月) 09時37分

« 最も高い原発の電気代 | トップページ | ネットが安くて早い »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

信州の野沢菜、九州の高菜、広島の広島菜は日本の三大漬け菜と言われていますが、広島菜は耐暑性・耐寒性がなく、婚弱性が強い上に広島市近郊でしか作られておらず生産量が少ないので、関東では殆ど見ることがありませんね。

一度、新宿のサザンテラスにある広島県の物産館で買ったことがありますが、たまたまでしょうけど広島で一般的な広島菜とはちょっと違う感じがしました。

灰猫様

私のいただいたのは、長崎屋の広島菜でしたが、美味しかったです。
もみじ饅頭もお店によって随分味が違いますからね。
どこそこの広島菜ということも、あるのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/56139805

この記事へのトラックバック一覧です: 広島菜と野沢菜:

« 最も高い原発の電気代 | トップページ | ネットが安くて早い »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31