広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 通帳の磁気ストライプ | トップページ | 政治家を選ぶ選挙 »

2012年11月17日 (土)

死、そして生まれるーおじいちゃんが亡くなった

東京滞在中の11月2日 、
「0:28  おじいちゃんが亡くなった」と、
妻からメールが入った。

即ソラシドで、鹿児島行きの便をとった。

こんな時、ネットは便利だ。
夜夜中でも予約ができる。
料金も正規料金の半額以下だ。
飛行機は今流行りのLCCだ。
それでも、乗る飛行機はANAとの共同運航だというから可笑しい。

義父の死は、予想はしていたが、それにしても早かった。
入院してから8日目で亡くなった。
入院した時は「あと1年くらいです」
といわれ、
3日目くらいに「あと1ヶ月くらいかもしれません」
といわれ、
7日目には「あと1週間かもしれません」
といわれたが、その晩0時に過ぎに亡くなった。

87歳だった。

妻の父だつたことと、遠いこともあって、それほど度々お会いしていたわけではないが、
亡くなると、やはり無性に寂しい。

Image_2

義父は80歳になったころ、パーキンソン病を発症し、
それから、急速に老化が進み、
要介護3にまでなっていた。

あれほど肥っていたのにガリガリにやせ、
2週間ほど前からは、何も喉をとおらなくなり、
水を飲んでも痛いというようになったという。
改めて検査をしたら、膵臓、胆嚢、肝臓、肺、骨まで癌が進行していたという。

おばあちゃんは20年くらい前、60歳を過ぎた頃、
胃の全摘手術をしたこともあって、
ガリガリに痩せ、歩くのも辛そうだったが、
おじいちゃんの老化が進みだしてから、
自分が先に死ぬわけにはいかないと思ったのか、
ヨタヨタしながら、
おじいちゃんの世話をしていた。
まさに老老介護だった。

おばあちゃんもこれでホッとして、
スーッと逝ってしまうのではないかと、心配だ。

娘2人、息子1人を育て、
今では孫が7人、ひ孫が2人となっている。

孫息子の1人は、1ヶ月程前にオーストリア人の女性と結婚した。
海軍にいたこともある義父は「全く思ってもみなかったことだ」
と言っていたらしい。
その彼から、ついこの前「妻が妊娠した」と報告があった。
不思議な巡り合わせだ。

人の最大の仕事は
次の世代に「死を見せることだ」と、何かの本で読んだことがある。

人が死、
そして人が生まれる。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 通帳の磁気ストライプ | トップページ | 政治家を選ぶ選挙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/56034694

この記事へのトラックバック一覧です: 死、そして生まれるーおじいちゃんが亡くなった:

« 通帳の磁気ストライプ | トップページ | 政治家を選ぶ選挙 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30