広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 貯金をすると国が滅ぶ | トップページ | 余る電気をどう使うか »

2012年11月 3日 (土)

ICOCAとPASPY

ICOCAとPASPY

広島駅の在来線ホームの時刻表の脇にICカード、ICOCAのチャージ機が設置されている。
次の列車が来るまで、10~20分待つことはざらにあるから、
そんな時、チャージするには、便利だ。

Image


ICOCAは、かなり多用に使えるようになったこともあり、残金の減りが早い。
駅ビル・アッセの中のお店で食事をした時、買い物をした時にも使えるようになった。
最近は、自販機もICOCAで買えるようになった。
缶コーヒー120円を買う時など、小銭がないと、1000札で買うことになるが、後が厄介だ。
お釣りの100円玉と10円玉でポケットが一杯になってしまい、ジャラジャラとうるさくてかなわない。

ICチャージ機は設置するにも、維持管理するにも結構費用がかかるらしいが、
身近にICチャージ機があるのは、利用者にとってはまことに都合がいいことだ。

同じICカードであるPASPYは、広電、アストラムライン、バス等の広島県内の交通機関の利用に限定されている。

ICOCAとPASPYですが、4年前から一方通行ながら、相互乗り入れ
をしているが、
PASPYが使える路面電車、バス、アストラムでICOCAが使えるが、
PASPYでJRには乗れない。
一方通行になった原因は、
ICOCAのシステムに入るときの負担金が高くて、PASPY側が断念したということらしいが、
それに加えて、
ICOCAにはないPASPYだけについている1割のプレミアムが、
共通化の大きな障害になっているとも聞く。

1割のプレミアムなんてのは、さっさと止め、共通化した方がいい。
その方が利用者も増えるだろうし、
会社にとっても、収益も高まるのではないだろうか。

何事も、
「オープンシステムの方がいい」
というのが、世の常だ。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


コンビニやスーパーで使える電子マネーも増えてきていますし、自動販売機でも使えるようになってきましたが、とにかく種類が多過ぎますね。
韓国のように、一種類のカードでどこでも使えるとか、どんなカードでもどこでも使えるようにして欲しいですね。

投稿: アコ | 2012年11月 3日 (土) 08時56分


せめて交通系のICカードだけでも100%相互乗り入れして欲しいですね。
JR各社でカードが違っていて、おまけに新幹線はまた別とか、あまりに効率が悪過ぎます。
負担金などの問題も国が音頭をとってやれば済むだけのことで、それを理由に関係会社に金を流し、官僚も天下り先の確保がしたいだけなのでしょう。
全体でやれば間違いなく費用は下がります。

投稿: 灰猫 | 2012年11月 3日 (土) 09時42分


アコ様

韓国は1枚で済むそうですね。
いいですね。

Edyはポイントも付きますし、
クレジットカード機能も付いています。
そうなると、1枚にまとめるというのは難しいでしょうね。

しかしこれもガラパゴス現象の一つなのでしょうかね。

妙に技術が発達すると、
厄介も一緒に付いてくるようですね。

投稿: 元安川 | 2012年11月 3日 (土) 12時33分


灰猫様

国が音頭をとればいいのでしょうが、
そうなるとすぐ天下りと利権が生まれるというのが、
厄介ですね。
韓国はどうしているのでしょうか。

投稿: 元安川 | 2012年11月 3日 (土) 12時37分


日本は他の先進諸国に比べると圧倒的に現金主義で、貨幣流通量が何倍もあります。
一般の人が日常的に小切手を使うこともありませんし、ガム一つ、コーヒー一杯をクレジットカードで払う人も少ないと思います。
ですからアメリカなどではプリペイド型の電子マネーはあることにはありますが、主流はポストペイ型で、交通系カードでも回数券のカード版という感じで多いものでは25%くらいの加算があります。

そういう生活習慣やネット環境の遅れから、日本の電子マネーはもっと普及してもいいはずですが、各社バラバラで同じFeliCaを使っているのに互換性には高いハードルがありますね。

韓国の電子マネーはソウル市が発行しているTマネーがありますが、カード型の他に子供用のネックレス型や携帯ストラップ型、携帯SIMに組み込まれているもの、バンド型、そしてUSBでパソコンで利用できるものなど多様な上に、そのまま税務署に提出する領収書として使えたり、交通機関での利用では残高不足でも1回はマイナスで利用できたり、やはり何年か先をいっています。

ドコモはそのTマネー対応の携帯を出すと発表しています。

投稿: 灰猫 | 2012年11月 3日 (土) 13時57分


灰猫様

韓国のTマネーは凄いですね。
そのまま税務署の申告に使える!
というのもいいですね。

TマネーとICOCAが共通で利用出来るようになったら、
面白いですね。

投稿: 元安川 | 2012年11月 3日 (土) 19時34分


ICOCAになにもサービスがないのですか?
そうならPASPYの一割サービスの方が、まともだと思います。
プリペイドカードは、利用料金に対しての収益でなく、先行収益になると思います。
例えば、利用者100万に人が、利用料金より常に1,000円多めにチャージしていると、年間では10億円の利用料金以上の収入になると思います。実際には数百億円あるのでは。
PASPYのような一度に使う料金が低いのに、一万円近くチャージしている人も良く見かけますからね。

このお金を、投資に使えば、設備投資費用を銀行から借り入れしなくっていいのでは。つまりJRはICOCAの利用者を増やせば得をします。それを利用者に還元しないのはどうかとおもいます。
最近では、現金の購入より、手数料が必要なクレジット決済の方がお買い得なものもあります。携帯からの新幹線チケットの購入もでは。
プリペイドには還元がなく、手数料の必要なクレジットがお得なんて変だと思ってます。
またプリペイドだった回数券は一乗務お得なことが多かったのですから、PASPYの一割お得は、それを世襲していると思いますよ。

ICOCAの方式に何も疑問を感じないのは、大会社だから常に正しいと勘違いしている人が多いのでは、原発の安全神話も同じ根だと思います。

投稿: やんじ | 2012年11月 3日 (土) 20時21分


やんじ様

それにしてもプリペイドだから、1割のプレミアム、利息をつけるというのは高すぎますよね。
それをしていて、経営が苦しいからと言って、料金を値上げしようとするのはおかしいですよ。

投稿: 元安川 | 2012年11月 3日 (土) 21時10分

« 貯金をすると国が滅ぶ | トップページ | 余る電気をどう使うか »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コンビニやスーパーで使える電子マネーも増えてきていますし、自動販売機でも使えるようになってきましたが、とにかく種類が多過ぎますね。
韓国のように、一種類のカードでどこでも使えるとか、どんなカードでもどこでも使えるようにして欲しいですね。

せめて交通系のICカードだけでも100%相互乗り入れして欲しいですね。
JR各社でカードが違っていて、おまけに新幹線はまた別とか、あまりに効率が悪過ぎます。
負担金などの問題も国が音頭をとってやれば済むだけのことで、それを理由に関係会社に金を流し、官僚も天下り先の確保がしたいだけなのでしょう。
全体でやれば間違いなく費用は下がります。

アコ様

韓国は1枚で済むそうですね。
いいですね。

Edyはポイントも付きますし、
クレジットカード機能も付いています。
そうなると、1枚にまとめるというのは難しいでしょうね。

しかしこれもガラパゴス現象の一つなのでしょうかね。

妙に技術が発達すると、
厄介も一緒に付いてくるようですね。

灰猫様

国が音頭をとればいいのでしょうが、
そうなるとすぐ天下りと利権が生まれるというのが、
厄介ですね。
韓国はどうしているのでしょうか。

日本は他の先進諸国に比べると圧倒的に現金主義で、貨幣流通量が何倍もあります。
一般の人が日常的に小切手を使うこともありませんし、ガム一つ、コーヒー一杯をクレジットカードで払う人も少ないと思います。
ですからアメリカなどではプリペイド型の電子マネーはあることにはありますが、主流はポストペイ型で、交通系カードでも回数券のカード版という感じで多いものでは25%くらいの加算があります。

そういう生活習慣やネット環境の遅れから、日本の電子マネーはもっと普及してもいいはずですが、各社バラバラで同じFeliCaを使っているのに互換性には高いハードルがありますね。

韓国の電子マネーはソウル市が発行しているTマネーがありますが、カード型の他に子供用のネックレス型や携帯ストラップ型、携帯SIMに組み込まれているもの、バンド型、そしてUSBでパソコンで利用できるものなど多様な上に、そのまま税務署に提出する領収書として使えたり、交通機関での利用では残高不足でも1回はマイナスで利用できたり、やはり何年か先をいっています。

ドコモはそのTマネー対応の携帯を出すと発表しています。

灰猫様

韓国のTマネーは凄いですね。
そのまま税務署の申告に使える!
というのもいいですね。

TマネーとICOCAが共通で利用出来るようになったら、
面白いですね。

ICOCAになにもサービスがないのですか?
そうならPASPYの一割サービスの方が、まともだと思います。
プリペイドカードは、利用料金に対しての収益でなく、先行収益になると思います。
例えば、利用者100万に人が、利用料金より常に1,000円多めにチャージしていると、年間では10億円の利用料金以上の収入になると思います。実際には数百億円あるのでは。
PASPYのような一度に使う料金が低いのに、一万円近くチャージしている人も良く見かけますからね。

このお金を、投資に使えば、設備投資費用を銀行から借り入れしなくっていいのでは。つまりJRはICOCAの利用者を増やせば得をします。それを利用者に還元しないのはどうかとおもいます。
最近では、現金の購入より、手数料が必要なクレジット決済の方がお買い得なものもあります。携帯からの新幹線チケットの購入もでは。
プリペイドには還元がなく、手数料の必要なクレジットがお得なんて変だと思ってます。
またプリペイドだった回数券は一乗務お得なことが多かったのですから、PASPYの一割お得は、それを世襲していると思いますよ。

ICOCAの方式に何も疑問を感じないのは、大会社だから常に正しいと勘違いしている人が多いのでは、原発の安全神話も同じ根だと思います。

やんじ様

それにしてもプリペイドだから、1割のプレミアム、利息をつけるというのは高すぎますよね。
それをしていて、経営が苦しいからと言って、料金を値上げしようとするのはおかしいですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/55974665

この記事へのトラックバック一覧です: ICOCAとPASPY:

« 貯金をすると国が滅ぶ | トップページ | 余る電気をどう使うか »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31