広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 代替エネルギーは必要か | トップページ | 家族揃ってiPhone 5 »

2012年10月 6日 (土)

骨太な料亭ーとうふ料理 うかい亭 芝公園

都会のど真ん中、
東京タワーの下、
公園に隣接して、豆腐料理うかい亭芝公園はある。

車寄せから大きな門を潜り、ゆったりとした石の階段を上がると、左手にまた小さな門がある。
その小さな門をくぐり、外庭に沿って階段を下がると、ようやく玄関に着く。
茶室でよく取られる手法だ。

玄関を入ると、ロビーの壁はベガラ風の紅い壁になっている。
古民家を移築したような雰囲気だが、太い柱、梁は秋田の酒蔵に使われていた材木を使っているというが、あとは全くの新築だという。
ロビーの脇には、秋田の酒蔵で使われていたという30石入るという人の背丈より大きな仕込み桶が2つ置かれている。
ちょっとした置物になっている。
京都の数奇屋風の粋な料亭とは違い、東北の豪農の骨太などっしりとした雰囲気の建物になっている。

幾つもの木造の建物がはロの字形につながっている。
白い壁の蔵造りの建物も窓がつけられ、部屋になっている。
部屋数は24室という。
敷地は2000坪というが、倍はあるように感じる。

Image


庭にはサルスベリ、モミジ、マキ、枝垂れザクラ、ザクロの古木と、大きな樹が何本も植えられている。
小さな川には苔の付いた水車が回っている。

庭の真ん中に建つ茅葺の小屋のなかでは田楽を焼いている。
暗くなると、部屋から田楽を焼く料理人の姿がみえる。

全て新築のようだ。
粋な京都の数奇屋風料亭とは違うし、桃山文化の豪華絢爛とも違う。
素朴で、骨太の文化も有りかと感心した。

これも立派な日本の文化だ。

オーストラリアから来たという中年の夫婦もすっかり魅せられ、感動していた。
周辺の大使館関係者の利用も多いという。

うかい亭 芝公園は赤坂、銀座という繁華街からポツンと離れてある。
不便といえば不便だが、
だからこれだけのゆったりとした贅沢な空間を造ることができたのだろう。

料理もとうふがメインだから、
びっくりするほど高くはない。

広島には比治山の裾に「とうふ豆匠」がある。
料理はここより美味しく、安い。
建物をもう少しきちんと手入れすれば、
この「うかい亭 芝公園」に負けない料亭が創り出せるだろう。


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


決して、驚くような料理が出るわけではありませんが、トータルとして独特な世界を作っており、これぞサービス業だと思わせる店だと思います。
料理も決して悪くはありませんが、それより、もっと雰囲気やホスピタリティなどに期待するには抜群のところだと思います。
東京でも良く行く店の一つです。

投稿: 灰猫 | 2012年10月 6日 (土) 09時08分


このお店には、結婚記念日に連れて行ってもらったことがあります。
庶民にはとても贅沢なお店でしたが、それでも東京で、この豪華さを考えれば、安いものだと主人は言っていました。
単に食事だけではなく、門を入った時から素敵なサービスは始まり、最後に美人女将と料理長の挨拶まであり、本当に幸せな時間を過ごしました。

投稿: アコ | 2012年10月 6日 (土) 11時49分


灰皿猫は隠れセルブじゃったんじゃね。
広島の豆匠、行ったことありますよ!
保護者会かなんかに出席するママを前まで送って行きました!
中は知りません><;

投稿: ⑦パパ | 2012年10月 6日 (土) 13時54分


灰猫様

そうですね、
料理より、雰囲気、ホスピタリティにウエイトを置いたお店ですね。
そうした面でも、新しいコンセプトの料亭ですね。

投稿: 元安川 | 2012年10月 6日 (土) 17時30分


アコ様

料理長と女将の挨拶まであったのですか。
結婚記念日のいい思いでになりましたね。

投稿: 元安川 | 2012年10月 6日 (土) 17時34分


ナナパパ様

豆匠も仲々素敵なところですよ。
是非行ってみて下さい。

投稿: 元安川 | 2012年10月 6日 (土) 17時59分

« 代替エネルギーは必要か | トップページ | 家族揃ってiPhone 5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

決して、驚くような料理が出るわけではありませんが、トータルとして独特な世界を作っており、これぞサービス業だと思わせる店だと思います。
料理も決して悪くはありませんが、それより、もっと雰囲気やホスピタリティなどに期待するには抜群のところだと思います。
東京でも良く行く店の一つです。

このお店には、結婚記念日に連れて行ってもらったことがあります。
庶民にはとても贅沢なお店でしたが、それでも東京で、この豪華さを考えれば、安いものだと主人は言っていました。
単に食事だけではなく、門を入った時から素敵なサービスは始まり、最後に美人女将と料理長の挨拶まであり、本当に幸せな時間を過ごしました。

灰皿猫は隠れセルブじゃったんじゃね。
広島の豆匠、行ったことありますよ!
保護者会かなんかに出席するママを前まで送って行きました!
中は知りません><;

灰猫様

そうですね、
料理より、雰囲気、ホスピタリティにウエイトを置いたお店ですね。
そうした面でも、新しいコンセプトの料亭ですね。

アコ様

料理長と女将の挨拶まであったのですか。
結婚記念日のいい思いでになりましたね。

ナナパパ様

豆匠も仲々素敵なところですよ。
是非行ってみて下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/55796227

この記事へのトラックバック一覧です: 骨太な料亭ーとうふ料理 うかい亭 芝公園:

« 代替エネルギーは必要か | トップページ | 家族揃ってiPhone 5 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31