広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 盛り上がるウソ | トップページ | PCを乗っ取られる責任 »

2012年10月20日 (土)

ノーベル平和賞

10月12日、2012年のノーベル平和賞が欧州連合EUに与えられることが発表された。

こうした大きな組織にノーベル平和賞が与えられるとは思っていなかった。
ノーベル平和賞選考委員会もなかなか粋なことをする。

ギリシャが債務危機に陥ったとき、
EUが支援することになったが、
しかし厳しい財政再建を求められたことで、
そんなことは嫌だという国民も多く、ギリシャはEUを脱退する直前まで行ったが、何とか留まった。
スペインも危ないといわれ、
ユーロの価値も大幅に下落している。
それでも何とかEUは存続している。

EUがあるから、戦争にもならず、支援の仕組みが作られたともいえる。

今回の授賞は、そのEUを応援しようという意図があるようだという。

EUの源流はフランス、ドイツなど6カ国が発足させた欧州石炭鉄鋼共同体にさかのぼり、1967年に欧州共同体ECを経て、1993年にEUになり、1999年に共通通過ユーロを導入し、
いまでは加盟国は27カ国になるという。
ドイツ、フランスが戦争するなんてことは、考えられないことだという。

IMF総会に出席したイタリアのグリリ経済・財務相は
「欧州は政治的な統合を目指す日程表に着手すべきだ」
とも発言している。

アジアにも、第二次世界大戦前「大東亜共栄圏」という提案がされたことがあるが、
実現することはなかった。
日本の帝国主義的思考がベースにあったことで、他の国に受け入れられなかったのだろう。

しかし、
今中東では、アラブの民主化が進んでいるようだが、内紛が絶えず、
沢山の人々の血が流され、街は破壊されている。
悲しいことだ。

日本も尖閣諸島、竹島、北方領土問題ときな臭い問題を抱え、
折角築き上げてきた中国等との経済関係もおかしくなっている。

そんな状況にある今、
EUがノーベル平和賞を受賞したことの意味は大きい。

改めてEUという仕組みを見直してみると、
EUは経済的メリットを追い求めることを軸に生まれ、発展している。

アジアにあってもASEAN、TPP等いくつかの経済的繋がりをベースにした組織がある。

アジアにあっても、それら組織を発展させ、EUのような状況を創りだせないものたろうか。


安倍さんも日本の総理大臣になるなんて、ケチなことをいわず「アジア連合・AU」の大統領を目指したらいい。
そうなれば、叔父さんの佐藤栄作氏につぐ、
日本で2人目のノーベル平和賞がもらえるかもしれない。


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


2020年は核兵器廃絶で秋葉前市長がノーベル平和賞を受賞ですね。

投稿: アコ | 2012年10月20日 (土) 14時53分


アコ様

広島市民としては、
是非秋葉さんに、ノーベル平和賞を受賞して欲しいですね。
2020年といわず、
来年はどうでしょうかね。

投稿: 元安川 | 2012年10月20日 (土) 16時48分


EUの中には、軍需産業で国益を得ている国もあると思います。そんな国が参加する組織に平和賞はいかがなものかと。
まあ、ノーベルの平和賞の本来の源泉が、戦争で使う火薬ですからしかたないかもしれませんね。
また佐藤栄作は、非核三原則で平和賞を受賞したと思いますが、後に、日本政府とアメリカ政府が共謀して、国際社会を騙してたことが明るみ出ています。本来なら返却すべきです。
非核三原則をいいながら、岩国基地にさえ陸上基地に核兵器が配備されたという強い疑惑が存在しています。
安倍は、核保有と戦争ができる国を目指しているのですから、親日に東南アジアの諸国でさえ認めないと思いますよ。
総理大臣にさえなって欲しく無い人物だと思います。
自民党の総裁になったのに、原発事故の原因でもあるかっての自民党政権の謝罪もしていませんしね。

投稿: やんじ | 2012年10月20日 (土) 19時09分


やんじ様

確かに、ノーベル平和賞には?と思うようなことも、時々ありますね。
そういえば、いまの金融工学を開発したという学者が関わっていたLTCMという投資ファンドが倒産したこともありました。

その価値を評価するというのは、なかなか難しいことですね。

それでも、ノーベル賞委員会の、ノーベル賞が少しでも世の中が良くなるきっかけになって欲しいという努力は、評価したいですね。

投稿: 元安川 | 2012年10月20日 (土) 20時23分

« 盛り上がるウソ | トップページ | PCを乗っ取られる責任 »

平和問題」カテゴリの記事

コメント

2020年は核兵器廃絶で秋葉前市長がノーベル平和賞を受賞ですね。

アコ様

広島市民としては、
是非秋葉さんに、ノーベル平和賞を受賞して欲しいですね。
2020年といわず、
来年はどうでしょうかね。

EUの中には、軍需産業で国益を得ている国もあると思います。そんな国が参加する組織に平和賞はいかがなものかと。
まあ、ノーベルの平和賞の本来の源泉が、戦争で使う火薬ですからしかたないかもしれませんね。
また佐藤栄作は、非核三原則で平和賞を受賞したと思いますが、後に、日本政府とアメリカ政府が共謀して、国際社会を騙してたことが明るみ出ています。本来なら返却すべきです。
非核三原則をいいながら、岩国基地にさえ陸上基地に核兵器が配備されたという強い疑惑が存在しています。
安倍は、核保有と戦争ができる国を目指しているのですから、親日に東南アジアの諸国でさえ認めないと思いますよ。
総理大臣にさえなって欲しく無い人物だと思います。
自民党の総裁になったのに、原発事故の原因でもあるかっての自民党政権の謝罪もしていませんしね。

やんじ様

確かに、ノーベル平和賞には?と思うようなことも、時々ありますね。
そういえば、いまの金融工学を開発したという学者が関わっていたLTCMという投資ファンドが倒産したこともありました。

その価値を評価するというのは、なかなか難しいことですね。

それでも、ノーベル賞委員会の、ノーベル賞が少しでも世の中が良くなるきっかけになって欲しいという努力は、評価したいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/55880305

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル平和賞:

« 盛り上がるウソ | トップページ | PCを乗っ取られる責任 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31