広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« iPhone 5 は実質ゼロ円 | トップページ | 先日、被曝しました »

2012年9月16日 (日)

アジアの島条約⇦スヴァールバル条約

尖閣諸島、竹島、北方四島の領土問題が急にきな臭くなって来た。

しかし肝心の日本の政治は、なんとも頼りない。
首相がころころ変わるだけでなく、民主党政権も国民からは完全に見放されてしまっている。
河野太郎氏は、そんな状況を「民主党にガッカリ、自民党にコリゴリだ」
と表現している。
上手いことをいう。

しかしその国会議員も、明日にも選挙になりそうな気配に怯え、いかにすれば当選出来るかどうかだけに埋没し、
領土問題どころではない状況にある。

そんことをやってるから、中国、韓国、ロシアに付け込まれたのだという人もいる。

そうだろうなという気もするが、
じゃ日本の領土だと主張すれば、事は解決するのかといえば、とてもそうとは思えない。
武力に訴えるようになつたらもっと困る。
そんなのは真っ平御免だ。

となると、どうすれば良い
???

9月12日の朝日新聞で、この件に関連してなかなか興味深い発言が載っていた。

北海道大学准教授の中島岳志氏は、
「いわゆる近代の地図は国毎に色分けして表示されるようになったことで、境界の曖昧さをゆるさなくなった。
また「主権国家体制」は排他的な領域を明確にした」
という。

一橋大学准教授のクオン・ヨンスク氏は、
「西欧的な国際法が生まれるまで、アジアでは侵略しない限り、境界は寛容で、多様性を認めていた」
という。

どこの国の領土でもないというところが、地球上にないわけではない。
「南極は何処の国の領土でもない。
1959年、12ヶ国の批准で始まった南極条約は、その後加盟国が49にまで増えた。
条約は、領土権の主張の禁止、軍事的活動や鉱物採掘、核爆発や核廃棄物の発生を禁止し、科学的研究の支援と生物地理区としての保護を定めた。
多くの国から派遣された科学者たちが、研究や実験を行っている」
という。

南極は、とても人間が住めるような環境でなかったことで、領土問題が曖昧な内に早々と手が打たれたことでこうしたことが可能になったのだろうが、
北極圏にあるが、すでに2000人以上の人が住んでいる氷河に覆われた島、スヴァールバル諸島のあり方は面白い。

スヴァールバル諸島をネットで調べてみると、
「1600年代に入り、それまで誰も近寄ろうとしなかったスヴァールバル諸島の周辺に、鯨が豊富にいることがわかると、オランダ、フランス、デンマークが捕鯨船団を送るようになり、基地もつくられるようになった。
その後、それぞれが自国の権利を主張し、オランダの捕鯨船団とフランス軍が海戦を交えるほどになった。
さらにドイツ、スエーデン、ノルウェー、ベルギーも捕鯨船団を送るようになった。
ノルウェーに近いこともあってノルウェーが領有権を主張したが、スエーデンの反対で実現しなかった。
19世紀末まで定住者はいなかったが、20世紀になると石炭採掘が行われ、無人島であった島にアメリカ、イギリス、スウェーデン、ロシア、ノルウェーなどの会社が進出し、定住する人もでてきた。
それに伴って採掘権争いや労働争議などが起きるようになり、法的統治の必要性が出てきた。
1920年に、スヴァールバル条約が締結され、国際的にノルウェーの主権が承認されると同時に、
ノルウェーからは実質的に自立し、
スウェーデンや日本を含むスヴァールバル条約締結国の国民の自由な経済活動を認めることと、非武装地帯にすること等が定められた。

現在では、スヴァールバル条約の加盟国は40カ国を超え、2000人を越える住民が住んているが、その国籍もスエーデン人、ロシア人、タイ人と多様だ」
という。

日本は、その時の議長国であったので、日本もそのスヴァールバル条約に加盟しているというのも可笑しい。

また、スヴァールバル諸島が凍土であることから、
「地球の気候変動、戦争、天災、人災から生物多様性を守ることを目的に、既知の世界中の植物種数の2倍に当たる450万種の種子を保存できるSvalbard Global Seed Vault(スバルバル世界種子貯蔵庫)も建設されている」
という。

「南極条約」、「スヴァールバル条約」は人類の知恵の結晶だともいえる。

日本には、地域に住む皆の共有地として利用がされてきた「入会地」という概念もある。
イギリスの公園は「コモン」ともいわれるが、それも皆のものということからきたのだろう。

ベトナム沖の島、フィリピン沖の島でも領有権問題が起こっている。
いささか中国の言い分には理不尽な感もあるが、
尖閣諸島、竹島、北方4島を含めて、
この「スヴァールバル条約」、「南極条約」、「入会地」を参考に、
「アジアの島条約」とでもいった条約を結ぶことで、
新たな世界のあり方を提案できるような地域を作り出すことは出来ないものだろうか。

しかし現実は、そう綺麗な話にはならないんだろうな。

ウーン。


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


日本国政府については、福島であれだけ国民から土地や財産を奪っておいて、何が領土だと憤ります。
もちろん自民党についても、その原因を作り、これからも原発を維持しようとしており、どの面下げて領土が語れるのか、バカバカしくなります。

投稿: 灰猫 | 2012年9月16日 (日) 08時18分


私が許せないのは、領土問題であれだけ抗議している政府が、アメリカや韓国が東北の食材を輸入禁止にしていることに全く何も言わないことです。
日本人には子どもにすら「大丈夫」と言って出荷しているものを、アメリカや韓国が拒否しても何も言わないのです。
これは誰も住んでいない島の領土問題よりずっと重要なことではないでしょうか。

もしもアメリカや韓国が輸入しないのが当然であるものを日本人にだけ「絆」で食べさせているとしたら、それこそ許せるものではありませんけど。

投稿: アコ | 2012年9月16日 (日) 08時36分


そもそも国土に固執して何の意味があるのだろうか。
二人の大学生が始めたガレージカンパニーから僅か30年で世界一の大企業になったアップル社はアメリカで考えたものを、日本や韓国の部品を使って中国で生産し、世界中に売り、およそ領土とか国とか、まるで関係ない。
日本にしても、食料もエネルギーそして日本製品の販売先としても海外に頼らざるを得ず、アメリカ様々、中国様々なのだから、「我が国固有の領土」なんてものに何の意味があるのか、サッパリ解からん。

投稿: クロネコ | 2012年9月16日 (日) 09時19分


戦後いや明治維新以来、富国強兵、経済最優先をまっしぐらに進み、グローバル化の波に飲み込まれ市場原理主義に染まった日本ですが、今こそ日本古来からの心、許し、寛容、しなやかさ、いなす、これらのキーワードを活かした国際紛争の解決法が提案できないものかと思います。力での解決は崩壊と憎しみしか生みません。西欧の価値観で独裁政権を倒しても崩壊だけで再生には繋がりません。日本は日本人のやり方を世界に示すべきです。

投稿: 木村 | 2012年9月16日 (日) 10時04分


灰猫様

フクシマはれっきとした日本の領土ですが、
口から放射線を撒き散らす悪魔に売却されていたようですね。
その悪態退治の方が先でしょうね。

投稿: 元安川 | 2012年9月16日 (日) 10時28分


アコ様

先日、スーパーで「福島産」と書かれた野菜が、半額で売られていました。
ちょっと引っかかるものはありましたが、
買いました。

それにしても、日本から敢えて食料品を買う必要のないアメリカ、韓国は輸入禁止処置までする必要はないと思いますが、日本人はそれだけ危険な物を食べているのでしょうかね。

嫌ですねー。
投稿: 元安川 | 2012年9月16日 (日) 11時13分


クロネコ様

アップルの時価総額は50兆円くらいです。
尖閣諸島を国は20億円で購入したそうですから、
国は、アップルみたいな企業を育てて、
その収益で、南の島でもどこでも買った方が「安全、確実、有利」でしようね。

日本維新の会もそのくらいの政策を掲げたらどうでしょうかね、
橋下さん!

投稿: 元安川 | 2012年9月16日 (日) 11時23分


木村様

そうですね、
「入会地」というのも、日本の先人の知恵だと思います。
みんなで仲良く利用するというこのシステムを世界に広げて欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2012年9月16日 (日) 11時33分


国は国土=領土があってこそ国である。
領土はどんな犠牲を払ってでも守らなければ国とは言えない。
そういう意味では国土を汚し、テロの標的にしかならない原発は即刻廃止し、モンゴルにでも寄贈すれば良い。
尖閣諸島に日本中の原発と核廃棄物を集めて、中国にくれてやってもいいだろう。

投稿: 愛国青年 | 2012年9月16日 (日) 11時34分


愛国青年様

政府は尖閣諸島を買ったというのは、そに核燃料廃棄物をすてるつもりなのでしょうかね。
そうとは知りませんでした。

投稿: 元安川 | 2012年9月16日 (日) 11時40分


そうそう。みんな人も住んでいない土地が領土だとかどうだとか、こだわり過ぎなんだよ。中国も韓国も、どうでも良いことをぐずぐず言うな! 

投稿: 売国奴 | 2012年9月16日 (日) 23時05分


売国奴様

また随分と凄い名前ですね。

尖閣諸島が何を根拠に20億円なのかわかりませんが、
中国の騒ぎ方、マスコミの騒ぎ方、
どうも政治家の思惑とマスコミの利益に踊らされているだけという感じですね。

投稿: 元安川 | 2012年9月17日 (月) 11時06分

« iPhone 5 は実質ゼロ円 | トップページ | 先日、被曝しました »

平和問題」カテゴリの記事

コメント

日本国政府については、福島であれだけ国民から土地や財産を奪っておいて、何が領土だと憤ります。
もちろん自民党についても、その原因を作り、これからも原発を維持しようとしており、どの面下げて領土が語れるのか、バカバカしくなります。

私が許せないのは、領土問題であれだけ抗議している政府が、アメリカや韓国が東北の食材を輸入禁止にしていることに全く何も言わないことです。
日本人には子どもにすら「大丈夫」と言って出荷しているものを、アメリカや韓国が拒否しても何も言わないのです。
これは誰も住んでいない島の領土問題よりずっと重要なことではないでしょうか。

もしもアメリカや韓国が輸入しないのが当然であるものを日本人にだけ「絆」で食べさせているとしたら、それこそ許せるものではありませんけど。

そもそも国土に固執して何の意味があるのだろうか。
二人の大学生が始めたガレージカンパニーから僅か30年で世界一の大企業になったアップル社はアメリカで考えたものを、日本や韓国の部品を使って中国で生産し、世界中に売り、およそ領土とか国とか、まるで関係ない。
日本にしても、食料もエネルギーそして日本製品の販売先としても海外に頼らざるを得ず、アメリカ様々、中国様々なのだから、「我が国固有の領土」なんてものに何の意味があるのか、サッパリ解からん。

戦後いや明治維新以来、富国強兵、経済最優先をまっしぐらに進み、グローバル化の波に飲み込まれ市場原理主義に染まった日本ですが、今こそ日本古来からの心、許し、寛容、しなやかさ、いなす、これらのキーワードを活かした国際紛争の解決法が提案できないものかと思います。力での解決は崩壊と憎しみしか生みません。西欧の価値観で独裁政権を倒しても崩壊だけで再生には繋がりません。日本は日本人のやり方を世界に示すべきです。

灰猫様

フクシマはれっきとした日本の領土ですが、
口から放射線を撒き散らす悪魔に売却されていたようですね。
その悪態退治の方が先でしょうね。

アコ様

先日、スーパーで「福島産」と書かれた野菜が、半額で売られていました。
ちょっと引っかかるものはありましたが、
買いました。

それにしても、日本から敢えて食料品を買う必要のないアメリカ、韓国は輸入禁止処置までする必要はないと思いますが、日本人はそれだけ危険な物を食べているのでしょうかね。

嫌ですねー。

クロネコ様

アップルの時価総額は50兆円くらいです。
尖閣諸島を国は20億円で購入したそうですから、
国は、アップルみたいな企業を育てて、
その収益で、南の島でもどこでも買った方が「安全、確実、有利」でしようね。

日本維新の会もそのくらいの政策を掲げたらどうでしょうかね、
橋下さん!

木村様

そうですね、
「入会地」というのも、日本の先人の知恵だと思います。
みんなで仲良く利用するというこのシステムを世界に広げて欲しいですね。

国は国土=領土があってこそ国である。
領土はどんな犠牲を払ってでも守らなければ国とは言えない。
そういう意味では国土を汚し、テロの標的にしかならない原発は即刻廃止し、モンゴルにでも寄贈すれば良い。
尖閣諸島に日本中の原発と核廃棄物を集めて、中国にくれてやってもいいだろう。

愛国青年様

政府は尖閣諸島を買ったというのは、そに核燃料廃棄物をすてるつもりなのでしょうかね。
そうとは知りませんでした。

そうそう。みんな人も住んでいない土地が領土だとかどうだとか、こだわり過ぎなんだよ。中国も韓国も、どうでも良いことをぐずぐず言うな! 

売国奴様

また随分と凄い名前ですね。

尖閣諸島が何を根拠に20億円なのかわかりませんが、
中国の騒ぎ方、マスコミの騒ぎ方、
どうも政治家の思惑とマスコミの利益に踊らされているだけという感じですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/55647803

この記事へのトラックバック一覧です: アジアの島条約⇦スヴァールバル条約:

« iPhone 5 は実質ゼロ円 | トップページ | 先日、被曝しました »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31