広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 難病の新総裁について | トップページ | 安全保障上の原発 »

2012年9月30日 (日)

頭陀袋とキャリーバッグ

最近、1週間を超える出張が増え、その分持ち物も増えた。
打ち合わせ用資料にiPad、
それに替えのワイシャツ、下着等も持たざるを得なくなると、頭陀袋には入りきれなくなった。

仕方なくキャリーバッグを買った。
飛行機に持ち込める大きさということもあって、幾分小さめにせざるを得なかったが、まあ充分な大きさだ。

キャリーバッグの引き手に、常時携帯する頭陀袋を引っ掛けて歩く。
片手は空くから、歩き易くていい。

これだけの荷物を一つのボストンバッグいれて、歩くのはちょっと辛い。

1347884979030.jpg

頭陀袋は、元々は僧が托鉢の際持ち歩いた布製の袋のこと指すらしい。
また人が亡くなった時、布製の頭陀袋を首から下げ、紙に六文銭を書いて入れる風習もあるらしい。
作り方は極めて簡単だ。
長方形の布を真ん中で折って、両脇を縫い、持ち手を付けただけだ。
私の頭陀袋は革製だが、考え方は同じだ。
形がシンプルだから、何でも入れられ、まことに使い易い。


キャリーバッグは、以前は海外旅行とかの時に使われていた大きなブラスチックのバッグに、キャスターが付き、
しばらくして、そこに引き手が付けられるようになったことで、キャリーバッグといわれるようになったようだ。
さらにバッグそのものも、小さくなり、
飛行機のキャビンアテンダントが引いて歩くようになって、その格好よさに、一気に女性達に使われるようになったと思われる。

最初は力のない女性専用という感じで、キャリーバッグなんてという感じで、男は持たなかったが、
使ってみれば、楽でいいということがわかったのだろう、
数年前からは、猫も杓子も持つようになった。

そうなると、混んでる通路、社内では周りの人からすれば、なんとも邪魔だ。
ぶつかれば危なくもある。
キャリーバッグを持つなら持つで、それなりのマナーがあると思うが。

それにしても、「古くからある頭陀袋に最新式のキャリーバッグ」
なんともおもしろい組み合わせだ。

生活もそれなりに進化しているということを感じる。


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


私も数年前から国内出張でもキャリーバッグを使うようになりましたが、引いているキャリーバッグにつまずく人や、取手が外れてエスカレーターから転げ落ちるキャリーバッグを目撃したこともあります。駅などで注意喚起のポスターを見かけることもあるので、それだけ多いということなのでしょうね。

投稿: 灰猫 | 2012年9月30日 (日) 10時00分


灰猫様

混んでいる時に限らず、
キャリーバッグは、引っ張るのでなく、
体の脇に付けて、歩くべきでしょうね。

投稿: 元安川 | 2012年9月30日 (日) 10時52分

« 難病の新総裁について | トップページ | 安全保障上の原発 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

私も数年前から国内出張でもキャリーバッグを使うようになりましたが、引いているキャリーバッグにつまずく人や、取手が外れてエスカレーターから転げ落ちるキャリーバッグを目撃したこともあります。駅などで注意喚起のポスターを見かけることもあるので、それだけ多いということなのでしょうね。

灰猫様

混んでいる時に限らず、
キャリーバッグは、引っ張るのでなく、
体の脇に付けて、歩くべきでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/55682924

この記事へのトラックバック一覧です: 頭陀袋とキャリーバッグ:

« 難病の新総裁について | トップページ | 安全保障上の原発 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30