広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 原爆と原発の大きな違い | トップページ | 東電テレビ会議映像を一年半経って公開? »

2012年8月 9日 (木)

お惣菜の量り売りー ボンルパ

ボンルパは、広島駅の北、
数年前に完成した若草再開発ビルの裏、
オフィスビルとマンション街の一角にある。

ファミレスかなと思ったが、違ってた。

1343971583945.jpg


40~50種類のお惣菜が大きなお皿に盛られ、量り売りのお店だ。
今時、お惣菜の量り売りとは珍しい。
脇には、テーブルと椅子のコーナーもあり、買ったお惣菜が、その場で食べられるようにもなっている。

金平牛蒡、唐揚げ、肉じゃが、カツ、春巻、餃子、ポテトサラダ、煮魚、サケの切り身、
好きな物を、好きなだけプラスチックのケースに入れて、レジに持っていけばいい。
重さで料金が決まる。
お肉は重さに比べ、高いはずだと思うが、健康を考えれば、野菜を多めに取る人も多いだろうから、
お店としては、まあまあということなだろう。

デパ地下でも、お惣菜を売っているが、
それは、単品を予めプラスチックケースに入れて
うられている。

こっちのほうが、種類も多いし、好きな物を、好きなだけ選べるのがいい。

7~8種類取って、1人前、4~500円だ。
これだけの種類を調理するのは大変だ。
単身者や、転勤族に都合がいい。

最近は、ホテルの朝食は、どこでも大体バイキング方式だ。
そんな感じで選べる。
そう思うからか、美味しくも感じる。

最近は、デパ地下のお惣菜売場が増えているのも、
働くお母さんが増え、調理する暇がなくなったからだというが、
デパ地下だって量り売りをしたらいい。

リーガロイヤルホテル、プリンスホテル等のホテルも、レストランで出しているバイキング料理をこうして、量り売りをしたらいい。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


デパ地下の総菜は、働くお母さんもですが、年配者も多いですよ。
一人か二人で高齢になると、料理は大変だし、材料は無駄になって腐らせるしと、
お昼過ぎから夕方にかけては、年配の女性が多いようです。
そごうの地下も、パック入もありますが、量り売りも増えてきたと思います。

投稿: やんじ | 2012年8月 9日 (木) 05時39分


アメリカではそういうスタイルのバイキングは多いですよね?
ニューヨークでは、よくそういうところで食べていました。
何しろ、普通の一人前は多すぎて食べられませんでしたから。

投稿: 星野 | 2012年8月 9日 (木) 12時18分


やんじ様

昔は、
醤油もお酒も量り売りだったそうですね。
それもそのうち、セルフのガソリンスタンドのように、可能になるかもしれませんね。
ビンの節約になりますから、
その分だけ安くなったら、流行るかもしれませんね。

投稿: 元安川 | 2012年8月 9日 (木) 12時46分


星野様

アメリカではそんなにバイキングのお店が増えましたか。
京都に行くと、「おばんざい」のお店で「あれ、これ」と言って注文し、食べるのは楽しいですね。
広島にもそんな「おばんざい」のお店を先日見つけました。

投稿: 元安川 | 2012年8月 9日 (木) 12時59分


広島では、フレスタに量り売りの弁当があったと思います。
私は小食なので、とても重宝していました。

投稿: アコ | 2012年8月 9日 (木) 14時48分


アコ様

フレスタに量り売りのお弁当ですか。
気づきませんでした。
今度、探してみます。

投稿: 元安川 | 2012年8月 9日 (木) 14時53分


この3-4年、東京でも「量り売りバイキング」のレストランを見かけるようになりました。
私も初めて見たのは20年前のアメリカです。ロサンゼルスの高級住宅街で、ホテルの朝食バイキング並み(それもヒルトンやシェラトンのような)の品揃えで、好きなモノを取ってレジに行くと、電子秤で瞬時に料金が出てクレジットカードで精算していました。水分の多いものは高く、パンは安くなりますが、そこは場所柄なのかランチにハンバーガーを食べるような若者より、年輩の夫婦連れが多く、価格も決して安くはありませんでした。その後、サンフランシスコでもニューヨークでも同様のレストラン(一見ファミリーレストラン)を見かけました。

投稿: 太田川 | 2012年8月 9日 (木) 16時02分


太田川様

量り売りのお店がニューヨークにもサンフランシスコにもあり、それが一見ファミリーレストラン風というのは、可笑しいですね。
昔の雑貨屋さんがコンビニになったように、
昔の量り売りのお店がオバンザイのお店として登場すると面白いですね。
誰かやりませんかね。

投稿: 元安川 | 2012年8月 9日 (木) 16時38分

« 原爆と原発の大きな違い | トップページ | 東電テレビ会議映像を一年半経って公開? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

デパ地下の総菜は、働くお母さんもですが、年配者も多いですよ。
一人か二人で高齢になると、料理は大変だし、材料は無駄になって腐らせるしと、
お昼過ぎから夕方にかけては、年配の女性が多いようです。
そごうの地下も、パック入もありますが、量り売りも増えてきたと思います。

アメリカではそういうスタイルのバイキングは多いですよね?
ニューヨークでは、よくそういうところで食べていました。
何しろ、普通の一人前は多すぎて食べられませんでしたから。

やんじ様

昔は、
醤油もお酒も量り売りだったそうですね。
それもそのうち、セルフのガソリンスタンドのように、可能になるかもしれませんね。
ビンの節約になりますから、
その分だけ安くなったら、流行るかもしれませんね。

星野様

アメリカではそんなにバイキングのお店が増えましたか。
京都に行くと、「おばんざい」のお店で「あれ、これ」と言って注文し、食べるのは楽しいですね。
広島にもそんな「おばんざい」のお店を先日見つけました。

広島では、フレスタに量り売りの弁当があったと思います。
私は小食なので、とても重宝していました。

アコ様

フレスタに量り売りのお弁当ですか。
気づきませんでした。
今度、探してみます。

この3-4年、東京でも「量り売りバイキング」のレストランを見かけるようになりました。
私も初めて見たのは20年前のアメリカです。ロサンゼルスの高級住宅街で、ホテルの朝食バイキング並み(それもヒルトンやシェラトンのような)の品揃えで、好きなモノを取ってレジに行くと、電子秤で瞬時に料金が出てクレジットカードで精算していました。水分の多いものは高く、パンは安くなりますが、そこは場所柄なのかランチにハンバーガーを食べるような若者より、年輩の夫婦連れが多く、価格も決して安くはありませんでした。その後、サンフランシスコでもニューヨークでも同様のレストラン(一見ファミリーレストラン)を見かけました。

太田川様

量り売りのお店がニューヨークにもサンフランシスコにもあり、それが一見ファミリーレストラン風というのは、可笑しいですね。
昔の雑貨屋さんがコンビニになったように、
昔の量り売りのお店がオバンザイのお店として登場すると面白いですね。
誰かやりませんかね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/55342158

この記事へのトラックバック一覧です: お惣菜の量り売りー ボンルパ:

« 原爆と原発の大きな違い | トップページ | 東電テレビ会議映像を一年半経って公開? »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31