広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

ラズベリーパイ

大学院の学生が、嬉しそうに
「これが、世界最小のパソコンです」と
ラズベリーパイという名刺と同じくらいの大きさのバソコンを見せてくれた。

これがパソコン?

1345646683898.jpg


本当に小さい。
隅にキーボード、モニターテレビとつなぐ端子が付いているが、
それがやたら大きく見える。

真ん中に親指の爪ほどの大きさのチップがあるが、それがこのパソコン本体CPUのようだ。
OSはCDを差し込むようになっている。

価格は35ドルだったというが、
輸入経費等を入れると1,000円くらいになったという。

パソコンに詳しい友人に聞けば、
「35年前に初めて見たパソコン(当時はマイコンと呼んでいた)もの
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/s-oga/tk80/index.html
と比べると、
価格は20倍以上、記憶容量は25万分の1、処理速度は350分の1くらいです。
処理能力は処理量☓処理速度で、
処理速度は350分の1ですが、処理量はケタがいくつも違います。
ただ、正確にどの位がはっきりしません。

Raspberry Piはマニアや学習者向けのものだと思いますが、
試作品に組み込むコンピュータとしても利用できるのだと思います」
という。

ということは、
ラズベリーパイは、少なくとも
25×250000×350→2,187,500,000
以上の能力があるということになる。


つまり、
この35年間で、21.8億倍に進化したパソコンを、
たかだか1,000円程度で買えるようになったということだ。
これだけみても、ITの世界ではとんでもないことが、起こっているということがわかる。

学生に、
「これで何をするんだ」
と聞くと
「面白そうだから、買ったんです」
という。

1,000円のオモチャか。

アップルより、
小さくて美味しい「ラズベリーパイ」ということらしい。

これを使って、彼が何を創り出すのか、
楽しみだ。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


アップルも初めて聞いた時には、本当にコンピューターメーカー?と思いましたが、
アップルより小さくて美味しい「ラズベリーパイ」というのがイイですね(^^)

投稿: アコ | 2012年8月31日 (金) 08時35分


アコ様

最初はマックの画面に表示されるマークも、何かオモチャぽくて嫌でしたが、
今では、その便利さに魅入られています。
可笑しいですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月31日 (金) 10時02分


つい、最近のことですが、近所のパン屋さんでアップルパイを買ったところ、中身がラズベリーでした\(◎o◎)/!
でも、買ったのは絶対にアップルパイだったのです。

投稿: 風来坊 | 2012年8月31日 (金) 11時44分


これは昨年から噂には聞き、春くらいには「凄い売れ行き」と聞いたので注文していましたが、3日前に出荷遅延のお知らせが来て、10月になる、ということです。
巷では「一瞬で売り切れた」と「凄い売れ行き」を強調していますが、出荷遅延の理由を「プロセッサチップの入手難」としているところに疑問を持っています。
これに使われているチップは決して特殊なものではなく、いくらでも入手できるもので、おそらく設計上の問題で歩留まりがあがらない状況だと思われます。
このところARM基板が安価に供給されてきているので、そのうちインテル辺りが競合品を出すのではないかという期待(危惧?)もあります。

投稿: | 2012年8月31日 (金) 12時44分


風来坊様

素敵なコメントありがとうございました。

でも、そのお店は
アップルパイよりラズベリーパイの方が美味しかったかもしれませんよ。

投稿: 元安川 | 2012年8月31日 (金) 13時03分


名無し様

もう入手困難ですか。
しかし面白いものがどんどん出てきますね。

投稿: 元安川 | 2012年8月31日 (金) 13時07分

2012年8月30日 (木)

社会は間違いなく良くなっている

若い人に「少年の凶悪犯罪は減っている、昔はもっと酷かった」「社会は知的に平和になっている」と言っても、なかなか信じてもらえないことがあります。

いや、若い人どころか、同じ少年時代を過ごしたはずの同年代の人達ですら「昔の方が平和で治安も良かった」と言う人がいます。

しかし、警察庁の統計では、私が子供の頃、未成年者による殺人は年間500件程度、それが最近はずっと100件程度で推移しています。強姦に至っては桁違いに減っています。おそらく強姦の被害者が申告するハードルは昔の方が遙かに高かったと思われますから、実数の差はもっと大きいでしょう。そういう警察庁の統計データからは、どうみても昔の子供(=今の中高年)の方がずっと凶暴で凶悪だったとしか思えません。

実体験でも、私が中学校の頃は、ナイフやチェーン、鉄パイプなどの武器を使ったケンカが校内で行われることが珍しくはありませんでした。近隣の中学校へ集団で殴り込むようなことも良くありました。私の息子達は、その同じ中学校に通いました。長男の時は荒れていて次男の時は落ち着いていましたが、その荒れている時でさえ、私が通っていた頃のような酷い状態ではなく、あの頃に比べると「かわいいもの」でした。おそらく今は日本中どこでも、私が子供の頃にあったような酷い学校はないと思います。

日本人は一般的に悲観的・自虐的なところがあります。マスコミはその視聴者の好みに合わせ報道を作り出しています。実感しているものも、都市化による変化を時代の変化と見間違えていることが多いように思います。

「ヒロシマ市長」にもアメリカや日本だけでなく世界が平和になっているということを、具体的なデータや論文を示して書かれています。

今日は、その著者である秋葉忠利前広島市長が講演される「ヒロシマ・アキバ塾」の第四回目です。詳細はこちらです。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


今と昔を比べると、良くなった面も悪くなった面もあるように思いますが、暴力的と言えば、不良からエリートまで、父親や教師も、ずっと暴力をふるっていましたね。
マスコミも悪いことばかりを報道し、私達も自分たちの世代を良く思いたいので、どうしても悪くなっていると思うのでしょうね。

投稿: アコ | 2012年8月30日 (木) 07時34分


なるほど、
確かにそう言われると、昔のように怖い集団はあまり見ませんね。
ただ、マスコミなどで子供の自殺やいじめなど、過剰なほど報道します。
それらのせいで、凶悪な(今の場合陰険な)子が多いと思ってしまうのでしょうか。
昔もいじめはありました。しかも暴力的ないじめなどは今の非じゃなかったと思います。
それでも不登校や自殺など、そう多くは聞かなかった気がします。
それも報道のせいで増えたと思うだけなんでしょうかね・・・・・

投稿: キュー | 2012年8月30日 (木) 07時45分


昔は不良少年だけじゃなくて大学生(それも一流大学の)も暴れていましたね親戚が千田町の某国立大学の近くにあったので、随分と迷惑していていました。学生時代に火薬瓶投げてた人達に「最近の若いもんは」なんて言われたくありませんね。

投稿: 今時の若者 | 2012年8月30日 (木) 07時48分


数年という単位で見ると悪くなっていることもあっても、数十年という単位で見ると確実に良くなっていますね。
数百年前は自由も人権もなく、暴力や武力は正義で、強く者が正しいという時代だったわけですから、人間社会も随分と進歩したものだと思います。

投稿: 星野 | 2012年8月30日 (木) 09時06分


アコさん
学校間の不良グループによるケンカから、エリート大学生による暴力的な学園闘争など今は皆無ですし、夫による暴力も今はDVとして社会問題にもなりますが、昔は問題にすらなりませんでした。

人類はより知的に進化していると思います。

投稿: 工場長 | 2012年8月31日 (金) 08時01分


キューさん
実は若い人の自殺についても、私が生まれた頃が非常に多かったものの急激に少なくなり、それからは大きな変動はありません。子供が行った大学では職員から「学力低下は感じないが自殺は確実に増えている」と聞かされましたが、その大学固有の問題で、全国的な変化はないようでした。

報道による印象で社会の変化を感じると、どうも現実とはズレるようです。

投稿: 工場長 | 2012年8月31日 (金) 08時03分


今時の若者さん
まぁ若気の至りということもありますが、そういう人達から言われたくない、というのも分かりますね。
ただ、個人としても、そういう年代の人達も知的に寛容に成熟してるのではないでしょうか。

投稿: 工場長 | 2012年8月31日 (金) 08時06分


星野さん
そうですね。どういうスパンで見るかということも重要だと思います。
それと単純に増えたとか減ったではなく、本当に統計的に意味がある増減なのか、そういう確認も必要ですね。

投稿: 工場長 | 2012年8月31日 (金) 08時09分

2012年8月29日 (水)

携帯電話を3台捨てた

記念にと、それぞれに思い出のある携帯電話を計3台、まとめて捨てた。
電池くらい共有できるかと思ったが、それぞれ皆大きさも違い、どれも今の携帯電話には使えない。
仕方がなく、これも捨てた。

1345028761158.jpg

ただ単純に捨てるのはもったいないと、ネットで調べたら
「都市鉱山とも呼ばれるレアメタル回収のためにも、携帯電話はゴミにして出すような事はしないでください。携帯電話の販売店にお持ち下さい」と書かれている。

それはそうだろうと、近くのauショップに持って行った。
ブスッと穴を開ければ、記憶も全て消せるという。
ほんの少しでも、役に立てたかと思うと、捨てたという感じがしなくなるから、可笑しい。

固定電話は全く使わないので、固定電話は先日解約した。
当然あの大きな固定電話はその時捨てた。

こうして今使っている携帯電話と4つ並べてみると、改めて技術の進歩に驚く。
携帯電話の大きさと重さは最初の頃と殆んど変わらないが、記憶容量と機能は随分とアップしている。
当初は相手先名簿も数百件程度しか記憶できなかったのに、今は殆んどもう無制限という感じだ。
スマートフォンともなれば、バソコン並の機能を持ち、動画も地図も見られる。
今の携帯電話だって、その機能のほんの少ししか使っていない。

携帯電話が登場した頃、その便利さに感激したもんだ。
携帯電話についているアンテナを伸ばして使うと、いかにも無線電話という感じだった。

携帯電話を誰もが持つようになると、人との約束の仕方も変わった。
場所と時間も、そんなに細かく決めずに、大体の場所と時間だけを決め、
その辺りについてから「今どこ?」と携帯に電話し、
改めて会う場所、時間を確認するようになった。

約束した相手がなかなかこない時とかは、
以前だったら「間違えたかな」と心配をしたもんだが、
気になったら、即相手の携帯に電話で確認すればいい。
約束に遅れそうになったら、携帯電話で連絡すればいい。
そうしたことは、今では当たり前のことだが、
それは携帯電話があってこそ、可能になったことなのだ。

しかしそれ程便利だと感激して使っていた携帯電話も、近頃はめっきり使うことが減った。
特にiPadを持つようになって、それが顕著になった。

以前は携帯電話を忘れようものなら、遅刻しても、取りに戻ったもんだが、
今は、「まあいいか」というようになってしまった。

先日はそれで失敗した。
知人から、何度も電話をいただきながら、気がつかなかった。
携帯電話をテーブルの上に置きっぱなしにしていたのだ。
友人を介して、メールをいただき、ようやく携帯に電話をいただいていたということを知った。

近頃は、仕事の用件も、その殆んどをメールで済ますようになった。
友人との連絡も、facebookでするようになった。
これだと記録を残せるだけでなく、思いついた時に書き、都合の良い時に見ればいい。
こっちの方が遥かに便利だ。

しかし通話の必要性がなくなったというわけではない。

スマートフォンなら、通話もメールやfacebook等のバソコン的機能もついている。

iPadにもスマートフォン並に通話機能を付けて欲しいが、
どうして付いていないのだろうか。
そうなれば、今持っている携帯電話もいらなくなる。
電話にきづかないなんてこともなくなる。


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


私は大人になってからパソコンが登場し、ポケベル、携帯、スマホと次々に新しいものが登場した世代ですが、甥っ子などは生まれた時からパソコンがあり、初めて持った携帯はiPhoneで、もう既に3台目のiPhoneだとか。
データはクラウドなのでコピーする必要もなく買い換えの時の前の機種はネットで売っているようです。通話機能は使えなくても、カメラ付き携帯音楽プレーヤー&ゲーム機として売れるみたいです。

投稿: アコ | 2012年8月29日 (水) 08時10分


私も何台か持っていましたが、政府がキャンペーンをしていた時に出して、5万円の商品券が当たりました(*^^)v

投稿: 通りすがり | 2012年8月29日 (水) 10時34分


ウチにも今までの携帯が3台あります。それぞれに愛着があってなかなか手放せないんですよね~。5万円の商品券が当たるキャンペーンとかあったんですね。そのキャンペーンってもうないのかな?

投稿: yotae92 | 2012年8月29日 (水) 11時37分


アコ様

カメラ付音楽プレーヤー&ゲーム機ですか。
なるほど、
そうした使い方もありそうですね。
ソフトバンク、auはもっとそうした使い方をPRすべきですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月29日 (水) 14時16分


通りすがり様

5万円!
羨ましい。
グズグズと今までのことに、拘っていると碌なことはないというわけですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月29日 (水) 14時19分


yotae様

携帯電話は、レアアースの都市鉱山だそうですから、
5万円でなくともいいですから、
もっとこうしたキャンペーンをするべきですね。
もっとも、私は関係ありませんが。
ウエーン・・・

投稿: 元安川 | 2012年8月29日 (水) 23時27分

2012年8月28日 (火)

秋葉忠利前広島市長を議長に任命

秋葉忠利前広島市長は、広島で世界大会の開かれたIPPNW(核戦争防止国際医師会議)などが共催するMPI(中堅国家構想)の議長に任命されました。

広島市長時代を含め、これまでの多くの平和活動に取り組んだ手腕などが評価された結果で、各国への代表団の派遣や政府代表との協議会の開催などの事業を統括することになります。

0akiba

以下、プレスリリースです。

2012年8月3日:報道発表

「中堅国家構想」(MPI=Middle Powers Initiative)の執行委員会議長であるデイビッド・クリーガー(David Krieger)氏は、本日、秋葉忠利前広島市長がMPI議長に任命されたと発表した。クリーガー氏は、世界の最先端をゆく核兵器廃絶運動家である秋葉氏を「平和市長会議において発揮した指導力によって国際的に尊敬されている指導者」と称えた。

クリーガー氏はまた、MPIは再編され、スイスのバーゼルに新しい事務所を開設し、ヨーロッパの諸政府との協力関係を強めると発表した。MPIは8つの著名な核軍縮団体によって1998年に創設された。そして、影響力のある中堅国家と協力しながら、核兵器国と非核兵器国の間に存在する政治的な溝に橋をかけ、核軍縮への実際的な提案を生み出すことに取り組んでいる。

2005年以来、MPIは多くの政府に「第6条フォーラム」という非公式協議会への参加を呼びかけ、核不拡散条約(NPT)第6条の核軍縮義務に基づいて核兵器のない世界に至る合意できる道筋を生み出すことに努めてきた。

MPIは、「枠組みフォーラム」という新しいシリーズの協議会を発足させた。そこでは、関心のある政府が集まり、核兵器を世界的に禁止する交渉に至るような準備を開始するために協議を行う。次の協議会は、ドイツ政府と共催して、2013年早期にベルリンで開催する予定である。

秋葉氏は、各国首都への代表団の派遣、核軍縮に関する冊子の出版、また政府代表の協議会の開催、などのMPIの事業を統轄する。バーゼルの新事務所では、核軍縮不拡散議員連盟(PNND)、及び世界未来評議会(World Future Council)と協力する。バーゼル事務所はバーゼル州とバーゼル大学がスポンサーとなり、PNNDグローバル・コーディネーターのアラン・ウェア氏が管理者となる。MPIの構成団体の一つである「世界安全保障研究所」(GSI=Global Security Institute)のジョナサン・グラノフ氏とGSIの協力のおかげで、ニューヨークのGSI本部にMPIは国連事務所を従来通りに維持する。

平和市長会議の会長として秋葉教授は、一致して核兵器禁止条約の交渉開始を要求する153か国5300人の市長のネットワークを組織した。彼は、1999年から2011年まで広島市長を務めた。彼は、ニューヨークを手始めに数学の研究・教育に従事したのち1990年に日本の衆議院議員となった。平和と核軍縮の分野で国際的に指導的役割を果たしてきたのみならず、彼は環境保護や政府の公開性のために闘った。平和と正義と持続可能な世界への彼の貢献に対して、ラモン・マグサイサイ賞(しばしばアジアのノーベル賞と言われる)、国際平和ビューロー(IPB)のショーン・マクブライド平和賞、核時代平和財団(NAPF)の平和リーダーシップ賞など数々の栄誉が彼に与えられた。

MPIの創設者であるダグラス・ロウチ上院議員は、秋葉氏が任命されたことに対して次のように述べた。「氏の核軍縮問題に対する深い造詣、核兵器廃絶への揺るがぬ信念、大きな個人的信望、そして傑出した国際的名声をもって、氏はMPIを高め、これまで以上に核兵器なき世界を創出するのに有効な組織にしてくれるだろう。」

MPIの共催組織は、アルバート・シュバイツァー研究所、世界安全保障研究所(GSI)、反核国際法律家協会(IALANA)、拡散に反対する科学技術者国際ネットワーク(INESAP)、国際平和ビューロー(IPB)、核戦争防止国際医師会議(IPPNW)、核時代平和財団(NAPF)、平和自由国際婦人連盟(WILPF)である。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


広島市長を辞められたのは残念ですけど、これからも世界で活躍して欲しい方ですね。

投稿: アコ | 2012年8月28日 (火) 07時41分


広島市民は放っておいても、世界は放っておきませんね。
今後のご活躍に期待しています。(こういう他力本願がいけませんかね(^_^;))

投稿: 広島市民 | 2012年8月28日 (火) 08時26分


MPIがそんな素晴らしい組織とはしりませんでした。
教えていただきありがとうございました。

投稿: 宇品灯台 | 2012年8月28日 (火) 10時50分


秋葉前市長のお顔が随分丸く穏やかに見えますが気のせいでしょうか?

投稿: 通りすがり | 2012年8月28日 (火) 17時44分


アコさん
確かに広島市民としては市長退任は残念でしたが、12年間の功績には感謝しかありませんし、元ヒロシマ市長という立場で世界に貢献して頂けるというのは、また市民としても嬉しいですね。

投稿: 工場長 | 2012年8月29日 (水) 09時46分


広島市民さん
これからは「お任せ」では何も進まないでしょうから、広島市民の力はより重要になりますね。

投稿: 工場長 | 2012年8月29日 (水) 09時49分


宇品灯台さん
しばらく活動も停滞気味だったようですが、今後の活動に期待したいですね。

投稿: 工場長 | 2012年8月29日 (水) 09時52分


通りすがりさん
きっと市長時代よりはストレスも少ないでしょうね。
ただ、12年という長い年月と、マスコミなどが使う写真や映像にも問題があったのかも知れません。

投稿: 工場長 | 2012年8月29日 (水) 09時56分

2012年8月27日 (月)

蝉の脱け殻

この夏休み、友人宅を訪ねた。

彼の家は、里山に接して、1軒ボツンと建っている。

周りは、蝉の声がうるさいほどだ。

庭にでると、
大きく育った草の葉に、蝉の脱け殻がついていた。
その下には、死んだ蝉が落ちていた。

蝉は地上に出てきたら、賑やかに鳴いて、数日で死ぬという。
随分と短いらしい。


1345359995856.jpg


「別荘みたいな環境で、いいですね」
といったら、
「別荘は、たまに行くからいいのよ」
と、夫人に怒られた。

買い物は大変だし、
夜は暗くて、帰宅するのも怖い
という。

夏は蚊が凄いし、
蛇も出るし、
狸が巣を作っていたこともある
という。

何処にいっても、それなりに大変だ。

結局は、それを如何に楽しむかということにつきるようだ。
フーン・・・

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


我が家もそうです(^_^;)
買い物どころか、敷地内の移動でも車や馬が要ります。
蚊なんてカワイイものじゃなくて、スズメバチがブンブンしています。
狸なんてカワイイものじゃなくて、熊が出ます。
もちろん蛇もいますし、たまにシカが来ます。
それでも私は田舎暮らしをエンジョイしていますが、妻は時々町(娘のところ)に息抜きに行かないともたないようです。

投稿: たわけ | 2012年8月27日 (月) 07時32分


私も山奥の温泉地とか好きですけど、住むのは歩いて行けるスーパーがないと無理です。
友人にも私のような都会派もいますし、定年後に離島や山奥に移り住んでいる人もいます。
その場合、夫婦で価値観が違うと大変みたいです。

投稿: アコ | 2012年8月27日 (月) 08時07分


たわけ様

敷地内を移動するのに、馬とはまた粋ですね。
私は馬にも乗れませんし、
ハチもきらいですし、
・・・・
でも、楽しそうですね。
羨ましい。

投稿: 元安川 | 2012年8月27日 (月) 11時29分


アコ様

私は徹底して、都会派ですが、
どうもそれは生まれた場所に拠るのではないかという気がしていますが、
どうでしょうか。

投稿: 元安川 | 2012年8月27日 (月) 11時35分


私の周りでは生まれと最終的に選ぶ場所は関係ない感じです。
都会生まれの都会育ちなのに定年後に田舎暮らしをしている人も何人もいますし、その逆もそうですね。
ちなみに主人の実家は徒歩圏内には店どころか人家すらないような田舎ですけど、
彼は同じビルにコンビニかスーパーがあって、徒歩圏内に病院がある、そういうところでないと暮らせないと言います。
でも、私の従兄弟は新宿生まれの新宿育ちで若い頃はずっと東京だったのに、定年後は北海道で、それこそ敷地内でも馬か車に乗るようなところに住んでいます。

投稿: アコ | 2012年8月27日 (月) 12時26分


アコ様

リタイアしてから、
都会に住みたいと思うか、都会に住みたいと思うか、
生まれた場所と関係がないとすると、
ウーン、
何が理由で好みが分かれるのでしょうかね。

そう言えば、
海が好きな人と、山が好きな人とでは、
随分と性格、考え方が違うようですが、
それもどうしてそんな違いができるのでしょうね。

因みに私は海の方が好きです。

投稿: 元安川 | 2012年8月27日 (月) 15時34分


ネットで「都会暮らし」を検索すると個人的な意見しか見られませんが、「田舎暮らし」で検索すると不動産会社や地域振興に力を入れている自治体などの関連サイトがズラリと並びます。それだけ「田舎暮らし」の需要があるということかも知れません。首都圏で働く40~60歳のアンケートでは「いつかは田舎暮らしをしたい」という回答が5割を超したそうです。
そして都会のセンスやライフスタイルを維持しつつ田舎暮らしをする「都会派田舎暮らし族」という生活も新しいスタイルとしてあるようです。どうも単純に二分されるものではなく、多様化しているようです。

投稿: 星野 | 2012年8月27日 (月) 16時13分


星野様

ゆったりとした田舎に、
クリエイティブで知的な人たちが、なんとなく集まってきて、コミュニティを作っていく、
という場所が、全国のあちこちに生まれているようです。

それは、都会派的田舎とでもいうのでしょうかね。
そんなところもよさそうですね。

田舎と都会のいいとこ取りをして、さらに別の要素を加えるということでしようか。

多様化していることは、確かでしょうね。

投稿: 元安川 | 2012年8月27日 (月) 16時55分

2012年8月26日 (日)

ヒロシマから未来の世代へ

「ヒロシマから未来の世代へ」をテーマにIPPNW(核戦争防止国際医師会議)の世界大会が広島で開催され、世界45カ国から医師や次世代を担う医学生約500人が集りました。IPPNWは医療者の立場で「核なき世界」を掲げ、国境や政治的な価値観を越えて団結した組織で、ノーベル平和賞も受賞しています。

基調講演では、前広島市長の秋葉忠利・広島大特任教授が「IPPNWは核兵器に対する世界の考え方を変え、市民や被爆者の真の願いを前進させた」と述べ、国際赤十字・赤新月社連盟の近衛会長が「核保有国が増える現実に深刻な危機感を抱かざるを得ない。核兵器の使用禁止、廃絶に向けてIPPNWと共に歩む」とあいさつし、松井一実・広島市長は「被爆者は後障害や偏見に苦しみながら生き抜き、核兵器の廃絶に取り組んでいる。その願いを世界全体につないでほしい」と述べました。

また、IPPNWの医学生会議は、核兵器だけではなく、原子力エネルギーの利用も含め、「核時代」終結に努めることを目指す宣言を採択し、23日閉幕しました。

ちなみにIPPNW8団体で構成し核軍縮に取り組む国際非政府組織(NGO)であるMPI(中堅国家構想)は秋葉忠利氏新たな議長に選んでいます。

核兵器廃絶は確実に前進しています。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


原爆も原発も一刻も早くなくして欲しいです。
すぐになくすと決めても、何百年、何千年、何万年もかかるのですから。

投稿: アコ | 2012年8月26日 (日) 08時56分


脱原発についての世論調査では33%だったものが、
討論型世論調査の結果では47%になったそうです。
フクシマを見て、ヒロシマに来て、議論し、
それから調査したら、どんな結果になるのでしょうかね。

投稿: 宇品灯台 | 2012年8月26日 (日) 17時10分


アコさん
今すべきことは、原発を動かすことではなく、廃炉と核廃棄物の処理ですね。
原発をどうするかということが議論されること自体考えられません。

投稿: 工場長 | 2012年8月26日 (日) 22時00分


宇品灯台さん
加えて、この夏の猛暑に供給電力の予備力があったか(東京電力の900万kW以上、中部電力206万kW、九州電力217万kW、中国電力113万kW、四国電力87万kW、北陸電力46万kW)この数字を見て、それでも原発を動かしたい人がいるのでしょうか。

投稿: 工場長 | 2012年8月26日 (日) 22時05分


原発って悪い事だとは思うんですが・・・
もし何かあっても何の害もないっていうところなら
わるくないかもしれませんね

とても遠く 太平洋の海の上とか・・・

投稿: | 2012年8月27日 (月) 14時36分


>とても遠く 太平洋の海の上とか・・・

核実験というのは、そういうところで行われましたが、それでも世界中に放射能をまき散らしました。福島原発の放射能も太平洋を渡ってアメリカに届いています。

アメリカではテレビで学者が「もし福島の4号機で大きな事故があれば、家族を南半球に逃がす」と言っています。使用済み燃料の極一部だけでも人類を絶滅させるだけのリスクを持つのが原発です。

投稿: 工場長 | 2012年8月27日 (月) 14時42分

2012年8月25日 (土)

アルバム

息子が結婚し、独立した。

子供が生まれてすぐから、いずれ結婚したら、その時に渡そうと思って、息子と娘にと、それぞれ別々にアルバムを作って来た。
それぞれの場面で、いつも多めに何枚か撮っているので、それらの写真を貼り付けてきた。

といっても、息子は高校に入ってから以降は、私に写真を渡さなくなったので、殆んどの写真は高校に入るまでだ。

以前娘が結婚する時に、娘用にと作って来た6~7冊のアルバムをを渡した。
今回、息子に8冊のアルバムを渡した。
息子が最初に生まれた子だったということもあり、写真は息子の方が娘より多い。
娘には、依怙贔屓をしていると恨まれたことがある。

1345166039052.jpg

このアルバムが、息子への門出の祝いになるかと思うと、
なんとも言えず不思議な感じになる。

渡す前にと、改めてアルバムをみた。
写真を撮ったその頃のことを色々思い出す。

最初の分厚いアルバムは、友人から誕生祝にといただいたアルバムだ。
1ページ目には、私の父が和紙に筆で書いた息子の命名の書が貼られている。
その私の父も、母ももういない。
母子手帳も貼られている。
息子が「初めて顔と解る絵を書いた」とコメントのついた絵も貼られている。
よほど嬉しかったことが窺える。
何しろ、そのころ通っていたお絵かき教室で描いた絵は、
画面一杯に青い斜めの線がザーッと描かれれているだけだった。
何だこれはと聞くと「雨!」という。
次の週にも、同じような感じで画面一杯に赤い線がザーッと描かれれている、
何だこれはと聞くと今度は「火!」という。
その翌週の3回目には、ちょっと薄めの青い線がやはり同じように画面一杯にザーッと描かれれている。
何だこれはと聞けば「風!」とこたえた。
さすがにこれには仰け反った。
幼稚園の通知表には「不器用ですが、一生懸命やってます」との先生のコメントが書かれている。
娘が成人式を迎えた時の家族写真もある。
この写真は、写真館で撮っているせいか、全く色が褪せていない。
写真は、どんな写真でも同じかと思っていたが、どうも違うようだ。

このアルバムの写真を編集して、結婚披露宴の時の2人の紹介に使うという。
フーン。

時々気が向いた時に、写真に書き込んだコメントがなんとも面白い。
こんなことなら、もっと書き込んどけば良かった。

息子は自分の子供のために、こんなアルバムを作るだろうか。

もっとも私達が死んだら、
私達用にと作って来たアルバムは余計なものになってしまう?


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


私達がアルバムというものを作る最後の世代なのでしょうね。
私は子供がいませんが、知人のお子さん達は自分の子供の写真はfacebookで公開し、私を含めて色々な人のコメントが付いています。

投稿: アコ | 2012年8月25日 (土) 09時15分


アコ様

フェイスブックで公開ですか。
そういえば、若い人は気軽に載せてますね。
私も一緒に写っているときには、あわてることもあります。

投稿: 元安川 | 2012年8月25日 (土) 10時18分


「私達がアルバムというものを作る最後の世代」確かにそうですね。
既にLPレコードや8mmフィルムは博物館のものですし、フィルムを入れるカメラも使っている人は極僅かです。
子供の世代ではCDもなくなるでしょうし、韓国などでは何年も前からビデオもなくなっています。
そういう媒体=情報を入れる入れ物がなくなる時代なのでしょうね。

投稿: 星野 | 2012年8月25日 (土) 11時06分


星野様

LPレコード、8mmフィルム、CD等の
形のあるものは、どんどん消えてなくなりつつあります。
何か寂しいですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月25日 (土) 12時10分


ランキング1位のブログに初コメで~す(*^^)v
私も両親が作ってくれたアルバムがありますが、殆ど見たことがありません。
それより、facebookで友達の結婚式や子供の出産などは日常的に見て、コメントしてます。
昔は入れ物ばかり立派でも飾り物で一生に何度も利用しなかったけど、今は利用するためのものだって思います。

投稿: カナ | 2012年8月25日 (土) 12時55分


カナ様

ありがとうございます。

フェイスブックは、アルバムという極めて個人的なものを、皆で楽しむものにしてくれました。
クリックするだけで、遥か過去にも簡単にアクセス出来るというのも、
なんとも不思議な感覚です。

iPadを見て、書き込んでいるだけで、簡単に1日が経ってしまいます。
なんとも困ったもんですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月25日 (土) 13時45分


毎日楽しく拝読しております。貴重な情報もありがとうございます。今回はアルバムですね。私も娘の結婚のときは整理して渡しましたが、懐かしい写真もあって時間がかかりました。また実家の両親のアルバムの整理もしました。一応長女なので両親亡き後預かっていました。

ちょうど「断捨離」(ダンシャリ)のセミナーを受けたので、思い切って整理をと思って始めたのですが、妹たちにも見せようと思って声をかけたところ、下の妹が家族にも見せたいからと言って持ち帰ってくれました。そろそろ自分たちの写真も整理しないとと思い、最近は写真を撮らなくなりました。

母はよく旅行に行って団体写真を撮っていましたが、どこにいるかわからない写真だけに、一番初めに処理しました。写真を破るのは初めは抵抗がありますが、慣れてくると結構快感です。さ、自分の写真はいつ整理をしようかなと・・・。

投稿: おおたき | 2012年8月25日 (土) 20時49分


おおたき様

古いアルバムはこんなことでもないと、改めて見ることはありませんよね。
それはそれで、楽しいことでした。

投稿: 元安川 | 2012年8月26日 (日) 10時53分


子供のアルバムって親のためのものですね。
親の作ってくれたアルバムは殆ど見たことがありません。
でも子供のアルバムは、何かの節目で見ていますし、作るのも楽しいです。

投稿: 木村 | 2012年8月26日 (日) 13時40分


木村様

子供のアルバムを親のためにつくる!
確かに。
作ること自体が楽しいことでした。

滅多に見ることはありませんが、
アルバムを見ることも、また楽しいことですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月26日 (日) 14時36分

2012年8月24日 (金)

子を思う親の会が作った電力会社

ドイツにある僅か2500人の小さな町の住人が作った電力会社は、「原発に一切頼らない自然エネルギーをメインとした電力供給」という理念のもと、多くの国民の支持を得て、顧客数は毎年増加の一途を続け、2012年現在ではドイツ全土で約11万件の顧客を抱えるまでに成長しています。

シェーナウの想いは、「一番は、世界中から原発がなくなること。二つ目は、早急な自然エネルギー社会への転換。そして三つ目は、世界中の人たちに電力が公平にいき渡ること。」です。

昨年(2011年)シェーナウのスラーデック女史は、環境保護における草の根運動で偉業を成し遂げた人に贈られ、その権威の高さから環境のノーベル賞とも称される「ゴールドマン環境賞」を授賞しました。

しかし、チェルノブイリ事故をきっかけにした親の会の発足から、操業に至るまで実に10年、そして発電開始から今まで15年、いくら環境先進国のドイツでも、市民と電力会社との戦いは決して容易ではありません。

節電から始まった「シェーナウの想い」を描いたこの映画は、今の日本にも十分な参考になるはずです。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


日本でもこういう電力会社が沢山出来ればいいですね。

投稿: アコ | 2012年8月24日 (金) 07時59分


ドイツの知人もシェーナウから電気を買っていると言っていました。
そういう自由が、早く日本でも欲しいですね。

投稿: 星野 | 2012年8月24日 (金) 09時04分


アコさん
いくつかの地域での動きはありますから、あとは発送電分離などの法整備ですね。
それには当事者だけでなく、国民の意志が重要だと思います。

投稿: 工場長 | 2012年8月25日 (土) 08時02分


星野さん
本当にそう思います。
買う自由も売る自由も早く手に入れたいものです。

投稿: 工場長 | 2012年8月25日 (土) 08時04分

2012年8月23日 (木)

長い靴べら

先日、
友人宅を訪ねた帰り、
玄関で、靴を履こうとしたら、随分と長い靴べらを出された。

1mくらいはあるだろうか。
こんな長い靴べらは初めて見た。

1345105296944.jpg

これだけ長いと楽は楽だ。

聞けば、父親が年をとり、しゃがんで靴を履くのも困難になったので、
しゃがまなくても、靴を履けるようにと、長い靴べらを買ったのだという。
フーン。

靴べらといえば普通は40~50cmくらいだ。
以前は10cmくらいだつた。
少しずつ長くなっているように思う。

バリアフリーは、特に身障者を対象にしているが、
それは当然健常者にとっても使い易い。
靴べらにもそんなことがあるとは、気がつかなかった。

こうしたことを、総称してユニバーサルデザインというのだろう。

ユニバーサルデザインの7原則は
どんな人でも公平に使えること
使う上で自由度が高いこと
使い方が簡単で、すぐに分かること
必要な情報がすぐに分かること
うっかりミスが危険につながらないこと
身体への負担がかかりづらいこと(弱い力でも使えること)
接近や利用するための十分な大きさと空間を確保すること
という。

そうすると、
この長い靴べらは、立派なユニバーサルデザインの作品だ。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


長い靴べらで台座が付いているのって格好良いですよね。
うちは主人も靴べらは使わないし、来客もないので置いていませんが、ちょっとした憧れでした。

投稿: アコ | 2012年8月23日 (木) 08時13分


1mというのはかなり長いですね。
旅館や料亭などでは70cmから80cmで台座付きのものが多く、使い易いです。
ユニバーサルデザインは老人や障害者だけにではなく、誰にでも使い易いことがポイントですね。

投稿: 星野 | 2012年8月23日 (木) 09時24分


50年前77歳で亡くなった祖父は「靴ベロ」と言っていたことを思い出しましたw

投稿: ⑦パパ | 2012年8月23日 (木) 09時27分


アコ様
その御宅の長い靴ベラには台座はありませんでしたが、
ネットで調べてみると、結構いい値段ですね。
でも、一度買えば、一生物でしょうから高くはないと思ったのでしょうね。

投稿: 元安川 | 2012年8月23日 (木) 11時18分


星野様
改めて長さを確認したところ、
80cmだそうです。
失礼しました。

投稿: 元安川 | 2012年8月23日 (木) 11時21分


ナナパパ様
靴ベロ!
何かそのほうが、正しいように感じますね。
家の中にあるこうした家具、機器には、
それぞれに色々な思い出がありますね。

投稿: 元安川 | 2012年8月23日 (木) 11時26分


長い靴ベラの記事を読んで
『地獄の長い箸』の民話を想い出しました。

~或る地獄で二組のグループが有り
一組は、やせ細って喧嘩ばかりしているグループ・・
もう一組は、相手を思いやる心が強く体型もふっくらして
いつもニコニコ・・
その原因は、その地獄での食事には、長い箸しか与えられない事。

喧嘩ばかりしているグループは我先にと料理をつまむが
長い箸が邪魔をして自分の口に入らない。
もう一組はと言えばゆっくり料理をつまんで
互いに向かい合った相手に食べさせてあげる。
おいしい料理をゆったりと楽しく食べられて、いつもみんなニコニコ!

という民話でしたが
長いものにも使いようによって福が有るようですね。
投稿: いっちゃん | 2012年8月23日 (木) 19時45分


いっちゃん様

面白い民話ですね。
お互いに助けあうというのは、そういうことでしょうね。

投稿: 元安川 | 2012年8月23日 (木) 20時49分

2012年8月22日 (水)

アレルギー対策に布団用掃除機

医師の薦めで、アレルギー対策として、布団用の掃除機を買いました。
ハンディーなもので、紫外線の除菌灯が付き、英国アレルギー協会推薦というものです。

1860743354_53_2

ネットで買っても良かったのですが、最近新しくなったその家電量販店にまだ行っていなかったので、敢えて店舗に出向いてみました。

その家電量販店は価格でのメリットは大きいものの、店員はより少なくなったように感じ、それも社員になると殆どいないのではないかと思えました。しかも店舗のグレードが上がったことで、融通は効きにくく、価格交渉力も落ちたようです。

一応、顔馴染みの出向社員に「掃除機を買うので」と「詳しい店員」を呼んでもらうと「国立大卒の優秀な社員」がやってきました。

ところが、その「優秀な社員」はハンディークリーナの展示してあるところに案内し、「そういうものは扱っていません、ここにあるだけです」と言います。確かに、その売場には、それらしいものはありません。

一旦は諦めて帰ろうとした時に、数台のハンディクリーナーのようなものがまとめて展示してあり、そこに大きく「アレルギー対策に布団用掃除機」という文字が見えます。

私が「アレは?」と聞くと、その「優秀な社員」は「アレはアイロンのようなもので・・・」と説明するので、「でも掃除機って書いてありますよ」というと、近づいてカタログを見て、「確かにそうですね。でも紫外線とかは付いてないようです」と言います。

そこで私もカタログを見て「UVランプ除菌と書いてありますけど」と言うと、その「優秀な社員」は「UV・・・?」という感じです。

私は「UVは ultraviolet の略で、紫外線ですけど」と説明し、それ以上、その「優秀な社員」との会話は無駄だと思い、さっさと、その掃除機を買って帰りました。

英国アレルギー協会推薦の布団用掃除機
http://magazine.kakaku.com/mag/woman/kaden/id=764/
http://www.raycop.jp/

人は肩書きでは分からないものです。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


UVのスペル、初めて知りました(^_^;)

投稿: 通りすがり | 2012年8月22日 (水) 08時21分


やり取りを想像して笑ってしまいました。
でも、その掃除機良さそうですね。
今度機会があれば見てみたいと思います。

投稿: アコ | 2012年8月22日 (水) 08時27分


政治が信用出来なくなったのは、今に始まったことではありませんが、
学歴、経歴、肩書は本当に信用できなくなりましたね。

それでも「オレ、オレ」詐欺には、簡単に引っ掛かってしまいます。

投稿: 宇品灯台 | 2012年8月22日 (水) 10時51分


通りすがりさん
Water Closet(W.C.)と同じように、フルスペルを知らない人は多いと思います。
ただ、W.C.とかけば誰でも分かるように、UVと書けば何かは殆どの人が知っていますよね?

投稿: 工場長 | 2012年8月22日 (水) 21時41分


アコさん
実は、そのまま有りのまま書くと、あまりにも作ったような話になるので、これでも随分抑えて書いています。

この掃除機はアレルギー対策には有効だと思いますので、ご家族にアレルギーのある方がいるご家庭にはお勧めします。

投稿: 工場長 | 2012年8月22日 (水) 21時47分


宇品灯台さん
これからは自分で判断する力が求められますね。

投稿: 工場長 | 2012年8月22日 (水) 21時49分

2012年8月21日 (火)

メダリストのパレード

8月20日 11時
ロンドン五輪のメダリストが銀座中央通りをパレードした。
メダリストの公式パレードは初めてだという。

約50万人の人出だったという。

TVのニュースで見ていても、凄い人出だったということがわかる。

歩道からは人が溢れ、
車道はパレードの車がやっと通れるほどのスペースを残して、人で埋まっていた。

両側のビルの窓も、人が一杯だった。

こんなに人出が多くては、後ろの人は選手が見えないだろうと思ったが、
メダリストが良く見えるようにと、選手は2階建てバスの屋上に乗り、手を振っていた。

パレードに参加した選手は、誰もが観客の多さに驚き、感激していた。
「応援してくれた人々にも、これで少しは恩返しができたかなと思う」とも言っていた。

観客の1人はインタビューに答えて
「これで東京でのオリンピック開催が決まると嬉しい」
と言っていた。

国民は、オリンピックを楽しんでいたということを改めて感じる。

前回、東京が2016年のオリンピック開催に立候補した時、
東京での開催することに賛成の国民は59%と、他国と比べて著しく低かった。
それが、落選の理由だといわれた。

こうしてみると、
オリンピックを国民に理解してもらうには、
それなりの営業努力が必要だということだということだろう。

大学もオープンキャンパスをし、懸命に広告宣伝活動をするようになった。
弁護士事務所もTVコマーシャルをするようになった。
時代はどんどん変わっている。

今回のオリンピックでは、選手個個のオリンピックの選手に選ばれるまでの血の滲むような努力と周りの人々の心温まる応援の様子を放じていた。
選手は、ブログ、Twitterで、オリンピック期間中だけでなく、オリンピック選手に選ばれるまでのずっと長い間、その思い、努力の様子を発信してきた。
それはオリンピックと選手を、国民にとって、より身近なものにした。
こうしたことは、今までのオリンピックではなかったことだ。

こうしたメダリストによるパレードも日本全国の主要都市でやったらいい。
その時には、地元出身の選手も加えたらいい。

広島のフラワーフェスティバルの人出は、1日平均50万人を越えている。
そのパレードの目玉に、オリンピックのメダリストのパレードを加えたらいい。

「ヒロシマオリンピック」という声が、一気に高まるかもしれない。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


流石にテレビだけでしたが、凄い人出でしたね。
フラワーフェスティバルのパレードにオリンピック選手のパレード、いいですね。
広島がオリンピックに相応しい都市であることが、改めて分かるでしょうね。

投稿: アコ | 2012年8月21日 (火) 07時20分


アコ様

IOCにとっても、オリンピックを広島で開催できるような内容にしないと、
その存続が難しくなるでしょうね。

投稿: 元安川 | 2012年8月21日 (火) 10時08分


メダリスト同士がはしゃいでバスの上で記念写真を撮っていましたが、
あれに1番感動しました。メダリストも他のメダリストに対してはミーハーなんだって。
なんか、とても純な物を感じました。

投稿: ⑦パパ | 2012年8月21日 (火) 11時09分


ナナパパ様

隣のお兄ちゃんとお姉ちゃんがひどく嬉しそうにしていたという感じでしたね。
その純で身近な感じが良かったですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月21日 (火) 11時33分

2012年8月20日 (月)

凍結された米国の最終処分場

世界中で、現在までに核廃棄物の最終処分場の建設が具体的に始まっているのはフィンランドだけですが、続くはずのアメリカでは90億ドル(約1兆円)もかけていた建設は中止され、それに伴って原発の新設も停止されました。

日本とは比較にならない広大な土地を持ち、地震も少なく、核に対する理解もあるアメリカですら、核廃棄物の最終処分場には目処が立っていません。

アメリカでは、核兵器の製造をし住民も核に関わる人が殆どだというワシントン州ハンフォードをはじめ、ネバダ州のユッカ山、テキサス州デフスミスなどを候補地とし、30億ドルという調査費用と5年の歳月をかけて、最も政治力のないネバダ州に決定しました。

ところが、90億ドル(約1兆円)という巨額の予算を使って建設されていた、その最終処分場の建設も凍結されました。

人類はまだ10万年後を予測できるほどの科学技術を身に着けていません。
それどころか明日起きる地震さえ予知できないのです。

更に問題は未来のことばかりではありません。
処分場が稼働すれば、20数年間、核廃棄物を積んだトラックが90分毎に全米の数千という都市を通ることになります。
厳重な研修を受けたドライバーの運転するトラックの25%から30%には欠陥があり運行を止められるといいます。
事故が起きる確率はかなり高いでしょう。

アメリカの特別委員会は、暫定的な処分場設置の場所選定に5〜10年、恒久的な場所の決定に15〜20年かかる可能性があるとの報告書を発表しています。

あの広大で核兵器を作っているアメリカでさえ最終処分場はないのです。
この現実を見れば、原発をどうすべきか、選択肢はありません。

以下は、26年前(1986年)にアメリカで制作されたドキュメンタリーです。

そして、その26年後

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


古賀さんの言葉「日本は先進国とは言えない、何十年も遅れている」
本当にそう思います。情けないです。

投稿: アコ | 2012年8月20日 (月) 07時57分

2012年8月19日 (日)

体重計

MAQUINOの体重計を買った。

1344859714548.jpg

シンプルで綺麗なデザインが気にいったこともあるが、
体重を測るだけで、結構色々なことが分かるのが気にいった。

体重計表面のエレクトロードにより、非常に微弱な電流を体に流して、電気抵抗を測定して色々計算するらしい。
技術の進歩が凄いのにも驚く。

体重計の上に乗ると、まず体重が大きく表示される。

暫くそのまま乗っていると、続いていくつかの数値が表示される。

・総体脂肪率ー男性では20-39歳の適正値は8~19%
40~59歳の適正値は11~22%
60歳以上の適正値は13~25%
だという。
「 人間は、年を取ると、食べればすぐ何とかなるということにならないので、
いざとい う時に備えて太っていたほ うがいい」と聞いたことがあるが、体脂肪率の適 正値が年と共に上がるのはそういうことなのだろうか。
・体水分ー男性では10~15歳で58~72%
30~60歳で47~61%
61~80歳で42~56%が適正値だという。
体水分が年を取るに従って減るというのも初めて知った
・筋肉量ー男性は40%以上、女性は34%以上というのが適正値だという。
・推定骨量ー骨に含まれるカルシウムなどのミネラルの量を意味するので骨粗相症の判定には 使えないというが
男性では体重が69.9kg以下で2.3kg~2.5kg、70kg以上で2.7kg~2.9kgが適正値
だという。

私は、
体重ー62.6kg
総体脂肪率ー12.9%
体水分ー56.5%
筋肉量ー40.9%
推定骨量ー2.7kg
である。
年齢相応に、まあまあだ。

だからといって、
長生きするわけではないだろうし、
病気しないというわけでもないだろうが、
適正値内にそこそこ納まっていると知っただけで、
気分はいい。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


MAQUINOって格好良いですよね。
泊まったホテルにMAQUINOとか置いてあると評価を上げてしまいます。
(でも眺めるだけで、乗りませんけど(^_^;))
それにしても体脂肪率も低く、筋肉率は多い、随分とマッチョな方!と思ってみましたが、
総体脂肪率というのは、普通の体脂肪率とは違うのでしょうか。
普通の体脂肪率なら男性でも20%台だったと思いますけど、総体脂肪率って初めて聞きました。

投稿: アコ | 2012年8月19日 (日) 08時05分


元安川さんの数値を見て「羨ましい」と思いましたが、一つ確認です。

MAQUINOの体重計と書かれていますので、中身はヨーロッパ製品だと思います。以前「ディスプレイを日本語表示に直した」ということを聞いたことがありますが、中身の計算方法も日本人向けになっているでしょうか。

一般的に欧米人と日本人では体格も異なり、日本人の場合は胴長短小で、骨が細く、筋肉が少ない為、体組成も微妙に違います。ですから、体脂肪率を出す計算式(回帰式)は国(民族)によって違い、日本のメーカーは販売先によって、それを変えていますが、殆どの海外メーカーは欧米人向けの計算式をそのまま使っているようです。その結果、日本製品をそのままコピーしたような中国製はともかく、アメリカやヨーロッパ製などのものでは体脂肪率などがかなり低めに出る、ということです。

元安川さんは他の国産メーカーの体重計でも、そのくらいの数値でしょうか。それなら本当に羨ましいですね。

投稿: 星野 | 2012年8月19日 (日) 09時36分


アコ様

マッチョなんて、とんでもない。
◯男、金と力はなかりけり、
の、◯が×になった感じです。

総体脂肪率の件ですが、説明書を読むと
「本品ではBIA法 生体インピーダンス法による総体脂肪率の測定と体水分率の測定を行います」
「人体に影響のない微弱な電流を流しますので、体の奥深く、内臓脂肪を含めた総体脂肪率を計測します」
「この推定式はメーカーそれぞれによってちがいます。また総体脂肪率推定方法に国内、世界的に統一された基準はありません」
と書かれています。

ということは、総体脂肪率とはどうもメーカーの作った言葉のようですし、
体脂肪率もあくまで目安と思った方が良さそうですね。

それにしては、随分と、誰もがこの数値で一喜一憂しますね。

投稿: 元安川 | 2012年8月19日 (日) 10時48分


星野様

しかし星野さんは、なんでも詳しいですね。
凄い!

説明書を読むと、
発売元 マキノ トレーディングとなっています。

HPをみると、
元々はスエーデン、フランスからこうした機器を輸入販売していたようですが、
今では、自社で設計、開発し、中国で製造し、日本国内で販売しているようです。

MAQUINOというブランドも、
ユニクロのUNIQLOのような感じではないでしょうか。
上手いネーミングですね。

ということで、適正値も全て日本人対象になっているように思います。

そもそも数値が、人種によって違うとは、私は知りませんでした。

色々教えていただき、ありがとうございました。

投稿: 元安川 | 2012年8月19日 (日) 15時42分


横から失礼します。
MAQUINOの体重計ですが、最近のもので、もし他のものと比較して体脂肪率などが余りに低い値ででるようでしたら、アスリート設定になっていないかをチェックされた方が良いと思います。
以前のものは確かに星野さんが書かれているように、欧米人向けのプログラムであったようですが、最近のものは自社開発のソフトを使っており、更に細かくアスリート向け=毎日トレーニングジムに通っているような人向けの設定があります。これは表示板に走っているようなアイコンが出るモードで、それで普通の人が測ると10%近く体脂肪率が低くなるようなことがあります。

投稿: 太田川 | 2012年8月20日 (月) 17時15分


太田川様

ご指摘のように、先に書いた数字はアスリートモードでの測定値のようです。
標準にしての表示は、
総体脂肪率は21%
体水分は58%
筋肉量は44.6%
です。
私の実感としても、こちらの数字の方がしっくりきます。
確かにアスリートモードのほうが、総体脂肪率は10%程度低く表示されるようです。

どうして、そうした表示の違いがあるのか、教えて下さい。

投稿: 元安川 | 2012年8月20日 (月) 22時56分


体重計が実際の体重を測るのに対し、体脂肪率はあくまで推定値で、それを推定するのは体の電気抵抗によりますが、星野さんも書かれているように欧米人と日本人で骨格が違えば、計算式が違うように、アスリート(一般的には週に12時間以上運動をし、特に筋肉トレーニングをしている人)は筋肉に含まれる水分量が一般の人とは随分違うため、違う計算式が必要になります。
それでも人間の電気抵抗は起きたばかりと寝る前では随分違っており、一日でも大きく変化しますので、あくまで目安ということになります。

投稿: 太田川 | 2012年8月20日 (月) 23時35分


2012年8月18日 (土)

米国も原発建設を停止

ウォール・ストリート・ジャーナル(The Wall Street Journal)によると、NRC(米原子力規制委員会)は、最近の連邦控訴裁判所の判決で提起された使用済み核燃料政策の問題への対応ができるまで、原子力発電所建設の認可手続きを停止すると発表したということです。

3mile

要するに「トイレのないマンションは作ってはいけない」ということです。

しかし、実は、それ以前にアメリカでは30年間も原発は作られていませんし、原発ではトップ企業であるGEのCEO(最高経営責任者)ですら「原子力発電を経済的に擁護するのは非常に難しく、大半の国はガスと再生可能エネルギーの組み合わせに移行している」と言い出しています。

彼らは長い間「原子力発電所が生み出す電力はこの先何十年も天然ガスや風力発電所、太陽光パネルの電力よりも安いか同程度」としていました。

しかし、それは完全に昔話です。

ソーラーパネルの市場価格は下がり続け、風力タービンの価格も下がっている上に、膨大な量のシェールガスの発見で急落しているガス価格は、世界中に広がると見られています。

一方で、欧州では20年ぶりの原子炉新設となるフィンランドのオルキルオト3号機とフランスのフラマンビルの建設は大幅に遅れており、原子炉建設コストの予算は膨らむ一方であったところに、福島での原発事故が一段とコストを上昇させています。

日本には既に130万本の核廃棄物がありますが、2兆2千億円が投じられ日本原燃は未だにガラス固化体の技術を完成させておらず、使用済み核燃料の再処理はもとより、高レベル廃液も処理できず、最終処分問題を含め混迷が深まるばかりです。

そして日本は人材で原発を爆発させ、世界中に放射能汚染を広げている当事国です。
原発ゼロ%以外に、一体どんな選択肢があるのでしょうか。


以下、元記事です。

-------------------------

The U.S. Nuclear Regulatory Commission said it would stop issuing licenses for nuclear plants until it addresses problems with its nuclear-waste policy raised by a federal appeals court decision.

  Rebecca Smith、Ryan Tracy

-------------------------

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


ちょうど昨日の報道番組でみました。
何故か日本では報じられていないということでした。
こちらの説明で更は報道以上によく分かりました。

投稿: アコ | 2012年8月18日 (土) 07時38分


130万本の使用済み核燃料廃棄物!
凄い量ですね。

都市が被災した時、1番大変なのは、トイレだそうです。

核燃料廃棄物の処理方法も決まっていないというのは、
トイレのないマンションを作るというようなもんだ、
というのは上手い比喩ですね。

しかし、トイレなら、まだくさい臭いを我慢すればいいのでしょうが、
核燃料廃棄物は放射線を出し続けるというのが、厄介ですね。

投稿: 宇品灯台 | 2012年8月18日 (土) 12時10分


私も昨夜の報道ステーションを見ましたが、古舘さんが「他の報道でどうしてこれを取り上げないのか分からない」と言っていました。

アメリカでもどちらかと言えば共和党寄りで原発推進寄りのウォール・ストリート・ジャーナルでさえ問題意識を持って報道していますが、日本では読売新聞は「NCRがより安全な空冷式の検討をしている」ということに加え軽く「建設が一時停止されている」と触れているだけで、朝日新聞などは「福島第1原子力発電所の事故を受けてもなお、世界の原発への関心は高く約30カ国が原発の導入を検討もしくは計画している」という記事を書いています。どこの国が原発事故を起こし、なお被害は拡大しているのか、日本の報道機関は分かっているのでしょうか。

投稿: 星野 | 2012年8月18日 (土) 12時17分


アコさん
ウォール・ストリート・ジャーナルが報道したのが8月8日ですから、日本では一週間以上経ってやっと一社が報道した、という感じですね。一年前に比べれば、マシになっているような気もしますが、まだまだ海外メディアに頼らざるをえないところもあります。

投稿: 工場長 | 2012年8月19日 (日) 23時40分


宇品灯台さん
「トイレのないマンション」という表現は、以前から原発の在り方に疑問を投げ続けている自民党の河野太郎のブログで見たのが初めてでしたが、今では原発問題の報道でも良くみかけるようになりました。
それにしても、これだけ危険なものを見切り発車で行なっているというのは、他に例がないように思います。

投稿: 工場長 | 2012年8月19日 (日) 23時42分


星野さん
ウォール・ストリート・ジャーナルは確かに共和党寄りですが、それでも結構リベラルな記事もあったりと、その辺りが如何にもアメリカ的で、本物のジャーナリズムを感じます。

日本の報道機関も、例えば社説などには独自の色があってもいいのですが、個々の記事については、もっと広い見識で事実を報道して欲しいものです。

特に原発関連記事については、朝日新聞にもガッカリさせられることが多いように思います。

投稿: 工場長 | 2012年8月19日 (日) 23時44分

2012年8月17日 (金)

FD CDを捨てた。

パソコンが普及し始めた頃、
記憶媒体として、フロッピーディスクが使われていた。

本箱を整理していたら、そのフロッピーディスクが膨大に出てきた。

様々な文書に混じって、
その頃流行り始めたメールを記憶させたフロッピーディスクも出てきた。
その頃は何かメールもひどく貴重に思えていた。

しかし今ではもう、自宅にはそのフロッピーディスクを読みとるパソコンそのものがない。

友人にお願いし、必要と思われる資料数件をフロッピーディスクから、usbに移してもらった。

資料を書き込んだ膨大な量のCDも、いまではもう嵩張るだけの、無用の物になってしまった。
これをusbに移すのも大変だ。

1344839425665.jpg

学会の発表論文もCDで送ってくる。
これだっていらない。
必要な論文はネットで検索すれば、即簡単に見られる。

7~8年前までは、学会の発表論文集は分厚い印刷物になって送られてきた。
ちょっと分野が違えば、興味もないし、全くわからない。
殆んど見ることもなく、それら論文集は本棚の片隅に積み上げられていた。
分厚く重いだけで、漬物石にもならないと、皆ブーブー文句をいっていた。

それら論文集は先日処分した。

その昔は、手書きの論文を学会に送ると、学会が活字の印刷物にしてくれた。
それだけで、ひどく価値のある研究をしたかのように感じたもんだ。
発表される論文数も少なかったから、そんな悠長なことができたのだろう。

発表論文数が増えると共に、技術も進歩し、
そのうち論文はパソコンで書くようになった。
その原稿を学会に送ると、
学会はそれをコピーし、論文集とするようになった。

今では、パソコンで書いた論文を、そのままネットで送ればいいようになった。

論文を見ることも、ネットで簡単に見られるようになったから、
一々論文集とそのCDを送って来なくともいいと思うが、送られてくる。

論文数が増えただけでなく、論文をみることも極めて簡単になったということは、
学問を皆のものにすることに大きく寄与している。
いいことだ。

ネットで全てやり取りされるようになったことで、
学会としても相当に費用がかからなくなったはずだと思うが、
どうしてか、いまだかって、一度として会費が安くなったことはない。

学会という組織も、お役人根性、大企業病に陥っているのだろうか。

そんな文句をいう前にと、
先ずは、自分1人で出来るストック費用の削減から始めることとした。

FD、CD、
未使用の物も結構あるが、持っていても使うことはないだろう、
まとめて捨てた。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


私が会社に入った時には、まだLPレコードのように大きなフロッピーがありました。
それがシングル・レコードくらいに小さくなって、今の小さなフロッピーを初めて見た時に会社のSEさんから聞いたのは、あの大きなフロッピーの10倍の容量があるということだったと思います。
でもUSBって、更にその数千倍とかの容量なんですよね?
今はそれすら今は雲の上?、いつでもどこでも使えます。

投稿: アコ | 2012年8月17日 (金) 08時25分


アコ様

そう、「クラウド」っていうのがありましたね。

私は見えない世界は、もう本能的に嫌なのですが、
「クラウド」となると、目の前が霞がかかったような感じになります。
慣れれば、それなりに面白くなるのてしょうかね。

投稿: 元安川 | 2012年8月17日 (金) 10時41分


それにしては、
デオデオ、ヤマダ電機、サエキに行くと、CDが山のように積み上げられて、売られていますよね。
どうしてでしょうか?

投稿: 宇品灯台 | 2012年8月17日 (金) 12時58分


これまで数十曲しか持ち歩けなかった音楽を、アップルは数万曲つまり持っているもの全てを持ち歩けるiPodを作り、流通業界いや音楽業界全体にまで大きな影響を与えましたが、今は更に進み、何も持ち歩かなくても全てのものがそこにある時代となりました。
一体この先どんなになるのか、それを考える人がどこにいるのか、ジョブズ亡き後そんなことを考えます。

投稿: 星野 | 2012年8月17日 (金) 15時38分


星野様

この前寄ったBARのBGMはipodの音楽でしたが、
MINGUSのBGMは真空管のアンプとレコードでした。
真空管はなかなか手に入らないので、手に入る時にまとめて買うのだといってました。
そう言われると、真空管で聴く音の方がいいように感じました。

たまにしか乗らない車のカーステレオの音楽は、もう1年間くらい同じ曲です。
でも棚には、息子が買った数百枚のCDがあります。

どうなってんでしょうね。

投稿: 元安川 | 2012年8月17日 (金) 16時13分


iPodに入っている3万曲余りの音楽を、手作りの真空管アンプとJBLの大型スピーカーで聴いています。
レコードやCDも未だに持ち、レコードプレーヤーやCDでプレーヤーも繋がってますが、曲を探し出すのが大変なのと、最近のデジタル音源のレベルの高さは、何十万円もするCDプレーヤーより、2万円のiPodのアップルロスレスの音に軍配が上がります。

次に出てくるのは、空気を振動させずに、脳に直接音を届けるようなものではないかと思います。
音だけでなく映像も情報も媒体を必要とせず、脳に直接アクセスするようになるのではないでしょうか。

投稿: たわけ | 2012年8月17日 (金) 18時06分


たわけ様

3万曲というのも凄いと思いますが、
手作りアンプで聞くというのも、凄いですね。

しかし2万円のiPodの方が音がいいというのは面白いですね。

でも直接音楽、映像を脳に届けるというのは、
可能性がありそうですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月17日 (金) 18時46分


横から失礼します。

>CDが山のように積み上げられて、売られていますよね。どうしてでしょうか?

アップルが3.5インチのフロッピードライブをMacに採用してから他のパソコンが5インチフロッピーから3.5インチフロッピーに切り替わるまでが5-6年。アップルが全Macからフロッピードライブを無くしてから殆どのWindowsパソコンからフロッピーが消えるまでに10年かかったように思います。
Mac miniやMacBook AirからCDドライブが消えてまだ2年くらいで、今はまだ殆どのWindowsパソコンにはCDドライブが付いているので、市場からCDが消えるまでには、あと数年はかかるのではないでしょうか。

投稿: Macバーガー | 2012年8月17日 (金) 19時31分


Macバーガー様

コメント、ありがとうございます。

慣れということもあるでしょうし、
次のシステムに移行するには、それなりの時間がかかるということでしょうね。

投稿: 元安川 | 2012年8月17日 (金) 20時58分


MacにはAドライブとかCドライブという概念が最初からなくて、どこに何があろうと関係なく扱えるのに対して、Windowsはそうは行かない。
MacがFDDを廃止した頃も、多くのWindowsバソコンはFDDからしか起動できなかったし、最近やっとCDからも起動できるようになったが、MacはUSBからだろうが、ネットワークからだろうがシステムを起動できる。それに対しWindowsパソコンは新しい媒体が出ると、その都度システムを書き換えて追加しないといけないので、どうしてもWindowsパソコンは数年遅れにならざるをえない。東京大学が十数年前からMacを中心に採用しているのも、そうしたことが大きな理由の一つである。

投稿: 元SE | 2012年8月18日 (土) 08時43分


元SE様

今朝の日経新聞に、
アップルの「秘密」が次々と、
という見出しで、
アップルが日本企業からヒントをえていたという証言がされているとでていましたが、
それにしても、
「それがいい」と判断する力はたいしたもんですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月18日 (土) 12時40分


スティーブ・ジョブズは、よくソニーを讃え、目標だと言い、ソニーのフロッピーディスクが米国内の独占禁止法で訴えられた時も、アップルは議会で「もし米国企業でソニー製と同じ品質のものができるのであれば我々は躊躇なくそれを採用する」とソニーの技術力を評価し、ソニーの擁護しました。
ジョブズはよく「reinvent 」(再発明)という言葉を使っています。コンピュータも携帯音楽プレーヤーもスマートフォンもアップルが発明したものではありませんが、アップルがなければその普及は十年以上は遅れただろうと思われるものです。細かく言えば、フロッピーもハードディスクもUSBも全てそうです。USBなどは発明者であり巨大な市場も持っているインテル勢が「我々が何年もかけて普及できなかったものをアップル一社で普及させられるはずがない」と笑っていましたが、アップルはあっという間にUSBを標準的なインターフェースにしてしまいました。
このreinvent(再発明)は以前なら日本企業の得意とするものでしたが、さて、どこでお株を奪れたのでしょうか。
投稿: Macバーガー | 2012年8月18日 (土) 14時06分


Macバーガー様

「reinvent」
初めて知りました。
いい言葉ですね。
reuse,recycle,reduce
こうしたことを、もっと自信を持って進めたいですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月18日 (土) 15時06分

2012年8月16日 (木)

未来を守る男の行動

国立感染症研究所によると、この夏は風疹の患者が急増しており、既にこれまで最多であった昨年の3倍に達しているということです。

そして、その患者の8割近くが20〜40代の男性だということですが、それは、この年代では予防接種が女子中学生に限って行われており、免疫のない男性が多いからです。

風疹は男性にとっては大したことのない病気でも、妊娠初期の女性がかかると、新生児に難聴や心疾患などの障害が出る可能性があります。

私は来年で還暦ですから、低線量被ばくによる健康への影響もそれほど心配することもなく、先週も一日で5枚のレントゲン撮影をしました。

ただ、自分さえ良ければ良いわけではありませんから、これまでも書いてきているように、子どものためにも大人には放射能の拡散を防ぐ責任があると思いますし、インフルエンザの予防も自分のためだけでなく、インフルエンザが致命的になる人達に感染を広げない努力は、社会人としての責任でもあると思います。

子どもは日本の未来です。妊婦を守るため=未来を守るため、職場や家庭で出産の可能性のある女性に接触する機会のある男性は、内科で抗体価を測り、必要であれば早めに近くの医療機関でワクチンを接種しておきましょう。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


さっそく主人に教えなきゃ・・・と思いましたが、良く考えてみると私はもちろん、主人の職場には妊娠の可能性のある女性は居そうもありません。
でも私の知らないところに居たら?(^_^;)
ちょっと話して反応を見てみます( ´艸`)

投稿: アコ | 2012年8月16日 (木) 07時49分


妻も娘も妊娠の可能性はない、ないはず、あるわけがない、あってはならない・・・( ̄Д ̄;;

投稿: 通りすがり | 2012年8月16日 (木) 08時14分


アコさん
そこですか(^_^;)
交通機関の中やコンビニでも、濃厚接触者(2メートル以内に接近して会話などをした人)になる可能性は大きいと思いますので、抗体価の検査はしておいても無駄にはならないと思います。

投稿: 工場長 | 2012年8月17日 (金) 07時58分


通りすがりさん
以前記事にした「値上げ」の歌みたいですね(^_^;)
http://hiroshima.moe-nifty.com/blog/2012/07/post-8198.html

投稿: 工場長 | 2012年8月17日 (金) 08時00分

2012年8月15日 (水)

土曜日の昼近く、
ボケーッとテレビを見ていたら、
先日亡くなった地井武男氏の旅番組「ちい散歩」、昭和の風景傑作選を放映していた。

昭和の時代を象徴する物、それを作った人々を、その頃の映像とオーバーラップさせながら紹介していた。
確かにあのころは貧しくはあったが、頑張れば何とかなると、誰もが思っていた時代だった。

そんな古き良き時代を地井さんが愛おしそうに訪ねて歩く。
地井さんの人懐っこさがなんともいい。

東海道新幹線、8mm映画、等色々取り上げていた。
三輪自動車のミゼットを今だに配達に使っている人も紹介されていた。
ミゼットー当時はどうと思わなかったが、
今見ると、手作り感があって、工芸品のように格好いい。

その中の1つとして、「箒」を取り上げていた。

今はどの家でも、掃除は電気掃除機でするようになっている。
そういえば、
先日TVで「はたき」の使い方を、若い娘に聞いていたが、殆どの娘は知らなかった。


「箒」も我が家には、もうないと思っていたが、
妻に聞けば、あるという。

「階段は箒で掃いて、最後に掃除機でとる」のだという。
ヘーッ。

それも、おばあちゃんから、何十年か前に、もらったものだという
何十年も使ったから、今はもう大分チビているが、
それでも「箒は、チビても使いやすい」
という。

箒は、生協でも売っているので、買ったけど、
安いのは穂先がすぐ抜けてしまったので、もう1本買ったという。
1万円を越したが、穂も抜けなく、使いやすいという。
大事に使っているという。

1344664152198.jpg

「ちい散歩」の中で、
そんな箒を作っている職人を取り上げていた。
本当に手作りだ。
手間隙がかかる。
それに技術もいる。

材料は「ホウキモロコシ」という稲の1種らしい。
今では、日本では「ホウキモロコシ」は作っていないので、みな輸入品だという。

「箒」も、こうなると工芸品であり、芸術品だ。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


私も階段は箒で履いてますよ。
それから和室もそうです。
でも最近はロボット掃除機の家庭が増えているようですね。

投稿: アコ | 2012年8月15日 (水) 07時56分


「階段は箒で掃いて、最後に掃除機でとる」これは目からウロコでした。
普段は掃除をすることはありませんが、以前たまたまそういうことになって、掃除をした時、掃除機で階段を掃除するのは大変でした。確かに階段は箒ではいた方が楽でしょうね。エコですし。

投稿: 通りすがり | 2012年8月15日 (水) 13時00分


アコ様

ロボット掃除機!
そんなの売れるのか、誰が買うのかと思いましたが、結構売れているそうてすね。

掃除は、人間修養のためとして最も重要なこととされていますが、
ロボットを修養させてどうするんでしょうかね。

投稿: 元安川 | 2012年8月15日 (水) 13時30分


通りすがり様

最後に塵取りで取るというのは、意外と大変ですよね。
◯とハサミは使いよう、
といいますが、これが意外と難しいですよね。

投稿: 元安川 | 2012年8月15日 (水) 13時39分


テレビにリモコンが付いた頃は、日本の狭い家屋でテレビにリモコンなんて、と思っていましたが、人間は少しでも楽な方に慣れてしまいますね。
ロボット掃除機も一般的になり、今や家具や家の間取りも、障害者や高齢者だけでなく、ロボット掃除機にも配慮したバリアフリー設計になっています。

投稿: 星野 | 2012年8月15日 (水) 14時06分


星野様

今やリモコンがないと、番組を変えることさえできなくなりました。
そのうち、電気掃除機がないと、掃除もできなくなるのですかね。

あな怖ろしや。

投稿: 元安川 | 2012年8月15日 (水) 14時27分


一ヶ月前からシンガポールで生活している広島県人です。
今は水害で大変ですが、これまでは余り興味のなかった広島の情報をネットで検索しては懐かしんでいます。

ところで、こちらでは毎朝行くスタバにいる若者は、ほぼ100%iPadを持ち、iPadでFacebookやtwitterをしていたり、勉強、読書、ゲームなど、ほぼ全員がiPadを開いて何かをしています。そして私がうかがったことのある家庭も100%お掃除ロボットがありました。今のところトイレ(ウォシュレット)を除き、日本よりもずっと近代的な印象があります。

しかしながら、それが中進国というものなのか、ヨーロッパのように歴史のある文明になると却って変化を好まなくなるのか、これから色々と考えてみたいと思っているところです。

投稿: 石川 | 2012年8月15日 (水) 15時56分


石川様

えーっ!

シンガポールでは
若者の100%がiPadを持ち、
100%
の家に掃除ロボットがある?

何、それ。

世界は随分とイビツに進化しているということなのでしようか。

それと、
何の資源もないシンガポールが、
今や1人当たりGDPが世界一というのが、可笑しいですね。
投稿: 元安川 | 2012年8月15日 (水) 16時14分


うちにもロボット掃除機がありますが、精神修養は専らトイレ掃除です。
その他にもロボットでは届かないところは沢山ありますから、そこにこそ人間の本領発揮です。
パソコンでもスマホでもタブレットでもそうですが、機械にできることは任れば、人間は人間でなければ出来ないことに特化できます。
機械に仕事を取られるようでは、人間として、まだまだ修養不足ではないでしょうか。

投稿: 掃除好き | 2012年8月15日 (水) 22時22分


掃除好き様

御宅にもロボット掃除機があるんですか。
進んでますね。

トイレ、棚、冷蔵庫の裏、
部屋の中にはあちこち掃除しなければいけないところは沢山ありますよね。
まっ、いいかで、普段あまり掃除しませんが。

今度、精神修養と思って掃除したいと思います。

投稿: 元安川 | 2012年8月16日 (木) 07時34分

2012年8月14日 (火)

お盆の法話で「韓国では…」

両親を亡くした後に、圧倒的に私の仕事となったのが、葬儀、法事への出席です。特に父が亡くなってから母が亡くなるまでの2年間は葬儀のない月はないくらい、いや、それどころか、一週間のうちに複数回の葬儀があるような時すらありました。

おかげで、仏説阿弥陀経の3ページ目くらいまでは暗記してしまうほどでした。

そんな時に、こんな法話を聞きました。

「昨今は、ご婦人方においては韓国ドラマが流行っております。韓国では、まだ儒教の精神が残っており、年上の人を敬うということが続いているようです。ストレートで激しい感情の中にも礼儀正しさがあります。そういうところに日本のご婦人方も惹かれるのでしょう。年忌法要も日本では50回忌までしか行わない家庭が多くなりましたが、あちらでは300回忌まできちんと行われるようです」

これは「日本でも300回忌までやれ」と言っているのでしょうか、それとも「せめて50回忌まではちゃんとやれ」ということでしょうか。

どちらにしても、お坊さんも営業トークが必要な時代かも知れません。

ただ、その後に調べたところでは、年忌法要は23回忌か、せいぜい33回忌までとあり、50回忌というのは稀のようです。
要は子どもができる範囲というのが常識的な範囲ということです。

いずれにしても、両親の年忌法要はまだ当分続きます。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


このタイミングでチョン国賛美とはなんだ!
オリンピック中に売られたケンカにどこまでも腰抜け日本人!
ここまでコケにされてもチョン国を嫌いにならない日本人は即刻日本人を辞めてくれ!
チョン国人役者や歌手に夢中になってる売国奴はさっさと日本を去れ!貴様らに日本の国土で生活する資格などない!

投稿: マユュ&テッシー | 2012年8月14日 (火) 12時47分


マユュ&テッシーさん
この記事のどこが特定の国の賛美になっているのか分かりませんが、寛容性は日本古来からの日本人の美徳です。

日本は周囲を囲む海と、特殊な言語という高い障壁のため、決してDNAの多様性はありませんが、異なる宗教も異なる文化も積極的に取り入れ、アジアでも最も早くから西洋文明を取り入れて発展した国です。

偏狭な国粋主義の方が、むしろ日本に相応しくないものではないでしょうか。

投稿: 工場長 | 2012年8月14日 (火) 13時00分


親戚にお寺があるせいでしょうか、50回忌という法事を何度か経験したことがあります。
私は行きませんでしたが、遠い親戚では100回忌法要もしたということを聞いたことがあります。
でも今は葬儀ですら、家族葬が増えているようで、初七日もその日のうちに終えてしまうようですね。

投稿: アコ | 2012年8月14日 (火) 20時16分


アコさん
今から25年前は新婚、50年前は小学生、でも100年前と言えば両親も生まれていません。

100年前と言えば、日本は明治時代、アメリカでも婦人参政権はなく、味の素が発明され、自動車の大量生産が始まった頃ですね。伊藤博文の100回忌あたりが、ぼちぼちかも知れません。それくらい100年となると一気に遠くなる気がします。

それにしても原発は100万回忌まで・・・想像できませんね。
投稿: 工場長 | 2012年8月14日 (火) 21時34分

2012年8月13日 (月)

アナログカメラ

引き出しを整理していたら
フイルムを装填して写す小さなカメラと
インスタントカメラが出てきた。

1344328426457.jpg

2つともアナログ時代を代表するカメラだ。

インスタントカメラは、
旅行先や、何かで、カメラを持ってない時、
数百円から数千円と安かったこともあり、あちこちで売っていた。

そりぁ便利だった。

インスタントカメラは、バカ売れし、まさに一世を風靡した。

記録としてのスナップ写真しか撮らない私としては、
デジカメはあるし、iPadはあるし、
アナログカメラはもういらない。

現像代もばかにならない。

勿体無いが、仕方がない。
カメラもフイルムも両方捨てた。

ニコンのニコマートという大きくて、重いアナログカメラは、娘が欲しいというからあげた。
アナログ写真は、それはそれで良さはあるということのようだ。

アナログ人間にも、それはそれなりに、価値はあるということ
???

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


父がカメラ好きでしたが、当時カメラは機械そのもので、男性のものという感じがしていました。
でも今は携帯やスマホで写真を撮っているのは女性の方が多い気がします。
レストランでも料理の写真を撮っている女性が本当に多くなりました。

投稿: アコ | 2012年8月13日 (月) 07時45分


アナログカメラ=銀塩フィルムが全盛の頃は、原料となる銀の枯渇が心配され、現像所の廃液から銀を抽出する業者が現れたり、コダックが中東にある銀製の美術品まで買いあさっているという噂がまことしやかに流れていたものです。

それが、誰もそんなものは使わなくなりました。

今に化石燃料が同じような運命を辿るのではないでしょうか。自然エネルギーが普通になって、車も電気で走る時代になって、昔、化石燃料の枯渇を心配していた時代があったなんて、笑い話になる時代が来るような気がします。

投稿: 星野 | 2012年8月13日 (月) 12時01分


アコ様

携帯電話のカメラ機能、デジタルカメラは、カメラは男のものということを無くしました。
車も男のものでした。

そういえば「メガネをかけたスーツ姿の男性が、カメラを構えている」というのが、
日本人を象徴していた時代もありましたね。

投稿: 元安川 | 2012年8月13日 (月) 13時44分


星野様

銀の枯渇が心配された時代があったとは、知りませんでした。
その銀を求めて、命をかけた人もいたのでしょうね。

原発は正しいと思って、命をかけている人も沢山いるのだろうと思います。

人生は哀しいですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月13日 (月) 13時50分


初期のデジカメは数万画素でしたが、それが百万画素を超える辺りからプロもアナログ(フィルム)からデジカメに乗り換えました。そして今や(5-6年前から)素人が使うコンパクトカメラでも1千万画素を超えています。この世界は本当にバブリーです。しかしiPhoneの画素数も網膜並みになりましたから、これからはまた別の方向で進化を遂げるのでしょうね。

投稿: 通りすがり | 2012年8月13日 (月) 16時03分


通りすがり様

カメラの画素数のアップは凄まじいですね。
撮った写真をマックで見ると、うっとりするくらい素晴らしくきれいですね。
それをブログやメールで送ろうとすると、途端に容量制限がかかり、色々操作をしなければならなくなるというのは、ちょっと残念ですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月14日 (火) 07時39分

2012年8月12日 (日)

かかりつけ薬局を探してます

私のように30枚近い診察券を持ち、病気の百貨店と言われるようになると、かかりつけ医だけでなく、かかりつけ薬局も重要です。

医薬分業誘導政策により院内処方から院外処方が一般的にはなったものの、まだ多くの人が病院の側にある薬局=門前薬局で薬をもらいます。これでは、せっかくの医薬分業のメリットが少なくなり、患者はただ時間的にも経済的にも負担が増えるだけです。

薬に関しては医師より薬剤師の方が専門家です。特に複数の医師から処方を受けている場合、単に処方通りのものを出すというのではなく、他の関連でそれなりの指導をしてくれなければ、コンビニではなく、わざわざ認可を受けている薬局の意味がありません。調剤薬の料金には、情報提供料や管理料や指導料などが含まれています。

複数の薬を飲みやすいように一つにまとめる一包化もしてくれたり、飲み方のアドバイスも薬局の仕事です。

ところが、緑内障の患者に対する目薬のさし方のアンケート結果を見て驚きました。治ることのない、失明するような病気になって、定期的に病院に行き、毎日(多くの人は複数の目薬を複数回)点眼している人たちの9割以上の人が、正しい目薬のさし方を知らないということです。つまり薬局が全く機能していないということです。

また、ジェネリック医薬品に関する知識も重要です。ジェネリックと一口に言っても多くの種類があります。「効き目はどれも同じです」というような薬剤師は失格です。いくら主剤が同じでも効き方は違いますし、基剤が重要になる場合もあります。同じ処方箋でも、何がその患者にとって相応しいのか、それを選んでくれるのは薬剤師です。

私が利用していたかかりつけ薬局では、数あるジェネリックから適切なものを選んでくれることはもちろん、時々医師の処方に待ったをかけることもあります。疑問な点があれば、医師に問い合わせ、他の病気や薬などとの関連で、もっと適切な薬剤があれば、医師に変更するように言ってくれます。相手が著名な総合病院の院長であれ、遠慮することはありません。そして、その専門家の意見を真摯に聞いてくれる医師が優秀な医師です。

ところが、最近、そのかかりつけ薬局が調剤と第一類の医薬品の販売をやめました。どうも薬剤師がいなくなったようです。

そこで、病院を選ぶ時のように、ネットで「調剤薬局 口コミ」で検索してみて驚きました。一般的に口コミ情報というのは、利用者(消費者)からのものですが、調剤薬局に関しては、薬剤師の勤め先としての情報が殆どです。

どうも薬剤師はかなり不足しているようです。

仕方がないので近所の薬局を片っ端から5−6軒当ってみましたが、話になりません。売り手市場では、なかなか人材は育たないようです。近所のスーパー内の薬局でも「薬剤師の体調が悪いので当分、調剤と第1類医薬品の販売はお休みします」という張り紙がありました。

薬局探しは簡単ではなさそうです。

私は南区ですが、市内であれば、少々遠くても行くつもりです。もしお薦めの薬局をご存知の方がいらっしゃれば、一報頂けると助かります。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


私もこの年になるとかかっている病院も一つや2つではありませんが、
薬局のことはあまり考えたことがありませんでした。

それにしても30枚近くの診察券って・・・ギネスに載りそうですね(◎´∀`)ノ

投稿: アコ | 2012年8月12日 (日) 08時05分


薬事法が改正されたせいでしょうか、ここ数年で調剤薬局が随分増えたような気がします。
それに対して薬剤師は急には増えないので、足りないのでしょうね。
引っ張りだこの薬剤師…職業としてはいいですね。

それにしても30枚の診察券ってヾ(.;.;゚Д゚)ノ

投稿: 通りすがり | 2012年8月12日 (日) 08時37分


薬剤師がいないと「薬局」を名乗る事はできないので、その薬局はいずれ「○○薬店」とか「○○ドラッグ」になるのでしょうね。

薬事法改正で薬種商が薬種商販売業と一般販売業が店舗販売業に統一され、薬を売るお店は、医療用医薬品を売る「薬局」と、大衆薬しか販売できない「店舗販売業」(ドラッグストア、薬店)に明確に区分され、店舗販売業は第1類の医薬品を販売しなければ薬剤師がいる必要はなく、登録販売者可能になったので、薬屋さんが増えたということはあると思います。

今回の改正では規制緩和の部分と規制強化の部分があり、業態の変更を余儀なくされる販売店もあるため、混乱しているような気もします。

それにしても30枚の診察券って…(^_^;)

投稿: 星野 | 2012年8月12日 (日) 09時04分


初めまして。
まずもってそのような不幸な状況となってしまった工場長様
はじめ、多くの国民の皆様にご不便をおかけして申し訳ありません。
深くおわびもうしあげます。
薬剤師はかつては4年制の大学を卒業して、国家試験を受験していましたが、
現在では6年制となっております。
調剤室で必要な科学的なスキルのほかにも、
若い人たちにこれからの超高齢社会を支えるための
多くの知識や技術的な内容を習得させるために
6年制に踏み切った経緯があります。
しかし、新卒が丸2年出ないのは、厳しいことです。
薬剤師は理系女子の花形職業だとは考えられますが、
心が折れるなどして退職してしまうものも少なからずおります。

現場では処方箋をお持ちくださるかたの
「数えるだけじゃろうが、早うせいや」などのプレッシャーや、
薬剤師的にとっては正当な疑義紹介を
「主治医に電話するなど、けしからん」、
などのもろもろの調剤室でのできごとと、
わたしなどは紳士然とされたかたの不正複製処方箋
によるトラブルなど、
経営不振もあり、これらの問題でやめてしまいました。

「お薬の正しい飲み方や使い方」については
公民館や老人大学などで講演してまわる
活動に力をいれてきました。
現在では診察室で医師とともに働き、
訪問診療に同行し、処方設計にも関与しています。

信頼できる薬局はいくつか存じておりますので、
個人メールを頂戴できれば、
お返事申し上げます。

投稿: 緩和ケア薬剤師 | 2012年8月12日 (日) 09時39分


ヤクザ医師・・・ププッ

それにしても30枚の診察券って ( ´艸`)プププ

投稿: 寅次郎 | 2012年8月12日 (日) 10時42分


アコさん
診察券は他の会員カードなどと違って有効期限がないだけに溜まる一方です。
海外を含め旅行先でかかった病院もあります。

それにしても・・・ウケてしまいましたね(^_^;)

投稿: 工場長 | 2012年8月12日 (日) 11時52分


通りすがりさん
原則、院外処方という総合病院が増えて、大きな病院の周りに沢山の処方箋薬局が増えましたね。
それとは別に、全国チェーンのドラッグストアも増えたように思います。
その速度に薬剤師の養成が間に合っていないということなのでしょうね。

ただ、私は工学部卒ですが、入学時は企業から引く手あまたの工学部でしたが、卒業する時は最も就職先のない学部でした。世の中そういうこともあります (^_^;)

投稿: 工場長 | 2012年8月12日 (日) 11時54分


星野さん
薬局とドラッグストアは違うのですね、知りませんでした。
薬事法改正についても、規制緩和の部分については余り知りませんでした。
アメリカでは以前から解熱剤や痛み止めなどはコンビニで売っていますから、日本でもいずれそうなるのでしょうか。
いずれにしても、法律で業態の変更を余儀なくさせられるというのは大変だと思います。

投稿: 工場長 | 2012年8月12日 (日) 11時56分


緩和ケア薬剤師さん
現場の方からの貴重なコメントありがとうございます。

なるほど2年間の空白というのは大きいですね。
それに無理解な患者、さらに悪質な患者の対応も大変だと思います。

個人的なことで申し訳ありませんが、のちほど是非相談させて頂きたいと思います。

投稿: 工場長 | 2012年8月12日 (日) 11時58分


寅次郎さん
昨日、キムラさんからコメントの承認率についてのお問い合わせがありましたが、
これで、限りなく100%ということが、お分かりになりますでしょうか(笑)

投稿: 工場長 | 2012年8月12日 (日) 11時59分


 私と子ども達は食物アレルギーがあり、薬にもアレルゲンが含まれているものが多数存在します。

 そして、医師も薬剤師も薬の原料まで知っている方が非常に少ないため、薬を飲むと体調悪化・・・なんて事態もあります。

 特にうちの娘はとうもろこしにアレルギーがあり、医師、薬剤師共に勉強不足だなぁ、と感じています。

投稿: ちらかし魔 | 2012年8月12日 (日) 23時15分


ちらかし魔さん
最近は学校給食でも食物アレルギーの確認をしますし、レストランでもそういうところが増え、問診票にも必ずある項目ですが、まだまだ食材や成分に関して完全に把握されていないことも多いようですね。

人間の体についてはまだまだ未知のことが多く、医師も薬剤師も完璧ではありませんが、その自覚が重要だと思います。あまりに自信を持って断定的なことをいう医師は信用出来ません。私のかつての主治医はある分野では世界的な権威でしたが、医学は人間の体について5%も分かっていない、そして私が知っていることは更にその2-3割だと仰っていました。

要はその中から、相互の信頼関係を築き、一緒に学びながら歩んでいける専門家を見つけることだと思います。

投稿: 工場長 | 2012年8月12日 (日) 23時30分

2012年8月11日 (土)

シークリックフィックスと直接民主主義

街を歩いていたら傾斜地に大きな松の木が1本すくっと立っていた。
なかなか格好いい。
が、それが電線に寄りかかるように立っている。


格好はいいが、台風が来たら、倒れるんじゃないかと心配になってくる。

所有者言ってもいいが、
所有者にすれば、大きなお世話だろう。

しかし、そう感じて以降気になって仕方がない。

どうすればいいのかと思っていたら、
友人が、面白いアプリを紹介してくれた。

「SeeClickFix」
http://greenz.jp/2012/08/07/seeclickfix/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+greenzjp+%28greenz.jp%29

アメリカで開発されたアプリのようだが、
そのアプリを紹介しているgreenz.jpのHPを読むと
「SeeClickFixは、住民からの投稿を通じて地域が抱える様々な課題を共有する、住民参加型のオンラインプラットフォーム。
近所で見つけた街の課題を、誰でもが自由に投稿でき、地域住民同士で解決策を議論し合ったり、
地方公共団体に課題解決へのアクションを促すことに役立っています」
と書かれている。

なるほどこれなら、何でもかんでも、即市役所に持っていかなくてすみそうた。
また妙に市議会議員に持っていかずとも良さそうだ。

ネット社会は、
自分達のことは、自分達で解決する
ということ可能にしてくれるようだ。

それだけで、市役所の経費の数%はすぐ節約出来そうでもある。

直接民主主義は、
古代ギリシャの人口が、少ないところでは可能だが、
現代社会のように、人口が100万人とか、数億人になったら不可能だと思われて来た。

しかし、それもネットを利用することで、直接民主主義を実現することも可能になったように思う。

このSeeClickFixはそうしたことを象徴するアプリであるように思う。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

町内会など地域住民のコミュニティが機能不全になる地域が広がっているようですが、こうした新しい仕組みで住民同士で問題解決にあたる、本来の民主主義に向かいたいですね。
特に広島では行政に声が届かなくなりましたが、災い転じて福となす、と行きたいものです。

投稿: 星野 | 2012年8月11日 (土) 08時37分


星野様

ご指摘のように、
様々の面で、政治主導はおかしくなっています。
「災いをもって、福となす」
としたいですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月11日 (土) 08時54分


間接民主主義は完全に行き詰まりリましたね。
これからはネットを使った直接民主主義です。

投稿: 通りすがり | 2012年8月11日 (土) 09時19分


通りすがり様

そうですね、
「間接民主主義は行き詰まった」
といっていいかもしれませんね。

さあ、これからどうなっていくのでしょうかね。

どうしたいのか、どうするのか、
1人1人のあり方がより深刻に問われるようになるのでしょうね。

投稿: 元安川 | 2012年8月11日 (土) 11時16分

2012年8月10日 (金)

東電テレビ会議映像を一年半経って公開?

東京電力が福島の原発が爆発した前後のテレビ会議の映像を1年半後になって公開しました。
ただ、公開とは言っても、極一部を制限付きで、ボカシも入り、音声もないものが多いという有様で、とても情報公開というには程遠いものです。

以下に各社の記事とニュース映像を紹介します。

日本新聞協会は3日に全面公開を申し入れたが、東電は応じなかった。(時事通信社 8月6日)

緊迫場面修正だらけ…東電、社長の顔までぼかす (読売新聞 8月6日)

菅氏が東電本店に乗り込んだ際の映像には音声がないことも「あまりに不自然で、あるものはすべて出してもらいたい」とも指摘した。(朝日新聞 8月6日)

枝野幸男経済産業相は7日の閣議後の記者会見で、「社内資料だから公共物にならないという論理はおかしい。社内文書でも公共物であることはあり得る」と批判し、日本新聞協会は自由な閲覧・取材を求める申し入れ文書を提出、毎日新聞社も取材や報道の制限を撤回するよう求めている。(毎日新聞 8月7日)

国際的にも批判を浴びた高濃度汚染水の海への流出など、東電がどう認識、対応したか重要な証拠はまだ東電の手の中にある。(東京新聞 8月7日)

問題なのは、映像公開にあたり、東電が取材・報道を過剰に規制していることだ。 当初、視聴期間はわずか5日間で、生の映像を視聴できる記者も各社1人に限定した。 枝野経済産業相が改善を指示した結果、視聴期間は約1か月間に延長された。それでも、生の映像の録音・録画は禁止したままで、一部の幹部以外は個人名の報道も認めていない。 条件に従わなければ、今後の記者会見への出席を認めない「制裁」までちらつかせている。 こうした規制は取材・報道の自由を侵しかねない。東電は直ちに撤回すべきだ。 経営再建に向けて国有化された企業であり、国民に対する高度な説明責任が課せられていることを忘れてはならない。 日本新聞協会は「映像の公開は公共性・公益性が高い」とし、自由な取材を申し入れている。
(読売新聞 8月7日)

にも関わらず以下のようなコメントも。

東京大の中尾政之教授(機械工学)は「もう少し建設的なやりとりをしていたと思っていた。全然違って残念だ」、「東電本店は的確な指示ができていないばかりか、現場の要求も聞けていないようにみえる。弁を開けろと言うだけで、足りなかったとされるバッテリーの話も出ていない」とあきれた。(毎日新聞 8月7日)

原子炉の生命線である注水が途切れる緊急事態だったが、本店は「いったん停止、了解」など淡々とした対応に終始した。第一原発、本店ともに積極的に対応策を議論した形跡はなかった。(東京新聞 8月7日)

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


東電は差し障りの無いところだけ公開したのでしょうけど、それでも問題だらけですね。
他にどれほどのことがあったのか、多額の税金までもらって、隠し続けるなんて許されませんね。

投稿: アコ | 2012年8月10日 (金) 07時32分


このところバタバタしていてオリンピック以外のニュースを見る暇がありませんでした。
アップして頂いて、ありがとうございました。

投稿: 通りすがり | 2012年8月10日 (金) 10時28分


アコさん
確かに、こんな人達に危険な原発を任せていたのかと思うとゾッとしますね。

投稿: 工場長 | 2012年8月11日 (土) 08時41分


通りすがりさん
日本は今オリンピック一色ですからね。
政府などはチャンスでしょうね。

投稿: 工場長 | 2012年8月11日 (土) 08時44分

2012年8月 9日 (木)

お惣菜の量り売りー ボンルパ

ボンルパは、広島駅の北、
数年前に完成した若草再開発ビルの裏、
オフィスビルとマンション街の一角にある。

ファミレスかなと思ったが、違ってた。

1343971583945.jpg


40~50種類のお惣菜が大きなお皿に盛られ、量り売りのお店だ。
今時、お惣菜の量り売りとは珍しい。
脇には、テーブルと椅子のコーナーもあり、買ったお惣菜が、その場で食べられるようにもなっている。

金平牛蒡、唐揚げ、肉じゃが、カツ、春巻、餃子、ポテトサラダ、煮魚、サケの切り身、
好きな物を、好きなだけプラスチックのケースに入れて、レジに持っていけばいい。
重さで料金が決まる。
お肉は重さに比べ、高いはずだと思うが、健康を考えれば、野菜を多めに取る人も多いだろうから、
お店としては、まあまあということなだろう。

デパ地下でも、お惣菜を売っているが、
それは、単品を予めプラスチックケースに入れて
うられている。

こっちのほうが、種類も多いし、好きな物を、好きなだけ選べるのがいい。

7~8種類取って、1人前、4~500円だ。
これだけの種類を調理するのは大変だ。
単身者や、転勤族に都合がいい。

最近は、ホテルの朝食は、どこでも大体バイキング方式だ。
そんな感じで選べる。
そう思うからか、美味しくも感じる。

最近は、デパ地下のお惣菜売場が増えているのも、
働くお母さんが増え、調理する暇がなくなったからだというが、
デパ地下だって量り売りをしたらいい。

リーガロイヤルホテル、プリンスホテル等のホテルも、レストランで出しているバイキング料理をこうして、量り売りをしたらいい。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


デパ地下の総菜は、働くお母さんもですが、年配者も多いですよ。
一人か二人で高齢になると、料理は大変だし、材料は無駄になって腐らせるしと、
お昼過ぎから夕方にかけては、年配の女性が多いようです。
そごうの地下も、パック入もありますが、量り売りも増えてきたと思います。

投稿: やんじ | 2012年8月 9日 (木) 05時39分


アメリカではそういうスタイルのバイキングは多いですよね?
ニューヨークでは、よくそういうところで食べていました。
何しろ、普通の一人前は多すぎて食べられませんでしたから。

投稿: 星野 | 2012年8月 9日 (木) 12時18分


やんじ様

昔は、
醤油もお酒も量り売りだったそうですね。
それもそのうち、セルフのガソリンスタンドのように、可能になるかもしれませんね。
ビンの節約になりますから、
その分だけ安くなったら、流行るかもしれませんね。

投稿: 元安川 | 2012年8月 9日 (木) 12時46分


星野様

アメリカではそんなにバイキングのお店が増えましたか。
京都に行くと、「おばんざい」のお店で「あれ、これ」と言って注文し、食べるのは楽しいですね。
広島にもそんな「おばんざい」のお店を先日見つけました。

投稿: 元安川 | 2012年8月 9日 (木) 12時59分


広島では、フレスタに量り売りの弁当があったと思います。
私は小食なので、とても重宝していました。

投稿: アコ | 2012年8月 9日 (木) 14時48分


アコ様

フレスタに量り売りのお弁当ですか。
気づきませんでした。
今度、探してみます。

投稿: 元安川 | 2012年8月 9日 (木) 14時53分


この3-4年、東京でも「量り売りバイキング」のレストランを見かけるようになりました。
私も初めて見たのは20年前のアメリカです。ロサンゼルスの高級住宅街で、ホテルの朝食バイキング並み(それもヒルトンやシェラトンのような)の品揃えで、好きなモノを取ってレジに行くと、電子秤で瞬時に料金が出てクレジットカードで精算していました。水分の多いものは高く、パンは安くなりますが、そこは場所柄なのかランチにハンバーガーを食べるような若者より、年輩の夫婦連れが多く、価格も決して安くはありませんでした。その後、サンフランシスコでもニューヨークでも同様のレストラン(一見ファミリーレストラン)を見かけました。

投稿: 太田川 | 2012年8月 9日 (木) 16時02分


太田川様

量り売りのお店がニューヨークにもサンフランシスコにもあり、それが一見ファミリーレストラン風というのは、可笑しいですね。
昔の雑貨屋さんがコンビニになったように、
昔の量り売りのお店がオバンザイのお店として登場すると面白いですね。
誰かやりませんかね。

投稿: 元安川 | 2012年8月 9日 (木) 16時38分

2012年8月 8日 (水)

原爆と原発の大きな違い

広島や長崎の原爆の惨状を知った人は誰しもが、このような惨劇を二度と繰り返してはならない、と思います。そのことについては、誰も異議も異論もないでしょう。

ヒロシマは、これまでも一貫して「核と人類は共存できない」としてきました。

ところが一方で「核の平和利用」という言葉があり、日本においても原子力発電所が建設されてきました。

原爆と原発の違いについては、これまでも書いてきましたが、今、日本が直面していることであり、広島に住んでいる人でも意外に正確には知らないことに、放射線の影響があります。

十分な知識がないために楽観的な人の中には、広島や長崎がすぐに復興したのだから、福島もすぐに復興するだろうと考える人がいるようですが、チェルノブイリ事故では25年経っても未だに住めない地域がありますから、その両者=原爆と原発には、その後の状況には大きな差があることが分かります。

広島の場合、800グラムのウランが核分裂を起こしたと言われていますが、原発では一基で一日3キログラムのウランが使用されています。東京電力の資料によると、福島原発は1号機に69トン、2号機に94トン、3号機に94トン、4号機に94トンのウランがあります。

また、原爆の放射能は爆発と同時に高い熱による上昇気流で、殆どの放射能が成層圏まで行き、その地域に降ってくるのは極僅かと考えられます。爆発後に被曝した人の多くは、その後、放射能を含んだ黒い雨と、中性子線で放射化した物質から被曝した人達ですが、量も小さい上に、放射化した放射能は数ヶ月から数年で消えます。

その僅かな放射能と短期間の被曝でさえ、何十年にも渡り多くの被爆者を苦しめています。

しかし、原発の抱える放射能はまるで桁違いに大きなものです。

アメリカの学者の中には「福島の四号機が事故を起こしたら、自分の家族は南半球に移住させる」と言う人もいるくらいで、アメリカのマスコミはそれを報じています。

福島原発が爆発した時、アメリカは80km圏外への避難という楽観的なものでしたが、他の国の多くは国外退去でした。

原爆は1発で都市を破壊しましたが、原発はもっと広い範囲を廃墟にします。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


広島も当初は「70年間草木もはねない」と言われながら、復興できたのは、爆弾だったからなのですね。
それが原発だと、本当に「70年間草木もはねない」のでしょうね。

投稿: 通りすがり | 2012年8月 8日 (水) 08時09分


原爆も原発も今の人間にはリスクが大き過ぎますね。
共存できるものではないと思います。

投稿: アコ | 2012年8月 8日 (水) 09時33分


正に桁違い…広島に居ながら無知でした。

投稿: ミチ | 2012年8月 8日 (水) 09時38分


「被爆都市広島は70年は草木も生えないといわれたのに、立派に再起した。
被爆者だといいながら、80歳、90歳と長生きしている人がいる」
だから、
「被爆しても大丈夫だ」
と殆んどの人は思っているようです。

原発の事故現場から、
常時放射線が放出されていること、
そしてそこに蓄積されていっている使用済み核燃料の膨大な量
についてはあまりにも恐ろし過ぎる故なのか、
どうも「見ざる、聞かざる、言わざる」
になってしまっているようです。

このようにブログで、
繰り返し発言されることは、極めて重要なことだと思います。

マスメディアは
オリンピックと解散のことにしかふれません。
明日は、殺人事件でしょうか。

投稿: 宇品灯台 | 2012年8月 8日 (水) 15時14分


これだから情弱な連中は困る。
放射脳に騙されるんじゃないよ。
低線量被曝というのは体に良いんだよ。
活性酸素を抑えて健康になるんだよ。
ガンを治すんだよ。
若返るんだよ。
な~んにも知らねぇ~んだな、バカども。

投稿: ラッキー | 2012年8月 8日 (水) 19時04分


通りすがりさん
1945年8月8日付けのワシントン・ポスト紙にハロルド・ジェイコブソン博士の「75年間は草木も生えぬ」という発言が掲載され、すぐにアメリカ政府は否定したようですが、日本でも新聞各紙が70年もしくは75年生物不毛説を報道し広まってしまったようですね。

原発事故でも「草木も生えない」ということはないようですが、チェルノブイリは25年経っても「同区域(チェルノブイリ原発から半径約30キロ圏内)の約半分は永遠に立ち入りが制限される」と発表されていますね。

投稿: 工場長 | 2012年8月 8日 (水) 19時19分


アコさん
危険というのは確率と被害の大きさの乗数になりますが、いくら確率が小さくなっても被害の大きさが余りにも大きい核は、常に間違いを犯す人間に扱えるものではないようですね。

投稿: 工場長 | 2012年8月 8日 (水) 19時21分


ミチさん
平和都市として復興を遂げた被爆地に住んでいるから、逆に放射線を甘く見ている人もいるような気がします。

投稿: 工場長 | 2012年8月 8日 (水) 19時23分


宇品灯台さん
広島が壊滅的状態から復興したことに、被災地は希望を持って欲しいと思います。
ただ、それと放射能による被害は別物で、そこを正しく区別する必要があると思います。

投稿: 工場長 | 2012年8月 8日 (水) 19時25分


ラッキーさん
ラッキー博士の放射線ホルミシス効果(毒も薬になる)のことを仰っているのだと思いますが、臨床的な証拠はなく、標準医療では放射線ホルミシス効果を取り入れた治療は存在しません。

投稿: 工場長 | 2012年8月 8日 (水) 19時26分


広島なら三朝温泉の放射線(ラドン)でガンが治ることで有名なことくらい知っとけ!

投稿: ラッキー | 2012年8月 8日 (水) 19時43分


ラッキーさん
原子力研究所教授らが三朝温泉の住民の癌死亡率が低いとする論文を日本癌学会の会報に発表したことから、まるで「ガンが治る」かのような宣伝をする人がいるようですが、そもそもこの調査は個々の被曝レベルの測定もせず、喫煙と食事のような主要交絡因子も考慮していないという、小学生の夏休みの自由研究レベルのものです。

また仮にホルミシス効果があるとしても一時的な被曝であって、内部被曝や長期被曝とは別の話です。

投稿: 工場長 | 2012年8月 8日 (水) 19時48分


ラッキー
放射線が体に良いことは、世界各国の研究で証明されており、抗酸化酵素SODの活性化の亢進などの分子レベルの効果、細胞増殖の促進などの細胞レベルの効果、がん転移の抑制などの個体レベルの効果など,数えきれない。

僅かな放射線でも体に悪いというのはDNA修復機能を持たないショウジョウバエの実験から得られた結論で、人間には当てはまらない。まぁショウジョウバエ程度の放射脳しか持たない工場長さんには放射線は良くないかも知れませんがね(笑)

投稿: ラッキー | 2012年8月 8日 (水) 20時14分


ラッキーさん
その手の研究の殆どは、最初に低線量を照射させておくと、次に障害を与えるような高線量を照射したとき、その障害が軽減されるという、単なる放射線適応応答という現象でしかなく、それも細胞や動物実験レベルのものでしかありません。

肝心の人間に対する疫学研究では,明確な結論の出せるデータはなく、ICRPも検討の結果「現在入手しうる放射線ホルミシスに関するデータは,放射線防護において考慮に加えるには十分でない」としています。

投稿: 工場長 | 2012年8月 8日 (水) 20時21分


そりゃICRPが長年主張してきたことを覆されると困るからだろう。
放射線の影響では進んでいる広島大学をはじめ、同じ被爆地の長崎大学、東京大学、放射線医学総合研究所、京都大学、東北大学、大阪大学、東邦大学などもこぞって放射線が体に与える良い影響を研究しているのは、どう説明できる?

投稿: ラッキー | 2012年8月 8日 (水) 21時18分


ラッキーさん
私は研究そのものを否定しようとは思いません。様々な研究があって良いと思いますし、研究というのは本来の目的とは違った副産物も生まれるもので、人間の進歩には欠かせないものでしょう。

ただ、放射線ホルミシス効果の研究については、原子力ムラから多額の支援を受けている原子力技術研究所放射線安全研究センターからばら撒かれた研究費を「こぞってもらった」というのが正しい言い方ではないでしょうか。

投稿: 工場長 | 2012年8月 8日 (水) 21時25分


ラッキーさん、有難う。誤解に続く誤解を、執拗に、あまり品はなかったけれど、ほぼ完璧に網羅する形でリストし続けてくれたせいで、工場長さんの丁寧な説明を読むことができました。

お陰様で、原発や核分裂についての正確な知識のみではなく、「原子力ムラ」の主張がどんなもので、それは正確な科学的知見をどんな具合に捻じ曲げた結果なのかという点まで、しっかり理解することができました。教育的な効果は抜群でした。

「ラッキー」は世を忍ぶ仮の名で、本当は、ひねた小出先生の愛弟子だったりして---。

投稿: ストライク | 2012年8月 9日 (木) 04時33分


低レベルの放射線の影響については、全ての人で話すと大切なことが忘れられていると思います。
この場合の誰かは、子供を産む年齢以下の人ではないでしょうか。
概ね40から30代以下で、特に妊婦さんとその胎児、成長が著しい子供達です。
彼らには、低レベルでも放射線の影響は大きいことは、誰もが認めているのでは?
妊婦さんには、レントゲンはしないですよね。
3.11以前では、法律で立ち入りが制限されていた放射能レベル区域でも、今は安全だとなっていることも大きな問題でしょう。健康被害があるからこそ法律で制限されていたのが、なんの根拠もなく安全になった。
癌の放射線治療は、お風呂に入るように全身に放射線を当てるようなことはしないのでは。
癌に向けてのスポット放射だと聞いてます。以前は、そのスポットがアバウトで健全な細胞も殺していましたが、今はかなりの精度で照射できるようです。全身でも構わなく、それで癌の治療ができるのなら、わざわざ技術の向上をする必要はないのでは。
放射線により分断されたDNAの修復は、元通りになるものと、他のDNAと繫がる物があります。
完全に修復できるとはいえないようです。
他のDNAと繫がったものは、DNA異常と言われていたと思います。
今のレベルでは、正確なことは言えないそうですが、このDNA異常が、癌や白血病の原因になっている可能性があるそうです。このことはRERFで発表しています。
RERFは、実験もですが実例の研究をしています。ハエでなく人間そのものの。
放射線が体に与える良い影響ではなく、癌がDNA異常なら、癌のDNAを放射線で分断しDNA異常をおこさせてがん細胞を死滅させる研究ではないでしょうか?
毒をもって毒を制す治療でしょうから、体に良いはずはないでしょう。
体に悪いから、放射線のスポット照射技術の向上の研究をしているのでは?
放射線が体に良いのなら、ガンマナイフなんて無駄な技術ですね。

低レベルの放射線が安全だとか言う人の多くは、自分が安全な場所にいるからではないでしょうか。
安全だというのなら、積極的に放射能汚染された作物を消費されたらいいと思います。
また、家族や身内に妊婦さんがいたら、一ヶ月に一回レントゲンで、胎児の成長を撮影されたらいかがですか?
安全だという地域で、子供を裸で泥遊びさせて下さい。
ヒロシマやナガサキでは、フクシマよりすくない量(約1/200)の放射性物質のなかで、どれだけの人が放射能で苦しんだか、そして死んだか。
自然界に存在するラドンの放射能と、自然界には存在しない放射性物質の放射能は、同じなんでしょうか?
放射線には、色々な種類があるのに、すべて同じ性質なんでしょうか?
すべて体に良い放射線なんでしょうか?
アメリカは、中性子で人を大量に殺傷する研究をしてきたのに、体に良かったなんて?

投稿: やんじ | 2012年8月 9日 (木) 06時37分


追加で。
そこで生活をするということは、例えもしかしたら問題が無い量であっても、24時間・365日、絶え間なく晒され続けるのです。何十年もの間。
例えば、絆創膏でかぶれない人でも、何日も貼ったままだと皮膚は痛んでくるでしょう。
凄く薄い漂白剤でも、四六時中のあいだ、手を浸ける行為を繰り返したら、皮膚はボロボロになりませんか?
放射線の医療行為は、短時間でなおかつ医療者が傍にいるのです。
自然界と同じレベルの放射線量であったとしても、撒かれた放射能を加えると、自然界の2倍になります。
塩分濃度が2倍になった海水で、どれだけの海洋生物が生き残るのでしょうか。
普通の地球環境ではなく、人間が生活する環境でないなら、人間はまともに生きられるのでしょうか。
つい数年前に、オゾン層が破壊されて、オゾンホールが大きくなると紫外線の量が増えて皮膚がんが増えるから大変だと、オゾン層を破壊するフロンガスを規制する法律を作ったのはなぜでしょう。
ダイオキシンが危険だからと、莫大なお金をかけて新たに高性能な焼却炉を作ったのはなぜでしょう。
脱原発や原発推進を除いても、放射能の危険性は存在します。
原発の管理者は、管理棟にいる人達は、たいした放射線は帯びていないでしょう。
でも彼らは、自身の被爆量を測っていませんか?
測るのは、安全でないからでしょ?
奇跡の星「地球」といわれるのは、その微妙な環境バランスが保たれているから生物が存在するのではないでしょうか。浴びる放射線が増えることは、この環境バランスを崩しませんか。
崩れた環境バランスの中で、どれだけの生物が生き残れますか?
宇宙服を着て生活すればいいのですか?
低いレベルの放射線を、24時間、365日、数十年間浴び続けて、安全だと言えるだけの科学データがありますか?臨床検査の結果がありますか?
危険だから人体実験もできないし。
わかっているのは、放射線はDNAを分断し、再生能力で元に戻るDNAもあれば、違うDNAと繫がり、DNA異常が起きることです。
人間の体は、細胞は、このDNAの遺伝子情報で再生し続けているのですから、DNA異常でまちがった細胞ができる可能性があるということです。
その結果が、ヒロシマ・ナガサキの被爆者に起こっています。
いまも増え続けているフクシマの被爆者に同じことはおきないと、だれも証明できません。
むしろおきる可能性の方が大きいのではないでしょうか。
佐々木禎子さんは、原爆投下から何年後に症状が出て亡くなったのか。それを知れば、今は何も無いからといって安全だと、言えないと思います。
広島では、67年間被爆と健康の追跡調査をしていますが、いまの科学では解明できないものもあるようです。だから将来に科学が発展したときに解明できるように、被爆者の血液を冷凍保存しています。
DNAがわかったのもつい最近です。
僅かな資料やデータが無いにも関わらず、正論のようにいう科学者は、太陽と月と地球しか知らずに、太陽系や銀河を語っているようなものでしょう。
科学で解明できていなくっても、原子爆弾の放射能によって、ヒロシマ・ナガサキの被爆者は苦しんで亡くなっている事実はあるのです。

投稿: やんじ | 2012年8月 9日 (木) 10時27分


ストライクさん
放射線の健康に与える影響は、歴史も浅く、また稀有なことなので、様々な推定を確定するだけの十分なデータがないことから、学説もありとあらゆるものがありますし、議論も多岐に渡ります。

それだけにブログでは十分に書けないことが多いのですが、ラッキーさんの「ご意見」を頂けると、情報を整理して補足説明し易く、私もラッキーさんには感謝しています。

本当に小出先生の愛弟子あたりが、こちらの力量を見ながら誘導してくれたのであれば、その凄腕に大感謝です(^^)

投稿: 工場長 | 2012年8月 9日 (木) 19時27分


やんじさん
大変ご丁寧にありがとうございました。
全て書かれている通りだと思います。

私は今日も胸部レントゲンを5枚撮りましたが、来年還暦の私は放射線によるリスクは低く、あくまで厳重に管理された状態で、ほんの一瞬ですが、それでも得られる利益とリスクを天秤にかけて判断した上での被曝です。

また、PET-CTのように放射性検査薬を使う場合は、検査後24時間は子供や妊婦には近づかないように言われます。それほど子供や妊婦は保護されるべき対象です。

医療放射線ですら甘いと言われる日本ですが、さらに、そこに住むこととはまるで次元の違う問題ですね。

投稿: 工場長 | 2012年8月 9日 (木) 19時35分


百歩譲って、放射線が健康に良くないとしても、原爆より原発の方が危険かのような言い方はどうかと思います。
核戦争になれば、世界は終わりです。
放射線の変更被害については、余りにも多くの人が恐怖を煽ってないでしょうか。
恐怖のあまり妊娠してた人は中絶するし、妊娠しないように気をつけ、それでも妊娠したら中絶する、被災者は結婚しても「子供を望むな」ってことですか?
我々が普通に使っている薬でも強い毒性を持つものはいくらでもあるはずです。
レントゲンはもちろん、放射線治療も一般的に行われていることです。
一般の人が刃物で人を傷つければ傷害罪ですが、医師にはそれが許されています。
医師の持つメスまで危険だから規制しろとでも言うのでしょうか。
何でもかんでも悪いというは余りに一面的ではないでしょうか。

投稿: BAT | 2012年8月14日 (火) 11時13分


BATさん

>百歩譲って、放射線が健康に良くないとしても、原爆より原発の方が危険かのような言い方はどうかと思います。

原爆は人を殺すための兵器です。
原爆より原発の方が危険だとは書いていません。
ただ、放射能に関しては、より厄介だということで、原爆以上の覚悟が必要だということです。

>核戦争になれば、世界は終わりです。

ですから、広島を先頭に世界150カ国、5000を超える都市が2020年までの核廃絶を目指し、国連事務総長も「核廃絶が最優先課題である」としているわけです。

>放射線の変更被害については、余りにも多くの人が恐怖を煽ってないでしょうか。

「変更被害」は「健康被害」の間違いだと思いますが、放射線の健康被害については以前から法律で決められた規準があり厳密に守られてきました。それを昨年、何の根拠もなしに緩めたのが日本政府であり、そのことに対する懸念を多くの人が持っているわけです。

>恐怖のあまり妊娠してた人は中絶するし、妊娠しないように気をつけ、それでも妊娠したら中絶する、被災者は結婚しても「子供を望むな」ってことですか?

これまでも妊婦もしくは妊娠の可能性のある人にレントゲン検査はしません。
放射性検査薬を使うPET-CTなどの検査の後は、24時間は妊婦や子供に近づかないように言われます。

>我々が普通に使っている薬でも強い毒性を持つものはいくらでもあるはずです。

その強い毒性を持つ薬を、病気でもない人が飲むことはありません。

>レントゲンはもちろん、放射線治療も一般的に行われていることです。

被験者以外は放射線を浴びないようにしています。
法律により放射線管理区域として厳重に管理されます。

>一般の人が刃物で人を傷つければ傷害罪ですが、医師にはそれが許されています。
>医師の持つメスまで危険だから規制しろとでも言うのでしょうか。

銃刀法があるように、一般の人が日常の生活環境で放射線を受けることは制限されるべきです。

>何でもかんでも悪いというは余りに一面的ではないでしょうか。

もう一度、最初から読み直し、書かれている内容を理解してください。

投稿: 工場長 | 2012年8月14日 (火) 11時43分


夏休みの宿題が原子力関係だったので拝見させていただきました。
原発事故当時小学生だったので原発に関してはほぼ無知でした。
原爆に関しては、はだしのゲンで少しは分かっていたつもりでしたが
全然でした。
中学生が言うのもあれですが原爆原発の正しい知識お覚え後世に伝えていけるよう努力をしていきたいです。

投稿: 太郎 | 2013年8月18日 (日) 17時51分


太郎さん
コメントありがとう。
今はインターネットがあるので、情報を集めるのは簡単ですね。
特に原子力については、マスコミの報道には嘘が多いので、ネットに頼るところが多くなると思います。
ただ、ネットにも嘘は多いので、そこを判断できる情報リテラシーをしっかり身につけてください。
そして正しい知識を持ち、その知識を多くの人に伝えるよう頑張ってくださいね。

投稿: 工場長 | 2013年8月19日 (月) 12時13分

2012年8月 7日 (火)

平成の茶人?

今回越してきたマンションは、極めて狭い。
ビジネスホテル並の広さだ。

小さなキッチンとバスルームはあるが、
その脇にベッドとテーブルを置けば、もう殆ど隙間はない。
以前住んでいたマンションと大違いだ。

しかし狭いが、これが以外と快適だ。

数十年前、まだバブル真っ盛りの頃、
私の尊敬する先輩が、
「俺は年をとったら、椅子をグルっとまわせば、全て手に取れるような家に住みたい」と言っていた。

その先輩の家は、山手線に近い高級住宅地の200坪以上ある広い敷地と、大きな古い木造の家だった。
日常の生活にも、バカラのコップを使っていた。

その頃、日本は急激に経済成長をしていたが、
欧米からは「日本人はうさぎ小屋に住んでいる」と軽蔑されていた。


そして、
誰しもが、1人1室を確保した家に住みたいと思っていた。

ボクシングの世界タイトルマッチで、血だらけになって、目の上が腫れ上がって相手が見えなくなったような選手が、勝ってのインタビューて「これで親に家が、買ってあげられる」といっていたような時代だつた。

今でも「全戸、100 m2以上です」というのが、マンション販売のキャッチフレーズになっているが。

そんな時代に「俺は小さな家に住みたい」というのだから、
私には、よく理解出来なかった。

でも、

「飢える心配もなく::スーパーにいけばいくらでも安い食料品が買える
冷暖房の効いた部屋に住み::狭いから、真夏日でも冷暖房がよく効く
ネットで世界と繋がり、自分の思いを表現することができ::iPadがあれば、どこにいても退屈しない
時々気の会った友達と、カラオケが出来れば::声を出すのは健康にもいい
もうこれで充分だ」
いう感じになってくる。

車も、なくてもいい。

大量に作り、大量に消費していたあのバブルの時代を懐かしむのでなく、
生活をシンプルにし、
エネルギーを使わず、
省資源で、
心豊かな、
時代に相応しい生き方があるようだ。

これは「平成の茶人」?


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


一編の詩のようなリズムで、羨ましく読ませて頂きました。何となく、宮沢賢治の「雨にも負けず」の現代版のような雰囲気で好いですね。

投稿: 雨にも負けず | 2012年8月 7日 (火) 10時58分


どんなに広くっても、どんなにたくさんの物を持っていても、一人で使うには限度がありますよね。
必要以上の物は、もしかしたら見栄なのかもしれませんね。
路上生活している人が、何に必要かわからない物をたくさん抱え込んでいるのを良く見ます。
それはゴミにも見えます。
価値観が違えば、見え方がちがうのですから。何万もするものを持っていても、人によっては不必要な物もあるでしょう。
質素で単純明快な生き方も、いいかもしれませんね。

投稿: やんじ | 2012年8月 7日 (火) 11時20分


雨にも負けず様

詩みたい?
ウッ、
ありがとうございます。

人生も、詩みたいにあって欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月 7日 (火) 12時00分


やんじ様

ゴミ屋敷に対しては、誰しもが、眉をひそめます。
大きな家に住むのも、
ゴミ屋敷に住むのも、
それほど違いはないように思いますが。

投稿: 元安川 | 2012年8月 7日 (火) 12時12分


狭いが安い、交通の便がかなりいい、満足していただいているようですね

投稿: 大家 | 2012年8月 8日 (水) 12時47分


大家様

「武士は食わねど高楊枝」です。

投稿: 元安川 | 2012年8月 8日 (水) 15時42分

2012年8月 6日 (月)

第二回ヒロシマ・アキバ塾 動画

第二回ヒロシマ・アキバ塾の動画を公開します。
第二回は原爆とその被害、そして被爆体験と被爆者について、まさに今日改めて考えるべきことです。

この内容については、河野美代子先生が以下のように三回にわたってブログに書かれています。
「中学生への講演」と「第二回ヒロシマ・アキバ塾」
第二回ヒロシマ・アキバ塾でのお話し。続き
第二回ヒロシマ・アキバ塾のご報告最後です。

さとうしゅういちさんも以下のようにまとめられています。
ヒロシマ・アキバ塾第二回目

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


動画の公開ありがとうございます。
これから8時15分を待ちながら、じっくり拝聴したいと思います。

投稿: アコ | 2012年8月 6日 (月) 07時38分


例年通り右翼の街宣車が「憲法改正、核武装推進」を叫んでいますが、「脱原発をしたら、日本は破綻する」などというものもありました。
彼らとしてはお仕事でやっているだけで内容に大した意味はないのでしょうが、ああいう連中が叫べば反感を買うだけでしょうから、良いことかも知れませんね

投稿: 通りすがり | 2012年8月 6日 (月) 07時58分


今日の「平和宣言」は、事務連絡のようでしたね。

投稿: 宇品灯台 | 2012年8月 6日 (月) 13時49分


アコさん
一度は生を見に来てくださいね。

投稿: 工場長 | 2012年8月 6日 (月) 20時00分


通りすがりさん
確かに、ああいう人達が原発推進を叫ぶのはいいことかも知れませんね(^^)

投稿: 工場長 | 2012年8月 6日 (月) 20時02分


宇品灯台さん
業務連絡ですか(^_^;)
しかし広島市長は平和宣言を自分で書ける人であって欲しいですね。

投稿: 工場長 | 2012年8月 6日 (月) 20時04分

2012年8月 5日 (日)

明日のNHK教育テレビ

今年の5月から、
毎月、最終週の木曜日、前広島市長の秋葉氏による平和についてのセミナー「アキバ塾」が、
YMCA広島で開かれている。

7月のアキバ塾の終了の後
秋葉氏が8月6日、NHKの番組「視点論点 」で話をするとのことが知らされた。

NHK教育で午後1:50~2:00からとのことである。

加えて、「FMちゅーピー」の人気番組「R-50」でも二回にわたって出演するとのことだ。
一回目は、同じく8月6日月曜日の16時30分から30分間 (再放送が11日土曜日の19時から)、
二回目は、次の月曜日8月13日の16時30分から (再放送は18日の19時から)だ。
あえて強調すると、これはローカル番組ではなく、グローバル番組なのだ。
パソコンを通じて世界で聴ける。
FMちゅーピーのウエブサイトから、「サイマルラジオ」をクリックするだけだ。

毎年、8月6日には、
被爆都市広島では平和記念式典が催され、
広島市長が「平和宣言」を読み上げる。
この様子は、TVでlive中継されるだけでなく、
その「平和宣言」は、翌日の全国紙に、全文が掲載される。

「平和宣言」の意味、価値がいかに大きいがわかる。

毎年、秋葉氏の読み上げる「平和宣言」は感動的であった。
その秋葉氏の平和宣言は、市長の交代と共になくなった。
寂しいことだ。

秋葉氏としては、平和宣言はあまりに短く、
意図するところが、充分に表現出来ない、伝えられないというもどかしさがあったのではないか。

10分となれば、充分に表現できるようになるとも思えないが、
少しでも長くなれば、大分違ってくることは確かだ。

市長を辞めて以降、色々思うこともあるだろう。

8月6日、
秋葉氏の「視点・論点での発言」
そして現市長の「平和宣言」
期待したい。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


それは楽しみです。
さっそく録画セットしておきます。

投稿: アコ | 2012年8月 5日 (日) 08時31分


昨日、呉市某所で偶然お会いした市長に「視点、論点」のことはお聞きしました。
しかし「チューピーFM」の時間が正確ではなく、後からまたメールしますと言われていたのですが、
ここで正確な時間が分かりましたから、教授、メールはいいですよ。
伝言板代わりになるか!?(笑)

投稿: 7パパ | 2012年8月 5日 (日) 09時05分


アコ様

核廃絶、平和を実現するためには、
市民皆の、不断の努力が必要なのだろうと思います。

投稿: 元安川 | 2012年8月 5日 (日) 10時19分


7パパ様

ブログが伝言板になる。
面白い時代になりましたね。

投稿: 元安川 | 2012年8月 5日 (日) 10時22分


素晴らしい番組でした。
是非YouTubeでも公開してください。

投稿: 星野 | 2012年8月 6日 (月) 14時04分


星野様
核廃絶、脱原発の実現のためには、
考え得る限りの様々の手法で訴える必要がありますね。
それも他人事にしないで、市民皆で頑張る必要があるのだと思います。

投稿: 元安川 | 2012年8月 6日 (月) 14時39分

2012年8月 4日 (土)

節約ではない節電ですが・・・

中国電力は、春には5%、夏前で3%としていた、今年の夏の節電目標を撤廃しています。

その上に、原発1基分を大きく上回る発電をしている柳井発電所1-4号や水島発電所1号機がトラブルで発電を停止しても、なお「他社への融通送電を行ったうえでも,必要な予備力は確保しており,安定供給できる見通し」を立てているほど、中国地方の電力は余裕があります。

そういう状況にも関わらず「夏場の電力不足に対し、エアコンの設定温度も上げておりますので、ご理解、ご協力をお願いします」というような告知をしている企業が沢山あります。

節電が悪いとは言いませんが「電力不足に対し」などとウソを書かずに、正直に「節約のため」もしくは「地球環境保護の観点から」とでも書くべきでしょう。

ところで、最近「節電」を口実に、水出しコーヒーポットを買いました。これは電気を使わずにコーヒーを入れることが出来ますから、節電になります。

若い頃のコーヒー専門店では、ホットコーヒーもサイフォンでいれるのが主流でしたし、水出しコーヒー=ダッチコーヒーと言えば、まるで化学の実験装置のような大袈裟なガラス器具が置いてありました。

Coffeeyasan_k000000000011

それが最近、ウォーターピッチャーのような簡易なもの=「水出しコーヒーポット」があることを知り、電気を使わない=節電ということで、買ってみました。

Unnamed

時間はかかるものの、簡単に、ダッチコーヒーらしい、まろやかでコクのある味に仕上がりますが、使う豆はドリップコーヒーより随分多くなるので、電気は使わないものの、必ずしも経済的とは言えません。

ですから、節電にはなりますが、節約にはなりません。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

ダッチコーヒーはアイスコーヒー専門なんでしょうね。
頭をシャキッとさせたい為にホットコーヒーが飲みたくなると
電気で加熱しないといけないので
節電にもならなくなるぅ~~~

投稿: いっちゃん | 2012年8月 4日 (土) 16時49分


いっちゃん
もともとは普通にドリップすると癖のあり過ぎる豆の飲み方ですが、冷やすためのエネルギーも少なくて済みますし、まろやかでコクのある味もアイスコーヒーには最適だと思います。

また、細かいことを言えば、加熱するエネルギーの方がコーヒーメーカーの消費するエネルギーより少ないと思います。まぁ殆ど意味のない誤差の範囲だとは思いますけど。

投稿: 工場長 | 2012年8月 4日 (土) 17時46分


当事者(電力会社)が「足りている」としている電力を、第三者(マスコミや他の企業)が「電力不足」というのはどういうことなのでしょうね。
もしかすると、新しい形の不買運動なのでしょうか(笑)

ところで夏は水出しアイスコーヒーが最高ですね。
私はもっと簡単なティーパックのようなもので作っていますが、確かに節電にはなっても節約にはなりません(^_^;)

投稿: 星野 | 2012年8月 4日 (土) 18時46分


星野さん
なるほど新手の不買運動ですか(笑)
ただでさえ落ちている電力需要なのに、こんなに国をあげて省エネを進められると、電力会社は本当に困るでしょうね。

水出しコーヒーは水出しコーヒーポットを使う時でも、お茶パックのようなものに入れた方が、より美味しくできるようです。それなら、最初からティーバッグのようなものでも良かったのかとも思います。いずれにしても淹れるのは私ではありませんが(^_^;)

投稿: 工場長 | 2012年8月 4日 (土) 20時44分

2012年8月 3日 (金)

アップデート

私はiPadのビューンで週刊朝日等の雑誌を読んでいるが、
先日app storeから、ビューンをアップデートするため、
パスワードを入力するように指示があった。

入力したが、「iTune Storeに接続出来ません」と表示されてしまった。
パスワードに間違いはない。
何度かトライしたが、駄目だった。

「どうすればいい?」と、ネットに詳しい友人に問い合わせたところ、

「接続出来ない理由は、いくつかありますが、
ネットワーク上のものであれば、時間をおいてやれば出来ることが多いです。
サーバー側の問題であることもあり、それも時間が経てば直ります。

また、一定のサイズ以上のものはWi-Fi接続でないとダウンロードできません。

それでもダメなら以下の方法を試してみてください。

1)App Storeアプリからサインアウト/改めて、サインイン
#App Storeの任意の画面において、一番下までスクロールさせれば、Apple IDが表示されます。
#Apple IDを一回、タップして下さい。

2)App Storeアプリの完全停止/再起動
#ホーム画面に切り替えて、ホームボタンを二度クリック。
#セレクタ画面(下にアイコンが並ぶ)に切り替えて、アプリを長押し、停止アイコン(☓マーク)が表示されたら、App Storeをタップしてください」
とのことだった。

まず一番楽な「時間を置く」ということにした。

翌日、トライしたら、
なんと、何事もなかったかのように、アップデートできた!

????

そういえば、先日は、古いSDカードを開いたら、写真が何枚も壊れていた。

ネット社会も随分と脆弱だということをいうことを、こんなふうにあちこちで知ることが結構多い。
ちょっと困ったことですねと愚痴ったら、

その友人は
「コンピュータで言えば、50年前に一つの建物くらいあったものの百万倍も複雑なものを
極普通の個人が使っているわけで、ハードもソフトも数千カ所のミスがあるのが普通です。
中身を知れば知るほど、まともに動く方が不思議なくらいのものです。

Aさんのようにパソコンを自作すると分かりますが、規格通り作られたものでも、
規格通りに動かないことは決して珍しいことではありません。

非常に高度で複雑なので、僅かに精度を上げるだけでコストはケタが違ってきます。
ネットワークを繋ぐハブという機器でも、家庭で使うものは数千円ですが、銀行などでは数十万円のものを使います。
性能はむしろ家庭用の方が高いくらいですが、信頼性は僅かに業務用の方が高い、というものです。

所詮、人間の作るものだということと、経済的な制約で特に民生品で提供できるものの信頼性には限りがあるということでしょうか。
まさに、この手の性能や信頼性はベストエフォートということです。

そういう意味でも原子力のようにとてつもない大きなエネルギーを、人間が扱うのは難しいということです」
という。

人類は、言葉と火を手に入れ、大きく進歩したといわれているが、
今、人類はITと「原子力」というとんでもない「リンゴ」を食べてしまったようだ。

ITはまだしも、「原子力」というリンゴは「毒リンゴ」だったようだ。


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


覚醒剤と毒リンゴは、売れば売るほど儲かるんだそうです。

飲んだり食べたりする人の被害なんて、儲けに比べたら・・・。

投稿: なんでも辛口 | 2012年8月 3日 (金) 05時46分


ウィンドウズを使っていた頃は、アップデートをすると動かなくなることがよくあって、アップデートはなるべくしないようにしていましたが、アップデートしないとウィルス感染して販売店で初期化してもらうということの繰り返しでした。マックに替えてから、その点は楽になりました。

パソコンなどではトラブルがあると「どうして?」と質問すると、詳しい人ほど「そんなものだ」と言いますが、原子力は権威のある専門家ほど「安全だ」とウソをついてきました。本当に核と人類は共存できませんよね。

投稿: アコ | 2012年8月 3日 (金) 08時14分


昨日はドコモが全国的なトラブルでしたね。
昼過ぎからドコモの人達から、携帯が繋がらないので急ぎの用事はパソコンメールか会社に直接電話するよう連絡が入りました。
こちらはソフトバンクですが、ドコモからのメールが夜になって一斉に入ってきました。
ネットワークのトラブルは、こちらだけ問題なくても巻き込まれますね。

投稿: 通りすがり | 2012年8月 3日 (金) 08時40分


最近観た映画が、いずれも核の脅威を扱っていました。
一つは人間がウィルスに侵されてゾンビ化していくというものですが、ウィルスに免疫がありゾンビと戦って生き残った人達も、最終的には電源喪失した原発が次々に爆発して被曝していくというものです。2年前なら「え!?そうなるの?」と思っていたことも、今では良く理解できます。
もう一つは未来のエネルギーとして開発された核融合炉が時限爆弾として利用されるというものです。原発を時限爆弾にするのは極めて簡単なことも今はよく理解できます。
いずれにしても原子力発電は、何もしなければそのまま核爆弾になるということを描いています。
それぞれの映画でテーマになっている脅威は全く別のものですが、結果は人類は原発に滅ぼされてしまうということです。

投稿: 星野 | 2012年8月 3日 (金) 09時49分


宇宙ロケットなどの部品の信頼性は99.9%ではとても飛ぶことが出来ず、99.9999…と9がいくつも並び、そのために同じような部品でもコストは桁違いだと聞いたことがあります。
原発先進国のフランスは首都に近い場所に作れるほど「安全な原発」にしているためコスト高になりすぎて、苦戦しているようですが「地震と津波の多発する日本でも安全な原発」などは、とても経済的に合わないでしょうね。よく「100%安全なものは作れない」と言う人がいますが、一つの国どころか北半球をも脅威にさらすほどの危険を冒してまで「たかが電気」を作る理由はどこにもないと思います。

投稿: 太田川 | 2012年8月 3日 (金) 10時11分


なんでも辛口様

毒リンゴと知らず、食べた人が可哀想ですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月 3日 (金) 10時31分


アコ様

原発の「安全」を「そんなもんだ」で片付けられては困りますよね。
そもそもは、どうも被曝の影響を随分と楽観的にみていることに、そのベースがあるように思います。

投稿: 元安川 | 2012年8月 3日 (金) 10時38分


通りすがり様

docomoのネットワークにトラブルがあっても、
「あっ、そう。ちょっと待ってて」で済みますが、
「原発」のトラブルは
「あっ、そう。ちょっと待ってて」では済みませんね。

投稿: 元安川 | 2012年8月 3日 (金) 10時48分


星野様

「原発が時限爆弾になる」?
まさに今回のフクシマ原発事故がそんな感じでしたね。

「核の傘」といいますが、
こうしてみると、
「日本は時限爆弾を腹に巻いた国」ということになりそうですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月 3日 (金) 10時56分


太田川様

99.9%と99.99999%の違い、
普段好い加減な生活をしている私には、ピンときませんが、そこにはものすごい違いがあるのでしょうね。

ロンドンオリンピックで銀メダルを取った鈴木選手が、
「世界選手権で100分の1秒差で負けた。タッチする時、指を伸ばすかどうかの違いだ。
指を伸ばす練習を必死になってやった」といってました。

水泳で0.01秒のために頑張るのは「頑張れー」と応援したくなりますが、
原発のシステム全体を0.01%のリスクも無いとするのは、難しいでしょうね。

今のこの好い加減な生活を続けたいものです。

そう、私の理想の生き方は、
ジョージ秋山の漫画「はぐれ雲」のような生活ですが。

投稿: 元安川 | 2012年8月 3日 (金) 11時18分


20年近く前に、BASICでプログラムを作っていた頃、複雑でなくともバグ退治は面倒なものでした。
今のように、複雑で何でもできるプログラムだと、予想しなかったことでのバグの発生が沢山あるだろうと思ってます。
銀行のATMなどのトラブルも、同じでしょう。
アップデートと聞けば、機能が向上するように感じますが、多くはバクが見つかりその退治だと思ってます。
複雑なソフトで、色々な処理をして色々な物を動かすのですから、何も問題なく動かせるはずはないとお思います。
一方、原発はとても簡単な構造です。ですから安全性を構造的に向上するのはあまり難しくないでしょう。でも当たり前な(儲からない)安全性は、やってこなかっただけでしょう。
構造が簡単でも、取り扱う核は、単純だからこそ制御できないと思ってます。
例えば、火が燃えるためには複数の元素が絡み合ってできるのですから、どれか一つか二つの元素を取り除けば消せるでしょうが、核は、一つの元素だけで燃えて爆発するのですから、消す手段てないと思います。
ソフトで動くコンピューターで、原発を制御するなんて、危険が増すだけでしょうね。

投稿: やんじ | 2012年8月 3日 (金) 13時39分


やんじ様

原発には、
複雑性の問題と、
太田川さんが指摘されているように、単純ではあるが99.999999%というような、
精度を確保しなければいけないという問題があるのでしょうね。
さらにそれに加えて、日本では核廃棄物の処理法に全く目処が立っていないという厄介な問題もありますよね。

投稿: 元安川 | 2012年8月 3日 (金) 19時50分


日本人は精度の高い部品を作るのは得意ですが、システムになると途端に弱くなる傾向があります。
コンピュータでもメモリーは作ることが出来ても、CPUは無理です。
ソフトウェアもアプリケーションは出来ても、OSは無理です。
あるいは、iPhoneやiPadあるいはMacやiPodなどに、日本の部品が採用されることはあっても、
日本の企業でそれらの製品が生まれることはないでしょう。

日本の原発が優秀だと勘違いしている人がいますが、それは部品に関してのみです。
システムに関してはまるでダメですが、地震の多発する国で安全なシステムなど、他の国は必要としていませんから、海外を頼ることも出来ないでしょう。

投稿: 星野 | 2012年8月 4日 (土) 13時33分


星野様

部分解は上手いが全体解は下手ということの象徴は、
「縦割り行政」でしょうね。
それを越えることを、政治家等リーダーといわれる人に求められていると思うのですが、
実は、そうしたリーダーをよってたかって、潰してしまう傾向が、日本人にはあるようですね。
東大卒=リーダーというのでは、ちょっと寂しいですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月 4日 (土) 14時13分

2012年8月 2日 (木)

悪魔が勧めるガン検診!?

「悪魔」として幅広く活躍しているデーモン閣下が、広島県の県民に「ガン検診」を呼びかけることになりました。

広島県でのガン検診率は伸び悩んでおり、肺ガンでは21.9%、子宮ガンでも33.6%などと、目標の50%の目指し、自治体や企業などでつくる「『がん検診へ行こうよ』推進会議」が「県民が思わず振り向く強烈な存在感が必要」と、「悪魔」に白羽の矢を立てたということです。

デーモン閣下は「悪魔なので本来は人助けはしないが、人間界のふる里である広島ということで引き受けた。検診率を目標の50%に引き上げ、カープ優勝より早く日本一を達成したい」と意気込んだということです。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


広島県、頑張ってますね。
こちらでも、以前は広島と言えば広島市でしたが、今は広島県って感じです。
銀座のショップも賑わってましたよ。

投稿: アコ | 2012年8月 2日 (木) 08時03分


公務員の世界では、
1に東大法学部卒、
2に財務省、経産省
という序列があるようです。
松井市長の経歴は、全ての面で知事に負けています。

知事より前に出る、市として独自の政策を実行することは、まかりならんと思っているのではないでしようか。

もっともそれ以前に、個人的能力の問題がありそうですね。
投稿: 役人 | 2012年8月 2日 (木) 13時57分


年齢とキャリアから考えると、市長職というのは天下りポストだったのでしょうね。

投稿: テン | 2012年8月 2日 (木) 19時40分

2012年8月 1日 (水)

都市のネットワークが世界を変える ―ヒロシマ市長

前広島市長秋葉忠利氏が朝日新聞出版から「ヒロシマ市長」を出版した。

そごうの6階の紀伊国屋書店に行くと「ヒロシマ市長」が数百冊積み上げられている。
未だに秋葉氏の支持率が高いことを知る。
秋葉氏が次の市長選に出ないと表明した頃の、秋葉氏の支持率は6割を越えていた。
野田首相の支持率が2割ちょっとと比べると、いかに高かったかがわかる。

そしてこの本を読めば、いかに秋葉氏が高い志で、市長を努めていたかがわかる。

Image002

広島に住む人々はなんとなく、
カタカナの「ヒロシマ」は平和の象徴としての広島を、
平仮名の「ひろしま」は街としての広島を、
漢字の「広島」は日常的、行政的な面の広島を表現するといわれる。

この本のタイトルは、カタカナの「ヒロシマ市長」とあるが、書かれている内容は深く、重い。

著者の広島市長としての活動の幅は広い。
広島市の魅力を世界に認めさせ、また核兵器のない世界実現を目指す「平和市長会議」の会長として、加盟都市を500から5,000よ10倍に伸ばし、核廃絶運動を本物の市民運動に育て、世界的リーダーとしての役割を立派に果たしたことだけではない。
市民の意見を聞くという「タウンミーティング」を、「陳情の場」から「市民の誇りとしている活動の発表に場、先進例を学ぶ場」にシフトとした例、これから発展が期待されるITビジネスの分野での社会企業家を育てた例等、市長として進めた様々の具体的事例が紹介されている。
これらの事例は、これからの地方政治のあり方を考える上で大変参考になるだろうと思う。
こうしたことを進める著者の思考のベースには、多様な市民の意見を直接政治に反映する直接民主主義を実現したいという思いがあったようだ。

著者は、さらに論を進め、「すでに世界は国家という枠組みを離れて、例えば都市連合というネットワーク中心の枠組みを使って初めて、多くの事象が理解できる時代になっている」といい、
世界は「国家」の時代から「都市」の時代へパラダイムの転換をすべきだと提案している。
都市のネットワークをつくることで、世界は変わるというのだ。
その提案は、極めて斬新であるだけでなく感動的ですらある。

こうした提案は、著者の20年間以上にわたるアメリカでの生活と、10年近い衆議院議員としての活動、そして広島市長としての12年間の実績があって、初めて発言できることだともいえるが、
同時にそこには亡くなった沢山の被爆者、そして今広島で生活しているヒロシマ市民の思いが込められていることも感じる。
それだけに、この本の中で触れられている「国境は地球に刻まれた傷跡だ」と言葉は、ずしりと重く響いてくる。

3.11の東日本大震災に伴う原発事故によって、それがフクシマの、日本の問題だということではなく、
世界の問題であり、将来にわたる人類の問題であるということを私たちは否応なく知らされた。
それは、人類は原子力に対してどう向き合うべきか、そして世界はどうあるべきかについても考えざるを得なくなったということでもある。

そんな状況にある今、この本は、これからの世界のあり方を考える上で大きな示唆を与えてくれる。
世界中の人々が読むべき本だ。
都市計画を学ぼうとする若者にとっては必読の書だ。
歴史に残る本でもある。
英語での出版が待たれる。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


秋葉さんは何故「ヒロシマ市長」から逃げ出したのでしょうか?
そこの所がよく分かりません。

投稿: なんでも辛口 | 2012年8月 1日 (水) 06時10分


本当に素晴らしい本でした。
沢山の人に読んで欲しいです本ですね。

投稿: アコ | 2012年8月 1日 (水) 07時32分


松井市長が一番に読むべき本だと思いますが、期待しても無理でしょうか。

投稿: 通りすがり | 2012年8月 1日 (水) 08時11分


秋葉前市長ほど、ヒロシマ市長に相応しい方はいなかったと思います。
浜井市長、秋葉市長は広島市が後世にも誇れる市長で、ただ感謝あるのみです。
8月6日だけでも秋葉一日広島市長とか平和市長会議名誉会長とか、何とか関わってもらえないものでしょうか。
平和宣言すら自分で書けない市長は広島市長としては失格です。

投稿: 太田川 | 2012年8月 1日 (水) 08時24分


どこの書店でも平積みされていますが、昨日行った福屋裏のフタバ図書でも、地下階段を下りてすぐの所に沢山積んでありました。
それにしても、秋葉市長のタスキを広島市民がうまく繋ぐことが出来なかったことが今更ながら悔やまれます。

投稿: 星野 | 2012年8月 1日 (水) 08時46分


>秋葉さんは何故「ヒロシマ市長」から逃げ出したのでしょうか?

それを言うのであれば広島市民は何故「ヒロシマ市長」の意志を引き継げなかったかではないでしょうか。
秋葉さんは歴代の総理のように任期途中で辞めたわけではありません。
三期12年、申し分のない成果を残されて、情熱のある若い世代にタスキを繋ごうとされただけです。
そのタスキを繋ぐことが出来なかったのは広島市民です。
マスコミの余りに偏向した報道が溢れていたとは言え、返す返すも残念です。

投稿: 通りすがり | 2012年8月 1日 (水) 09時05分


なんでも辛口様

秋葉さんは、市長として3期12年、
あまりに生真面目に務めて、疲れた、
若い人に、自分の思いを継いで欲しいということだつたのだろうと思います。

投稿: 元安川 | 2012年8月 1日 (水) 09時37分


アコ様

世界中の人が、読んで欲しい本ですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月 1日 (水) 09時41分


通りすがり様

そうですね。
松井市長にも読んでいただきたいですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月 1日 (水) 09時43分


太田川様

浜井市長、秋葉市長と、
2人も、歴史に残る市長を、広島市はもつことができました。
広島市は、それだけ意味のある都市なのだと思います。

投稿: 元安川 | 2012年8月 1日 (水) 09時48分


星野様

そうですね、
広島市民の皆が、この本を読んで、秋葉さんが、何を、どう考えていたのかを理解し、
次に繋げて欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月 1日 (水) 09時53分


通りすがり様

全く同感です。
コメント、ありがとうございました。

投稿: 元安川 | 2012年8月 1日 (水) 09時55分


電力関係のことで、いつも勉強させてもらってます。
その工場長さんも絶賛の本で、書店でも平積みされていたので買って読みました。
それで思ったことは、この本を市長時代に出して欲しかったということです。
正直に言うと、私は秋葉市長には批判的でした。
不満も沢山ありました。
しかしこの本を読んで不満の大半は情報不足、理解不足であることが分かりました。
広島市長という重い責務に全力であたられ、本を書くどころではなかったのだとも思いますが、この本が市長時代に出ていれば広島市民の見方ももっと変わったのではないかとも思いました。
少なくとも、あんな酷い市長を選ぶことはなかったのではないでしょうか。

投稿: 山本 | 2012年8月 1日 (水) 10時23分


市民のひとりです。たいへん主張がよくわかる本だなあ、と思いましたが、たいへん残念なのは、秋葉さんご自身に向けられた批判について、何の言及もなかったことです。私の親しい被爆者の女性は「オバマジョリティー」という秋葉さんの言葉に「原爆を投下した国の大統領を賛美した」と怒っていて、そういう批判も確かにあったはずなのに、何も触れていませんでした。それなのに、自分がいかにも市民の声を聞いてきた、と自賛ばかりされているように思えたのが、いささか失望しました。

投稿: やす | 2012年8月 1日 (水) 12時40分


山本様

「政治は言葉だ」ともいいます。
こうして皆さんのコメントを読んでいると、改めて「思い」を正確につたえることの難しさを感じます。
そして同時に、
市民は、不十分な情報にも拘らず、何かを判断して行かなければならないという現実があるということも否応なく、知らされる感じです。
政治は難しいですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月 1日 (水) 14時01分


やす様

世界最大の核保有国であるアメリカの大統領が「核廃絶」に言及したのは、
オバマ大統領が初めてです。
今までのアメリカ大統領には出来なかったことです。
そのオバマ大統領の思いを実現出来るよう支援することこそ、核廃絶への道だという思いが秋葉さんにはあったのだろうと思います。
それが「オバマジョリテイ」という言葉になったのだろうと思います。

投稿: 元安川 | 2012年8月 1日 (水) 14時10分


たまたま見つけました。
秋葉市長の下で12年間仕事をしたものです。
市長の在任中、最初のころは、目標のハードルを下げない秋葉市長の理想主義を煙たがっていたのも事実ですが、在任の後半になるにつれ多くの職員は秋葉氏の真意を理解するようになり、また学習効果も働いて、3期目には市内部の仕事のスピードはもの凄く速かったように思います。
その間、中途半端に妥協はしない首尾一貫した行政姿勢は、議会保守派からは嫌われましたが(=実際は秋葉氏の目指しているものを理解する能力がなかった)、庁内で見ていて、多忙な中でも恐らく市職員のだれと比較しても最も多くの書物を読み、内外の文献から情報を集め、自ら執筆をし、海外の要人とも直接英語で電話やメールで議論を行い、そして職員に指示を出し続けた驚異的な仕事人間であったことは間違いありません。過去、多くの自治体の首長の仕事振りを見ましたが、これほど市長の受け取る報酬と、実際に行った仕事量が釣り合わない人は珍しいのではないかと思います。
私自身は、最初、秋葉市長の折りヅル保存方針には懐疑的でしたが、秋葉氏自身が折りヅル保存に対し市民や庁内の理解があまりに少ないことを受けて、市職員向けのメルマガに書いた数回にわたる長文の連載を読んで、秋葉氏の「保存哲学」はここまで深い考えがあってのものだったのかと驚愕し、自分の浅慮を恥じ入ったことがあります。
今となっては、せっかく秋葉氏が12年間かけて引き上げた「世界の中の広島」のポジションをこれ以上後退させないことが、我々にできるせめてものお礼のように思います。難しいことですが…

投稿: ロハス | 2012年8月 1日 (水) 14時13分


 横から失礼します。
 オバマジョリティーに批判的な人は、これまで核廃絶に対して何もしてこず、ただ被害者や第三者として安穏と生活してきた人達ではないでしょうか。これまで少しでも核廃絶に努力をしてきた人であれば、絶望的だったブッシュ政権時代を脱したとは言え、原爆投下を正義とする国で、オバマ大統領がどれほどの覚悟でプラハ演説を行い、それがどれ程大きな意味を持ち、被爆地広島がそれを支持していくことが、どれほど重要なことなのか分かったはずです。
 それが理解できない=核廃絶に無関心もしくは行動しようとしない市民がいることがサエンことです。

投稿: スナメリ | 2012年8月 1日 (水) 14時15分


ロハス様

ロハス様のような方が市役所の中にもいらっしゃることを、大変嬉しく、誇らしく思います。
これからも頑張って下さい。
秋葉さんが、どんな思いで市長をしていたのかについて、こうして本に書いて残すことの意味を改めて感じました。

投稿: 元安川 | 2012年8月 1日 (水) 14時26分


スナメリ様

私はオバマ大統領がプラハ演説をしたとき、
オバマ大統領は、こんなことをいったら、リンカーン大統領のように暗殺されるのではないかと、瞬間思いました。
それほどの覚悟で、オバマ大統領は言ったのだと思います。

日本の総理大臣は「消費税増税」に政治生命をかけるそうです。

寂しいことですね。

投稿: 元安川 | 2012年8月 1日 (水) 14時33分


秋葉市政で最も批判が多かったのがオバマジョリティー、折り鶴保存、オリンピックだったと思います。
一番の責任は、その深い意味を正しく理解出来ず、批判に終始した報道しか出来ないマスコミにあったとは思いますが、今にしておもえば、不出馬会見のようにYouTubeやブログ、twitter、facebookなど、もっと積極的に活用し、訴えることは出来なかったのか、とも思います。あるいは、こちらのブログも退任後に注目され始めましたが、もっと任期中に情報発信が出来たら違っていたのではないかと残念にも思います。

それにしても松井市長はオフィスアワーもタウンミーティングもメールマガジンも市長宛メールも全てやめ、広島県が積極的に活用しているtwitterやfacebookも始める気配もありません。市民の声を閉ざして、一部の支援者と議員だけのための市政に終始するのでしょうか。

投稿: 有権者 | 2012年8月 1日 (水) 14時37分


有権者様

このブログは、秋葉さんが3期目、当選して直ぐのころから始めましたが、

殆ど注目もされませでしたが、
その割に、反対意見のブログによく引用されていました。

秋葉さんの、次の市長選に出馬しないということについての発表をYou Tubeでしたことも、
マスコミ無視だとケチョンケチョンにやられましたからね。
秋葉さんにすれば、出馬するしないは極めて個人的なことであり、市長職とは関係ないという思いだったのだろうと思います。

秋葉さんはアキハバラ塾にしても、平和公園のフリースポット設置についても、ICT担当副市長を置くことについても、
ICTの利用に関しては極めて先駆的なことをしましたが、
そうしたことをマスコミはあまり取り上げようとしてこなかったことは、残念ですね。

脱原発の首相官邸前のパレード、
あれは警察の基準ではデモでないそうです。
をみても、ネットを通して、
「都市が世界を変える」という波を、ヒロシマから世界に発信したいですね。

そんなポテンシャルがヒロシマにはあると思います。

投稿: 元安川 | 2012年8月 1日 (水) 15時22分


この度、初めてヒロシマ・アキバ塾を受講し、折り鶴の保存の意味がやっと分かりました。
これまでも市の広報誌などでは書かれていたようですが、自分自身に理解する機会がなかったことを悔しく思いました。
オバマジョリティーについても、オリンピックについても、考えられているレベルがまるで違うのだろうと、今更ながら情けなくなりました。

投稿: K | 2012年8月 1日 (水) 19時10分


K様

秋葉さんの思いは、それだけ常識を超えていたということでしょうね。
まだ間に合います。
秋葉さんの思いを実現できるよう、これからも頑張りましょう。

投稿: 元安川 | 2012年8月 1日 (水) 20時50分


本を読んでから言うべきなんでしょうけど、
いくつか気になるコメントがあるので…

ここで問題にしたいのは、
アンチ秋葉と言われるとにかく秋葉は嫌だ、という人のことではなく、
アンチじゃないんだけども施策に反対してきた人のことです。

秋葉市長を理解しなかった、という論調が多く見られます。
それは一面的にはそのとおりなのですが、
アンチ秋葉ではなく個別施策に反対している人たちを、
「それは理解不足」で片付けてよいものでしょうか?
わからん奴らは置いていけ、というのは選民思想的で非平和的です。
私は広島にいる頃、それを非常に懸念しておりました。

広島人の中に、平和都市であることを嫌がる人がいるのは確かなことで、
折り鶴保存について生理的嫌悪感を抱く人がいるのも確かなことです。
少なくてもいるのは確か、ということです。
けれども、市民球場の問題にせよ、五輪の問題にせよ、
そういった生理的嫌悪感を解消する方法、
つまり球場への思い入れや五輪という大きなものへの拒否感、
という感情面での理解とフォローを表に出さなかった。
圧倒的な支持率のもとに、そういった感覚的な部分への反発をケアしてこなかった。
果たしてそれで市民の声を広くフォローしたことになっていたでしょうか?

おそらくこのブログを読んでいる方の多くは、
私のこのコメントについて「理解不足」とおっしゃるのでしょう。
ですが、いくら理解したところで、
市民や企業が自ら造り上げた球場を「人が入れず邪魔」といって壊す、
8月6日に近いところで五輪をやる、
というようなことについて賛成することができない人もいるのです。
仕事ができて常に大義名分を用意して事にあたった人に寄っかかり、
意見が違う少数の他者を排除する人たちが多くいることは、
非常に懸念すべきことです。
特にこのブログでは、元RCCの故テンメイ氏も執筆者でした。
メディア関係者がいる中で、そういった論調は正直残念です。
このブログはそれなりの人たちが目を通しておいでです。
どうか少数派を切り捨てるような言論はやめていただければ幸いです。
秋葉さんが全て正しかった、というのが元安川さんの論調であるなら、
そういうことを公にした上で切り捨てていただけるようお願い申しあげます。

投稿: どうか少数派を切り捨てないで下さい | 2012年8月 1日 (水) 23時55分


ITについては、最新のトレンドを把握していると自認していますが、確か秋葉市長は、ツイッターもブログもない時代、当時の最先端のメディアだった「メルマガ」--懐かしいですねーーを使って、それも「ひろめーる」という名だったと思いますが、2週間に一度、市民の皆さんに向けた熱い思いを書いていましたよ。それがまとまって、2006年には『元気です、広島』という260ページの本になっています。

伝統的媒体では月に二回発行され、市内の全世帯に配布される『市民と市政』に、毎回「市長日記」という、エッセイとしてもなかなかの文章を書かれていましたし。

「市長在職中のこの本を書いてもらいたかった」という意味のコメントを出されている方、私は、秋葉市長の週一回の発信を二度に一度は読んでました。ですから当時から、秋葉市長の考え方は、かなり良く分かっていると自認していました。皆さんもこのくらいは読まれていたのですよね。読んでいないとしたらなぜなのですか。

マスコミは、『ひろめーる』も『市長日記』も秋葉市長批判の種を見つけるためにだけ使っていて、市民と市長をつなぐこんなに良いメディアがあるなんて言うことは、口が裂けても言いませんでした。

マスコミが、秋葉市長在職時代に、市長の発信を伝えたり、自分でも読むことができますよ、と伝えてくれていたら、何人かの方がコメントしているような「悔しい」思いはせずに済んだかもしれないですよね、

でも大切なのは、これからです。マスコミが市民と市長の間を分断しようとしているのなら、市民の側から新たなコミュニケーションのチャネルを作る必要があるのではないでしょうか。

投稿: 元祖鉱石ラジオ派 | 2012年8月 2日 (木) 02時44分


スナメリさん
人にはいろいろ意見があることは承知していますが、「オバマジョリティーに批判的な人は、これまで核廃絶に対して何もしてこず、ただ被害者や第三者として安穏と生活してきた人達ではないでしょうか」は許せません。私が親しく、オバマジョリティーに心底怒っている被爆者女性は、それこそ多くの人に、必死に核兵器廃絶を訴えてきた方です。そういう見方しかできない人こそ、よっぽどサエンのではないですか。

投稿: やす | 2012年8月 2日 (木) 03時36分


やすさん
 それは失礼しました。
 ただ、私の周りでオバマジョリティーに批判的だった人は殆どそうでした。秋葉市長がアメリカ在住からヒロシマに対してどれほどのことをしてきたのか何も知らず、じゃ自分はというと、8月6日に黙祷すればマシな方という人が多く、せいぜい具体的な目処もなく反対を叫ぶばかりの人達でした。
 一方、真剣に核廃絶を考えて、現実的に具体的に2020年までの核廃絶を考え行動していた人達はプラハ演説をどうフォローしていくか考えていたところに、あの秋葉市長の国連でのスピーチがあり、広島のマスコミは殆ど取り上げませんでしたが、ネットや深夜の全国ニュースで観た人達は「感動した」と異口同音に言っていました。

投稿: スナメリ | 2012年8月 2日 (木) 08時43分


 どうか少数派を切り捨てないで下さい

 これは松井市長にこそ言うべき言葉ではないでしょうか。松井市長は少数派どころか、大多数の意見も切り捨てています。視覚障害者が頼りにしていたメールマガジンもやめ、市民から直接意見を聞くオフィスアワーもタウンミーティングもやめ、市長あてメールも廃止しています。少数派どころか誰の意見も聞かない、自分も言わない、という姿勢を貫いています。昨日の記者会見でもそうですが、これまで記者会見でも議会でも何度「自分の意見」を聞かれても「言わない」ことに終始しています。
 それに対し秋葉市長は忙しい公務の中、可能な限りの時間を作り市民と対話されていました。そもそも議会の多数派はアンチ秋葉ですから、秋葉の言うことやることには全て反対です。保守派の中にも藤田議員のように是々非々で考える良識派の議員さんもいらっしゃいましたが、大勢はそうではなく、ただインテリの秋葉嫌いだっただけです。そして
その議員達に多くの市民もあることないことを吹き込まれてきました。ルックスが良く若くて綺麗な奥さんを持っているというだけで、5回結婚している、という市政に何の関係もなく事実でもないことを、どれほど多くの市民が信じていることでしょうか。
 オリンピックにしても、市の説明会に行った人の多くは、その意義を理解し賛成していました。ただ、マスコミやアンチ秋葉議員の流す、中途半端な批判しか聞いていない市民が圧倒的に多かったことがサエンです。

投稿: スナメリ | 2012年8月 2日 (木) 09時01分


どうか少数派を切り捨てないで下さい様

丁寧なコメント、ありがとうございました。

秋葉さんは、在任期間中ずっと、議会では全くの孤立無援で頑張ってこられました。
そうした姿に、多くの市民が賛同したのだとおもいますが、
残念ながら、それは議会やメディアに反映されることはありませんでした。

どんな思いで、秋葉さんが市長を務められたのかを知るには、
「ヒロシマ市長」は恰好の本です。
是非、読まれることをお勧めいたします。

投稿: 元安川 | 2012年8月 2日 (木) 09時09分


元祖鉱石ラジオ様

そうですね、
秋葉さんは様々のツールを使って、広報活動に務められてこられましたね。
それでも、その思いがきちんと伝わらなかったようです。

でもまだまだ可能性は残されています。

フェイスブック、ツィーター、ブログ、
新たな可能性に期待したいと思います。

投稿: 元安川 | 2012年8月 2日 (木) 09時25分


やす様

核を所有することについては、アメリカ、ロシアに限らず、北朝鮮、中国、インド、パキスタン等内政上、外交上それぞれに複雑な思惑があります。
そうした状況の中で、核廃絶をするのは大変に難しいことです。
世界市民が総力を挙げて、核廃絶を訴えていく必要があるのではないでしょうか。

投稿: 元安川 | 2012年8月 2日 (木) 09時41分


久しぶりに立ち寄りましたが、随分と盛り上がってますね(^^)

最近、広島と言えば湯崎知事ばかり見ると思っていたら、広島市は残念なことになっているのですね。それも「オフィスアワーもタウンミーティングもメールマガジンも市長宛メールも全てやめ、広島県が積極的に活用しているtwitterやfacebookも始める気配もありません」とは酷いものです。まさに「見ざる言わざる聞かざる」ですか。

でも最終的には有権者である市民(敢えて限定すれば大人)の責任でしょうね。市長記者会見も45分全てをネットで公開されていますが、マスコミの流す数秒だけを見て、あるいはメールマガジンや広報誌の記事も、アンチ秋葉陣営の流す批判だけを見聞きし、ソースをあたることはなく、ましては時間を使ってオフィスアワーやタウンミーティングに参加する、それどころかメールすら書くこともない、そんな市民が多いのではないでしょうか。それは、こと秋葉市長についてだけのことではありません。

3.11以降、いかにマスコミがウソを流して、事実を隠しているのか、よく分かりました。NHKまでが、朝日新聞までが、と驚かされることの連続でした。日本はあまりにも平和過ぎたのかも知れません。いや、平和過ぎて悪いはずはありません。平和を維持し、発展させる努力が求められていると思います。

この本、これからAmazonで購入したいと思います。

投稿: 元広島市民 | 2012年8月 2日 (木) 09時42分


元広島市民様

「メディアが報じることは、必ずしも正しいわけではない」
ということを、私達は、フクシマ原発事故で、改めて知りました。
随分高い授業料でした。

ツィーター、フェイスブック、ブログという新しいツールもそれはそれで問題があります。

一人一人の判断が益々問われる時代になったのだと思います。

投稿: 元安川 | 2012年8月 2日 (木) 09時58分


市議会最大会派の親しい議員さんから、この本のことを「秋葉の自画自賛だ」と聞きました。

私も「そうだろう」と思っていましたが、このブログを読んで「それでも、ちゃんと読んで批判しよう」と思い書店で求めて読んだところ、「自画自賛」というより、広島市や広島市民そして被爆者への賛辞が沢山ありました。秋葉市長に対してはこういう歪曲した情報が多かったことも確かです。

私は必ずしも秋葉ファンではありませんし、むしろ個々の政策では反対の立場であることも多いのですが、完璧な人間が存在しないことも分かっていますし、12年間の功績も認めています。そして藤田議長のおっしゃっていたように「是々非々」で議論したいと考えます。特に街づくりに関しては異議も異論もあります。

秋葉市長については強い信念が裏目に出て、頑固=人の意見を聞かない、というイメージがありました。誤解も事実もあると思います。しかし現在は、その情報発信もなく、市民の発言の場すらなくなりました。自らの報酬カットすらまともに出来ない議会では期待ももてません。いや、そもそも議会はあれだけ秋葉批判をしておきながら、殆どの法案は通しており(私には異議のあったものも多い)、否決することと言えば女性助役のように感情的で理不尽なものばかりでした。

それでもある意味では、考えのない市長と機能しない議会では、相対的に市民が力を得たとも言えます。災い転じて福となす、といきたいものです。

投稿: 自民党員 | 2012年8月 2日 (木) 10時18分


自民党員様

コメント、ありがとうございました。

秋葉さんは信念の人でもあったと思いますが、
数学者らしく物事を決めるには、きちんと議論して決めればいいと考えがあったのだろうと思います。
その辺が根回し、腹芸の日本的文化と会いいれない状況を作り出していたようにも思います。

グローバルな社会になり、フェイスブック、ツィーター、ブログ等の市民1人1人が情報、考えを発信する時代になりました。

今までとは全く違った世界が生まれつつあります。

期待したいと思います。

投稿: 元安川 | 2012年8月 2日 (木) 10時47分


スナメリさん

松井市長のことを持ち出すのはおかしいでしょう。
今ここで問題にしているのは、
秋葉・前市長のことであって松井市長のことではありません。
それに、どっちがどれほどヒドいか、なんて話をしているのではありません。
秋葉さんにもそういうところがあった、ということを指摘しただけです。
私はきちんと論点を提示してコメントをしたはずです。
にもかかわらず、そうした物言いで茶化すのは品位を疑います。
正直に申し上げて、そうしたやり方が“秋葉擁護派”として典型的と思われており、
秋葉さんのことをきちんと評価したいとする層から白い目で見られているのです。

いちいち申し上げさせていただきます。

まず、秋葉さんの話をしているのに松井さんとの比較に論点を持っていくのは筋違い。
さらに、松井さんが誰の話も聞かないことと、発信が少ないことは別問題です。
また、私はそもそもアンチ秋葉の話はしないと断ってのコメントですので、
議会のアンチ秋葉に触れられましたが、意味がありません。
加えまして、「五輪の市の説明会に行った人の多くは意義を理解し賛成」や、
「中途半端な批判しか聞いていない市民が圧倒的に多かった」の根拠は?
被爆者で広大名誉教授である葉佐井博巳さんは五輪に反対されていましたが、
いい加減な五輪反対論ではなかったと思います。
それこそきちんとした新聞を読まれていたのですか?
地元紙ばかりが新聞ではないのですよ。

スナメリさんは私に批判されていると感じたのでしょうか?
でしたらそれは大きな間違いです。
私が言ったのは、秋葉さんの施策を批判する人の中にはアンチじゃ無い人もいる。
だから、「無理解」を理由に見下げるのはおかしい、ということです。
無理解を理由に人を見下げる人は、逆にその人について無理解なのです。
筋違いのことで反論めいたことをしたり、
憶測で物を言ったりしてきちんとした行動を取る方を貶めるようなことをするのは、
かえって秋葉さんにとって迷惑だと思います。

投稿: どうか少数派を切り捨てないでください | 2012年8月 9日 (木) 08時32分


自民党員さん、元安川さん

市民の力が相対的に重要になっている、ということは仰るとおりだと思います。
一方で、大樹に寄っかかってそれがすべて正しい、
そう言っていればいいだけにみえる市民がいることも確かです。

秋葉さんが正しいか否か、良い市長だったかどうか、
私から言わせればそんなことはどうでもいいことです。
大事なのは、自分たち市民一人一人がきちんと考えて意見を持ち、
それに照らし合わせて市の行き先に口を出し、参加しようとすることです。
誰かが言った意見をそのまま鵜呑みにして意見の違う人を排除するのは、
一見行動的市民の行為と同じように見えるかもしれませんが、
非生産的で非民主主義的であります。

秋葉さんに関して言えるのは、
そうした行動派市民について、自分に賛成をしている人たちには優しく、
そうでないものの意見は切り捨てていたような事象が3期目に見受けられました。
秋葉さん自身、アンチとそうでない意見との違いを分かっておられたのだろうか。
秋葉さんの周りがアンチとそうでないものとを一緒くたにしていたのではないか、と、
このブログで良く見受けられる「無理解と見下した」コメントを見て感じてしまうのです。

投稿: どうか少数派を切り捨てないでください | 2012年8月 9日 (木) 09時05分


 どうか少数派を切り捨てないでくださいさん
 今更、前市長の問題点をあげつらうことの方がずっとおかしくありませんか。今「どうか少数派を切り捨てないでください」というべき相手は現市長であって、前市長に言っても何の意味もないでしょう。
 秋葉前市長も人間ですから完璧ではなかったでしょう。でも、それは現役の時に言うべきことで、今更どうにもしようのないことでもあり、何の意味があるのか私には分かりません。
 むしろ功績であれば、それを現市長にも引き継いで欲しいという意味が多少でもあるでしょうが、今更の批判に何か意味があるとは思えません。
 「五輪の市の説明会に行った人の多くは意義を理解し賛成」は市の出していたアンケートの報道からで、「中途半端な批判しか聞いていない市民が圧倒的に多かった」の根拠は私の実感です。地域で社協や各種団体の世話をしていますので、かなり多くの人と話していますが、多くは「知らずに批判をしている」人達でした。
 もちろん100%の人がそうだったとは言いませんし、保守派の中にもアンチとかではなく、是々非々で議論をしている人がいたということは既に書いている通りですし、五輪招致検討についても私の知っている自民党の議員さんは賛成していました。いや五輪招致検討に反対しても、直ちにアンチ秋葉だというつもりもありませんが、私の知っている範囲ではそういう議員さん、そういう市民が多かったということです。
 私は月に2回行われる45分の市長記者会見を欠かさずに見ていますが、報道は1分もないばかりか、市長が言ってもいないことを言ったように報道したり、かなり時間を割いて話されていることを「説明不足」と、全く何も説明していないかのような報道を毎度のように見てきました。逆に松井市長の場合は相当に問題があるような発言で、保守派の市会議員がブログに書いているようなことでも、報道には全く出てきません。
 ともかく秋葉前市長の功罪については歴史が判断することです。今は目の前にある課題に取り組みたいと思います。

投稿: スナメリ | 2012年8月 9日 (木) 13時11分


どうか少数派を切り捨てないでください様

秋葉さんは、常日頃住みやすい街、世界が平和になるためには、
「多様性」を受け入れることが必要だといわれていました。
そのことは著書「ヒロシマ市長」の中でも触れられています。
「多様性」を受け入れるとは、少数派の意見、考え方を受け入れることだろうと思います。

少数派とは、通常アウトサイダーの人達でもあります。
そのアウトサイダーこそが、これからの社会を作っていく可能性があると言ったのが、イギリスのコリン ウイルソンです。

少数派である人を、私はそれだけで尊敬しています。

投稿: 元安川 | 2012年8月 9日 (木) 13時42分


スナメリさん

きちんと文章を読んで下さい。
「どうか少数派を切り捨てないでください」というのは、
このブログでコメントをしている諸氏に申し上げているのです。
秋葉さんの言うことを擁護するあまり、
異論のある人を「無理解」という名の下に切り捨てていませんか?と。
秋葉さんの施策が正しかったかどうかはどうでもいいことです。
私は、異議を言う他人を「無理解」と貶めるようなコメントは悲しい、
と言っているのですよ。

元安川さん

元安川さんご自身の経歴や、
私のコメントを承認して頂いていることからもそうだろうと思っておりました。
その点についてはよく分かっています。
ただ、多様性という大義名分を掲げる人間を支持し、
少数派の意見を「無理解」とする風潮は、
多様性を実現するプロセスからはほど遠い。
このブログの過去のエントリーにもそういったものがあります。
結局そういった態度が、“無理解”な人を作り出すことも事実ではないでしょうか。

投稿: どうか少数派を切り捨てないでください | 2012年8月10日 (金) 07時37分


どうか少数派を切り捨てないで下さい様

このブログの過去のエントリーも読んでいただいているそうで有難うございます。

このブログも、もうすでに5年以上書いて来ましたが、
私の思いが伝わっているのか否か、
表現が稚拙なこともあり、心もとありません。
でも読んでいただける人がいるということを励みに、これからも続けて行きたいと思いますので、
今後とも、どうぞよろしくお願いします。

投稿: 元安川 | 2012年8月10日 (金) 11時31分


ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: どうか少数派を切り捨てないでください | 2012年8月10日 (金) 13時08分


 どうか少数派を切り捨てないでくださいさん
 あなたは「今ここで問題にしているのは、秋葉・前市長のことであって、秋葉さんにもそういうところがあった」と書かれていますが、同時に「秋葉さんが正しいか否か、良い市長だったかどうか、私から言わせればそんなことはどうでもいいことです。」とも書かれています。問題にしているのでしょうか、どうでもいいのでしょうか。読めば読むほど訳がわかりません。
 また「スナメリさんは私に批判されていると感じたのでしょうか?でしたらそれは大きな間違いです。」と書かれているのに「このブログでコメントをしている諸氏に申し上げているのです。」と書かれています。私はブログでコメントをしている諸氏の一人ですよね?これも理解できない文章です。
 そもそも「秋葉擁護派」とは何でしょうか。秋葉支持者ならまだ分かりますが、秋葉さんは擁護する対象なのでしょうか。秋葉さんの一体何を擁護するのでしょうか。
 私は異議をいう人を無理解と決めつけることはしていません。事実を知らず無理解な故に異議をいう人が多いということを自分自身の目で見て経験しているからそう書いているのです。あるいはコメントされる方の中にも自分自身がそうだったと書かれている人もいますし(それも秋葉さんがもっと情報を発信すべきだという論調で書かれています)、失望したと書かれている人もいます。それを、このブログでは全て公開しているわけです。ここには、あなたを含めて、多様な意見が承認され・公開されています。それを少数派を切り捨てていると書かれているのはおかしくありませんか。

投稿: スナメリ | 2012年8月10日 (金) 13時24分


スナメリ様

冷静な議論の展開、
有難うございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: 元安川 | 2012年8月11日 (土) 08時38分


ところで、このブログのコメントは承認制ですが、承認率はどのくらいなのでしょうか。
また、どういうコメントは承認できないとか、予め規準がわかるとコメントもし易いのですが。

それにしても「どうか少数派…」(全部書く気がしないw)ってハンドルとしては不適当だと思いますが、
敢えてなのでしょうか、それともハンドル名の欄をタイトル欄と間違えて入力されたのでしょうか。

投稿: キムラ | 2012年8月11日 (土) 15時32分


キムラ様

当ブログは書き始めてもう5年以上になりますが、
削除したコメントは、
出会い系やED治療薬の広告のようなコメント以外では、せいぜい1件か2件だと思います。

本題に無関係なもの、法に触れるようなもの、ただの誹謗中傷でしかないもの、読者が不愉快になるだけのもの、などは管理者として公開しないことが義務だとも思います。
それでも、結構公開しているような気がします。

ということで、貴氏のコメントも掲載させていただきました。

これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: 元安川 | 2012年8月11日 (土) 18時21分


読みました。
過去何冊かよりも面白かった気がします。
大きな、それこそ地球レベルのテーマも、話題のきっかけがやっぱり身近な市井のやりとりから取
り上げられているので、私なんぞにも判りやすく、興味も湧いたんでしょうね。

投稿: トガ | 2012年9月25日 (火) 12時56分


トガ様

読みやすかったとのことですが、
学者として理論を振りかざすのでなく、
秋葉さんは市長として、直接市民と係わってきたことで、
一つ一つの話にリアリティがあるからでしょうね。

投稿: 元安川 | 2012年9月25日 (火) 16時44分


広島の前市長だった、秋葉忠利氏の著書「ヒロシマ市長」
を7月の終わり頃に読みました。秋葉氏の行動力に乾杯!

広島市民の声を直接、聞くためのシステム作り。市民か
らの質問や意見などを積極的に取り入れる姿勢。

以前は回答まで40日ほど、かかっていたのが秋葉市長
時代は3~4日で出来るまで改善されたそうです。

また市役所内の仕事も、パソコン導入によってスピード
アップになったこと、など感心するばかりでした。広島
の財政が黒字になったことはもちろんです。

それだけではなく、学校教育にも大きな関心を持ち改革
されたことも分かりました。

秋葉氏はまた核廃絶に向けての活動も有名です。都市と
都市を繋げて核廃絶のネットワークを広げたこと。国と
県と市町村という縦ではなく横の繋がりということです。

また氏は高校時代、アメリカ留学を経験、後にはタフツ
大学やスタンフォード大学で教鞭を取り、と幅広い経験
を蓄えています。

氏の言葉の「寛容が大切。いわゆる変わった人たち例え
ばゲイなど受け入れる寛容な街は元気だ」が印象に残り
ました。

もうひとつは、14才で被曝し火傷も負った平和資料館
の館長が、「リトルボーイ」を積んだエノラゲイの機長
だった人物と面会したときの話です。

アメリカを恨んでいたはずであろう館長がエノラゲイの
機長と握手して、じっと握り合い続けたとの、くだりに
はジーンと来るものがありました。

良い本でした。次々と出て来る、氏の新しいアイデアに
感心するばかり。読後の私の、独り言は「市長を続けて
欲しかったなぁ・・」です。
投稿: アコちゃん | 2012年9月30日 (日) 21時30分


アコ様

素晴らしいコメントをありがとうございます。

領土問題がこれだけこじれてくると、
秋葉さんならどうするか、見てみたいですね。

投稿: 元安川 | 2012年9月30日 (日) 21時41分

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30