広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« マツダがデミオEVのリースを開始 | トップページ | 明日「ヒロシマ市長」発売 »

2012年7月18日 (水)

うれしく思う「鯉城やっさ」の継承

今年のひろしまフラワーフェスティバルは、168万7千人の過去4番目の人出を記録した。「博多どんたく」「弘前さくらまつり」と並ぶ、ゴールデンウイーク期間中のまつりとして定着している。
初日の「花の総合パレード」には、県内の77団体、約8100人が参加。その中に毎回一般参加者を募集する「鯉城やっさ」がある。約150人が事前に練習を重ね、そろいの浴衣を着て、うちわを持って音源車を先頭に踊りながらパレードする。
歌と踊りは第15回(1991年)を記念して制作され、筆者が担当した。曲は民謡「三原やっさ節」をベースに、小沢直与志さんが編曲。詞は友人の作詞家生駒かつゆきさん(安芸高田市在住)、歌は広島を中心に活躍しているビクターレコードの民謡歌手要田勇さん、鹿島久美子さん(いずれも広島市在住)にお願いした。
踊りの振り付けは日本民踊研究会の馬場豊寿鶴さん(当時中国新聞情報文化センター講師)に依頼。レコーディングはビクターレコード東京本社スタジオで行い、カセットテープが完成した。
完成当時は「三原やっさ祭り」や「三次きんさい祭り」そして広島市内の区民まつりなどに連を作って参加し、普及に努めた。今なお継承されていることを、うれしく思う。
ところでビクターのレコーディングを終え関係者とくつろいでいる時、プロデューサーから福島県出身の民謡の大御所、鈴木正夫さんを紹介され、食事を共にした。それ以来、文通を続けている。鈴木さんの実父は「新相馬節」で有名な初代鈴木正夫さん。実姉の鈴木三重子さんは「愛ちゃんはお嫁に」の大ヒット曲を持つ歌手だ。
鈴木さんは昨年の東日本大震災の際、相馬郡新地町の自宅は山側だったので、大した被害はなく、避難も免れた。食料の運搬やボランティアで避難所へ行きたくても、車のガソリンがなく苦労したという。
その鈴木さんが音頭をとって、父の生誕地、宮城県伊具郡丸森町で「第1回新相馬節全国大会」を今年9月23日に開く。この企画は昨年始めようとしたが、震災のために断念した。鈴木さんは「美しい風景は消えてしまったが、決して民謡の心はなくならない。今こそ民謡を歌い踊りましょう」と呼びかけている。
地域が早く復興し、民謡を通じて「元気」になってほしい。

上村和博


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« マツダがデミオEVのリースを開始 | トップページ | 明日「ヒロシマ市長」発売 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/55198425

この記事へのトラックバック一覧です: うれしく思う「鯉城やっさ」の継承:

« マツダがデミオEVのリースを開始 | トップページ | 明日「ヒロシマ市長」発売 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30