広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 脱原発デモ | トップページ | オカカーおばあちゃんの知恵 »

2012年7月11日 (水)

原発で一億玉砕を目指す国?

先月、電力各社の波乱の株主総会が終わりましたが、原発が止まっても潤沢な電力があり、利益も上げ続けている中国電力も「原発の再稼働を目指す」と宣言しました。

中国電力は今しきりに引き合いに出される一昨年の猛暑も、全ての原発を止めて十分な電力がありましたから、「電力不足」を理由に原発の再稼働は出来ません。

また、過去最高の収益を上げているので、火力発電の「燃料代」や「収益性」を理由にも出来ません。そもそも、中国地方は水力発電の多い地域です。

そこで、中国電力の苅田知英社長が言ったことは「当社の原発比率は全国平均より圧倒的に低いので、原発比率を上げて他社とのバランスを取りたい。島根1号機は廃炉にせず再稼働を進め、上関原発の計画も引き続き進めていく」ということです。

つまり、老朽化して廃炉にすべきだと言われてる島根1号機を再稼働し、まったく必要のない上関原発の計画も進めるということです。

中国地方だけが、安全で潤沢な電力を供給していては他社に申し訳ない、ということなのでしょうか。

原発は、かつてのアメリカの金融システムのように、確実に破綻する電源です。

その時はアメリカ軍の多い沖縄だけを残し、一億玉砕せよ、ということなのでしょうか。

00fuku1

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


分かり易く、素晴らしい指摘をされているブログです。
あまり注目されていませんが、まさに、この中国電力の姿勢こそが、日本の電力会社の本音でしょうね。
電力不足でもない、コストでもない、全く別のところに原発を動かしたい理由はあるわけです。

投稿: 風 | 2012年7月11日 (水) 06時24分


他の電力会社は色々と理由をこじつけていますが、正当な理由なんてないのでしょうね。
最後は、中国電力のように、何が何でも動かすというのは、本当に恐ろしいことです。

投稿: アコ | 2012年7月11日 (水) 07時44分


電力会社は、いつまで原発にしがみついているのでしょうね。
電力が自由化されれば、原発と一緒に心中するつもりなのでしょうか。
その時に、国民は巻き添えを食わないようにしないといけません。

投稿: 星野 | 2012年7月11日 (水) 08時35分


アメリカの金融界は、破綻すると知りつつ膨大なリスクを放置し、莫大な報酬を取りながら、破綻後の損害は世界中に押し付け、自分たちは何の責任も取りませんでした。
日本の電力会社も、それを目指しているのでしょう。

投稿: 太田川 | 2012年7月11日 (水) 09時51分


「赤信号、みんなで渡れば怖くない」ということですよね。憲法以上の権威を持って、国も県も市も、民間企業も、特にマスコミも「みんなで」を最優先しているようです。

中電のケースもこれに当るのかもしれませんが、赤信号が点灯していないときには、わざわざ赤信号を点けて、それを無視して渡るという《逆転の発想》まで現れているくらい、日本人は独創力に富んでいるのに--。

投稿: 赤信号 | 2012年7月11日 (水) 11時01分


風さん
コメントありがとうございます。
国民に向かって堂々とは言えない理由があることを、中国電力は物語っていますね。

投稿: 工場長 | 2012年7月11日 (水) 23時22分


アコさん
中国電力は、まさに電力会社の本音を表す良い(?)例だと思います。
本当に恐ろしいことですけど。

投稿: 工場長 | 2012年7月11日 (水) 23時23分


星野さん
そのくらいの覚悟があればまだマシですが、会社は心中させても、自分たちは生き残って、さっさと逃げるつもりだと思います。しかし国民は否応なく巻き込まれますね、何十万年も先の世代まで。

投稿: 工場長 | 2012年7月11日 (水) 23時27分


太田川さん
何十万年という影響を残すことを考えると、電力会社の及ぼす被害はリーマンショックの比ではないかも知れませんね。

投稿: 工場長 | 2012年7月11日 (水) 23時31分


赤信号さん
そう言えば、内容も意味も全然違いますが、松井市長が、報酬を僅かに下げることを「一緒に赤信号を渡りましょう」と言ったとかで、沖宗議員が「秋葉前市長が15%削減したのとは大きな差」だとお怒りだったの思い出しました。

http://d.hatena.ne.jp/okimune/20120704

投稿: 工場長 | 2012年7月11日 (水) 23時33分

« 脱原発デモ | トップページ | オカカーおばあちゃんの知恵 »

電力問題」カテゴリの記事

コメント

分かり易く、素晴らしい指摘をされているブログです。
あまり注目されていませんが、まさに、この中国電力の姿勢こそが、日本の電力会社の本音でしょうね。
電力不足でもない、コストでもない、全く別のところに原発を動かしたい理由はあるわけです。

他の電力会社は色々と理由をこじつけていますが、正当な理由なんてないのでしょうね。
最後は、中国電力のように、何が何でも動かすというのは、本当に恐ろしいことです。

電力会社は、いつまで原発にしがみついているのでしょうね。
電力が自由化されれば、原発と一緒に心中するつもりなのでしょうか。
その時に、国民は巻き添えを食わないようにしないといけません。

アメリカの金融界は、破綻すると知りつつ膨大なリスクを放置し、莫大な報酬を取りながら、破綻後の損害は世界中に押し付け、自分たちは何の責任も取りませんでした。
日本の電力会社も、それを目指しているのでしょう。

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」ということですよね。憲法以上の権威を持って、国も県も市も、民間企業も、特にマスコミも「みんなで」を最優先しているようです。

中電のケースもこれに当るのかもしれませんが、赤信号が点灯していないときには、わざわざ赤信号を点けて、それを無視して渡るという《逆転の発想》まで現れているくらい、日本人は独創力に富んでいるのに--。

風さん
コメントありがとうございます。
国民に向かって堂々とは言えない理由があることを、中国電力は物語っていますね。

アコさん
中国電力は、まさに電力会社の本音を表す良い(?)例だと思います。
本当に恐ろしいことですけど。

星野さん
そのくらいの覚悟があればまだマシですが、会社は心中させても、自分たちは生き残って、さっさと逃げるつもりだと思います。しかし国民は否応なく巻き込まれますね、何十万年も先の世代まで。

太田川さん
何十万年という影響を残すことを考えると、電力会社の及ぼす被害はリーマンショックの比ではないかも知れませんね。

赤信号さん
そう言えば、内容も意味も全然違いますが、松井市長が、報酬を僅かに下げることを「一緒に赤信号を渡りましょう」と言ったとかで、沖宗議員が「秋葉前市長が15%削減したのとは大きな差」だとお怒りだったの思い出しました。

http://d.hatena.ne.jp/okimune/20120704

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/55167302

この記事へのトラックバック一覧です: 原発で一億玉砕を目指す国?:

« 脱原発デモ | トップページ | オカカーおばあちゃんの知恵 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30