広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ジュノー博士記念祭 | トップページ | 家の中にホタル? »

2012年6月25日 (月)

広島県は「おしぃ県」、広島市は「残念な市」

先日、新聞でも報道され河野美代子先生も書かれていますが、「国際平和文化都市」である広島市は、「外国人に人気の日本の観光スポット」として日本一に選ばれた平和記念公園周辺の公衆無線LANの提供を、来月末で終了します。

8月6日の前に終了することも大きな問題ですし、市が問題にしている費用対効果も、改善はいくらでも可能な状況なのに、それをせずに廃止ということは、今の広島市政がいかに後ろ向きになっているか象徴的でもあります。

8月6日前後には世界中から多くの人が広島、それも平和公園周辺を訪れます。そして、ツイッターやフェイスブックで世界中に向けて平和のメッセージを発信することになるのです。その前にサービスを打ち切るということは、これらを大幅に制限することになります。

市の発表では「スマートフォンなどの普及により必要性が低くなった」とありますが、スマートフォンが普及しているからこそ無線LAN環境は必要なのです。そんなことも分からないほど、広島市のICTは後退しているのでしょうか。

今やカフェやコンビニなど多くの商業施設、あるいは病院や寺院ですら、人の集まる場所では競うように無線LAN(Wi-Fi)を付けています。近所のホテル、集会所、医院、寺院などもそうですが、多くのところは無料で、工事もなく、無線LANの設備を設けています。

私は2005年に行われた「ヒロシマ8.5慰霊の夕べ」コンサートにも関わりましたが、もう7年前に、アメリカからの演奏者もヨーロッパからの演奏者も、広島に着くとすぐに「無線LANはどこで使えるか」と聞きました。それが広島平和記念式典のメインステージとなる平和公園で「ない」ということは、松井市長の掲げる「迎える平和」にも大きく反したことです。

新聞で報じられている年間運営費が661万円という数字も全く理解できない金額です。

これらについて、現在開かれている広島市議会の本会議で、質問が予定されているようです。

後退するICTが施策の中で、議会のネット中継はまだ行われていますので、注目したいと思います。

広島市議会ライブ中継
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1000000000002/1267681566745/index.html

広島県は「おしぃ県」でキャンペーン中ですが、広島市はどこまで「残念な市」をアピールするのでしょうか。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


色々なところで、広島県の躍進と広島市の衰退を耳にします。
原因は余りに、はっきりしているように思います。

投稿: アコ | 2012年6月25日 (月) 07時29分


政令市の市長の影響力の大きさを今更ながらに感じます。

投稿: 星野 | 2012年6月25日 (月) 08時55分


アコさん
確かに異口同音に様々な場所で耳にします。
市政も国政も、政治家任せ、官僚任せでは、ダメですね。

投稿: 工場長 | 2012年6月25日 (月) 10時56分


星野さん
確かに良くも悪くもトップの影響力は大きいと感じます。
そのトップを選んだのは市民ですが、もっと大きな市民の力も見せなければなりませんね。

投稿: 工場長 | 2012年6月25日 (月) 11時00分


このままでは、核廃絶もお金がかかるし、出来そうもないし、やめた、とならないか心配です。

投稿: 通りすがり | 2012年6月25日 (月) 11時53分


通りすがりさん
まさか、そんなことが許されるとは思えませんが、現状を見ていると心配にもなりますね。

投稿: 工場長 | 2012年6月25日 (月) 18時14分


見事な市長ですよ。
自民系の反秋葉の市議会議員のいいなりになって、自民党でも民主党でもなしえない、
公約の反秋葉政策を着実に全て実行しているのですからね。
自分で考える必要も無く、調べる必要も無く、善し悪しの判断はしない。
問題には、多くの人の意見を聞くという、他人任せ。
見事なまでの、腰掛け市長。
日本が近代国家になって、これほど見事な首長っていなかったのではないでしょうか。
広島市議会は、見事なまでの馴れ合い状態。
平和行政は儲からないから出かけないし、無線LANでは利権があまりないですし。
そんなお金を減せば、海外に遊びに行く経費で財政を圧迫しない。
広島市は、「前代未聞の見事な市」になっていくようです。

投稿: やんじ | 2012年6月26日 (火) 04時18分


平和公園に設置されていた無線LANの機器は雨や風が当たる電柱に取り付けられてたので、室内で管理する無線ランと違いメンテナンスの回数が多く入りコストがかかってしまっていたのと、広い範囲をカバーするために数十台の機械でカバーしていたため普通の安い機械が使えない事、法人向け回線の使用料と技術者の人件費で661万円かかってしまうのは普通だと思います。
あと、現在も平和公園案内所と平和記念資料館での無線ランはあるのでそこでまとめてUPしてもらえばいい話だと思います。

投稿: | 2013年8月 3日 (土) 03時56分


やんじさん
これほど自分では何も考えない、支援者(利害関係者)の声しか聞かないことに徹した市長も前代未聞ですね。


投稿: 工場長 | 2013年8月 3日 (土) 08時04分

ITの世界では10年前に600万円かかっていたものが6万円で出来ても何の不思議もありませんし、60万円なら普通です。今回は、その10年前の基準で考えた決定としか思えないところがあります。

また、民生用と業務用では価格も桁違いになることも少なくありませんが、それ故に高い信頼性や耐久性を要求しないものは企業でも民生用を使うことは普通です。

例えば信頼性が2割高かったり、寿命が2倍になるだけで価格は十倍になるようなことが普通にあるからです。ですから壊れない丈夫なものを使うより、壊れたら取り替える方が遥かに安いのです。

今時、カフェやホテルは当たり前で、小さな商店でも無料の無線LAN(Wi-Fi)サービスを行なっていますが、業務用の高価な通信回線など使っているところはありませんし、機器も殆ど安い民生用を使っているのが普通です。

ちなみに現在、広島市が「観光客へのサービス」として設置してる無料の無線LANの設置箇所は以下の僅か7箇所です。
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1375180074087/

投稿: 工場長 | 2013年8月 3日 (土) 08時05分

« ジュノー博士記念祭 | トップページ | 家の中にホタル? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

色々なところで、広島県の躍進と広島市の衰退を耳にします。
原因は余りに、はっきりしているように思います。

政令市の市長の影響力の大きさを今更ながらに感じます。

アコさん
確かに異口同音に様々な場所で耳にします。
市政も国政も、政治家任せ、官僚任せでは、ダメですね。

星野さん
確かに良くも悪くもトップの影響力は大きいと感じます。
そのトップを選んだのは市民ですが、もっと大きな市民の力も見せなければなりませんね。

このままでは、核廃絶もお金がかかるし、出来そうもないし、やめた、とならないか心配です。

通りすがりさん
まさか、そんなことが許されるとは思えませんが、現状を見ていると心配にもなりますね。

見事な市長ですよ。
自民系の反秋葉の市議会議員のいいなりになって、自民党でも民主党でもなしえない、
公約の反秋葉政策を着実に全て実行しているのですからね。
自分で考える必要も無く、調べる必要も無く、善し悪しの判断はしない。
問題には、多くの人の意見を聞くという、他人任せ。
見事なまでの、腰掛け市長。
日本が近代国家になって、これほど見事な首長っていなかったのではないでしょうか。
広島市議会は、見事なまでの馴れ合い状態。
平和行政は儲からないから出かけないし、無線LANでは利権があまりないですし。
そんなお金を減せば、海外に遊びに行く経費で財政を圧迫しない。
広島市は、「前代未聞の見事な市」になっていくようです。

平和公園に設置されていた無線LANの機器は雨や風が当たる電柱に取り付けられてたので、室内で管理する無線ランと違いメンテナンスの回数が多く入りコストがかかってしまっていたのと、広い範囲をカバーするために数十台の機械でカバーしていたため普通の安い機械が使えない事、法人向け回線の使用料と技術者の人件費で661万円かかってしまうのは普通だと思います。
あと、現在も平和公園案内所と平和記念資料館での無線ランはあるのでそこでまとめてUPしてもらえばいい話だと思います。

やんじさん
これほど自分では何も考えない、支援者(利害関係者)の声しか聞かないことに徹した市長も前代未聞ですね。

ITの世界では10年前に600万円かかっていたものが6万円で出来ても何の不思議もありませんし、60万円なら普通です。今回は、その10年前の基準で考えた決定としか思えないところがあります。

また、民生用と業務用では価格も桁違いになることも少なくありませんが、それ故に高い信頼性や耐久性を要求しないものは企業でも民生用を使うことは普通です。

例えば信頼性が2割高かったり、寿命が2倍になるだけで価格は十倍になるようなことが普通にあるからです。ですから壊れない丈夫なものを使うより、壊れたら取り替える方が遥かに安いのです。

今時、カフェやホテルは当たり前で、小さな商店でも無料の無線LAN(Wi-Fi)サービスを行なっていますが、業務用の高価な通信回線など使っているところはありませんし、機器も殆ど安い民生用を使っているのが普通です。

ちなみに現在、広島市が「観光客へのサービス」として設置してる無料の無線LANの設置箇所は以下の僅か7箇所です。
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1375180074087/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/55040412

この記事へのトラックバック一覧です: 広島県は「おしぃ県」、広島市は「残念な市」:

« ジュノー博士記念祭 | トップページ | 家の中にホタル? »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30