広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 原発引越しで、広島へ | トップページ | ハートの島は100%自然発電の島 »

2012年6月10日 (日)

中の棚商店街と情報発信装置としての路

中の棚商店街、
本通りと相生通りの間、福屋の西隣にある商店街、
200m四方くらいの狭いスペースが中の棚商店街と呼ばれる地域だ。

老舗の酔心やFruit Café TAMARU、シネツイン等のお店がある。

なかなかシャレた街並みだ。

しかしここまで、きれいな街並みをつくるには、中の棚商店街の人たちが1983年頃から今日に至るまで随分と長い時間をかけて、作り上げてきたようだ。
電線の地下埋設工事、交通標識・スピーカー等の街路灯への一体化工事等だけでなく、
道路も、あの無味乾燥なアスファルトの舗装でなく、御影石の割り石を埋め込み、川のようなデザインに構成し、
路のあちこちには「中の棚」のロゴをデザインした金属板や魚デザインした模様が描き込んでいる。

Image002

道路に埋め込まれた1枚の金属板には
「中の棚」のいわれについて、
「中棚は毛利輝元公の時代に・・・・・・・
中の棚橋がこの場所にかけられました。
・・・・・・
・・・・・・
その遺跡は・・・・この真下に永久保存されております」
と書かかれている。

ここでは、道路そのものが「情報装置」になっているわけだ。

人は、普通は目の高さにあるものしか見ない。
建物の天井を見る人は少ないし、建物2階から上がどんな形になっているかも気づかない。
2階から上となると、どんなお店が入っているかについても気づく人は殆どいない。

ましてや、道路面に何が書かれているかについて気づく人は少ない。

しかしだからといって、全く見ないわけではない。

この中の棚の道路のように道路が、きちんとデザインされていれば、それなりに街の雰囲気を創りだしているのだ。
気づく人もいる。

狭い道路とはいえ、これだけの面積があり、人通りがあるのだ。

中の棚のいわれを書いたパネルが道路にはめ込まれているように、もっと街の情報発信装置として、道路を有効に使ったらいいだろう。

グルナビと提携して、お店のQRコードを埋め込こんで、お店の中の様子を見られるようにしてもいいだろう。

単純なCMスペースとして、企業に売ってもいいだろう。
そうなれば、相当な値段で売れるはずだ。

車の走る道路にCMを書き込むのは無理かもしてないが、
人の歩く路ならできるだろう。

それぞれの路に、それなりにデザインされたCMが描き込まれていれば、
街を歩くのも、楽しくなるのではないだろうか。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


何年か前に尾道の千光寺に行きましたが、その時にお寺の中にある説明に全てQRコードが付いていて驚いたことがあります。
今は、スマートフォンなら何もしなくても、その場所の情報が入るようなものもあるようですね。

投稿: アコ | 2012年6月10日 (日) 07時59分


アコ様

スマートフォンは何もしなくとも、そこの情報が入ってくるのですか!
素晴らしいですね。

最近は美術館に行っても、書いてある説明文が小さ過ぎて、読めなくなりました。
iPadで読み取れるようにして欲しいと思っています。
イヤホンを貸してくれるサービスもありますが、あれはどうもまどろっこしくて、私の趣みにあいません。

投稿: 元安川 | 2012年6月10日 (日) 09時11分


これからはデジタルサイネージでしょうね。
自動販売機でも前に立った人の年齢や性別、服装から好みのものを目立たせるなどの機能をもったものがありますから、
そこを歩いている人に合わせた情報を表示することも可能になるのではないでしょうか。

投稿: 星野 | 2012年6月10日 (日) 11時11分


星野様

デジタルサイネージの機能は素晴らしくアップしているようですね。
それに、画面が大きくなれば、字も大きくなるでしょうから、
見やすくもなるでしようね。

投稿: 元安川 | 2012年6月10日 (日) 12時28分


iPad2なら拡大鏡アプリがありますよ。
私も重宝しています。
無料です。
http://itunes.apple.com/jp/app/id440693630

投稿: 通りすがり | 2012年6月11日 (月) 06時35分

« 原発引越しで、広島へ | トップページ | ハートの島は100%自然発電の島 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

何年か前に尾道の千光寺に行きましたが、その時にお寺の中にある説明に全てQRコードが付いていて驚いたことがあります。
今は、スマートフォンなら何もしなくても、その場所の情報が入るようなものもあるようですね。

アコ様

スマートフォンは何もしなくとも、そこの情報が入ってくるのですか!
素晴らしいですね。

最近は美術館に行っても、書いてある説明文が小さ過ぎて、読めなくなりました。
iPadで読み取れるようにして欲しいと思っています。
イヤホンを貸してくれるサービスもありますが、あれはどうもまどろっこしくて、私の趣みにあいません。

これからはデジタルサイネージでしょうね。
自動販売機でも前に立った人の年齢や性別、服装から好みのものを目立たせるなどの機能をもったものがありますから、
そこを歩いている人に合わせた情報を表示することも可能になるのではないでしょうか。

星野様

デジタルサイネージの機能は素晴らしくアップしているようですね。
それに、画面が大きくなれば、字も大きくなるでしょうから、
見やすくもなるでしようね。

iPad2なら拡大鏡アプリがありますよ。
私も重宝しています。
無料です。
http://itunes.apple.com/jp/app/id440693630

通りすがり様

早速インストールして、使って見ました。
便利ですね。
画面が手振れしてしまうのが難ですが、こうした問題もすぐ改良されたアプリができるのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/54859631

この記事へのトラックバック一覧です: 中の棚商店街と情報発信装置としての路:

« 原発引越しで、広島へ | トップページ | ハートの島は100%自然発電の島 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31