広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 八丁堀交差点のトイレ | トップページ | ジュノー博士記念祭 »

2012年6月23日 (土)

電気自動車で電力の自給自足

日産はいよいよ自動車から家に電力を供給する「LEAF to Home」を発売します。

03

従来、電気自動車の電源は非常用電源でしかありませんでしたが、リーフのバッテリーは日常的に使える電源です。

日産リーフには24kWhのバッテリーが載っています。これはオール電化住宅で4人が暮らす我が家で使う電力の2日分であり、買電量では3日分に相当します。電力の余っている夜間に充電し、昼間はその電力を使えば、太陽光で発電する電力を100%市場に供給できます。

つまり、電力シフトを行い、ピーク電力を抑えることになります。

一般的に電気自動車の燃費はキロあたり1円と言われますが、それは自宅で深夜充電した場合で、外部の充電設備を使えば多くは無料です。広島県は充電設備に補助金を出して、コンビニやスーパーなどにも設置を増やしていますが、「充電に対して料金は取らないように」と指導しています。

それは、日本では電力会社以外が電気を販売することが出来ないからです。
ですから、充電は無料です。

電気自動車を購入すれば車種によっては100万円近い補助金が出ます。
住んでいる場所によっては、更に県から50万円、市から30万円というような地域もあるようです。
つまり購入価格の半額以上が支給されるというわけです。

電気自動車を買って、電力消費のピークに家に繋げば、ピーク電力の抑制に有効です。
ただし、その供給電力は他の消費者には高い電力を押し付け、補助金も多く使われるというわけです。

電力の自由化さえ行われれば、自然に解決することに、随分無駄なお金が使われているように感じます。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


こういう技術がどんどん出てきて嬉しいですね。
中国もクリーンエネルギーに力を入れています。
ソーラーでは大きく差をあけられてしまいましたが、日本も何とか頑張って欲しいです。

投稿: アコ | 2012年6月23日 (土) 07時34分


ドイツ・ハノーバーで行われ、世界65カ国以上から5000社前後の企業が参加する世界最大の産業見本市「ハノーバー・メッセ」でも、今年のテーマは「Greentelligence(環境技術)」でした。しかも、パートナー国は中国です。
日本企業も電気自動車やスマートハウスをはじめ、スマートグリッド、風力、小水力、地熱、太陽光など積極的にアピールしていましたが、それに比べると国内であまりに大人しい振る舞いで、まだまだ電力会社に遠慮しているように見えます。
他のものと違って、消費者の方がより積極的になる必要があるように思います。

投稿: 星野 | 2012年6月23日 (土) 08時29分


この仕組みを都市に発展させれば、
節電の必要もなくなるというわけですね。

投稿: 宇品灯台 | 2012年6月23日 (土) 08時34分


アコさん
日本は世界でトップクラスの技術を持っていますが、政府は間違いなく最低ですね。
早く自由化を進め、せめて国は民間の邪魔をしないで欲しいものです。

投稿: 工場長 | 2012年6月23日 (土) 08時53分


星野さん
今や日本で最も必要とされる技術が、海外でしか使われないというのは余りに残念です。
日本国内で日本の環境技術が活かされるために、消費者の知識と選択も問われますね。

投稿: 工場長 | 2012年6月23日 (土) 09時03分


宇品灯台さん
団地くらいの単位であれば、既に大規模な蓄電池を備えるところが増えていますが、都市や国という広い範囲で考えると、蓄電より小規模の多様な発電を増やし、それをスマートグリッド繋ぐ方が効率的に思えます。

いずれにしても、電力会社が節電を要請するという事態は、既に電力会社が地域独占を許されている資格がないということで、一気に自由化に向かうべきだという証に思います。

投稿: 工場長 | 2012年6月23日 (土) 09時15分

« 八丁堀交差点のトイレ | トップページ | ジュノー博士記念祭 »

電力問題」カテゴリの記事

コメント

こういう技術がどんどん出てきて嬉しいですね。
中国もクリーンエネルギーに力を入れています。
ソーラーでは大きく差をあけられてしまいましたが、日本も何とか頑張って欲しいです。

ドイツ・ハノーバーで行われ、世界65カ国以上から5000社前後の企業が参加する世界最大の産業見本市「ハノーバー・メッセ」でも、今年のテーマは「Greentelligence(環境技術)」でした。しかも、パートナー国は中国です。
日本企業も電気自動車やスマートハウスをはじめ、スマートグリッド、風力、小水力、地熱、太陽光など積極的にアピールしていましたが、それに比べると国内であまりに大人しい振る舞いで、まだまだ電力会社に遠慮しているように見えます。
他のものと違って、消費者の方がより積極的になる必要があるように思います。

この仕組みを都市に発展させれば、
節電の必要もなくなるというわけですね。

アコさん
日本は世界でトップクラスの技術を持っていますが、政府は間違いなく最低ですね。
早く自由化を進め、せめて国は民間の邪魔をしないで欲しいものです。

星野さん
今や日本で最も必要とされる技術が、海外でしか使われないというのは余りに残念です。
日本国内で日本の環境技術が活かされるために、消費者の知識と選択も問われますね。

宇品灯台さん
団地くらいの単位であれば、既に大規模な蓄電池を備えるところが増えていますが、都市や国という広い範囲で考えると、蓄電より小規模の多様な発電を増やし、それをスマートグリッド繋ぐ方が効率的に思えます。

いずれにしても、電力会社が節電を要請するという事態は、既に電力会社が地域独占を許されている資格がないということで、一気に自由化に向かうべきだという証に思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/55028229

この記事へのトラックバック一覧です: 電気自動車で電力の自給自足:

« 八丁堀交差点のトイレ | トップページ | ジュノー博士記念祭 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30