広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ゴミ捨て場とカラスとデザイン力 | トップページ | 広島の3大「水の景観」 »

2012年6月 7日 (木)

電力会社は不要、とは言わないガス会社?

これだけ「電力不足」が連呼されると、ガス会社にとっては千載一遇のチャンスです。最近のエネファームは電気なしでガスだけで発電しますから、ガスさえあれば電力会社などなくても、節電や停電とも縁がなくなります。

IH調理器からガス調理器へ、エコキュートからエネファームやエコウィルへ、そしてエアコンはガス式のエアコンへ、これで「原発◯◯基分の電力が生み出せる」とすれば、これまでの何倍もの需要喚起、電気からガスへの転換が図れるはずです。

電気は1次エネルギーに対して、有効エネルギーは37%程度ですが、ガスはほぼ100%有効利用できます。

Ghpvsehp

また、ガス式のエアコン(GHP)のメーカーはメリットとして

1)低ランニングコスト
2)低消費電力
3)低イニシャルコスト

をあげており、まさに「電力不足」の今こそが市場拡大の最大のチャンスと言えます。

ところが某Tガスのホームページを見ると、昨年4月、電力不足が深刻化している、まさにその時に「家庭用ガスヒートポンプエアコンは生産中止になりました」と、信じられないことが書いてありました。

自由競争にさらされている民間企業ではありえないことです。

なるほど、ガス会社も電力会社と同じ、独占企業だったわけですね。
売上を上げて利益を拡大するという発想は全くないようです。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


うちはマンションなので自由になりませんが、プロパンガスは自由価格だとも聞きました。
でも、都市ガスの方が安いとも聞きます。
どうなのでしょうか。

投稿: アコ | 2012年6月 7日 (木) 08時05分


確かにLPガスは自由価格ですが、50年も競争のなかった業界ですから、高値安定ですね。
知人がLPガスの販売店をしていますが「ボロ儲け」だと言っていました。
特に入居者が自由に業者を選べないマンションなどでLPガスのところは、都市ガスの2倍近い料金のところもあると聞きます。

投稿: 星野 | 2012年6月 7日 (木) 08時45分


星野さん
確かに競争もなく、値切る人も少ないと、高くなりますね。
意外に飲食店などがLPガスを使っているケースがありますが、彼らはしっかり値切っているようです。

また、マンションなどは設備をLP販売業者が負担し、それをガス料金に転嫁しているケースも多いようです。今後、電力が自由化されると賃貸マンションは家賃の他に、こうした料金も調べる必要があるでしょうね。逆に分譲マンションでは価格交渉力を持つことになりそうです。

投稿: 工場長 | 2012年6月 7日 (木) 09時03分


通りがかりです。
今年ガス料金の値上げがありましたが、案内の文書は「値上げのお願い」ではなく「ガス料金が変更になりました」でした。
今度プロパンガスを値切ってみようかと思います。

投稿: カラン | 2012年6月 7日 (木) 11時31分


カランさん
まるで他人ごとのような案内文ですね。
複数の業者で、しっかり値切ってみてください。

投稿: 工場長 | 2012年6月 7日 (木) 12時45分


通勤途中に「光熱費無料」と大きな看板を立てている賃貸マンションがあります。
屋根にズラリと太陽光パネルが敷き詰めてあります。

投稿: 太田川 | 2012年6月 7日 (木) 14時09分


太田川さん
太陽光を含め、自家発電は増える一方でしょうね。
ただでさえ、電力消費量の低い日本なのに、売り渋ってばかりで、電力会社はどこまで自分の首を絞めるのでしょうか。

投稿: 工場長 | 2012年6月 7日 (木) 14時27分


ガス会社の味方ではありませんが、家庭用ガスヒートポンプエアコンはコストが合わないからほとんど売れなくなり、止めたように聞いてます。
ガス会社が販売していたエアコンには、暖房はガスで冷房は電気でってのもありました。
販売中止になったのは、効率の良いエネファームもできたからではないですか。
ガス会社と電力会社では、液化天然ガスや石炭は、使用量がまったく違いますから、輸入単価はガス会社は高価だそうですね。会社の規模も違いますし、行政の関わり方もまったく違うようです。
同じ行政の管轄で、電力会社の方が力がある(天下りとして美味しい)のですから、ガス会社が電力会社を批判するようなことはできないでしょうね。
消費者が賢いかどうかが重要ではないでしょうか。
電力会社は、お湯を沸かして電気を作り、沸かしたお湯を十分に電力に返還できないから、わざわざ冷まして、また沸かす。そして長距離の送電線でロスした電気でお湯を沸かすと、反エコのエネルーギですね。
それから都市ガスは地域の独占していますが、ガス市場としてはプロパンもあり、電力会社のような独裁ではないと思います。
プロパンガスが高価だと書かれていますが、それは消費者がもっと勉強すればいいのでは。
プロパンガス会社同士は、競争していると思いますよ。
要求が無いのに、安く売るってことは、どんな業界でもしないのでは?
話題は違いますが、先の東北の大震災では、仙台市の都市ガスの埋設されている新しいタイプのガス管は、90%以上無傷だったようですね。ガスの大元の施設が壊れたために普及が遅れたそうですね。送電線はどうだったかはしりませんが。
太陽光発電とエネファームがあれば、電力不足には影響されないでしょうね。
どんな発電方法にしろ、電力の自由化にならなければ、消費者には良いものにはならないでしょうね。
太陽光発電のパネルの欠点は、割れたらいけない事くらいだと思ってましたが、それよりも鳥のフンや落ち葉も故障の原因になるそうですね。
アメリカから天然ガスを輸入しようとしたら、日本はバカ高い価格で輸入しているので、アメリカの天然ガスの価格が高騰するからと拒否されたとか。なんとも身勝手で都合のいいトモダチですね。

投稿: やんじ | 2012年6月 8日 (金) 03時02分


ひとつ補足しておきますと、賃貸マンションだけでなく、分譲マンションや戸建てでもプロパンガス業者が絡んでいることがあります。
それは建設会社が建築コストを下げるために配管工事などをプロパンガス会社に無料でやらせて、そのプロパンガス会社が、その配管設備の所有権も持っている場合です。
そういう場合、その業者を解約しようとすると、設備の買取を要求されます。
そのことは当然、契約をしていますが、入居や引渡しの時に、建設会社との多くの契約書と一緒に言われるままに印鑑を押し、覚えていない人が多いようです。
自分のものだと思っていた自宅の一部が実は業者のものだった、ということがあるというわけです。

投稿: 星野 | 2012年6月 8日 (金) 08時42分


やんじさん
家庭用GHPを含め、オール電化の波でガスは押されっぱなしだったと思います。十数年前に建てられた知人のビルも「安い」という理由でGHPを採用したものの、燃料の高騰で、次の改築ではオール電化に変える予定でした。

ただ、311以降は状況も大きく変わっており、通常の業界であれば、これを利用しないことはあり得ないと思いますが、現在のガス会社に特別な動きは見られません。

ガスの購入価格についてもシェールガス革命と言われるほど、アメリカに限らず安定した国での採掘が爆発的に増え、下がり続けている天然ガスを世界一高い価格で買っているのが日本の企業です。同じ会社が、ある時は安定的に大量の供給を受けるために高くなっている、と言い、ある時は、不足分を少量買うので高くなる、と言います。

総括原価方式はコストを上げる方にしかインセンティブが働きませんから、原価を安くする努力はせず、高く買う口実しか考えません。残念ながら、地元のガス会社や関連企業をみても、電力会社と五十歩百歩にしか思えません。

それでもプロパンガスだけは営業範囲が拡大されるなど自由化が進み、地域間格差も縮まってきました。そして、黙っていると高値で買わされますが、「オール電化を考えている」と言うだけで、営業が飛んで来て値下げ交渉をする、という程度にはなっています。

いずれにしてもご指摘通り、消費者が賢くなることは重要だと思います。

また、太陽光パネルの問題ですが、落ち葉や鳥の糞で一部に影が出来るだけでトラブルになることは既に技術的に解決済みです。

投稿: 工場長 | 2012年6月 8日 (金) 09時14分


星野さん
確かに家一軒建てるとウンザリするほどの署名と押印をしますから、読まずに説明だけで印鑑を押すこともありました。

でも、契約書には、ちゃんと目を通して印鑑を押さないといけませんね。
相手が営業であれ、宅建業者であれ、銀行員であれ、言葉だけで印鑑を押すと後で思わぬ面倒なことにもなります。

大手の銀行員が3名も同席して、何度も念を押していたことを、1年も経つと「契約書にはない、記録にもない、記憶にもない」と言われるということが現実にあります。

投稿: 工場長 | 2012年6月 8日 (金) 09時17分

« ゴミ捨て場とカラスとデザイン力 | トップページ | 広島の3大「水の景観」 »

電力問題」カテゴリの記事

コメント

うちはマンションなので自由になりませんが、プロパンガスは自由価格だとも聞きました。
でも、都市ガスの方が安いとも聞きます。
どうなのでしょうか。

アコさん
都市ガスは電気と同じ認可料金制度ですが、プロパンガスは自由価格ですから、販売店によって料金も料金体系も違っています。更に、個別に価格交渉も可能で、我が家も以前は二世帯住宅でしたが、それぞれの世帯で料金が違っていました。

黙っていれば都市ガスの方が安いのですが、交渉次第=値切ればプロパンガスでも安くなります。

確かにLPガスは自由価格ですが、50年も競争のなかった業界ですから、高値安定ですね。
知人がLPガスの販売店をしていますが「ボロ儲け」だと言っていました。
特に入居者が自由に業者を選べないマンションなどでLPガスのところは、都市ガスの2倍近い料金のところもあると聞きます。

星野さん
確かに競争もなく、値切る人も少ないと、高くなりますね。
意外に飲食店などがLPガスを使っているケースがありますが、彼らはしっかり値切っているようです。

また、マンションなどは設備をLP販売業者が負担し、それをガス料金に転嫁しているケースも多いようです。今後、電力が自由化されると賃貸マンションは家賃の他に、こうした料金も調べる必要があるでしょうね。逆に分譲マンションでは価格交渉力を持つことになりそうです。

通りがかりです。
今年ガス料金の値上げがありましたが、案内の文書は「値上げのお願い」ではなく「ガス料金が変更になりました」でした。
今度プロパンガスを値切ってみようかと思います。

カランさん
まるで他人ごとのような案内文ですね。
複数の業者で、しっかり値切ってみてください。

通勤途中に「光熱費無料」と大きな看板を立てている賃貸マンションがあります。
屋根にズラリと太陽光パネルが敷き詰めてあります。

太田川さん
太陽光を含め、自家発電は増える一方でしょうね。
ただでさえ、電力消費量の低い日本なのに、売り渋ってばかりで、電力会社はどこまで自分の首を絞めるのでしょうか。

ガス会社の味方ではありませんが、家庭用ガスヒートポンプエアコンはコストが合わないからほとんど売れなくなり、止めたように聞いてます。
ガス会社が販売していたエアコンには、暖房はガスで冷房は電気でってのもありました。
販売中止になったのは、効率の良いエネファームもできたからではないですか。
ガス会社と電力会社では、液化天然ガスや石炭は、使用量がまったく違いますから、輸入単価はガス会社は高価だそうですね。会社の規模も違いますし、行政の関わり方もまったく違うようです。
同じ行政の管轄で、電力会社の方が力がある(天下りとして美味しい)のですから、ガス会社が電力会社を批判するようなことはできないでしょうね。
消費者が賢いかどうかが重要ではないでしょうか。
電力会社は、お湯を沸かして電気を作り、沸かしたお湯を十分に電力に返還できないから、わざわざ冷まして、また沸かす。そして長距離の送電線でロスした電気でお湯を沸かすと、反エコのエネルーギですね。
それから都市ガスは地域の独占していますが、ガス市場としてはプロパンもあり、電力会社のような独裁ではないと思います。
プロパンガスが高価だと書かれていますが、それは消費者がもっと勉強すればいいのでは。
プロパンガス会社同士は、競争していると思いますよ。
要求が無いのに、安く売るってことは、どんな業界でもしないのでは?
話題は違いますが、先の東北の大震災では、仙台市の都市ガスの埋設されている新しいタイプのガス管は、90%以上無傷だったようですね。ガスの大元の施設が壊れたために普及が遅れたそうですね。送電線はどうだったかはしりませんが。
太陽光発電とエネファームがあれば、電力不足には影響されないでしょうね。
どんな発電方法にしろ、電力の自由化にならなければ、消費者には良いものにはならないでしょうね。
太陽光発電のパネルの欠点は、割れたらいけない事くらいだと思ってましたが、それよりも鳥のフンや落ち葉も故障の原因になるそうですね。
アメリカから天然ガスを輸入しようとしたら、日本はバカ高い価格で輸入しているので、アメリカの天然ガスの価格が高騰するからと拒否されたとか。なんとも身勝手で都合のいいトモダチですね。

ひとつ補足しておきますと、賃貸マンションだけでなく、分譲マンションや戸建てでもプロパンガス業者が絡んでいることがあります。
それは建設会社が建築コストを下げるために配管工事などをプロパンガス会社に無料でやらせて、そのプロパンガス会社が、その配管設備の所有権も持っている場合です。
そういう場合、その業者を解約しようとすると、設備の買取を要求されます。
そのことは当然、契約をしていますが、入居や引渡しの時に、建設会社との多くの契約書と一緒に言われるままに印鑑を押し、覚えていない人が多いようです。
自分のものだと思っていた自宅の一部が実は業者のものだった、ということがあるというわけです。

やんじさん
家庭用GHPを含め、オール電化の波でガスは押されっぱなしだったと思います。十数年前に建てられた知人のビルも「安い」という理由でGHPを採用したものの、燃料の高騰で、次の改築ではオール電化に変える予定でした。

ただ、311以降は状況も大きく変わっており、通常の業界であれば、これを利用しないことはあり得ないと思いますが、現在のガス会社に特別な動きは見られません。

ガスの購入価格についてもシェールガス革命と言われるほど、アメリカに限らず安定した国での採掘が爆発的に増え、下がり続けている天然ガスを世界一高い価格で買っているのが日本の企業です。同じ会社が、ある時は安定的に大量の供給を受けるために高くなっている、と言い、ある時は、不足分を少量買うので高くなる、と言います。

総括原価方式はコストを上げる方にしかインセンティブが働きませんから、原価を安くする努力はせず、高く買う口実しか考えません。残念ながら、地元のガス会社や関連企業をみても、電力会社と五十歩百歩にしか思えません。

それでもプロパンガスだけは営業範囲が拡大されるなど自由化が進み、地域間格差も縮まってきました。そして、黙っていると高値で買わされますが、「オール電化を考えている」と言うだけで、営業が飛んで来て値下げ交渉をする、という程度にはなっています。

いずれにしてもご指摘通り、消費者が賢くなることは重要だと思います。

また、太陽光パネルの問題ですが、落ち葉や鳥の糞で一部に影が出来るだけでトラブルになることは既に技術的に解決済みです。

星野さん
確かに家一軒建てるとウンザリするほどの署名と押印をしますから、読まずに説明だけで印鑑を押すこともありました。

でも、契約書には、ちゃんと目を通して印鑑を押さないといけませんね。
相手が営業であれ、宅建業者であれ、銀行員であれ、言葉だけで印鑑を押すと後で思わぬ面倒なことにもなります。

大手の銀行員が3名も同席して、何度も念を押していたことを、1年も経つと「契約書にはない、記録にもない、記憶にもない」と言われるということが現実にあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/54894449

この記事へのトラックバック一覧です: 電力会社は不要、とは言わないガス会社?:

« ゴミ捨て場とカラスとデザイン力 | トップページ | 広島の3大「水の景観」 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31