広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 広島の3大「水の景観」 | トップページ | 中の棚商店街と情報発信装置としての路 »

2012年6月 9日 (土)

原発引越しで、広島へ

関東から放射能を逃れて広島へ移住して来た人達が沢山います。
その中の一人である神原将さん(37)が、「原発引っ越し」を自費出版しました。

00genhikosi

神原さんは、東日本大震災と東京電力福島第1原発の事故を契機に、家族で東京から広島県の呉市に移住しましたが、経緯から決定の過程、そしていざ移住する上での苦労など、自らの体験をまとめた「原発引っ越し」を自費出版し、ホームページ(HP)などで注文を受け付けています。

内容は、震災直後の緊迫した東京の様子から、安全だという報道が繰り返される中、外国人が国内を離れ、政治家やマスコミの家族が東京を離れ、マスコミ関係者や信頼できる学者から情報を得るが故に放射線におびえて外出を控えるなど異常な生活を強いられたこと、そして一方では過剰反応ではと迷いながらも家族の安全を考え、昨年7月に広島県の呉市に移ったことなどが率直に綴られています。

そして、神原さんは友人の勧めで昨年8月、執筆を始め、原発事故や引っ越しについての友人とのやりとりや、ツイートやメモをまとめたものの、「東京のイメージダウンにつながる」と出版社からは断られ、自費出版になったということです。

電子書籍は500円、印刷された本は1300円で、電子書籍に売り切れはありませんが、印刷された初版の方はすぐに完売し増刷しているということです。

0genpatu

神原さんは「震災後の東京の現実を知ってほしい。移住に迷っている人を勇気づけられたら」と話されているそうです。

原発引越し
http://genpatsu-hikkoshi.info/

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


原発再稼動も急ぐのではなくこのような人の体験も知りながら次の世代のことも考えたいものですね。

投稿: 金星 | 2012年6月 9日 (土) 06時15分


素晴らしいですね。
本当にこのようなところが沢山できると良いです。
それにしても、こんなに急いで再稼働って(`ε´)
原発なしで夏を乗り切られると困るのでしょうね。

投稿: アコ | 2012年6月 9日 (土) 08時02分


瀬戸内にはかつて塩田で栄えた街がいくつもありますから、その跡地はメガソーラーに最適でしょうね。
中国地方は間違いなく脱原発の最先端ですね。

投稿: 星野 | 2012年6月 9日 (土) 08時20分


あたしは放射能とかよくわかんないけど、なんか節電とかそういう貧乏臭いのは大嫌い!
だから、こんなチマチマしたもの作るより、いま停止している原発を全部再稼動させてジャンジャン電気を日本中に供給したらいいと思う。
そうしたらみんな節電とかそういう貧乏臭いことしないでいいでしょ
東京から逃げたい奴らは逃げればいいし。

投稿: ウザイ | 2012年6月 9日 (土) 08時36分


金星さん
昨日の野田首相の会見は本当に残念でした。
結局、力不足で官僚の言いなりなのか、そこまでして原発利権を守りたいのか、あれだけ堂々と嘘を並べるというのは、本気で国民を騙せると思っているのか、いずれにしても余りに酷い内容でした。

投稿: 工場長 | 2012年6月 9日 (土) 08時44分


アコさん
日照条件の良いところは太陽光発電、風の吹くところは風力発電、その他に地熱発電や水力発電、あるいはバイオマスなど、それぞれの地域の特性を活かしたエネルギーの地産地消=地域の自立は確実に進む方向にありますが、まだまだ加速するといいですね。

投稿: 工場長 | 2012年6月 9日 (土) 08時48分


星野さん
一昨年の猛暑も原発なしで乗り切った中国地方ですし、瀬戸内の太陽光発電と山陰の風力発電と既に多い水力発電のベストミックスで100%自然エネルギーに最も近い地域かも知れませんね。

投稿: 工場長 | 2012年6月 9日 (土) 08時53分


ウザイさん
放射線は健康のためには可能な限り受けない方が良いもので、それを発する放射能は今の技術では何十万年も消すことの出来ないものです。

もともと日本人の一人あたりの電力消費電力はアメリカ人の半分であり、電力は原発利権を守るために抑えられるとも言ってよく、今はそのピークでしょう。それは一昨年の猛暑も全て原発を停止して、なお電力に余裕のあった中国電力を見ても良く分かることです。
原発が全て止まって、再稼働の見通しが立たなくなれば、電力は豊富に安定して安くなります。

投稿: 工場長 | 2012年6月 9日 (土) 09時03分


電力不足⇒企業の海外流出⇒雇用・税収の減少⇒日本の破綻
コレを狙ってる海外の工作員さんたちが原発は危険だぁとか言って煽ってるだけです。
世界中でも大多数の国が原発推進してます。
自国の原発止めて隣国の原発で発電した電力を買ってる国もありますが、純粋に原発を止めた馬鹿な国なんて日本だけでしょう。

投稿: 経済学部 | 2012年6月 9日 (土) 10時03分


本当に野田首相の会見は残念でしたね。
しかし、あす10日からwowowではありますが面白そうなドラマが始まるようです。
地熱発電をテーマにしたドラマだそうです。。

http://www.asahi.com/showbiz/tv_radio/TKY201206050177.html
http://www.asahi.com/business/pressrelease/PRT201206080060.html

ここにも書いてありますが、原作は2006年に書かれたとのこと・・・
このタイミングでというのも楽しみですし、どこまで政府などの圧力に反してドラマ化されるのかというのも楽しみです。

もしよろしければと思い、失礼かと思いましたが書かせて頂きました。

投稿: ハチ | 2012年6月 9日 (土) 10時17分


経済学部さん
経済を問題にするのであれば、高コスト体質の独占企業に高い電気料金を押し付けられている現状こそ最も問題でしょう。

通常、工作員という言葉は、原発利権に雇われた人達を指すのが一般的ですが、いずれにしても、そういう硬直したものの見方は思考を停止させるだけです。

世界一の企業であるアップルは100%自然エネルギーのデータセンターを次々に作り、本社も自家発電にします。電気代が日本の半分というアメリカでさえそうなのです。インターネットが使えるのであれば、もっと海外メディアを見てください。今の福島の状況にも、まだ多くの国が危機感を持っています。

日本に原発を勧めてきたアメリカでさえ、日本の大震災で失われた電力の供給を回復するには原子力や火力の発電所を再稼働、新設するよりも省エネや再生可能エネルギー、小規模分散型の発電を拡大する方が供給を早期に実現できる上に年間の費用も安く済むとの報告書を出しています。

http://www.nautilus.org

ヨーロッパは相互に電力を融通していますが、最も最近のデータでは、原発大国のフランスは、脱原発のドイツからより多くの電力を買っています。原発は出力の調整が不自由なので、原発では電力の自立はできません。

特に日本のように地震大国では、原発はすぐに止まる脆弱な電源で、一度止まると他の電源のようにすぐに再稼働できませんから、予備電源が沢山必要になります。その挙句、今回のように全原発が止まっても大丈夫なだけの電源を無駄に持つ結果となるわけです。

ただ、それなら原発は要らない、ということになってしまうので、何がなんでもこの夏は原発を再稼働し、その結果として電力不足を乗り切ったというストーリーが必要だというわけです。

投稿: 工場長 | 2012年6月 9日 (土) 10時23分


ハチさん
お知らせありがとうございます。
地熱発電は低コストで24時間発電出来きるために、原発の地位を脅かすものとして、自然エネルギーの中でも最も冷遇され排除されてきました。
どこまで事実が描かれるのか楽しみですね。

投稿: 工場長 | 2012年6月 9日 (土) 10時28分


私も震災後に関東から広島に来ました。
地震もなく、放射能の心配もなく、子供を安心して外で遊ばせられるのが、何よりですが、広島での生活も大満足です。
こちらのブログでも広島の良さや、原発や放射能のことも勉強させてもらおうと思います。
よろしくお願いします。

投稿: ケイ | 2012年6月 9日 (土) 13時12分


ケイさん
コメントありがとうございます。
私の知人も「子育て」を最優先に広島を選ばれたようです。
市民が気づかない良い点悪い点もあると思いますので、お気づきのことがあれば、是非またコメントを頂きたいと思います。
よろしくお願いします。

投稿: 工場長 | 2012年6月10日 (日) 08時22分

« 広島の3大「水の景観」 | トップページ | 中の棚商店街と情報発信装置としての路 »

電力問題」カテゴリの記事

コメント

原発再稼動も急ぐのではなくこのような人の体験も知りながら次の世代のことも考えたいものですね。

素晴らしいですね。
本当にこのようなところが沢山できると良いです。
それにしても、こんなに急いで再稼働って(`ε´)
原発なしで夏を乗り切られると困るのでしょうね。

瀬戸内にはかつて塩田で栄えた街がいくつもありますから、その跡地はメガソーラーに最適でしょうね。
中国地方は間違いなく脱原発の最先端ですね。

あたしは放射能とかよくわかんないけど、なんか節電とかそういう貧乏臭いのは大嫌い!
だから、こんなチマチマしたもの作るより、いま停止している原発を全部再稼動させてジャンジャン電気を日本中に供給したらいいと思う。
そうしたらみんな節電とかそういう貧乏臭いことしないでいいでしょ
東京から逃げたい奴らは逃げればいいし。

金星さん
昨日の野田首相の会見は本当に残念でした。
結局、力不足で官僚の言いなりなのか、そこまでして原発利権を守りたいのか、あれだけ堂々と嘘を並べるというのは、本気で国民を騙せると思っているのか、いずれにしても余りに酷い内容でした。

アコさん
日照条件の良いところは太陽光発電、風の吹くところは風力発電、その他に地熱発電や水力発電、あるいはバイオマスなど、それぞれの地域の特性を活かしたエネルギーの地産地消=地域の自立は確実に進む方向にありますが、まだまだ加速するといいですね。

星野さん
一昨年の猛暑も原発なしで乗り切った中国地方ですし、瀬戸内の太陽光発電と山陰の風力発電と既に多い水力発電のベストミックスで100%自然エネルギーに最も近い地域かも知れませんね。

ウザイさん
放射線は健康のためには可能な限り受けない方が良いもので、それを発する放射能は今の技術では何十万年も消すことの出来ないものです。

もともと日本人の一人あたりの電力消費電力はアメリカ人の半分であり、電力は原発利権を守るために抑えられるとも言ってよく、今はそのピークでしょう。それは一昨年の猛暑も全て原発を停止して、なお電力に余裕のあった中国電力を見ても良く分かることです。
原発が全て止まって、再稼働の見通しが立たなくなれば、電力は豊富に安定して安くなります。

電力不足⇒企業の海外流出⇒雇用・税収の減少⇒日本の破綻
コレを狙ってる海外の工作員さんたちが原発は危険だぁとか言って煽ってるだけです。
世界中でも大多数の国が原発推進してます。
自国の原発止めて隣国の原発で発電した電力を買ってる国もありますが、純粋に原発を止めた馬鹿な国なんて日本だけでしょう。

本当に野田首相の会見は残念でしたね。
しかし、あす10日からwowowではありますが面白そうなドラマが始まるようです。
地熱発電をテーマにしたドラマだそうです。。

http://www.asahi.com/showbiz/tv_radio/TKY201206050177.html
http://www.asahi.com/business/pressrelease/PRT201206080060.html

ここにも書いてありますが、原作は2006年に書かれたとのこと・・・
このタイミングでというのも楽しみですし、どこまで政府などの圧力に反してドラマ化されるのかというのも楽しみです。

もしよろしければと思い、失礼かと思いましたが書かせて頂きました。

経済学部さん
経済を問題にするのであれば、高コスト体質の独占企業に高い電気料金を押し付けられている現状こそ最も問題でしょう。

通常、工作員という言葉は、原発利権に雇われた人達を指すのが一般的ですが、いずれにしても、そういう硬直したものの見方は思考を停止させるだけです。

世界一の企業であるアップルは100%自然エネルギーのデータセンターを次々に作り、本社も自家発電にします。電気代が日本の半分というアメリカでさえそうなのです。インターネットが使えるのであれば、もっと海外メディアを見てください。今の福島の状況にも、まだ多くの国が危機感を持っています。

日本に原発を勧めてきたアメリカでさえ、日本の大震災で失われた電力の供給を回復するには原子力や火力の発電所を再稼働、新設するよりも省エネや再生可能エネルギー、小規模分散型の発電を拡大する方が供給を早期に実現できる上に年間の費用も安く済むとの報告書を出しています。

http://www.nautilus.org/

ヨーロッパは相互に電力を融通していますが、最も最近のデータでは、原発大国のフランスは、脱原発のドイツからより多くの電力を買っています。原発は出力の調整が不自由なので、原発では電力の自立はできません。

特に日本のように地震大国では、原発はすぐに止まる脆弱な電源で、一度止まると他の電源のようにすぐに再稼働できませんから、予備電源が沢山必要になります。その挙句、今回のように全原発が止まっても大丈夫なだけの電源を無駄に持つ結果となるわけです。

ただ、それなら原発は要らない、ということになってしまうので、何がなんでもこの夏は原発を再稼働し、その結果として電力不足を乗り切ったというストーリーが必要だというわけです

ハチさん
お知らせありがとうございます。
地熱発電は低コストで24時間発電出来きるために、原発の地位を脅かすものとして、自然エネルギーの中でも最も冷遇され排除されてきました。
どこまで事実が描かれるのか楽しみですね。

私も震災後に関東から広島に来ました。
地震もなく、放射能の心配もなく、子供を安心して外で遊ばせられるのが、何よりですが、広島での生活も大満足です。
こちらのブログでも広島の良さや、原発や放射能のことも勉強させてもらおうと思います。
よろしくお願いします。

ケイさん
コメントありがとうございます。
私の知人も「子育て」を最優先に広島を選ばれたようです。
市民が気づかない良い点悪い点もあると思いますので、お気づきのことがあれば、是非またコメントを頂きたいと思います。
よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/54913249

この記事へのトラックバック一覧です: 原発引越しで、広島へ:

« 広島の3大「水の景観」 | トップページ | 中の棚商店街と情報発信装置としての路 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31