広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« マンション住まいのエチケット | トップページ | 「誰故草」歌も花も広がって »

2012年5月28日 (月)

昨年の教訓は、節電は不要だっということです。

昨年、計画停電を強いた東京電力は、節電に協力しなかった人の多い関西電力へ電力を融通していました。

そういう経験をさせられて、電力会社の節電要請に応える人は、どのくらいいるのでしょうか。

これだけ「電力不足」を演出しているのに、なかなか信じてもらえない。
そうなると、関電に残された手段は「停電テロ」という言葉も囁かれています。

この番組では、関西電力が、あの東京電力の1%の努力しかしていなかったことが報じられています。

これまでも書いて来たように、日本には節電など必要がないだけの十分な電力がありますが、仮に電力会社が「停電テロ」を企てたとしても、それを回避する節電策はいくらでもあります。

例えば、広島には「ノーテレビデー」がありますが、夏場の数日、お昼の数時間だけテレビ放送を止めるというのでも十分でしょう。情報はラジオ、ネット、携帯から溢れています。

それだけでも、誰も節電などする必要はありません。

もちろん、電力会社のためではなく、個人の財布のため、地球環境のための節電は良いことです。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


本当にテロまで起こしかねないのが恐いですね。
ここまで言われれば出来ないような気もしますけど、
想定外が恐いです。

投稿: アコ | 2012年5月28日 (月) 08時16分


アコさん
古賀さんは「テロ」という過激な言葉を使いましたが、この言葉が広まることにより、関電も実行するハードルが上がったことは功績ですね。

投稿: 工場長 | 2012年5月28日 (月) 08時29分


あの東電と比較されて、桁違いにダメというのが恐ろしいですね。
それに加えて、その関電の怠慢を日本中の国民が押し付けられるというのがたまりませんね。

投稿: 星野 | 2012年5月28日 (月) 09時01分


こんにちは。我が家の庭の紫陽花が日毎に色付いてきました。

我が家の母と私のテレビは地デジ化と共に テレビ不要に致しました。

娘もテレビ不要ですから節電には協力しているかと思います。

ラジオから情報を得る事が増えた気がします。

広島市は川風がありますから それを生かした夏の過ごし方を模索するのも面白いですね。

『テロ』という言葉を私達が遣うにはあまりに国際的に問題点がありすぎて 私は安易に言うべきではないと深く受けとめています。
投稿: 豊華 | 2012年5月28日 (月) 10時43分


本当に電力不足の心配があるのなら、テレビを止めろ! 
その通りです。簡単なことですね。

投稿: 通りすがり | 2012年5月28日 (月) 11時30分


でも、昨年は原発が動いていたし。

投稿: いつか脱原発 | 2012年5月28日 (月) 13時01分


星野さん
昨年、関西電力に電力を融通していた東電は、それでも新たに原発2基分の発電設備を確保したわけですが、当の関西電力が殆ど何もしてこなかったというのは呆れるばかりです。

そして、そのツケを全国の国民に押し付けようというのは、筋違いも甚だしいことだと思います。

投稿: 工場長 | 2012年5月28日 (月) 14時28分


豊華さん
広島市のノーテレビデーでも様々な成果を聞きますが、知人にも地デジ化を機に、テレビはヤメた人は多いです。そして、聞かなくなっていたラジオを聞くと、少なくともテレビよりは正確な情報が流れている、と異口同音に言います。

確かにテロという表現は物騒ですが「恐怖を与えることで政治的主張を通す」という点では、まさに今の電力会社は、原子力安全委員会が安全を宣言できず、「停電」という恐怖で、「原発再稼働」という政治的主張を通そうとしている点で、あながち間違いとも言えない気もします。

日本人の電力使用量は他の先進諸国に比べて低いにも関わらず、高い電気料金を払わされ、その上、一部の電力会社の怠慢と政治的意図のために、原発を止めても潤沢な電力を供給し高い利益を上げている中国電力管内まで節電を押し付けられようとしていることは納得できないことです。

投稿: 工場長 | 2012年5月28日 (月) 14時41分


通りすがり さん
電力不足による大停電を回避する方法はいくらでもあり、それも簡単なことばかりです。
原子力安全委員会すら安全だと言えない原発を再稼働するという危険を冒してまで心配することではありませんね。

投稿: 工場長 | 2012年5月28日 (月) 14時46分


いつか脱原発さん
でも、原発を動かすために、水力発電も火力発電も低い稼働率に抑えていました。
それらを稼働させる、民間の電力を買う、需要の平準化を行うなど、電力を生み出し、安く安全に安定して供給する方法はいくらでもあります。

原発の止まった今こそ、そういう合理的なシステムづくりのチャンスです。

投稿: 工場長 | 2012年5月28日 (月) 14時52分

« マンション住まいのエチケット | トップページ | 「誰故草」歌も花も広がって »

電力問題」カテゴリの記事

コメント

本当にテロまで起こしかねないのが恐いですね。
ここまで言われれば出来ないような気もしますけど、
想定外が恐いです。

アコさん
古賀さんは「テロ」という過激な言葉を使いましたが、この言葉が広まることにより、関電も実行するハードルが上がったことは功績ですね。

あの東電と比較されて、桁違いにダメというのが恐ろしいですね。
それに加えて、その関電の怠慢を日本中の国民が押し付けられるというのがたまりませんね。

こんにちは。我が家の庭の紫陽花が日毎に色付いてきました。

我が家の母と私のテレビは地デジ化と共に テレビ不要に致しました。

娘もテレビ不要ですから節電には協力しているかと思います。

ラジオから情報を得る事が増えた気がします。

広島市は川風がありますから それを生かした夏の過ごし方を模索するのも面白いですね。

『テロ』という言葉を私達が遣うにはあまりに国際的に問題点がありすぎて 私は安易に言うべきではないと深く受けとめています。

本当に電力不足の心配があるのなら、テレビを止めろ! 
その通りです。簡単なことですね。

でも、昨年は原発が動いていたし。

星野さん
昨年、関西電力に電力を融通していた東電は、それでも新たに原発2基分の発電設備を確保したわけですが、当の関西電力が殆ど何もしてこなかったというのは呆れるばかりです。

そして、そのツケを全国の国民に押し付けようというのは、筋違いも甚だしいことだと思います。

豊華さん
広島市のノーテレビデーでも様々な成果を聞きますが、知人にも地デジ化を機に、テレビはヤメた人は多いです。そして、聞かなくなっていたラジオを聞くと、少なくともテレビよりは正確な情報が流れている、と異口同音に言います。

確かにテロという表現は物騒ですが「恐怖を与えることで政治的主張を通す」という点では、まさに今の電力会社は、原子力安全委員会が安全を宣言できず、「停電」という恐怖で、「原発再稼働」という政治的主張を通そうとしている点で、あながち間違いとも言えない気もします。

日本人の電力使用量は他の先進諸国に比べて低いにも関わらず、高い電気料金を払わされ、その上、一部の電力会社の怠慢と政治的意図のために、原発を止めても潤沢な電力を供給し高い利益を上げている中国電力管内まで節電を押し付けられようとしていることは納得できないことです。

通りすがり さん
電力不足による大停電を回避する方法はいくらでもあり、それも簡単なことばかりです。
原子力安全委員会すら安全だと言えない原発を再稼働するという危険を冒してまで心配することではありませんね。

いつか脱原発さん
でも、原発を動かすために、水力発電も火力発電も低い稼働率に抑えていました。
それらを稼働させる、民間の電力を買う、需要の平準化を行うなど、電力を生み出し、安く安全に安定して供給する方法はいくらでもあります。

原発の止まった今こそ、そういう合理的なシステムづくりのチャンスです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/54809598

この記事へのトラックバック一覧です: 昨年の教訓は、節電は不要だっということです。:

« マンション住まいのエチケット | トップページ | 「誰故草」歌も花も広がって »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31