広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 広がる共同購入型クーポン | トップページ | 本日、広島で避難者の講演会 »

2012年5月25日 (金)

名無し道路!

東京から来た友人と、先日、流川のレストランで会食することにした。
しかし、場所を伝えるのに困った。

ビルの名前をいっても、わかるはずがないし。
通りの名前をいっても上手く伝わらない。

しかしその通りの名前だって「流川通り」「仏壇通り」「薬研堀通り」の3つくらいしかついていない。

仕方がないから、三越の横の通りを平和大通りに向かって歩いて・・・・
という感じで案内し、
近くまできたら、電話してということになる。

最近は、殆ど人はスマートフォンを持っているから、
そのレストランの名前と電話番号さえ言えば、大抵なんとか探してくるが、
そうでない人に、場所を伝えるのはまったく大変だ。

そもそも街の道路に名前がないのがおかしい。
広島だって「城南通り」「城北通り」「鯉城通り」「平和大通り」、それに「本通り」くらいしかない。
その周辺の通りは殆ど名無しだ。

車で走っているときは、
国道54号線とか、県道34号線とかついているし、
紙屋町交差点とかにも、名前がついている。
大きな看板もあるから、
車で走っている分には、全く困らない。

しかしそれが歩行者のスケールになると全く駄目だ。

歩く人は、地元の人で、言わなくとも十分わかっているとでも思っているようだが、どうもそうではなくて、
車の走る道路には道路予算が十分についているからのようだし、
交通違反の罰金が、交通標識の設置費用に使われるからだと聞いたことがある。

私の払った交通違反の罰金も少しは役に立っている?

よそからの人だろう、
広島の街を歩いていると、懸命に地図をみて、居場所、行き先を探している人をよく目にする。
欧米ではすべての道路に名前がつき、建物にはその道路に沿って何番と書かれた表示板が付けられている。
そんな習慣のある欧米人からみれば、面としての土地に番号がついている日本の住所は、極めてわかりにくいだろうと思う。

幹線道路だけでなく、横道に入ったところにある路、道にすべて名前を付けるべきだろう。
そして、それを歩いている人にわかるように表示すべきだ。

たまに歩道に道路名の書かれた金属板が埋め込まれているケースを目にするが、
そんな立派なのでなくともよい。

平和公園内を通る歩道に「西国街道 中島本町」と書かれたシートが貼られていた。
こんなのなら、さしてお金はかからないだろう。

Image002_2

昔は狸小路とか、親不孝横丁とか味のある名前のついた路もあった。
公園通りというさして変わり映えはしないが、それなりの雰囲気を感じさせる名前もよく見かける。

いずれにしろ、すべての道路に名前をつけたらどうだろうか。

名前が無いことを逆手に、
それこそ、商工会議所が音頭をとって、
どんな名前にするかを、一般市民やその地域の人たちから募集すればいい。
その地域の歴史やエピソードを表現した面白い名前がつくかもしれない。
デザインだって公募すれば、面白のが、たくさん集まるだろう。

ネット時代だ。
ネットで名前を公募し、
ネットで人気投票をしたっていい。

こんなやり方であれば、お金はほとんどかからないだろう。

道路に名前を付けるだけで、広島の美しさ、良さを世界に発信することもできる!


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


三越のセブンイレブンが角にある通りは「ムシカ通り」、南に下がって「胡通り」で、薬研掘通りから東は「東胡通り」、「仏壇通り」の途中から南へは「中新地通り」、「仏壇通り」から流川から西へ「中央通り」に通じる通りは「堀川通り」と、呑んべになって、朝まではしごを何日も続けて、色々な場所のお店にキープすれば、わかってくるかもです。
でも、そんな人は今の時代はいなくなりました。
ちなみに「ムシカ通り」は、昔に音楽喫茶「ムシカ」があったからです。
高校生の頃、喫茶店巡りをしていましたが、ここだけはちょっと敷居が高かったです。(笑)
通りに名前をつけるような、伝統があるようなお店がなくなりましたね。
観光都市ですから、観光客も興味をわくような通りの名前が至る所につくといいですね。

投稿: やんじ | 2012年5月25日 (金) 05時32分


京都は通りの名前=住所なので、丸竹夷二押御池姉三六角蛸錦(まるたけえびすにおしおいけあねさんろっかくたこにしき)と覚えたものです。
広島で分かるのは、中央通り、流川通り、並木通り、地蔵通り、それから空港通り、プリンス通り、そして平和大通り、くらいでしょうか。
ムシカは知っていますが、ムシカ通りは知りませんでした。

投稿: アコ | 2012年5月25日 (金) 07時44分


やんじ様

ムシカ通り、堀川通り、
なかなか味のある名称ですね。

若いころは喫茶店巡り、
会社に勤めるようになってバー、クラブを梯子する。
いい時代でしたね。

投稿: 元安川 | 2012年5月25日 (金) 09時20分


アコ様

丸竹夷二押御池姉三六角蛸錦(まるたけえびすにおしおいけあねさんろっかくたこにしき)ですか。
面白いですね。
そんな言い方があるとは知りませんでした。
京都のガイドブックにも出ていませんよね。
広島も、そんな言い方ができるようになるといいですね。

投稿: 元安川 | 2012年5月25日 (金) 09時23分


京都の通りの名前、懐かしいですね。
私も大学は京都だったので、全部覚えましたよ。
堺町通三条下ル、イノダコーヒー店の住所も未だに覚えています。

投稿: 星野 | 2012年5月25日 (金) 09時35分


星野様

「堺町通三条下ル」
いい響きですね。
そんな感じの名称を、広島の通りにもつけて欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2012年5月25日 (金) 11時50分


命名権を売ってはいかがでしょうか?w

投稿: ⑦パパ | 2012年5月25日 (金) 16時19分


ナナパパ様

命名権を売る!
面白いですね。
全ての道路の名前が度々変わるのは具合が悪いかも知れませんが、数本の道路に限定してやったらいいかもしれませんね。

投稿: 元安川 | 2012年5月25日 (金) 16時46分


元宇品のグランプリンスホテル広島の前の直線道路が「プリンス通り」と呼ばれていますが、あれは正式な名称なのでしょうか。
まさか命名権をプリンスホテルが買ったわけじゃないですよね?

投稿: 通りすがり | 2012年5月26日 (土) 11時28分


通りすがり様

確かに、道路標識にも「プリンス通り」と書かれていますね。
ネーミングライツではないようですから、
通称が、公けにも使われるようになったということのようです。

投稿: 元安川 | 2012年5月26日 (土) 12時34分


横になりますが、バスの停留所の名前には、店の名前がついている場合がありますよね。あれも命名権の一種だと思いますが--。

その影響ですが、天満屋が店を閉めたので「八丁堀天満屋前」という停留所名がなくなり、「八丁堀」になりました。

その結果、あの界隈には、最低三カ所 (四カ所か五カ所の可能性がありますが、数えていません)、違う場所なのに「八丁堀」という同じ名前の停留所ができてしまいました。

投稿: バスファン | 2012年5月26日 (土) 12時46分


バスファン様

バス会社は随分以前から、かなり積極的に、バス停の命名権を売ってきたようですね。
天満屋が閉店したら、天満屋という文字が消え、どのバス停も「八丁堀」になってしまつたというようような混乱が起こるということが、命名権の辛いところですね。

投稿: 元安川 | 2012年5月26日 (土) 15時12分

« 広がる共同購入型クーポン | トップページ | 本日、広島で避難者の講演会 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

三越のセブンイレブンが角にある通りは「ムシカ通り」、南に下がって「胡通り」で、薬研掘通りから東は「東胡通り」、「仏壇通り」の途中から南へは「中新地通り」、「仏壇通り」から流川から西へ「中央通り」に通じる通りは「堀川通り」と、呑んべになって、朝まではしごを何日も続けて、色々な場所のお店にキープすれば、わかってくるかもです。
でも、そんな人は今の時代はいなくなりました。
ちなみに「ムシカ通り」は、昔に音楽喫茶「ムシカ」があったからです。
高校生の頃、喫茶店巡りをしていましたが、ここだけはちょっと敷居が高かったです。(笑)
通りに名前をつけるような、伝統があるようなお店がなくなりましたね。
観光都市ですから、観光客も興味をわくような通りの名前が至る所につくといいですね。

京都は通りの名前=住所なので、丸竹夷二押御池姉三六角蛸錦(まるたけえびすにおしおいけあねさんろっかくたこにしき)と覚えたものです。
広島で分かるのは、中央通り、流川通り、並木通り、地蔵通り、それから空港通り、プリンス通り、そして平和大通り、くらいでしょうか。
ムシカは知っていますが、ムシカ通りは知りませんでした。

やんじ様

ムシカ通り、堀川通り、
なかなか味のある名称ですね。

若いころは喫茶店巡り、
会社に勤めるようになってバー、クラブを梯子する。
いい時代でしたね。

アコ様

丸竹夷二押御池姉三六角蛸錦(まるたけえびすにおしおいけあねさんろっかくたこにしき)ですか。
面白いですね。
そんな言い方があるとは知りませんでした。
京都のガイドブックにも出ていませんよね。
広島も、そんな言い方ができるようになるといいですね。

京都の通りの名前、懐かしいですね。
私も大学は京都だったので、全部覚えましたよ。
堺町通三条下ル、イノダコーヒー店の住所も未だに覚えています。

星野様

「堺町通三条下ル」
いい響きですね。
そんな感じの名称を、広島の通りにもつけて欲しいですね。

命名権を売ってはいかがでしょうか?w

ナナパパ様

命名権を売る!
面白いですね。
全ての道路の名前が度々変わるのは具合が悪いかも知れませんが、数本の道路に限定してやったらいいかもしれませんね。

元宇品のグランプリンスホテル広島の前の直線道路が「プリンス通り」と呼ばれていますが、あれは正式な名称なのでしょうか。
まさか命名権をプリンスホテルが買ったわけじゃないですよね?

通りすがり様

確かに、道路標識にも「プリンス通り」と書かれていますね。
ネーミングライツではないようですから、
通称が、公けにも使われるようになったということのようです。

横になりますが、バスの停留所の名前には、店の名前がついている場合がありますよね。あれも命名権の一種だと思いますが--。

その影響ですが、天満屋が店を閉めたので「八丁堀天満屋前」という停留所名がなくなり、「八丁堀」になりました。

その結果、あの界隈には、最低三カ所 (四カ所か五カ所の可能性がありますが、数えていません)、違う場所なのに「八丁堀」という同じ名前の停留所ができてしまいました。

バスファン様

バス会社は随分以前から、かなり積極的に、バス停の命名権を売ってきたようですね。
天満屋が閉店したら、天満屋という文字が消え、どのバス停も「八丁堀」になってしまつたというようような混乱が起こるということが、命名権の辛いところですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/54684209

この記事へのトラックバック一覧です: 名無し道路!:

« 広がる共同購入型クーポン | トップページ | 本日、広島で避難者の講演会 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30