広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 世界で最高の技術を、世界で最低の人達が扱う | トップページ | パソコンの正しい節電・節約 »

2012年5月13日 (日)

ギネスに挑戦―平和公園の将棋と囲碁―中高年の絆

平和公園の西北、本川橋東詰に近いトイレに近い木立の下で、
中高年の男性たちが集まり、
将棋と囲碁をやっている。

計10卓くらいになる。
将棋と囲碁は半々くらいだ。

見物客もいるから、人数は20人近くになる。
自転車が何台も置かれているところをみると、かなり遠くからも来ているようだ。

夏の暑い日でも、冬の寒い日でもやっている。

トイレに近いところというのが、可笑しい。
Image002

男は、会社をリタイアすると、何もやることがなくなり、とかく引きこもりがちになる。
或いは、女房の尻を追いかける「濡れ落ち葉」になるかだ。

この平和公園の将棋、囲碁は、中高年の「絆」を作る場となっているのではないだろうか。

将棋、囲碁に限らず、
こうした中高年の遊びと遊び場を、どうやって仕掛けていくかが、
これからの少子高齢化時代の大きな課題だろう。

こうした野外囲碁、将棋の活動は結構全国であるようだ。
そういえば、東京のリタイアした友人は、月1回、同窓会の同好の士が集まって、囲碁の会を催しているといっていた。

それなら、市民球場跡地で「ギネスに挑戦―野外囲碁、将棋」
として、お祭り騒ぎにしてもいいだろうし、
あるいは「全国野外将棋、囲碁大会」としても、いいかもしれない。

菓子博の次のイベントの1つにしたらいい。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


近所でも囲碁の強いお爺さんがいますが、強すぎて近所には相手がいないので、ちょっと遠くの平和公園まで行っているということです。
そういう大会があると面白いかも知れませんね。

投稿: アコ | 2012年5月13日 (日) 08時16分


アコ様

平和公園には、各地から強い人達が集まっているんですか。
各地には、もっとたくさんの囲碁、将棋ファンがいるんでしょうね。

投稿: 元安川 | 2012年5月13日 (日) 08時38分


少し前にコンピュータが将棋の名人に勝ちましたが、囲碁はまだまだ人間の方が強いそうですね。
その人間も強くなり過ぎると相手になる人がなかなか周りにいなくて、70歳を過ぎてパソコンを始める人の中には、ネットで囲碁や将棋をするためという人も多いそうです。
知人も24時間、いつでも強い対戦相手と出来ると、ネット囲碁にハマっていました。

投稿: 星野 | 2012年5月13日 (日) 09時25分


星野様

ネット囲碁、将棋のファンは多いのでしょうね。
そうした人達に、ハレの舞台を用意してあげたいですね。

投稿: 元安川 | 2012年5月13日 (日) 09時47分


平和公園の木陰になる所で、よくそういうものをやってらっしゃいますね。
時々、その勝負が講じて流血事件が発生して、たまたまそばを通りかかっただけなのに
刑事に聞き取りをされた経験もありますが・・・

ギネスに挑戦と言うのは面白い発想ですね。
ちょっと絆という本題からは、ずれてしまいますが・・・
以前中国に行って来ましたが、あちらでは田舎町に行くとオンボロバスで走る街道沿いの
商店という商店には、構わず歩道にテーブルを出して将棋をやっている光景を見ました。
それを一緒に見る人もいるから狭い歩道は人でいっぱい、通り過ぎる人はそれを避けながら通らないといけない。
歩行者が可哀想になりますが、でも、それを非難する人はいないみたいです((笑い
なんと言っても、あちらでは普段仕事のない人が、日本とは比較にならないくらい多い。しかも人口自体が多い・・・
本気でギネスを競ったら絶対勝てないでしょう((笑い

投稿: いっちゃん | 2012年5月13日 (日) 16時48分


いっちゃん

流血事件も起こっているんですか。
ウーン。

そうであれば余計、もっと明るくする仕掛けが必要ですね。

人数で勝負したら、
確かに、中国にかないそうにありませんね。

そうであれば、
都道府県対抗の駅伝のように、団体戦にするとかの仕掛けが必要かもしれませんね。

将棋、囲碁に加えて麻雀もいれたらどうでしょうかね。

投稿: 元安川 | 2012年5月13日 (日) 17時03分


その流血事件には面白い落ちが有りましてね。

~『近くで、怪しい人を見かけませんでしたか?』と刑事が、私に聞いてきた。
私はすかさず「怪しい人なら向こうの角にいましたよ、ボロボロののレインコートを着て目つきの悪い人達が、
数人たむろしていました」と答えたら・・・

その刑事は非常に申し訳なさそうな顔をして答えた
『すみません!向こうの角にいたのはおそらく我々の同僚の刑事です』と・・・
確かに怪しい奴に間違いはなかった((笑い

将棋、囲碁、麻雀を駅伝風に交代で打っていって、何時間連続競技できるか・・・
面白い競技が出来そうですね。

投稿: いっちゃん | 2012年5月13日 (日) 22時09分


「朱に交われば赤くなる」
とならないように心掛けてして欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2012年5月14日 (月) 07時12分

« 世界で最高の技術を、世界で最低の人達が扱う | トップページ | パソコンの正しい節電・節約 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

近所でも囲碁の強いお爺さんがいますが、強すぎて近所には相手がいないので、ちょっと遠くの平和公園まで行っているということです。
そういう大会があると面白いかも知れませんね。

アコ様

平和公園には、各地から強い人達が集まっているんですか。
各地には、もっとたくさんの囲碁、将棋ファンがいるんでしょうね。

少し前にコンピュータが将棋の名人に勝ちましたが、囲碁はまだまだ人間の方が強いそうですね。
その人間も強くなり過ぎると相手になる人がなかなか周りにいなくて、70歳を過ぎてパソコンを始める人の中には、ネットで囲碁や将棋をするためという人も多いそうです。
知人も24時間、いつでも強い対戦相手と出来ると、ネット囲碁にハマっていました。

星野様

ネット囲碁、将棋のファンは多いのでしょうね。
そうした人達に、ハレの舞台を用意してあげたいですね。

平和公園の木陰になる所で、よくそういうものをやってらっしゃいますね。
時々、その勝負が講じて流血事件が発生して、たまたまそばを通りかかっただけなのに
刑事に聞き取りをされた経験もありますが・・・

ギネスに挑戦と言うのは面白い発想ですね。
ちょっと絆という本題からは、ずれてしまいますが・・・
以前中国に行って来ましたが、あちらでは田舎町に行くとオンボロバスで走る街道沿いの
商店という商店には、構わず歩道にテーブルを出して将棋をやっている光景を見ました。
それを一緒に見る人もいるから狭い歩道は人でいっぱい、通り過ぎる人はそれを避けながら通らないといけない。
歩行者が可哀想になりますが、でも、それを非難する人はいないみたいです((笑い
なんと言っても、あちらでは普段仕事のない人が、日本とは比較にならないくらい多い。しかも人口自体が多い・・・
本気でギネスを競ったら絶対勝てないでしょう((笑い

いっちゃん

流血事件も起こっているんですか。
ウーン。

そうであれば余計、もっと明るくする仕掛けが必要ですね。

人数で勝負したら、
確かに、中国にかないそうにありませんね。

そうであれば、
都道府県対抗の駅伝のように、団体戦にするとかの仕掛けが必要かもしれませんね。

将棋、囲碁に加えて麻雀もいれたらどうでしょうかね。

その流血事件には面白い落ちが有りましてね。

~『近くで、怪しい人を見かけませんでしたか?』と刑事が、私に聞いてきた。
私はすかさず「怪しい人なら向こうの角にいましたよ、ボロボロののレインコートを着て目つきの悪い人達が、
数人たむろしていました」と答えたら・・・

その刑事は非常に申し訳なさそうな顔をして答えた
『すみません!向こうの角にいたのはおそらく我々の同僚の刑事です』と・・・
確かに怪しい奴に間違いはなかった((笑い

将棋、囲碁、麻雀を駅伝風に交代で打っていって、何時間連続競技できるか・・・
面白い競技が出来そうですね。

「朱に交われば赤くなる」
とならないように心掛けてして欲しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/54643393

この記事へのトラックバック一覧です: ギネスに挑戦―平和公園の将棋と囲碁―中高年の絆:

« 世界で最高の技術を、世界で最低の人達が扱う | トップページ | パソコンの正しい節電・節約 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30