広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 電力会社が天気予報をする時代 | トップページ | 広島は世界一の観光都市です »

2012年5月19日 (土)

スペランツァ 調理はイベント

「食べログ」で家の近くのイタリアンのレストランを検索して出かけた。
「スペランツァ」
「希望」と意味だというのが、気に入って決めた。

平和大通りから天満川に沿ってちょっと北に上がったところの川べりに面して「スペランツァ」はある。

玄関前のウッドデッキを上がって、緑の木枠のドアを開けると、真っ白な店内が広がる。
間口は狭いが奥行はある。
左側がカウンター席、右側とその奥にテーブル席がある。
ゆったりと置かれている。
この演出はなかなか上手い。

Image002

昨年の2011年11月にオープンしたというからまだ新しい。
元は居酒屋だったというが、おしゃれなレストランに改装されている。
どんな居酒屋だったか知らないが、まったくそんな面影はない。

今回は満席とかで、カウンター席に座ったが、
カウンター席は、意外と面白いのを発見した。

白い服のシェフのキビキビと調理するのを見ているだけで楽しい。
ガスバーナーで調理した魚に焦げ目を入れているのも、初めて見た。

いわゆるフランス料理や欧州料理では、通常厨房は客の目から見えないように作られている。
カウンター席という習慣は西洋料理にはない。
料理人とそれを食べる貴族の間には厳然とした区分があったからだろうと思う。

それが日本では、寿司屋のカウンター席のように、
客が目の前に置かれた材料を選び、寿司職人が客の見ている前で握ってくれる。
客は寿司職人のその握り方の鮮やかさを楽しみ、職人とお喋りを楽しむのが,寿司のだいご味だ。
だからか、寿司には値段がついていないのが本来だ。

そんな習慣は本来の欧州料理にはない。

それをこのイタリアンのお店は実現している。
イタリアンにはイタリアンの調理の楽しみ方があるのを見せてくれた。
調理はイベントなのだ。

黒いスーツの女性はソムリエの資格のブローチをしている。
今日の料理にはイタリアのシチリア地方のワインがいいと選んでくれた。

シェフとソムリエ、
なかなか息のあったサービスは心地よい。

妻に
「お母さん、美しいね」
といったら、
「まだ正気ね」
といわれた。

料理は勿論おいしかった。

日が暮れてきたら、
玄関前に置かれたプランターにスポットライトが点けられた。

広島の初夏の夕暮れが、ゆったりと過ぎていった。


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


評判を聞いて、昨年の暮れに2度行こうと思いましたが、どちらも予約でいっぱいで入れませんでした。
年が明けて落ち着いたら行こうと思ったまま、忘れてました。
週明けにでも行こうかと思っていますが、もしかして、このブログで予約も増えるでしょうか(゚ー゚;

投稿: ユキ | 2012年5月19日 (土) 08時10分


食べログで検索して見ました。
評価もいいですね。今から目がハートです(*^-^)
機会があれば是非行ってみたいです。

投稿: アコ | 2012年5月19日 (土) 08時20分


ユキ様

私が行ったのはGW期間中でしたが、当日の予約で取れました。
若い彼らが頑張っているお店が繁盛するのは嬉しいことですね。

投稿: 元安川 | 2012年5月19日 (土) 08時47分


アコ様

食べログに書き込まれる料理についてのコメントは驚くほど詳細ですね。
実のところ、私は料理については「美味い、不味い、まあまあ」の3つくらいの評価しかできません。
料理は皆さんにお任せです。

投稿: 元安川 | 2012年5月19日 (土) 09時04分


昨日、昼に妻と行ってみましたが、予約でいっぱいで入れませんでした。

で、もう一度この記事を読んで気づいたのですが、「お母さん、美しいね」のくだりは、おのろけですよね。

野暮を承知で質問すると、それほど料理がおいしかった、あるいは、そう言わせるような雰囲気だったということなのでしょうか。「解釈」が難しいので--。でも奥様は幸せですね。

投稿: イタリアン・ファン | 2012年5月22日 (火) 09時28分


イタリアン ファン様

スペランツアに行って、トライしてみて下さい。
広島はより平和な都市になると思います。
投稿: 元安川 | 2012年5月22日 (火) 10時39分

« 電力会社が天気予報をする時代 | トップページ | 広島は世界一の観光都市です »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

評判を聞いて、昨年の暮れに2度行こうと思いましたが、どちらも予約でいっぱいで入れませんでした。
年が明けて落ち着いたら行こうと思ったまま、忘れてました。
週明けにでも行こうかと思っていますが、もしかして、このブログで予約も増えるでしょうか(゚ー゚;

食べログで検索して見ました。
評価もいいですね。今から目がハートです(*^-^)
機会があれば是非行ってみたいです。

ユキ様

私が行ったのはGW期間中でしたが、当日の予約で取れました。
若い彼らが頑張っているお店が繁盛するのは嬉しいことですね。

アコ様

食べログに書き込まれる料理についてのコメントは驚くほど詳細ですね。
実のところ、私は料理については「美味い、不味い、まあまあ」の3つくらいの評価しかできません。
料理は皆さんにお任せです。

昨日、昼に妻と行ってみましたが、予約でいっぱいで入れませんでした。

で、もう一度この記事を読んで気づいたのですが、「お母さん、美しいね」のくだりは、おのろけですよね。

野暮を承知で質問すると、それほど料理がおいしかった、あるいは、そう言わせるような雰囲気だったということなのでしょうか。「解釈」が難しいので--。でも奥様は幸せですね。

イタリアン ファン様

スペランツアに行って、トライしてみて下さい。
広島はより平和な都市になると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/54676657

この記事へのトラックバック一覧です: スペランツァ 調理はイベント:

« 電力会社が天気予報をする時代 | トップページ | 広島は世界一の観光都市です »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31