広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 絆=新広電ビル+シャレオ | トップページ | 就活は facebookで! »

2012年4月22日 (日)

悪魔に魂を売ると・・・罰せられない?

法律違反は結果オーライではありません。交通事故さえ起こさなければ交通違反をして良いというわけではありません。

駐車違反、スピード違反、飲酒運転、ながら運転などの安全運転義務違反など、これらはいずれも、事故を起こさなくても、誰にも迷惑をかけなくても、法律に基づいて処分されます。

法律・規則・規制というものは、そういうものであり、法治国家では当たり前のことです。

ところが、これが原発や放射能になると、日本ではその常識が覆ります。

危険な毒物を日本中にばら撒いた企業でも、誰も逮捕されません。
それを監視、指導していた人達も、誰も責任を取りません。

そして、これまで厳格に運用されてきた基準値も規則も全て無視されます。

「ただちに健康に影響はない」と済まされます。原発は「おおむね安全」とされます。

これでも日本は法治国家だと言えるのでしょうか。
それとも魂を悪魔に売った人達は、法治国家で罪を犯しても罰せられることはないのでしょうか。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


「赤信号、みんなで渡れば怖くない」
と同様、
あまりにも沢山の人が交通違反をしていると、
悪いのは、信号機であり、交通ルールの方だと思えてきてしまうようですね。

投稿: 宇品灯台 | 2012年4月22日 (日) 06時51分


法治国家ではなく放置国家だという話もありますね( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: 通りすがり | 2012年4月22日 (日) 07時59分


日本が所属するアメリカは、石油のためなら戦争したくさんの人を殺します。
ならば、原発はそのうち健康被害がでるのであって、直接に殺すわけでないのだから、この程度はいいと思っているのでしょ。
アメリカに右に倣えの日本の国家ですから、経済のためなら国民の犠牲は当たり前なのかもしれませんね。

投稿: やんじ | 2012年4月22日 (日) 08時11分


緊急時には臨機応変な対応もあると思いますが、例えば緊急車両は制限速度を超えられるとか、そういうことです。

投稿: 匿名 | 2012年4月22日 (日) 08時26分


宇品灯台さん
本当にそうですね。
政府は法律を守ろうとする行為を「風評被害」と呼び、法律を犯すことを「絆」と言い、これまでの法律だけでなく、日本語まで変えてしまったようです。

投稿: 工場長 | 2012年4月22日 (日) 08時47分


通りすがりさん
政府は本当に必要なこと=国民の生命と財産を守ることは放置して、利権を守ることに終始しているようです。

投稿: 工場長 | 2012年4月22日 (日) 08時50分


やんじさん
「この程度はいい」ということが以前からの国民合意ならまだいいのですが、それまでは放射線は出来るだけ避けた方が良いということで、病院でも微量の放射線や放射能でも厚い扉で防御し厳重に管理され、歯科のレントゲン撮影ですら鉛のエプロンをしていました。

放射性造影剤を使うPET検査などでは検査後24時間は子供や妊婦には近づかないように注意を受けていましたが、それが事故があった途端、法律を無視して、子供が毎日レントゲンをとっても大丈夫、年間400回のレントゲン検査でも大丈夫だと言い始めたわけです。

ヨーロッパの試算では今回の事故で亡くなる日本人は最終的に100万人を超えるという報告もあります。まさに戦争ではないでしょうか。しかも日本経済のためでもなく、一部の利権のためです。

投稿: 工場長 | 2012年4月22日 (日) 08時52分


匿名さん
国民の生命や人権を守るためであれば、超法規的措置もあり得ると思いますが、今回は全く逆で、国民の生命や財産を犯してでも利権を守るための超法規的措置と言えます。

速度違反の例で言えば、政府のエライ人が20キロオーバーで運転したので、制限速度を20キロくらい超えても良い事にした。ただちに事故になるわけではないし、おおむね安全だというわけです。その結果、年間に何万人の交通事故死が増えても、個別には因果関係を立証できないし、ということではないでしょうか。

投稿: 工場長 | 2012年4月22日 (日) 08時56分


これでは子どもに規則を守りなさいとは言えませんね。

投稿: アコ | 2012年4月22日 (日) 09時08分


アコさん
ここから学べることは「規則を破ったら規則を変えれば良い」ということでしょうか。
でも、そういう大人ばかりではなく、何が正しいことなのか、社会の現実を教えるチャンスかも知れません。

投稿: 工場長 | 2012年4月22日 (日) 09時12分


放置国家(笑)

今回のJアラートやMネットにしても、笑い事ではありませんが、もう笑うしかないような事実ばかりが出てきますね。
これで愛国心とか絆とか言われても、それはもう政府抜きでしか成り立たないような気がします。
ただ、政府だけの責任ではなく、それを見過ごしてきた国民にも責任の一端はあるのではないでしょうか。

投稿: 星野 | 2012年4月22日 (日) 10時52分


昨年、東北地方太平洋沖地震が発生し、津波の発生等によって東日本大震災にまで発展した。
この津波の被害によって多数の犠牲者が出た訳ですが、事はそれだけでは済まなかった。
福島原発の処々の問題によって、放射能が周辺各地に振りまかれることになった。
そして、現在放射能問題で政府と東京電力の対応が大きく取り上げられている訳です。

しかし、考えてみるとそのような事になった直接の原因は何でしょう?
太平洋沖で起きた大地震とそれに伴った大津波です。
しかし、人々はその自然の猛威については、腹を立てたり紛糾したりしない。
人類は、古い歴史の中から自然には絶対勝てないことを熟知しているからです。
いや、むしろ自然にそっぽを向かれたら人類の生存自体が危うくなる。

という事で、人々は自然に対しては文句は言えないと判ったら、その下の責め際を探す。
政府の危機意識が無い、東京電力の事前対処や対応力が足らない。
大きく考えてみれば、これは弱者紛糾ではないでしょうか? 弱いものいじめ!

以前、或る自然豊富な地域で中腹のなだらかな地形を利用して、団地造成の工事が始まった。
しかし、工事が開始されてまもなくのこと、その地域から流れる小さな排水溝が氾濫し、下流の人々が団地工事のせいだと怒り始めた。
たまたま、その地域に住まいしていた私は担ぎ上げられて、その工事業者に町民の為に説明会を開くよう段取りをして、その日を迎えた。
町民からは色々な質問が飛ぶが、工事側は図面や写真を駆使したりして、絶対に事故や災害は無く工事を進めますと高飛車に切り返す。

しかし、その工事側の口を閉じさせたのは、隅の方におとなしく座っていた地区の長老の、何気なく小声でつぶやいた一言だった。
『山が怒るぞ!』
それまで、かんかんがくがくやり合っていた、双方の言葉が途切れ一瞬静粛な空気が流れた。
何百年もの間、家訓のように語り継がれていた、その長老の言葉は、何ものにも替えがたい重みがあった。
一見、なにも自然災害が起きないように見える、平和な山里でも何百年も遡っていけば必ず自然の猛威は発生している。
工事側は、一転低姿勢に転じて町民達との説明会は和やかな雰囲気で終わった。

また、こんな事もあった。
以前長く努めていた建設会社の河川改修の土木工事で、梅雨時期に土石流が発生し下流の急傾斜の団地を水が走り抜け、その団地下にある一軒の民家に土石が流れ込んでしまい、全壊状態となってしまった。
周辺の団地からは工事のせいだと、冷たい罵声が投げかけられる中、補償等の収拾に駆け回った。
状況からして、とても人力で止められる物ではない自然の猛威だったが、そんな事は口が裂けても言えない。
何とか皆さんに理解して頂いて、工事自体も無事終了した。

そんな苦い経験を積んだ地域を、最近縁があって車で通りかかった。
車にはもう一人、新しい会社の同僚が乗っていた。
ふと、懐かしさからその昔の事を話しかけてみたが、その同僚は事も無げに『その家はわしの親戚です』との返事が返ってきた。
私は車を運転しながら一瞬凍りついた!
いくら自然の猛威とは言いながら、隣に座っている人の親戚の家をぶっ潰した会社の関係者だったのだ。
どんな罵声が飛ぶかと身構えたが、その人は反対に優しく慰めてくださった。
『あれは自然の猛威だったんだから仕方ないんですよ。自然には絶対勝てないから!』
その一言で、ほっと胸をなでおろした経験がある。

地球が誕生して46億年、その地球上にバクテリアのような生命体が誕生して20億年程度と言われている。
我々の祖先の生命体は地球上で、小惑星の衝突によって地球全体が火の玉になった時も地中数百mまでもぐって生存を続け、二酸化炭素の大量発生によって氷の星となった時も生存を終わらせること無く、今日我々人類を育んでくれた。
しかし、我々人類の期限は?と言うとホモサピエンス、ネアンデルタール人をまだ遡って、無理やり猿人の時代まで遡ったとしても、たかだか500万年前くらいと言われている。
地球の歴史からすれば、ほんの仮住まい程度しかない。

その仮住まい人類が、今は我が物顔に地球の主だと勘違いして色んな施設を作って、地球を壊しているという批判は甘んじなければいけないが・・・

自然の猛威を受ければ、それを甘んじて受け入れ自分達の出来る事を続けていく、そして人類は誰が悪いかれが悪いと人間同士を非難することが無いような世界にならないかと、私は思います。

投稿: いっちゃん | 2012年4月22日 (日) 11時35分


星野さん
確かに笑い事ではないが笑うしかないようなことが続いています。

そして独裁政権でもなく軍事政権でもない日本の政府はまさに直接ではないにしても、普通選挙で国民が選んだ政府です。
選挙制度にも多くの問題はありますが、やはり責任の一旦は国民にもあります。

だからこそ、国民は今自分が何をしなければならないのか、政府に任せておいてはいけない、という自覚が必要だと思います。

投稿: 工場長 | 2012年4月22日 (日) 12時51分


いっちゃん
まさに広島の平和は「憎しみ」や「対立」ではなく「許し」「和解」することだと思います。

ただ、今回の震災の被害と原発事故は明らかに分けられて論じられるべきだとも思います。
今回の原発は千年に1度の津波で起きたことではなく、日本で決して「想定外」ではない震度6の地震で倒壊し、設計上の不備による浸水により電源が確保できず爆発した事故であり、人災以外の何者でもありません。

決して想定外でも何でもなく、日本の原発には固有安全性も多重防御もなく、それを前提としていたために事故対応も出来なかったわけです。

それも最悪の結果ではなく、現場の命がけの努力と偶然で、運良く、あの程度で済んでいる(まだ終わっていませんが)というものです。

そして今なお福島は収束どころか危険な状態にあり、そういう危険なものが地震の多発する日本国内に50基以上あるわけです。

福島原発の事故は危険を指摘されていたにも関わらず放置していたために起きた、明らかに過失による事故ですし、仮に故意でないとしても、その結果責任は従来通りの法律で処理されるべきことです。

これから原発を止めようが動かそうが、これから莫大なお金と時間と労力をかけて、廃炉と、それこそ何万年かかるかも分からない死の灰の処理を行なっていかないといけないわけです。

どうして今回の事故が起きたのか原因も責任も明らかにしないまま、津波のせいだけにしていては、同じことの繰り返しになるのではないでしょうか。

投稿: 工場長 | 2012年4月22日 (日) 12時58分


大飯原発の再稼働するか否かについて、
政府は「安全」だといっていますが、
それは想定される規模の地震、津波に対してであって、
テロに対しては、何もふれていませんし、
原発の廃棄物もが「安全」であるかのようなレトリックで、議論が進められています。
政治家、メデイアは、言葉の定義を、自分達に都合のいいように変えていってしまうようです。

振り込み詐欺同然です。
見破るのは、大変ですね。

投稿: げん | 2012年4月22日 (日) 13時43分


げんさん
大飯原発の安全性は原子力安全委員会ですら認めていないものを政治家が「おおむね安全」としてしまいました。

大飯原発はベント施設にフィルターもなければ、免震事務棟すらない、災害時にはヘリでしか行けない可能性のあるところにあり、福島より遥かに大きな事故の可能性があり、遥かに被害の大きくなる可能性のある原発であり、想定されていることへの対応すら出来ていない施設ですが、これが日本で最も最新の安全性を持つ原発というわけです。

他の国ではテロも飛行機や隕石の落下も想定内ですが、それどころか日本では頻発する大きな地震すら「想定外」というわけです。

ドイツ国民やイタリアの国民のように、日本国民ももう少し正しい情報を得て、それなりの行動が必要ではないでしょうか。

投稿: 工場長 | 2012年4月22日 (日) 13時59分


放置国家ならまだましですが、政府は放射能に関して政府のいい加減で従来の基準を無視した規制値に対して、民間がより安全な基準を設けることに、やめるように口を出しているということです。少しでも多くの国民を何が何でも被曝させようとする政府の意図は一体何なのでしょうか。

投稿: 放任主義 | 2012年4月22日 (日) 16時09分


放任主義さん
政府は規制緩和すべきところと、規制強化するところを完全に取り違えているようですね。国民の命を守るということを第一に考えれば、こんなことにはならないはずです。

投稿: 工場長 | 2012年4月22日 (日) 23時45分


スピードも捕まらない範囲ならオーバーしてもいいと考えてしまっている私にとっては耳が痛い話です。

が、しかし、
事故があれば広く被害が出て、沢山の国民が被害にあうことに対して、政府が言っていいセリフとは思えません。
原発に対し、あまりに反対の意を唱えると、風評被害と言って取り締まるとか・・・
どこの国のすることかと思ってしまいます。
政府にとって、そこまで利権がからむ方達というのは、怖いのでしょうかね。

投稿: ハチ | 2012年4月23日 (月) 00時31分


ハチさん
私は電力会社の仕事もしたことがありますから、電力会社の力は理解していたつもりですが、原発利権がここまで巨大なものだというのは、この1年で思い知りました。

道路の速度制限は偶に不合理なこともありますが、それは地元で意見を纏めて陳情して改めるべきです。我が家の周辺道路も以前は20キロとか30キロという速度制限がありましたが、今は撤廃されています。ただ、速度違反で捕まった時に主張しても駄目です。

ところが日本の政府や御用学者達は事故前は年間1ミリシーベルトという規制値を厳しく守らせていたのに、事故後に20ミリまで大丈夫だとか、100ミリまでは大丈夫だとか、それまで言ってきたことと全く違うことを言い出したことに大きな問題を感じます。法律を作る側が速度違反をしたから制限速度を変えるというのは、許されないことではないでしょうか。

投稿: 工場長 | 2012年4月23日 (月) 09時23分

« 絆=新広電ビル+シャレオ | トップページ | 就活は facebookで! »

電力問題」カテゴリの記事

コメント

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」
と同様、
あまりにも沢山の人が交通違反をしていると、
悪いのは、信号機であり、交通ルールの方だと思えてきてしまうようですね。

法治国家ではなく放置国家だという話もありますね( ̄ー ̄)ニヤリ

日本が所属するアメリカは、石油のためなら戦争したくさんの人を殺します。
ならば、原発はそのうち健康被害がでるのであって、直接に殺すわけでないのだから、この程度はいいと思っているのでしょ。
アメリカに右に倣えの日本の国家ですから、経済のためなら国民の犠牲は当たり前なのかもしれませんね。

緊急時には臨機応変な対応もあると思いますが、例えば緊急車両は制限速度を超えられるとか、そういうことです。

宇品灯台さん
本当にそうですね。
政府は法律を守ろうとする行為を「風評被害」と呼び、法律を犯すことを「絆」と言い、これまでの法律だけでなく、日本語まで変えてしまったようです。

通りすがりさん
政府は本当に必要なこと=国民の生命と財産を守ることは放置して、利権を守ることに終始しているようです。

やんじさん
「この程度はいい」ということが以前からの国民合意ならまだいいのですが、それまでは放射線は出来るだけ避けた方が良いということで、病院でも微量の放射線や放射能でも厚い扉で防御し厳重に管理され、歯科のレントゲン撮影ですら鉛のエプロンをしていました。

放射性造影剤を使うPET検査などでは検査後24時間は子供や妊婦には近づかないように注意を受けていましたが、それが事故があった途端、法律を無視して、子供が毎日レントゲンをとっても大丈夫、年間400回のレントゲン検査でも大丈夫だと言い始めたわけです。

ヨーロッパの試算では今回の事故で亡くなる日本人は最終的に100万人を超えるという報告もあります。まさに戦争ではないでしょうか。しかも日本経済のためでもなく、一部の利権のためです。

匿名さん
国民の生命や人権を守るためであれば、超法規的措置もあり得ると思いますが、今回は全く逆で、国民の生命や財産を犯してでも利権を守るための超法規的措置と言えます。

速度違反の例で言えば、政府のエライ人が20キロオーバーで運転したので、制限速度を20キロくらい超えても良い事にした。ただちに事故になるわけではないし、おおむね安全だというわけです。その結果、年間に何万人の交通事故死が増えても、個別には因果関係を立証できないし、ということではないでしょうか。

これでは子どもに規則を守りなさいとは言えませんね。

アコさん
ここから学べることは「規則を破ったら規則を変えれば良い」ということでしょうか。
でも、そういう大人ばかりではなく、何が正しいことなのか、社会の現実を教えるチャンスかも知れません。

放置国家(笑)

今回のJアラートやMネットにしても、笑い事ではありませんが、もう笑うしかないような事実ばかりが出てきますね。
これで愛国心とか絆とか言われても、それはもう政府抜きでしか成り立たないような気がします。
ただ、政府だけの責任ではなく、それを見過ごしてきた国民にも責任の一端はあるのではないでしょうか。

昨年、東北地方太平洋沖地震が発生し、津波の発生等によって東日本大震災にまで発展した。
この津波の被害によって多数の犠牲者が出た訳ですが、事はそれだけでは済まなかった。
福島原発の処々の問題によって、放射能が周辺各地に振りまかれることになった。
そして、現在放射能問題で政府と東京電力の対応が大きく取り上げられている訳です。

しかし、考えてみるとそのような事になった直接の原因は何でしょう?
太平洋沖で起きた大地震とそれに伴った大津波です。
しかし、人々はその自然の猛威については、腹を立てたり紛糾したりしない。
人類は、古い歴史の中から自然には絶対勝てないことを熟知しているからです。
いや、むしろ自然にそっぽを向かれたら人類の生存自体が危うくなる。

という事で、人々は自然に対しては文句は言えないと判ったら、その下の責め際を探す。
政府の危機意識が無い、東京電力の事前対処や対応力が足らない。
大きく考えてみれば、これは弱者紛糾ではないでしょうか? 弱いものいじめ!

以前、或る自然豊富な地域で中腹のなだらかな地形を利用して、団地造成の工事が始まった。
しかし、工事が開始されてまもなくのこと、その地域から流れる小さな排水溝が氾濫し、下流の人々が団地工事のせいだと怒り始めた。
たまたま、その地域に住まいしていた私は担ぎ上げられて、その工事業者に町民の為に説明会を開くよう段取りをして、その日を迎えた。
町民からは色々な質問が飛ぶが、工事側は図面や写真を駆使したりして、絶対に事故や災害は無く工事を進めますと高飛車に切り返す。

しかし、その工事側の口を閉じさせたのは、隅の方におとなしく座っていた地区の長老の、何気なく小声でつぶやいた一言だった。
『山が怒るぞ!』
それまで、かんかんがくがくやり合っていた、双方の言葉が途切れ一瞬静粛な空気が流れた。
何百年もの間、家訓のように語り継がれていた、その長老の言葉は、何ものにも替えがたい重みがあった。
一見、なにも自然災害が起きないように見える、平和な山里でも何百年も遡っていけば必ず自然の猛威は発生している。
工事側は、一転低姿勢に転じて町民達との説明会は和やかな雰囲気で終わった。

また、こんな事もあった。
以前長く努めていた建設会社の河川改修の土木工事で、梅雨時期に土石流が発生し下流の急傾斜の団地を水が走り抜け、その団地下にある一軒の民家に土石が流れ込んでしまい、全壊状態となってしまった。
周辺の団地からは工事のせいだと、冷たい罵声が投げかけられる中、補償等の収拾に駆け回った。
状況からして、とても人力で止められる物ではない自然の猛威だったが、そんな事は口が裂けても言えない。
何とか皆さんに理解して頂いて、工事自体も無事終了した。

そんな苦い経験を積んだ地域を、最近縁があって車で通りかかった。
車にはもう一人、新しい会社の同僚が乗っていた。
ふと、懐かしさからその昔の事を話しかけてみたが、その同僚は事も無げに『その家はわしの親戚です』との返事が返ってきた。
私は車を運転しながら一瞬凍りついた!
いくら自然の猛威とは言いながら、隣に座っている人の親戚の家をぶっ潰した会社の関係者だったのだ。
どんな罵声が飛ぶかと身構えたが、その人は反対に優しく慰めてくださった。
『あれは自然の猛威だったんだから仕方ないんですよ。自然には絶対勝てないから!』
その一言で、ほっと胸をなでおろした経験がある。

地球が誕生して46億年、その地球上にバクテリアのような生命体が誕生して20億年程度と言われている。
我々の祖先の生命体は地球上で、小惑星の衝突によって地球全体が火の玉になった時も地中数百mまでもぐって生存を続け、二酸化炭素の大量発生によって氷の星となった時も生存を終わらせること無く、今日我々人類を育んでくれた。
しかし、我々人類の期限は?と言うとホモサピエンス、ネアンデルタール人をまだ遡って、無理やり猿人の時代まで遡ったとしても、たかだか500万年前くらいと言われている。
地球の歴史からすれば、ほんの仮住まい程度しかない。

その仮住まい人類が、今は我が物顔に地球の主だと勘違いして色んな施設を作って、地球を壊しているという批判は甘んじなければいけないが・・・

自然の猛威を受ければ、それを甘んじて受け入れ自分達の出来る事を続けていく、そして人類は誰が悪いかれが悪いと人間同士を非難することが無いような世界にならないかと、私は思います。

星野さん
確かに笑い事ではないが笑うしかないようなことが続いています。

そして独裁政権でもなく軍事政権でもない日本の政府はまさに直接ではないにしても、普通選挙で国民が選んだ政府です。
選挙制度にも多くの問題はありますが、やはり責任の一旦は国民にもあります。

だからこそ、国民は今自分が何をしなければならないのか、政府に任せておいてはいけない、という自覚が必要だと思います。

いっちゃん
まさに広島の平和は「憎しみ」や「対立」ではなく「許し」「和解」することだと思います。

ただ、今回の震災の被害と原発事故は明らかに分けられて論じられるべきだとも思います。
今回の原発は千年に1度の津波で起きたことではなく、日本で決して「想定外」ではない震度6の地震で倒壊し、設計上の不備による浸水により電源が確保できず爆発した事故であり、人災以外の何者でもありません。

決して想定外でも何でもなく、日本の原発には固有安全性も多重防御もなく、それを前提としていたために事故対応も出来なかったわけです。

それも最悪の結果ではなく、現場の命がけの努力と偶然で、運良く、あの程度で済んでいる(まだ終わっていませんが)というものです。

そして今なお福島は収束どころか危険な状態にあり、そういう危険なものが地震の多発する日本国内に50基以上あるわけです。

福島原発の事故は危険を指摘されていたにも関わらず放置していたために起きた、明らかに過失による事故ですし、仮に故意でないとしても、その結果責任は従来通りの法律で処理されるべきことです。

これから原発を止めようが動かそうが、これから莫大なお金と時間と労力をかけて、廃炉と、それこそ何万年かかるかも分からない死の灰の処理を行なっていかないといけないわけです。

どうして今回の事故が起きたのか原因も責任も明らかにしないまま、津波のせいだけにしていては、同じことの繰り返しになるのではないでしょうか。

大飯原発の再稼働するか否かについて、
政府は「安全」だといっていますが、
それは想定される規模の地震、津波に対してであって、
テロに対しては、何もふれていませんし、
原発の廃棄物もが「安全」であるかのようなレトリックで、議論が進められています。
政治家、メデイアは、言葉の定義を、自分達に都合のいいように変えていってしまうようです。

振り込み詐欺同然です。
見破るのは、大変ですね。

げんさん
大飯原発の安全性は原子力安全委員会ですら認めていないものを政治家が「おおむね安全」としてしまいました。

ベント施設にフィルターもなければ、免震事務棟すらない、災害時にはヘリでしか行けない可能性のあるところにあり、福島より遥かに大きな事故の可能性があり、遥かに被害の大きくなる可能性のある原発であり、想定されていることへの対応すら出来ていない施設ですが、これが日本で最も最新の安全な原発というわけです。

他の国ではテロも飛行機や隕石の落下も想定内ですが、それどころか日本では頻発する大きな地震すら「想定外」というわけです。

ドイツ国民やイタリアの国民のように、日本国民ももう少し正しい情報を得て、それなりの行動が必要ではないでしょうか。

放置国家ならまだましですが、政府は放射能に関して政府のいい加減で従来の基準を無視した規制値に対して、民間がより安全な基準を設けることに、やめるように口を出しているということです。少しでも多くの国民を何が何でも被曝させようとする政府の意図は一体何なのでしょうか。

放任主義さん
政府は規制緩和すべきところと、規制強化するところを完全に取り違えているようですね。国民の命を守るということを第一に考えれば、こんなことにはならないはずです。

スピードも捕まらない範囲ならオーバーしてもいいと考えてしまっている私にとっては耳が痛い話です。

が、しかし、
事故があれば広く被害が出て、沢山の国民が被害にあうことに対して、政府が言っていいセリフとは思えません。
原発に対し、あまりに反対の意を唱えると、風評被害と言って取り締まるとか・・・
どこの国のすることかと思ってしまいます。
政府にとって、そこまで利権がからむ方達というのは、怖いのでしょうかね。

ハチさん
私は電力会社の仕事もしたことがありますから、電力会社の力は理解していたつもりですが、原発利権がここまで巨大なものだというのは、この1年で思い知りました。

道路の速度制限は偶に不合理なこともありますが、それは地元で意見を纏めて陳情して改めるべきです。我が家の周辺道路も以前は20キロとか30キロという速度制限がありましたが、今は撤廃されています。ただ、速度違反で捕まった時に主張しても駄目です。

ところが日本の政府や御用学者達は事故前は年間1ミリシーベルトという規制値を厳しく守らせていたのに、事故後に20ミリまで大丈夫だとか、100ミリまでは大丈夫だとか、それまで言ってきたことと全く違うことを言い出したことに大きな問題を感じます。法律を作る側が速度違反をしたから制限速度を変えるというのは、許されないことではないでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/54523593

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔に魂を売ると・・・罰せられない?:

» 巨大地震に対して想定など勝手に決めるな! [脳挫傷による見えない障害と闘いながら]
東日本大震災以来、研究者が想定と言葉を使うが浜岡原発も最大21メートルの津波がを想定内で安心と言うが想定外の25メートルの津波が来たらどうする。 [続きを読む]

« 絆=新広電ビル+シャレオ | トップページ | 就活は facebookで! »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30