広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 国会で安全神話の検証 | トップページ | 紛らわしい信号機です »

2012年3月 4日 (日)

コシのない讃岐うどんもアリです

讃岐うどんと言えばコシの強さが売りですが、広島市内で「讃岐うどん」を掲げた店で食べたうどんが、あまりにコシのない柔らかい麺で、驚いたことがあります。

Sanuki01_20070613_2

後で専門家に聞くと「讃岐うどん」に「本場」「特産」「名物」などが付くと、麺の産地や製法に決まりがあるそうですが、ただ「讃岐うどん」だけには何の制約もない、と言います。

つまり、どんなうどんであれ「讃岐うどん」だと言えるわけです。

ちなみに広島市内で店舗の多い人気のうどん店と言えば「ちから」ですが、ちからの麺は「コシがない」と言われることもあります。でも、それは、ちからのうどんは何より出汁か売りですから、少しでも出汁を絡め易い麺を採用しており、単にコシがない麺とは違うようです。

1_2

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 国会で安全神話の検証 | トップページ | 紛らわしい信号機です »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

讃岐うどんという看板でコシのないうどんが出てきたらショックかも知れませんね。ちからのうどんは出汁が売り、とはまさにですね。無理なく最後の1滴まで飲めてしまいます。

なるほど、ちからのうどんはちょっとコシが・・・と思っていましたが、「仕様」というわけですね。確かに出汁を活かす麺と言われれば、そうかも知れないと思います。

「本場」「特産」「名物」さえ付かなければ何でもありですか・・・勉強になりました。

力のうどんの柔らかい訳が解りました。
だしが美味しいです。

コシが強いのが良いうどんって、考え方は、讃岐うどんが出回り始めてからのように思います。
だから、私的には、最近の食の指向なんだろうと。
ちからのうどんは、もともと広島にあったうどんですね。
子供の頃から食べていたうどんですから、こちらの方が好きですね。
中華そばも、今流行の色々なラーメンより、オアシスにある、昔に食堂で食べた中華そばが好きだったりします。
コシのない讃岐うどんをを、食べてみたいです。

私はソバはどうしてか好きになれず、
うどんなら、なんでもOKです。
「これは美味い」と思って食べるのは、稲庭うどんです。
でも稲庭うどんの専門店がないのは、どうしてでしょうか。

なるほど! ちからはカレーうどん以外を食べてことがありません。
カレーうどんには、あの麺が最高です!嫁は2年半、毎昼食べ続けましたw

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/54114896

この記事へのトラックバック一覧です: コシのない讃岐うどんもアリです:

« 国会で安全神話の検証 | トップページ | 紛らわしい信号機です »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30