広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 上田宗箇展 | トップページ | 首都高速道路の改修工事と3.11 »

2012年3月 9日 (金)

相関関係と因果関係は違います

あるモノの影響や効果の根拠を示すのに相関関係が使われることは一般的に行われることです。タバコの本数が増えるとガンになり易いという医学的なことから、街にゴミが増えると犯罪が増えるという社会的なことまで、様々なことがデータで説明されます。

ところが、この相関関係ほど危ういものはありません。世の中は常に変化しています。増えているものも減っているものもあります。どんなものであれ、変化している2つのものには簡単に「相関関係」を設定できます。

アイスクリームの売上が伸びる年は、ビールの売上も伸びているでしょうから、アイスクリームの売上とビールの売上には相関関係があると言えるでしょう。

しかし、いくら相関関係が認められても、その間に原因と結果が成り立つとは限りません。ビールの売上を伸ばすために、一生懸命アイスクリームを売っても、ビールの売上は伸びません。

世の中には、この類が非常に多く、例えばコーヒーを沢山飲めばガンになるというデータもあれば、コーヒーでガンが防げるというデータもあります。

またベッドの上に居る時間が長くなると病気になるというデータもありますが、病気になった人は長い時間ベッドの上にいますから、そうなるのも当たり前です。

相関関係で説明されている事柄には、特に十分注意が必要です。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 上田宗箇展 | トップページ | 首都高速道路の改修工事と3.11 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

改めて言われると、そうだと思いますが、折れ線グラフで「コレが増えると、ソレを増えます」と説明されると納得してしまいますね。今後は気を付けたいと思います。

確かに引っ掛かり易いですね。説明されると相関関係があるから因果関係があるとは言えないことが分かりますが、簡単に騙されますね。勉強になりました。

《交通事故の原因はパトカー。何故なら事故現場には必ずパトカーがいる。》とか《お酒で酔う原因は水だ。どのお酒にも水が入っている。》あたりは、かなり多くの人が知っている、相関関係と因果関係の違いの例でしょうか。

大学で多変量解析とか回帰分析とか習った気がしますが、そういう分析手法って使われているのでしょうか。なんか専門家の説明で小学生レベルの折れ線グラフや棒グラフしか使われていないような気がします。

今大学で統計学を習っていますが、文系は統計学を習わないのでしょうね。東大法学部を出ても数字の読み方が小学生並みで、学力にしても体力にしても数字の上下だけで上がった下がったと言い、本当に意味のある上下なのか有意差の検定など行わないで、無意味な数字で議論しているように思います。統計学は中学校か高校で教えて欲しいです。

統計は確率とともに高校で教えています。微分や積分まで教えているのですから当然と言えば当選です。でも、結局は、受験の問題を解くことが大目的になってしまっているようで、それぞれの学問の精神や、基礎にある大切な概念等は十分に伝わっていないということなのかもしれません。

でもそう言ってしまうと、他の科目でも同じですよね。例えば、国語を勉強しても文章は書けなかったり、歴史を勉強しても事実とフィクションの違いが分らなかったり。1万年という長さが認識できなかったり。物理や化学を勉強していても放射線の危険性が分らなかったり――。

「それでは、どうしたら良いのか」--まで考えるのは、しんどいですね。

以前もブログのテーマに有ったと思いますが、やはり受験の弊害が大きいと思います。まずは大学が変わらないとダメでしょうね。東大が9月入学にすれば、優秀な学生の海外留学が増えるだけではないかと思ったりしていましたが、もしかすると優秀な学生が沢山海外の優秀な大学へ行った方が良いのかも知れないとも思い始めています。

武田邦彦氏が「足し算の出来ない東大教授」を批難しています。それは放射線被曝について、国の規制値は外部被曝や内部被曝の総和が年間1ミニリーベルト以下なのに、空中線量だけとか、米だけとか、自然、空気中、ホットスポット、様々な食物そして医療行為などあらゆるものから放射線を受ける状況にありながら、足し算をせずに「安全だ」と言っているというものでした。統計どころの話ではありませんね。

地球温暖化も同じじゃないですか。

温暖化についてはデータの改ざんや隠匿もありましたからね。省エネとかエネルギー源の多様化とか脱化石燃料、脱原発は良いとしても、二酸化炭素が温暖化の原因だとか、温暖化そのものは科学的証拠がなく、二酸化炭素対策なんて日本しかやっていませんからね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/54141323

この記事へのトラックバック一覧です: 相関関係と因果関係は違います:

« 上田宗箇展 | トップページ | 首都高速道路の改修工事と3.11 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30