広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 太陽光発電で変わる日照権の価値 | トップページ | 相関関係と因果関係は違います »

2012年3月 8日 (木)

上田宗箇展

ひろしま美術館で開かれている「上田宗箇―武将茶人の世界展」を見た。
凄い混雑だった。
こんなに凄い混雑は、ひろしま美術館としては久ぶりのことだろう。


Image002


お茶の上田宗箇流は広島の誇る文化だ。
それにしても、関心のある人が、こんなにも多いというのには、改めて驚いた。

広島にはまだまだ隠れた芸術、文化があるはずだ。
ひろしま美術館は、印象派の美術館として特化しているが、
そうしたことに拘らず、これからは、もっと多様な視点で、広島の美術、芸術を取り上げていって欲しいと思わずにはいられない。

入場料は特別展ということで、一般1200円だったが、一緒にいった友人はシニア料金ということで900円だった。
その友人は、
「近頃目が悪くなって、説明の字が良く見えない。
面白さが半減だ」と嘆いていた。

解説文の脇にQRコードのようなものをつけ、スマートフォンをかざせば、もっと大きな字でよるようになるというサービスもしたらどうだろうか。

しかし、天覧会そのものは面白かった。
彼も私も毎年和風堂で催される初釜に出席しているので、是非行ってみようということになったが、
こうして改めて上田宗箇について知ると、より茶道に興味も深まるという感じだ。

私は、茶道を習ったことはないので、表千家、裏千家については全く知らないので、そんな者が上田宗箇流について、何かいうのもおかしいが、
しかしこの宗箇流はいわゆる詫び寂びの文化とは随分違うように感じる。

ポスターにも使われている上田宗箇が関ヶ原の合戦で着たという「緋地立浪文陣羽織」は
鮮やかな朱の地に極めてシンプルにおおらかに黄の波が描かれている。
最先端のモダンデザインといえるデザインだ。

上田宗箇は、豊臣秀吉の側近として、戦場では有名を馳せたというが、
この陣羽織には「一番槍は俺だ」という強烈な思いが表現されているようだ。

しかし解説文を読めば、上田宗箇の人生はもっと凄まじい。
「豊臣秀吉に取り立てられ10万石の大名となりながら、関ヶ原の戦いで豊臣恩顧の武将が東軍に靡く中、義によって西軍に組し、敗れる。
その後は、縁戚浅野家の客分として1万7千石でつかえる。
88歳の時、嫡子が亡くなった後、20日間の断食をして没す」
とある。

千利休が茶人であったのに対して、上田宗箇は大名でもある武士でもある。
明日をもしれぬ武士であり、強大な権力者でもあった。

それが「わびさび」とは一線を画した茶道になっているのではないだろうか。
「ウツクシキ」がテーマだというのはよくわかる気がする。
それは豪華絢爛たる桃山文化ともまた違う。

その興味に対象が、茶碗、茶杓、茶胴をつくることにとどまらず、和風堂の建物、そして縮景園という庭園にまで広がっている。
さらに薩摩焼の指導にも行き、徳島では庭園までをも造っている。
文化人としても凄い能力を発揮したことがわかる。

復元された和風堂には武家屋敷の逞しさがある。
どこか悟った千利休の茶室とは随分違う。


和風堂を復元し、その上田宗箇流をここまで高めた上田宗冏氏の能力にも改めて感嘆する。
上田宗箇流の中興の祖とでもいるのではないだろう。

「お茶を飲む」というだけのことを、
「いかに生きるかという哲学のレベルまで高め、付随して焼物、建築、庭園までをも含めた文化をも創りだしたという日本のは凄い」と改めて感心する。

カナダで大学で教授をしている私の友人が、日本に長期で帰国していたとき、懸命に茶道を習っていたことを思いだす。
彼は「茶道は日本文化のエッセンスといっていい」といっていた。

その茶道に、
上田宗箇流という「ウツクシキ」をテーマにした茶道が、この広島にあるというのは、広島人としてはなんとも誇らしく思う。

広島に来る外国人は、皆、和風堂に案内し、お茶を嗜んでいただいたら、
それは、世界が平和になることの一歩になるのではないだろうか。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


« 太陽光発電で変わる日照権の価値 | トップページ | 相関関係と因果関係は違います »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上田宗箇展:

« 太陽光発電で変わる日照権の価値 | トップページ | 相関関係と因果関係は違います »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30