広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 除染も「ムラ」の利益? | トップページ | 広島刑務所の移転を! »

2012年2月 6日 (月)

30日の無かった国、そして日本は

昨年、12月30日の無かった国があります。それは世界で日付が変わるのが最も遅い国から、最も早い国となったサモアです。

2011年12月、サモアでは29日の次の日は31日でした。

サモアは120年前には世界で最も早く日付の変わる国でしたから、120年前に戻ったということです。

サモアが120年前に日付変更線を変えたのは、世界に対する英国の覇権が衰退し、アメリカの台頭に合わせたと考えられますが、今回の変更は、逆にアメリカより、中国、オーストラリア、ニュージーランドといったアジア太平洋諸国との関係が深くなり、アメリカよりアジアを重視した結果と思われます。

こういう状況を考えると、アメリカ主導のTPPより、日中韓FTAということになりますが、交渉ですから、両者を上手く天秤にかけながら、行うのがベストでしょう。

ただ、政府や外務省の実力を考えると、不安にしかならないのは困ったものです。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 除染も「ムラ」の利益? | トップページ | 広島刑務所の移転を! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

サモアは人口18万人、一人当たりGDPは50万円程度と決して豊かな国とはいえない、鳥取県程度の面積の小さな国ですが、それでも国としてやっているというのは、面白いですね。

浮島さん
世界にはサモアより人口の少ない国は20くらいあったと思います。広島市より少ない国は40以上です。
広島市もその気になれば十分独立できますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/53786596

この記事へのトラックバック一覧です: 30日の無かった国、そして日本は:

« 除染も「ムラ」の利益? | トップページ | 広島刑務所の移転を! »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30