広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 何も学ばない日本政府:間違いだらけのインフルエンザ対策 | トップページ | 既得権益に胡坐をかかない公益法人 »

2012年2月 1日 (水)

百番目のサル

カレー専門店「百番目のサル」は、土橋の電停近く、ちょっと横に入ったマンションの1階にある。
なんとも不思議な名称のお店だ。

Image002_3

「幸島でニホンザルの行動観察を行なっていたら、芋を海水で洗って食べる事を覚えた個体が出現し、長期間おこなっていたために、群れの中でそれを真似するものが数頭現れた。
そうした行動をとるサルが、100匹を越えたとき、遠く離れたサルの群れに伝播していくという現象があるという論文が発表されたが、実はそんな現象はないということで、そのように現実にはないという現象を「百匹目のサル」と呼んでいるようだが、
そんな話にちなんでいるんだろうか。

K氏から紹介され、以前から気になっていた。

メニューはカレーだけだ。
夫婦でやっているのだろうか、それにしても、かなりの思い入れを感じさせるお店だ。

800円の野菜カレーを頼んだが、
随分と具が多い。
味もまあまあだ。

4人席、6人席、4人席、テーブルは3つ、置かれているだけの小さなお店だ。
しかしそれでも、いつ覗いても、誰か席に座っている。
お客はひきも切らず、来ているようだ。
どの席も相席になる。
こんなに不便なところで、よくこんなにお客がいると感心する。

入って右側の壁にはお皿、茶碗、コーヒーカップ等たくさんの食器が並べられている。
聞けば益子焼だという。

カレーもその益子焼の器に盛られて出てくる。

作家のような人が焼いているのだろうか。
器の形はそれぞれ皆違う。
それがまた面白い。

カレー専門店といえば全国ネットのCOCO壱番屋が市内のあちこちにある。
値段は安いし、味もまあまあだが、食事をしているという感じがしない。

「百番目のサル」
こちらは夫婦の経営する拘りのカレー店だ。
次々と出店することはないだろう。
ここだけにあるカレーのお店だ。
少しくらい高くてもいい。
応援したい。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 何も学ばない日本政府:間違いだらけのインフルエンザ対策 | トップページ | 既得権益に胡坐をかかない公益法人 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

お見舞いコメント有り難うございました。
インフルエンザで無くて幸いでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/53780645

この記事へのトラックバック一覧です: 百番目のサル:

« 何も学ばない日本政府:間違いだらけのインフルエンザ対策 | トップページ | 既得権益に胡坐をかかない公益法人 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30