広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 茶寮 御菓子所 高木 | トップページ | ネット社会の図書館 »

2012年2月18日 (土)

独自路線で頑張るマツダ

一昨日は出かけようと思うと、自宅の前の道路が大渋滞で外出を諦めました。

その大渋滞の原因はマツダが4年ぶりに満を持して出す初のフルスカイアクティブでスーパークリーンディーゼルのSUV=CX-5の発表が、近くのホテルであったからです。

Mazdacx5suv

マツダは、多くの自動車メーカーがハイブリッド、電気自動車、海外移転を進めている中で、真反対の動きをしています。

マツダは2つの大きな方向を示しています。一つはエンジン(内燃機関)への執着であり、もう一つは国内生産への固執です。これらは下手をすると保守的で時代遅れな方向です。しかも、マツダは販売台数の8割を海外に依存している企業であり、現在の円高を考えると、製造拠点を海外にシフトしている他メーカーの方が合理的で先を考えた判断に思えます。

マツダは何度も経営危機を招いており、90年代はフォードの支援で乗り切っています。それでも日産などとは違い、良くも悪くも「日本的」な企業です。とことん、モノづくりに拘り地元を意識しているところがあります。

モーターやハイブリッドには目もくれず、ロータリーエンジンを開発した技術力で、ガソリンエンジンでありながら、高価で複雑なハイブリッド車並みの燃費を誇る車も作りました。水素を燃料にする車も、他社のように燃料電池車ではなく、水素を燃料としてエンジンを回すという、内燃機関の自動車を作っています。

そして1ドル80円になると致命的と言われている頃から「1ドル70円になっても国内生産を続ける」と言っていました。これは逆に考えれば、いずれ円安に振れた時には圧倒的に有利な状況になる、ということでもあります。

マツダのモノづくりに対する拘りが、単に保守的で情緒的なものではなく、あるべき姿に目標を定めた明確なビジョンであるなら、それは是非、成功させて欲しいところです。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 茶寮 御菓子所 高木 | トップページ | ネット社会の図書館 »

育児」カテゴリの記事

コメント

ご町内のようですね(^^)
一昨日は私も慌てました! 配達で突然の大渋滞。灯台経由で走ったりしましたが、かなり時間を取られて、ニュースを見て、これかと思いました。出来れば町内には事前に知らせて欲しいですね。CX-5はアンフィニにもありました。格好いいですよね。地元だけにマツダには頑張って欲しいです。

私は名古屋ですが、マツダファンです。
仕事上はやむなくトヨタ車に乗っていますた、レンタカーはいつもアクセラかデミオに乗ります。
デザインはヨーロッパ調でセンスがよく、何よりキレの良いエンジンなのにエコです。
職人技を感じさせるマツダは、まさに自動車メーカーの本道をいっているようで、こういう日本メーカーにこそ頑張って欲しいです。

私も名古屋なので、社用車はプリウスがありますが、クルマ好きには全然面白くありません。 ましてや電気自動車なんて、車じゃないですよね!ただの家電です。 良し悪しは別にして、家電は家電メーカーに任せて、自動車メーカーは自動車を作るべきです。そういう意味で、マツダには期待しています。

個人的にはアテンザに乗って7年経ちますが、キーを捻ってエンジン音を聞くと今でもワクワクします。 エンジン音が響くと、これから始まるドラマチックな走りに、気分が高揚してやみません。環境車なら水素ロータリーです。期待していますマツダ!

高知からでごわす。 半年くらい前から車雑誌では注目されちょったらしいけんど、わしは昨日初めて知ったんよ。
キターーーッ!!
欲しーーー!!
わしはディーゼルの後ろペッタンコSUVが前から欲しかったんよ。車中泊できるディーゼル車が欲しかったんよ。
エクストレイルが唯一それやったけど、車両本体だけで330万円もするけんね。それがやね、CX-5は280万円や!
わしは買うでーーー!!

マツダは自動車業界の先駆者ですよね。
昔は、エアコンの標準装備、赤字対策だったかもしれませんがボディーの軽量化、そしていち早くRV車をだしたと思います。
そういえば4WSもかな?水素自動車なんて、水から水素を作り水に戻すから究極のエコカーだと思いますが、広島県にインフラ整備してもらいたいですね。そうすれば新たな産業と雇用が生まれるかもと思います。国内生産にこだわる地元企業を、広島の政産学行で応援したいものですね。

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/54004217

この記事へのトラックバック一覧です: 独自路線で頑張るマツダ:

« 茶寮 御菓子所 高木 | トップページ | ネット社会の図書館 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31