広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 風邪を治せる薬はなく、インフルエンザも防げません | トップページ | コンピュータが人間を負かす? »

2012年1月26日 (木)

エキソバ→エキナカ

最近、JR駅のプラットホームそばやが随分きれいになった。

看板も大きくなり、どこかの駅のそば店は、壁に大きく「駅のそば」と書かれていた。
エキナカという言葉が最近よく使われるが、こっちは「駅の傍のそば」というわけだ。
可笑しい。

Image002

昔、電車通学をしていた若かりし頃、サッカーの部活を終え、電車が来るまでの間「えきそば」を食べるのが最高の楽しみだった。
特に寒い冬の練習が終わったから食べる熱いそばは、世の中にこんな美味いものがあるのかという感じだった。
いくら食べても満腹になるということはなかった。

実は、私はそばよりも、うどんのほうが好きだった。
特にかき揚げうどんが好きだった。
ということでは、駅うどんといったほうがいいかもしれない。

注文すると、叔母さんが網のお玉に、うどん玉をいれ、大きな鍋の熱湯に入れ、数分して取り上げ、汁の入った丼にサッといれてくれる。
それを立ったまま食べる。
本当に美味かった。

その頃は、ファーストフードなんてしゃれた言葉はなかったが
戦後すぐのころから「えきそば」という日本には素晴らしいファーストフードがあったのだ。

江戸時代には、天秤棒をかついで売り歩く「そばや」ということもあったようだ。

しかしそれも社会人になり、生活パターンが変わると、いつのまにか駅そばを食べることもなくなった。
駅そばの建物も老朽化し、なんとなくウラブレタ感じになっていった。
労働者の食べ物という雰囲気が強くなり、女性が食べているのを見ることはなかった。
「女性が立って食べるなんてはしたない」ということだったんだろう。

それがどうだ。

最近では、あちこちの駅のそば店が改装し、おしゃれな建物になったこともあってか、
若い女性が立って食べている姿をよく見かけるようになった。

エキナカはエキソバから始まったともいえる。
そして今では、エキソバはエキナカのシンボルとなった。
エキソバ→エキナカというわけだ。

これも国鉄が民営化され、JR西日本株式会社になったことの効果だろうか。

これからどんなお店が生まれてくるのか楽しみだ。


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 風邪を治せる薬はなく、インフルエンザも防げません | トップページ | コンピュータが人間を負かす? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

仕事帰りのサラリーマンは、流川より電車に乗りやすいエキソバの居酒屋が多いみたいですね。
そのうちにエキナカ居酒屋もできるんでしょうね。
アッセの2Fの千代の春、いいですよ。

やんじ様

アッセの2階は、意外とそんな居酒屋風のお店が多いですね。
それに仕事帰りのビジネスマンだけでなく、中高年のおじさん、おばさん、それに女子会も見かけたことがあります。
流川地区より安くて気楽なのがいいのでしょうかね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/53732533

この記事へのトラックバック一覧です: エキソバ→エキナカ:

« 風邪を治せる薬はなく、インフルエンザも防げません | トップページ | コンピュータが人間を負かす? »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31