広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 携帯電話が消える→会話が消える | トップページ | SPARK »

2012年1月29日 (日)

電力不足を偽装し、義務は果たさず、権利は主張する東電

今月26日の広島商工会議所の会見で、中国電力は「明日、全ての原発が停止するが、節電要請は必要ない」として「更に関西電力などに電力供給する」としました。中国地方は一昨年も全ての原発が停止しましたが、猛暑の夏も問題なく乗り切っています。

更に翌日の閣議後会見でも、枝野幸男経済産業相は「全ての原発が停止しても、この夏も電力を制限せずに乗り切れる可能性が高い」と当たり前のことをおっしゃいました。

1817185343_138

一方、東京電力は多くの人の生活を奪い、日本全体に大きな被害を与えたにも関わらず、会社も役員も罰せられることもなく、補償の範囲も極めて限定的です。

関東一帯にまで降り注いだ放射能=死の灰は全て東電から出たものですが、それに対する責任を取る気はないようです。毒物をばら蒔いて知らん顔が出来る社会があるでしょうか。

更に、東京電力は値上げを自らの「権利」とし、4月以降の電力料金の値上げを発表しましたが、今回の値上げは燃料費増の穴埋めが目的で「賠償費用や廃炉費用、被災発電所の復旧費などは盛り込んでいない」ということですから、今後まだまだ「権利」としての値上げは続くということです。

ただ、同じように原発の停止で燃料費が上昇している関西電力も今のところ値上げを検討していませんし、昨年から全ての原発が停止している東北電力も「復興にマイナスの影響を与えるため可能な限り値上げを回避したい」としています。

更に、既に今月全ての原発が停止した四国電力も、中国電力も「値上げは検討しない」「経営努力で値上げは回避する」としています。

当然の結果として、自動車メーカーの富士重工やホンダなどは自家発電を増やし、化粧品のコーセーも7月をメドに数億円を投じて自家発電装置を導入を決め、電炉大手の東京製鉄は西日本に移管することも検討し始めました。

東電離れが加速し、安い電源が増えるのは良いことです。
一気に発送電分離=電力の自由化に向かいたいものです。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 携帯電話が消える→会話が消える | トップページ | SPARK »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

独占というものは、ここまで組織を腐らせるという見本みたいなものですね。この際、日本の電力を60Hzに統一すれば、東京の人たちだって西日本の電力会社から電気を買うことが出来るし、需給調整ももっと楽になります。これだけの犯罪を犯しても大丈夫だという前例を作ってはいけませんよね。

星野さん
「独占は組織を腐らせる」全くその通りだと思います。未だに電話が電電公社だけだったら、こんなに安く誰でもが携帯やスマートフォンやインターネットを使う時代にはならなかったでしょう。電力も早く自由化して、安全で安くて安定した電力を、消費者が選んで必要な品質の電気を納得できる価格で買えるように、沢山の電力会社の多様な料金プランから選べるようになるべきですね。

日本人は「安い」はずの原発を沢山持っているのに、使う電力は少なく、高い電気代を払わされているって何なんのでしょうね。アメリカでも韓国でも日本よりずっと安い電力を何倍も使っているって何が違うのでしょうか。

Teriさん
もし日本の電気代が世界で最も安く沢山使えるのであれば今のままでも良いかも知れませんが、Teriさんが書かれているように制限されながら高い電気代を払わされているのが現状です。99%自然エネルギーで発電した安い電気を日本人の3倍も使う国があります。電気代が日本より安い国はいくらでもあります。それぞれの国に違いはありますが、一番は電力会社の体質ではないでしょうか。

既に54基もある原発が3基しか動いてないのですよね。夏は節電要請までして、結局電力は余ってましたという結果で「でも更に原発が止まるから冬は電力不足になる」と言って、結局どこの電力会社をみても余裕です。日本国民はどこまでバカにされているのでしょうか。

アコさん
原発がなくても十分な電力があると知られてくると、今度は中東の政情不安で原油の供給に不安があるから原発が必要だと言い出すでしょう。そして、原油の輸入量も中東への依存度も下がって火力発電もガスが主流になっていると知られると、日本の電力は大型の発電所からの良質な電力に支えられているから小規模分散になると良質な電力によって支えられる産業にダメージを与えると言い出すでしょう。独占企業はいくらでも理由をこじつけます。必要なのは自由化ですね。誰でも電力を売ることが出来て、消費者は自由に電気を選べることです。

大学に廃炉学科を設けて、廃炉技術者を養成し、県も市も一体となって廃炉学科奨学金を用意して、廃炉推進部を設置、廃炉の人材育成を推進しましょう。広大と長崎大学に率先して廃炉学部を設けましょう。

Tさん
名案だと思います。原発推進にしても脱原発にしても廃炉技術は絶対必要なものですからね。核廃絶でリーダーシップととる広島に相応しいものだと思います。

書かれている通り、電源的にも燃料的にも、日本に原発がなくても電力会社が余程のヘマをしない限り電力不足も電気料金が上がることもありませんが、万が一電力不足になったとしても夏場に都市部の商業施設の冷房を少し下げるだけで、どうにでもなるレベルです。家庭も製造業も節電なんてする必要はありません。温暖化対策として原発の存在意義を言うひともいますが、放射線の及ぼす健康被害に比べれば、地球温暖化は遥かに疑わしい仮説に過ぎません。

HALさん
全くその通りだと思います。温暖化対策として原発を使うということは、砂糖が体に悪いからと、発ガン性の高い人工甘味料を使うようなもので、本末転倒も甚だしいものですね。地球温暖化がどうあれ、エネルギー源の多様化は必要なことですし、危険なものを使わないことは当たり前のことです。

電気料金は、日本中で格差が無いように、コストが安いとされる原発の数に関係なく、日本中の電力会社で同程度に課金されていたと言われてますよね。ならば、原発が停止しても原発の無い沖縄と同程度の電気料金でも可能ということにはならないでしょうか。
石油や天然ガスへの依存度が増えても、料金を値上げする必要はないように思います。
不要なコストが増えるとすれば、危険な原発を関東より遠くはなれた地につくり、そこからの送電線網のコストではないかと。
東電は、倒産させるべきだと思います。そうすると被害者への債務も無くなるようなことが言われていますが、それは法律をつくればいいだけでは。東電の役員も株主も責任を負うべきだと思います。

やんじさん
書かれている通り、東電は倒産させるべきだと思います。東電の役員も株主も責任を負うのは当たり前ですが、歴代の役員、融資をしてきた銀行、支えてきた官僚組織、政治家、天下り団体、独占企業から莫大な広告費をもらって事実を伝えてこなかったマスコミ、御用学者にも責任をとって欲しいものです。被害者の救済は別次元のことですよね。

日本の原発コストは電力会社の試算表から計算しただけでも経産省が出しているものと大きく異なりますし、それに投入してきた税金まで入れるとトンデモなく高コストなものだと思います。これまでも中国電力の電気料金が高めなのは原発が少ないからではなく、山間部が多く送電網に費用がかかっていると説明されていますから、マツダの工場で発電しているような電力を地域に送電するなのどの小規模分散型の電力網になれば、当然コストは下がるはずです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/53841931

この記事へのトラックバック一覧です: 電力不足を偽装し、義務は果たさず、権利は主張する東電:

« 携帯電話が消える→会話が消える | トップページ | SPARK »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30