広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ネットが基本的人権になる時代 | トップページ | 原発があるからこそ電力不足になる »

2012年1月22日 (日)

和田ビル

和田ビルは、相生橋西詰の近く、相生通りに面して建っている。
ベランダの外壁には一部は本物の煉瓦が使われているのが特徴だ。
きちんとしたグリッドのファサードのデザインは、近代建築の先駆けの建築であることを感じさせる。
美しいデザインだ。
大分老朽化しているが、それなりの歴史を感じさせてくれる。
今はもうビルの谷間に埋もれてしまっているので、マンションとしての住み心地はあまりよさそうでない。
こうした古いマンションではよくみかけるが、
このマンションでも通りに面した部分の部屋は殆どが事務所として使われているようだ。

Image002_2

私の友人は、この和田ビルが建ったころ、ここに住んでいたことがあるという。
聞けば、和田ビルは1956年頃の竣工という。
築後56年になる。
随分古い
当時は、市民球場を望むこともでき、基町あたりはまだバラックがあったという。
エレベーターは鉄製のジャバラのドアで、
お風呂はヒノキつくり、燃料はガスだったという。

戦後すぐの建物でエレベーターがつき、ガスの風呂があったというのだから、相当に高級なマンションだったことがうかがえる。
風呂桶はヒノキつくりというのも、今思えばなんとも不思議に思える。

エレベーターが来ないのに、ドアを開け、落ちて、怪我をしたこともあったので、
その後、普通のマンション用エレベーターに替えられたという。
極普通のマンションになってしまった。
その鉄製の蛇腹のエレベータードアが残っていれば、随分と風情があるマンションとして、広島の名所になっていたろうとおもうと、ちょっと残念だ。

これだけ古いと、この建物も、新しい耐震基準に適合しているかどうかという問題もありそうだ。
部屋の広さも随分と小さいようだ。

安全性についても、住み心地について問題があるとなれば、
いずれこのマンションも建て替えられてしまうのだろうか。

こうした戦後の歴史がどんどん消えていくのはなんとも寂しい。

しかし、たった56年の間に、日本は随分と豊かになったもんだと改めて感じざるを得ない。


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« ネットが基本的人権になる時代 | トップページ | 原発があるからこそ電力不足になる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/53719475

この記事へのトラックバック一覧です: 和田ビル:

« ネットが基本的人権になる時代 | トップページ | 原発があるからこそ電力不足になる »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30