広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 政治家の殺し方 | トップページ | 清盛効果で観光振興や地域活性化を »

2012年1月19日 (木)

蓮池透氏も「原発に未来はない」

拉致被害者家族連絡会の元副代表で、東京電力OBの蓮池透さんが講演で「冷温停止は、正常な原発に使う言葉。事故を起こした原発に冷温停止という概念はない」と言われたそうですが、ニューヨーク・タイムズなど海外メディアでも日本政府や東電の発表する「冷温停止」には多くの疑問を呈しています。

地震による原発の電源喪失のリスクについては、5年前の国会でも問題にされていたことは議会の記録にもある通りです。

http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a165256.htm

それに対し、安倍内閣は以下のように答弁しているわけですから、政府にとっても東電にとっても、今回の事故は完全に想定内です。

http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b165256.htm

以下は佐賀新聞よりの引用です。

--------------------

 北朝鮮による拉致被害者家族会元副代表で、元東京電力社員の蓮池透さんが15日、佐賀市内で講演した。福島第1原発事故で自治体が核のごみを受け入れる可能性はなくなったとし、「原発に未来はない。国は原発をやめ、新エネルギーを見つけるべき」と訴えた。
 
 蓮池さんは東電OBとして被害に遭った住民に「申し訳ない」と謝罪した上で、東電の当事者意識の欠如や避難者に対する政府対応の怠慢を批判。野田首相が16日にも宣言する福島原発の「冷温停止状態」も「炉の状況を誰も確認しておらず、推測を重ねただけ」と述べ、原子炉内の徹底的な安全確認を求めた。
 
 使用済み核燃料の受け入れ先もないまま、核廃棄物を出し続ける原発について「新たな建設は絶対に無理。原発に未来はなく、原発の輸出を考える政府は現実を受け止めるべき」と訴え、代替電源への移行を求めた。
 
 蓮池さんは福島第1原発に通算5年半勤務、核廃棄物処理などを担当する原子燃料サイクル部長などを歴任し、09年に退職した。

--------------------

今年に入ってセシウムが大量に降下していることにも、まともな説明がありません。
一体、何が起きているのでしょうか。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 政治家の殺し方 | トップページ | 清盛効果で観光振興や地域活性化を »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

本当にセシウムの急上昇は心配です。東電は「降下したセシウムは風では飛ばない」と言っていたのに、今回は「風で飛んだのだろう」と言います。それに対し文科省はデータの公表をやめるとか、もう他の国なら暴動でも起こりそうなものですが、日本はどうなっているのでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/53734292

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮池透氏も「原発に未来はない」:

« 政治家の殺し方 | トップページ | 清盛効果で観光振興や地域活性化を »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30