広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 昼の客 | トップページ | 初詣 グランドプリンスホテル広島から船で厳島神社へ  »

2012年1月15日 (日)

二宮尊徳とグラミン銀行

ムハマド・ユヌスと共にノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行から遡ること300年、日本で二宮尊徳が五常講(後の報徳社)で行ったことは以下のようなことでした。

・経済的に困窮している農家に無利子無担保で融資する。
・その結果、裕福になったものからだけ報徳謝思を表し礼金を払わせる。
・返済については計画を求め、農民相互に連帯責任を負わせる。
・年貢は下げる。

二宮尊徳曰く「夫無利息金貸付の道は、元金の増加するを徳とせず、貸付高の増加するを徳とするなり。是利を以て利とせず、義を以て利とするの意なり。元金の増加を喜ぶは利心なり。貸付高の増加を喜ぶは善心なり。」

今更ながら、二宮尊徳の施策はグラミン銀行に非常に良く似ています。300年も前の日本にこのようなことを考えた人がいたことは驚きです。

もちろん、当時の日本の特殊性もあります。だから、これを現代に当てはめようとすると、ノーの理由は即座に100でも思い付くでしょう。特に日本の役人はこういうことは得意です。

しかし、グラミン銀行はネットワーク科学とゲーム理論をうまく取り入れ、難しい現代社会でも同様のことを成功させました。

今、日本の政治家が思いつく「抜本的改革」は、結局役人の既得権益を壊さない範囲で、相変わらず微調整でしかありません。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 昼の客 | トップページ | 初詣 グランドプリンスホテル広島から船で厳島神社へ  »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

恥ずかしながら、二宮尊徳=二宮金次郎は「薪を背負って働きながらも本を読んで勉強した貧しくても勤勉な少年」で、結果なにをした人なのか知りませんでした。もっと学校でちゃんと教えて欲しいですね。それとも私がちゃんと勉強してなかっただけでしょうか( ̄○ ̄;)!

「道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である」というもの二宮尊徳の言葉だったと思いますが、まさに今の日本には、犯罪と寝言しかない感じです。こういう偉人がいたということを今あらためて多くの人が認識する必要があると思います。温故知新。

私もグラミン銀行のことを知った時に「まさに二宮尊徳の五常講」の現代版だと思ったものです。そして最後の一行も全くその通りだと思います。

アコさん
二宮金次郎少年が薪を背負って本を読む銅像は以前はどこの学校でもあったようですし、戦後日本を統治し公園や駅前から多くの銅像を撤去したGHQも「二宮尊徳は、日本のリンカーンであり、自由と民主主義を日本で初めて実践した人物である」として学校の二宮金次郎像は認めたということです。ただ現在、殆どの教科書からは姿を消しているようです。政治家が「こんな人と比べられてはかなわない」と思うから、というのは下衆の勘ぐりでしょうか(^_^;)

ちょいと辛口さん
ガンジーの「七つの大罪」にも似たようなことがあげられていますが、余りに当てはまる事柄が多くて、残念ですね。

星野さん
本当の「抜本的改革」は、もっと危機的で悲惨な状況にならないと出来ないのでしょうか。虫歯は痛み止めでは治らないことがいつになったら分かるのか、いや本当は分かっていても先のことはどうでも良いと思っているのでしょうね。

既にご存知かもしれませんが、二宮尊徳の訓えを村の再興に役立てた先人の取組みが大変詳しく書かれたサイトです。
http://plaza.rakuten.co.jp/jifuku/diary/201201140000/

例えば
「1 無利息貸付
貧村及び社員の救済または殖産興業・水利土木の資金として町村社に対して無利息貸付を行った実績は明治11年より同36年まで4万2千円余円に達します。(中略)

(現静岡県袋井市深見〕は、嘉永の頃、風俗がぜいたくで遊惰に流れ、嘉永5,6両年(1852,1853)大干ばつ凶作が続いて、民風・村俗は大いに乱れ、加えるに同7年(1854)11月未曾有の大地震がありました。村内の家は皆倒壊し、太田川の堤防は崩れ、土地は凸凹を生じました。引き続いて安政2,3年(1855,1856)の両年ともに太田川が出水し、堤防の破壊は数箇所に及んで、濁水は波をうって耕地に侵入し、良田はたちまち荒地となり、作物は腐敗し、天災を被ることが前後6年に及びました。村民は食糧の確保にも苦しみ、やむをえず出稼ぎするようになりました。……」
このような農村の多い静岡県西部地方で誕生したトヨタ、スズキ、ヤマハなどの創業者や後継者にも大きな影響を与えています。
広島市の日野三十四先生が書かれた「トヨタ経営システムの研究」(ダイヤモンド社)にも載っています。ご覧あれ!

寺井さん
貴重な情報をありがとうございます。
これからも、よろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/53732977

この記事へのトラックバック一覧です: 二宮尊徳とグラミン銀行:

« 昼の客 | トップページ | 初詣 グランドプリンスホテル広島から船で厳島神社へ  »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30