広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« カラオケでアフレコ | トップページ | ポリオの原因とアイスクリーム »

2011年12月25日 (日)

宮島水族館

先日、東京からきた友人を厳島神社に案内した。
折角宮島まで来たのに、それだけで戻るのはもったいないと、この夏できたという宮島水族館に行った。

宮島水族館は厳島厳島神社の西の出口を出て、西に向かって、数百m歩いた先にある。

Image002_3

平日だというのにかなり混雑していた。
私のような、折角来たのだからと寄る人が多いのだろう。

夏休み中は毎日2時間待ちだったこともあるという。

以前からあった水族館を改築すると聞いたときは、
宮島で水族館?という違和感もあったし、
ビジネスとしてやっていけるのかという心配もあった。

実際に来て見ると、結構面白い。
瀬戸内海に浮かぶ厳島神社の近くに、瀬戸内海を説明する水族館があるのは、それなりに意味があるとも思えてくる。

宮島の観光客は3.11以降前年を下回っていたが、水族館が出来た8月以降は前年を上回り、今年度末には、昨年度比増と予想されている。

建物はRC造だが、外壁は土壁のように茶色の仕上げ、屋根は、瓦屋根のようにみえる。
宮島という環境に溶け込んでいる。

入口を入ると、水面下のカキの養殖の様子をみせる水槽、タチウオの水槽、干潟の生物や瀬戸内海の海の中の様子を見せてくれる水槽と続く。
子供たちが干潟で遊ぶような場も設けられている。
ここなら親も安心して見ていられる。
かなりバラエティーに富んでいる。

屋上に上がるとエンジンのような音がする?
何事かと振り返れば、トドの鳴き声だった。
トドの鳴き声なんて初めて聞いた。

アシカのショーは、観客席が満席だった。

水族館自体は小さな水族館だが、それだけに余計魚を身近に感じる。
350種、13,000点以上展示されているという。

東京の大きな水族館では、魚が群れになって泳いでいたりするのを見ると、びっくりするが、
それとは違った雰囲気がここにはある。

以前家の金魚鉢でメダカを飼っていたが、毎日見ていても飽きなかった。

水族館の魚はどれも、メダカよりはどれも大きいが、そんな親しみやすさ、優しさがここにはある。

順路がちょっとわかりにくいが、それは小さな水族館としては、ささやかな工夫の一つだろう。

料金は大人1,400円。
まあ妥当な料金だろう。

こうした類の施設は2年目になると、観客は半減するのが普通だ。
ここならそんなことはないだろうし、半減しても経営的には十分やっていけるだろうと思う。
よく出来た水族館だ。


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« カラオケでアフレコ | トップページ | ポリオの原因とアイスクリーム »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/53512211

この記事へのトラックバック一覧です: 宮島水族館:

« カラオケでアフレコ | トップページ | ポリオの原因とアイスクリーム »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30