広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 広島ルミナリエ | トップページ | 平和大通りの赤いホオズキ »

2011年12月 4日 (日)

市民の力の見せどころ

12年間、プライマリーバランスで黒字を続け、世界的にも躍進を続けてきた広島市も、市長交代から半年が過ぎ、次々に暗い予想が公表されています。

広島市は「生命・財産」「教育」「老後・病気」「経済力」の四つの項目を15の指標を使って判定された「都市ランキング安心して住める街」でベストシティに選ばれています。

その他にも広島市が全国ランキングで一位に選ばれたのは、市長あて「市民の声」の処理日数の短さ、次世代育成支援「行動計画」進捗率、路面電車の車両数、新交通システムの営業キロ数、お好みソースの生産量、1世帯あたりの牡蠣購入金額、クロサイ繁殖数、ケープハイラックスの飼育頭数、オオサンショウウオの大きさ、手縫い針生産量、成人式(全国成人式大賞)など。

ついでに、政令市でトップなのは、都市ランキング安心して住める街、女性の平均寿命、介護サービス事業所数、新生児死亡率の低さ、乳児死亡率の低さ、ゴミ総排出量の少なさ、情報安全度(情報セキュリティの高さ)、交際費の情報公開度、係長級以上の役付職員に占める女性の比率、お好み焼店の数。

更に、日本で広島にしかないものは、広島国際アニメーションフェスティバル(国内唯一のASIFA公認フェスティバル)、広島市まんが図書館(公立で国内唯一のまんが専門図書館)、広島市中央卸売市場(全国で唯一の大型総合市場)、都市環境協定への参加、五右衛門風呂の生産など。

広島市は住んでよく、訪ねてよい、千客万来の国際平和文化都市です。

ただ、これからは市民の役割がより重要になりそうです。
しばらくは、政治には期待できそうにありませんから。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 広島ルミナリエ | トップページ | 平和大通りの赤いホオズキ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

元安川さん、何度もお見舞いのコメント有り難うございました。

さて、広島市のこと何かの指標がないと上っ面だけでは分かりにくかったのですが、市長交代でこのような現実。
どこに原因があるのでしょうか。広島市民が彼に期待したのは何だったのでしょうか。
さっさと身をひいてしまった前市長にも全く責任がなかったとは言えないし、後継と見られていた前副市長もハッキリと「後継者」とは言わなかったし。
これから広島市はどうなっていくのでしょうか?

経済界の方に聞いても、ここまで一気に市の財政が悪くなるとは思っていなかったということでした。かなりのことを中止されていますが、結果は出費より収入を大きく下げるということになっていますし、目立たずお金のかかる事も始まっているようです。次の選挙が待ち遠しいです。

なんでも辛口さん
3期12年務められた前市長に「さっさと身をひいてしまった前市長」という言い方はないと思いますよ。むしろ4期目に出馬されなかったのは市民の責任ではないでしょうか。

大阪都構想で盛り上がっていますが、今の広島県知事の動き、広島市長の動きを見ていると、広島市は要らないのではないかとさえ思えてきます。多くの人が異口同音に「どうしてこの席に湯崎知事? どうして松井市長じゃないの? どうしてこれを県がやるの? どうして市じゃないの?」というシーンが余りに頻繁にあります。

新市長は、改革を前市長の反対の事をやる事だと勘違いされてますから、これまでが黒字なら、これからは赤字になるのは当然の帰結ですね。

確か新市長は、選挙中に「市民との対話」を掲げられていたように思いますが、現実には秋葉市長の作られた沢山の市民との対話の場を、やめたという報道しか見ません。一体、誰と対話されているのでしょうね。記者会見を見ても未だに「勉強中」のようで、改革を掲げた割には、橋本市長などと比べると余りに呑気な気がします。

昔の広島市は、子育て支援は情けないものでしたが、前市長なってとても良くなりました。
他の地方から来た人は、広島の街はとても綺麗だといいます。
マスコミが応援した現市長ですが、そのマスコミ関係者も情けないと言っているようです。
現市長の講演を聴いた人は、あれなら自分でも市長になれると、何を言いたいのかわからない。
天下り市長は、なってやったくらいにしか思っていないようです。
針の生産はせっかく一番なのに、広島土産になってませんね。
熊の筆が広島土産になっているのに。
なにか工夫できたらなと思います。
国際観光都市となっても、地元産業が潤わなかった良くないですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/53304780

この記事へのトラックバック一覧です: 市民の力の見せどころ:

» 公共交通網妄想図 [広島の街と音楽と…]
 私が初めて広島に来た時、ビックリした光景に次の写真があります。 [画像]  分かりますかね? JRと広電宮島線が並行して走っている地域です。距離にして、約16kmあります。  広島に来た当初は、「広島って、JRだけでは足りずに私鉄も走っているんだ。すげ〜 さすが大都市だ」なんてことを思ったものですが、実態を知っていくうちに、広島の交通問題の根の深さを感じるようになりました。  何故、JRと広電が16kmにも渡って並走しているのか。答えは簡単ですね。JRは紙屋町八丁堀に行かないから、広電が商売でき... [続きを読む]

« 広島ルミナリエ | トップページ | 平和大通りの赤いホオズキ »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30