広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 免許証のIC化とお役所仕事 | トップページ | 広島は日本の中心です »

2011年12月11日 (日)

歌を覚え人前で歌って楽しむ行為は変わらない

世界的に知られる「カラオケ」は、事業の始まりが昭和46年。ジュークボックス→8トラック→レーザーカラオケと進化し、昭和60年、船舶用コンテナを改造した「カラオケボックス」が岡山に登場。カラオケはさまざまな市場へ普及し、全国的なブームになった。

 平成2年、集中管理システムが登場し、契約店にカラオケを提供。平成4年に「通信カラオケ」、今では「インターネットカラオケ」「ハンディーカラオケ」までに進化した。

 一方カラオケ人口は、15年前は外食、国内旅行、ドライブに次いで4位だったが、平成22年はさらに映画、ミュージアム、音楽鑑賞の後の7位になっている。人口は平成4年の5890万人をピークに約20%減少している。それでも、2~3人1人はカラオケをしていることになる(レジャー白書)。

 カラオケボックスは平成8年をピークに徐々に減少、若年層が多く利用し、中高年層はスナックなどの酒場やカラオケスタジオ・喫茶で歌う傾向にある(カラオケ白書)。

 広島市のカラオケスタジオ経営者に話を聞いた。開業28年のカラオケスタジオと歌謡教室のビルを持つ「歌謡シアター西華」(広島市東区)の西原崇雄さんは「(開業)当時は8トラック時代。昼夜ともお客が多かった。今は昼のみ。夜は予約制にしている。趣向をこらしたカラオケ大会を企画したり、ステージ衣装を用意し、お客と一緒にパーフォマンスを楽しんでいる」

 15年目の「カラオケスタジオよりみち」(広島市安佐北区)の東口弘幸さんは、広島県内の歌謡指導者団体の会長を務める。「40~50歳代も来ていたが、今は年金生活者が多く、女性が圧倒的に多い。スタジオで歌のレッスンをしている。最新の通信カラオケを入れたらお客が増えた」と話す。

 広島市中区の繁華街の「歌謡スタジオ歌苑」は、通信カラオケのモデル店として出発。今はDAM(第一興商)、UGA(エクシング)の両方を設置している。同店の鬼村博さんによると、ここも客の年齢層はだんだん高くなっている。中央歌手のキャンペーンや地元歌手の歌を通信カラオケに入れる世話もしている。

 携帯電話やインターネット、ipodの出現によって音楽の流れは大きく変化しているが、歌を覚え、カラオケで人前で歌って楽しむ行為は今後も変わらないといえる。


上村和博

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 免許証のIC化とお役所仕事 | トップページ | 広島は日本の中心です »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/53448201

この記事へのトラックバック一覧です: 歌を覚え人前で歌って楽しむ行為は変わらない:

« 免許証のIC化とお役所仕事 | トップページ | 広島は日本の中心です »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30