広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 市民と市政 | トップページ | 広島ルミナリエ »

2011年12月 2日 (金)

設計思想から大間違いだった原子力発電所

原子力を専攻し、経営コンサルタント、評論家でも著名な大前研一氏は、決して脱原発の立場ではなく、福島原発の事故後も「日本の原発は世界最強のマシン。輸出して稼ぐべきだ」と言っていた方です。

その大前氏ですら、以下のように言っています。

----------

 津波が押し寄せてくるのは1万年に一度あるかないかだろう。しかし、「1万年に一度」が明日発生しないとは誰にも断言できない。その「一度」限りのことが起きてしまったら、100%の確率で今回のような過酷事故に至ってしまう。

 つまり、確率の問題で原子炉の安全は確保できないのである。「一度」限りのことが起きても100%安全に冷温停止できるという方法を確保していなければ、その原子炉は再稼働してはいけない。

 また、現実には、ひとたびメルトダウンが起きてしてしまえば、溶融核燃料はいとも簡単に16センチもの厚い鋼鉄でできた圧力容器を突き破り、格納容器に熔け出してくる。その結果、高温となった格納容器のフランジなどが破壊されて核分裂生成物や汚染水をまき散らしてしまうことが明らかになった。

 2メートルのコンクリートで守られた格納容器は核暴走などを想定して作られているが、冷却不能となって燃料が高温になって熔け出す「炉心溶融」に関しては無力であることが証明された。

----------

詳しくは長いですが動画でご覧ください。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 市民と市政 | トップページ | 広島ルミナリエ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/53322287

この記事へのトラックバック一覧です: 設計思想から大間違いだった原子力発電所:

« 市民と市政 | トップページ | 広島ルミナリエ »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30