広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 大崎下島御手洗の重要伝統的建築群地区 | トップページ | 歌を覚え人前で歌って楽しむ行為は変わらない »

2011年12月10日 (土)

免許証のIC化とお役所仕事

先日、運転免許の更新を行いました。

この5年間、法令の改正があるのは当然ですが、免許証も変わっていました。広島県では平成21年1月4日から新免許証に変わっています。

新しい免許証には、ICチップが入り本籍の記載がなくなっています。そして、その「機密情報」をガードするのが2つの暗証番号です。

暗証番号1では、「氏名」「生年月日」「免許証交付年月日」「有効期間」「免許の種類」「免許証番号」つまり免許証を見れば分かることを引き出すことが出来ます。

暗証番号2が守っているのは「本籍」と「顔写真」です。いずれも本人には分かっていることばかりなので、多くの人は暗証番号など覚えていません。

そのIC化として有無をいわさず負担させられる費用は450円です。日本全国では350億円を超えます。おそらく、これを考えたお役人に重要なのは、この予算と合理化どころか余計に発生する天下り先などの「仕事」なのでしょう。

ちなみに、運転免許証に使われているICチップは、ISO/IEC14443 Type Bですから、住民基本台帳カードやICパスポートと同じものです。

これからは一つに出来ますが、そうするとお役人の仕事が減ったり、天下り先がなくなったりするので、手を付けられることはないと思います。

警察そのものを民営化することはできないでしょうが、こうした「手続き」くらいは民営化すれば、随分合理化されるはずです。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 大崎下島御手洗の重要伝統的建築群地区 | トップページ | 歌を覚え人前で歌って楽しむ行為は変わらない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

全ての政策は公務員のために思えますね。

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/53417704

この記事へのトラックバック一覧です: 免許証のIC化とお役所仕事:

« 大崎下島御手洗の重要伝統的建築群地区 | トップページ | 歌を覚え人前で歌って楽しむ行為は変わらない »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30