広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 平和公園の樹木と寄生植物・ノキシノブ | トップページ | 宇品橋と元安川堰堤 »

2011年11月10日 (木)

説明責任のない日本の経営者

ウォール・ストリート・ジャーナルに「説明責任を回避する日本企業‐問題はオリンパスだけか」という社説が載りました。

内容は「時価総額の半分を失うことになったオリンパスだが、外国人を社長にしていなければ表沙汰になることはなかったはず。日本の規制当局、政治家、主要メディアも真相究明の姿勢はみられない。経営陣が説明責任を逃れることは日本経済の強みのひとつとみなされているため、能力に欠ける経営者を排除することができず、それは過去20年の日本株の惨憺たる結果に現れている」

そして、コーポレート・ガバナンスに大きな問題のある日本企業の代表として東京電力をあげています。福島原発事故では、安全基準の低さと、それに起因する大惨事が切り離して扱われいることを問題視し「日本には経営者に説明責任を持たせる規制の枠組みと文化が欠けている」と結論づけています。

日本のマスコミは些細なことばかりに「説明責任」を求め、本当に必要な事には目をつむっているように見えます。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 平和公園の樹木と寄生植物・ノキシノブ | トップページ | 宇品橋と元安川堰堤 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日本でも今週になって大きく取り上げられているようにも思いますが、先週こちらに来たアメリカ人は日本での扱いが余りに小さいことに驚いていました。顕微鏡から始まり、内視鏡、小型のレコーダー、カメラなどで技術力のある企業だけに悔しいです。日本という国は国民はしっかりしているのに上がダメな国ですね。

w( ▼o▼ )w オオォォ!!!まさにそうですよ。
「そんなんどうでもいいじゃん」ってことばかり説明責任説明責任って言う癖に、肝心なことはスルーするマスコミって何なんでしょうね。某もんたにしても適当なガス抜きで結局肝心なところは出しませんからね。それにしても日本人は我慢強い・・・一般的には良いことなんだけど。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/53148401

この記事へのトラックバック一覧です: 説明責任のない日本の経営者:

« 平和公園の樹木と寄生植物・ノキシノブ | トップページ | 宇品橋と元安川堰堤 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30