広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 都合良く変更される安全基準 | トップページ | 和食をコンピュータが英語で解説する・・・そして秋葉前市長の場合は »

2011年11月17日 (木)

十日市茶房

広電十日市電停前に、十日市茶房はある。
1階は石造り、2~3階は煉瓦タイル、その上にロフトがついている。
英国風の雰囲気の外観は、ちょっとおしゃれだ。

1階の大きなガラス窓の上に、アルファベットで「TOKAICHI COFFEE」と書かれている。


Image002


ちょっと引っ込んだ玄関ドアを開けて、中に入ると、厨房の前にカウンター席、窓際にテーブル席がある。
レイアウトも昔風だ。

木の椅子とテーブルは、ちょっと小ぶりだが、好みのよさを感じさせる。

店の中央には、昔使ったのであろう大きな焙煎機が、オブジェとして置かれている。
焙煎した豆も1年以上寝かせてから粉にして、コーヒーを入れるという。
強いこだわりを感じる。
コーヒーの味も、昔風のいわゆる喫茶店の味だ。

モーニングサービスもこだわっている。
半熟のゆで卵は、銀色のエッグスタンドに立てられてでてくる。
英国風?に、上から3分の1位のところをスプーンで割って、殻をはずし、スプーンですくって食べる。
この面倒な手続きも、拘りのコーヒーには相応しい。

このお店が改装されたのは平成6年だというが、元々ここ十日市には、先代が開いた喫茶店があったようだ。
今のオーナーは2代目なのだろうか。

広島の街でも、御多分にもれず、カフェも、ドトール、スタバー、エクシオールといったナショナルブランドのお店がどんどん増えている。

どこに行っても同じだ。
だからアメリカ人のお客も安心して入ってくるわけだが、そればかりでは、面白くない。

そんな中にあって、半熟卵はこうして食べるとか、コーヒーの味はこれが美味しいのだとかいう、
オーナーの拘り、趣味を感じさせるカフェがあるのは楽しい。
貴重な街の文化だ。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 都合良く変更される安全基準 | トップページ | 和食をコンピュータが英語で解説する・・・そして秋葉前市長の場合は »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/53234755

この記事へのトラックバック一覧です: 十日市茶房:

« 都合良く変更される安全基準 | トップページ | 和食をコンピュータが英語で解説する・・・そして秋葉前市長の場合は »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31