広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« トレイン グッズ ステーション | トップページ | 新幹線とネット »

2011年10月19日 (水)

間接民主主制の限界?

アメリカのメディアでは未だにスティーブ・ジョブズの特集が続き、新聞も連日のように一面の記事や社説に取り上げています。

ウォール・ストリート・ジャーナルも連日一面の記事だけでなく、社説にも「雇用」という観点からスティーブ・ジョブズを取り上げていました。

1783886443_196

ところで、この記事で気になったのは「不人気な米政治」というくだりです。現在「オバマ大統領の支持率は最低を記録し40%台まで落ち込んだ」と報道されています。アメリカの大統領は3年目で支持率が50%を切ると「不人気」と評されます。

しかし、日本の首相は就任直後は高い支持率があっても、月を追って急降下するのは当たり前であり、就任から3年目で40%台あれば、十分に高い支持率と言えます。過去の実績では一年を待たずして支持率が10%台まで落ちることも珍しくなく、あの小泉首相ですら30%台を記録しています。

これは政治家の資質なのか、国民性なのか、国民が直接選んでいないという制度上のものなのか、いずれにしても支持できない人が国とトップを務めていることが常態化しているということは大きな問題だと思います。

今はICTが進み、一瞬にして民意を汲み上げることも簡単になっています。地方では、広島市をはじめ多くの自治体が住民投票の仕組みを作っています。トップを支持できないのであれば、市民や国民がもっと直接的に政策を選択できる仕組みの活用が必要だと思います。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« トレイン グッズ ステーション | トップページ | 新幹線とネット »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/53004411

この記事へのトラックバック一覧です: 間接民主主制の限界?:

« トレイン グッズ ステーション | トップページ | 新幹線とネット »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30