広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ホストファミリーはいかがですか? | トップページ | 10年前のスティーブ・ジョブズ »

2011年10月30日 (日)

ケンチョピアと旧徳島プリンスホテル

久しぶりに旧徳島プリンスホテルに泊まった。
今は、経営者が代わり、徳島グランヴィリオという名称に変わっていた。
ネットでは、いまだに、徳島プリンスホテルで検索できる。

ホテルの前はヨット、モーターボートのマリーナになっている。
マリーナは、このホテルを一際、際立たせている。
街の中にあることで、徳島の街をも美しい街としている。

マリーナは、徳島県庁の前にあることから、ケンチョピアといわれ、よく知られている。

Image002

このマリーナは、計画的に作られたわけではない。
当初は、ボート、ヨットは、吉野川から分かれて流れるこの新町川に、違法繋留として停められていたようだ。
所有者たちの努力もあったのだろう、クラブが作られ自分たちできちんと管理する仕組みを作り、徳島の景観になるように努めたことで、
市民の理解も受け、正式なマリーナとして認知されたようだ。
海からかなり離れていることもあって、台風にも強いマリーナにもなっている。

行政も、
コンクリートの護岸に石を張り、護岸の内側の川に接した歩道はボードデッキにする等の整備を進めてきた。
ボードデッキを散歩する人、ジョギングする人も多い。

ケンチョピアの周辺の景色も随分と変わった。
県庁のどっしりした建物と、オシャレな旧プリンスホテルに並び、
隣接する 老朽化していたショッピングセンター・サテイの建物の取り壊された跡地には、大きな病院が建てられている。

ホテルは道路を挟んで、宿泊棟と、川に面して2階建ての別棟がある。
別棟の1階は、かってはプールとスポーツジムになっていたが、
その一部が、今はコンビニのローソン とビアガーデンになっている。

ちょっともったいない。

日本人は温泉が大好きだ。
ちかごろは温泉ブームでもある。

温泉に認定されるには、
「湧出する温水、鉱水、および水蒸気、その他のガスで、温泉源での温度が25℃以上のものか、鉱水1Kg中に定められた量以上の物質が含まれているもの」となっていている。
25℃以上あれば温泉と認められるのだ。
通常、100M深くなるごとに3℃水温が上がるという。
ということは、1000M以上掘れば、日本中どこでも温泉が出るということだ。
今は掘削技術も進歩し 、かなり安く掘れるようになった。

別棟に温泉をつくったらいい。
ホテルの温泉に入り、マリーナを見、その向こうに徳島の繁華街を望むのもまた楽しそうだ。

瀬戸内海沿岸に、こうした拠点があちこちにできれば、瀬戸内海のクルージングをする人も増えるだろう。瀬戸内・海の道1兆円構想を進めるには、瀬戸内海沿岸の拠点をいくつも整備することがどうしても必要だ。


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« ホストファミリーはいかがですか? | トップページ | 10年前のスティーブ・ジョブズ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/53093770

この記事へのトラックバック一覧です: ケンチョピアと旧徳島プリンスホテル:

« ホストファミリーはいかがですか? | トップページ | 10年前のスティーブ・ジョブズ »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31