広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 節電と節水は違いますので要注意 | トップページ | イベントスコミュニケーションズ »

2011年10月 2日 (日)

神の島に渡る

先日久しぶりに宮島にいった。
宮島に行くには3つのルートがあるが、いずれにしても船に乗らなければいけない。

広島港からグランドプリンスホテル広島経由のクルージング船、元安橋からのクルージング船
それに宮島口からのフェリーと、3つのルートがある。
船に乗り、海の向こうに厳島神社の赤い大鳥居が見えてくると、なんとなく神の島に渡るという感じになってくる。
なんとも不思議な感覚になる。
船に乗って行くからだろうか。

Image002_2

本州と宮島との間は、直線距離にして2KM位だ。
狭いところでは1KMもない。
泳いで渡れるほどの距離だ。
ここに橋をかけることはさして難しいことではないだろうが、それでは有難味がなくなってしまう。
神の島 宮島には、やっぱり船に乗って渡るのが相応しい。

宮島とは、JR西日本と広電グループのフェリーが連絡している。
JR西日本宮島フェリーは、ゆっくりと大鳥居の前を迂回する。

船に乗るだけでも楽しい。
フェリーの乗船料は片道170円、往復で340円だ。

かって、国内の観光地のあちこちにロープウエイがあった。
ロープウエイに乗って山頂までいき、そこから望む景色には感動したもんだ。
それが、今は殆ど消えてしまった。
山頂までいく道路が作られ、車でいけるようになってしまうと、誰もロープウエイに乗らなくなってしまい、結局は廃業、撤去されてしまった。

宮島の弥山には、ロープウエイが残っているが、それは極めて珍しいことだ。

宮島の島の中では、ほとんど車は走っていない。
人の歩く街になっている。
街に賑わいがある。

宮島と本州が橋でつながれ、ばんばん車が走るようになると、こうはいかないだろう。
神の島、宮島には、車は相応しくない。
身障者、高齢者等の歩くのが不便な人には、人力車もある。
ベロタクシーも復活したらいい。

なんといっても、宮島に渡るには船がいい。

それにしても、フェリーもうちょっときれいだといいのに。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


« 節電と節水は違いますので要注意 | トップページ | イベントスコミュニケーションズ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

子供の頃、朱色で龍?の装飾された木造船が航行していたとおもいます。たしかそんな船が復活して宮島口から少し西に離れた場所から航行しているのでは?
倉橋島では、再現された遣唐使船の管理が問題になっているとか?
そんな船を観音のマリーナホップから宮島へ就航したら、観光の目玉にもなるし、マリーナホップの活性化にもなるかも?

やんじ様

そうですね。
色々な形の、色々な色の船が、マリーナホップとかもっと多くの場所から出たら楽しくなるでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/52872529

この記事へのトラックバック一覧です: 神の島に渡る:

« 節電と節水は違いますので要注意 | トップページ | イベントスコミュニケーションズ »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31