広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 平和公園の将棋と碁 | トップページ | ギャラリーG »

2011年9月23日 (金)

愛知県日進市の花火大会で学ぶべきこと

これまで、花火大会の実行委員会をはじめ様々な地域行事に携わっていると、どんな行事であれ、普段と違うことをすれば、市民や町民からの様々な問い合わせ、苦情、抗議があります。

毎年恒例の花火大会であっても「うるさい」「ペットが怯える」「交通渋滞で仕事にならない」「不景気なのに寄付を強要される」「警察に被害届を出してやる」など、何しろYahoo!知恵袋にまで「何とかして花火大会を中止させたい」という相談があります。

これは、夏休みのラジオ体操でも、何百年も続いた祭りでも同様で、その手の苦情は常に相当数あるものです。それに対してちゃんと説明したり、対策するのが運営する側の責任であり、仕事の一つです。

報道によると、愛知県日進市の花火大会では、僅か20件の「問い合わせ」で福島製花火の打ち上げを取り止めたということです。

もし、この報道が事実であれば、この花火大会はあまりに何の配慮もない、杜撰な計画でしかなかった、としか言いようがありません。

これまで京都や福岡で起きてきたことを考えると、放射能を心配する市民からの苦情や問い合わせは誰が考えても想定内のことです。

更にマスコミやネットには、問い合わせをした市民に対するバッシングが多く見受けられますが、これまで「汚染されているはずのない場所」に多くの放射性物質が見つかり、高い放射線が測定されているわけですから、何の根拠もなく、ただ汚染されていないだろうという憶測だけで安心しろというのは無理があります。

しかも、放射能に汚染された物質を移動することは食べ物であれ、花火であれ、法律で禁じられていることで、表面線量も測定せずに放射能汚染の可能性のある物質を移動しようとしたことは、法的にも問題のあることです。

なにより「善意」と称し、無用の混乱を引き起こしただけの行政の責任は極めて重いものだと思います。

このようなことが、これ以上繰り返されることがないように願います。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 平和公園の将棋と碁 | トップページ | ギャラリーG »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

通りがかりの横浜市民です。
恥ずかし乍ら私もテレビを見て、また過敏なクレーマーが福島の被災者を傷つけた、と思っていましたが、このブログを読んで仰る通りだと考えを改めました。我が社の総務もクレーマー対策には忙殺されていますが消費者に説明出来ない事があれば我が社が悪いのです。
それに政府のいう事も二転三転し基準値そのものが海外に比べて相当高い様ですから基準内という事ではなく数値が具体的に公表されなければ子供を持つ親御さんは安心出来ないのも当然の事かも知れません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/52789367

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知県日進市の花火大会で学ぶべきこと:

« 平和公園の将棋と碁 | トップページ | ギャラリーG »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30