広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 逃げる ・・三十六計逃げるに如かず | トップページ | もったいない ―クリーニング店のハンガー »

2011年6月 5日 (日)

節電中

福島原発の事故があって以降、夏の電力不足に対して、
政府は、7月から9月までの間、原則15%節電するよう呼びかけている。
東電管内で、なおかつ大口利用者が対象のようだが、わざと違反した場合には100万円以下の罰金を科すとまでいっている。
事の深刻さを改めて感じる。

羽田空港に降り立つと、廊下の照明は以前と比べ、随分と暗くなっているし、電照広告は消えている。
だからといって、歩いていて、危険だということはないし、広告が良く見えないからといって、困ることもない。

地下鉄のエスカレーターも止まっている。
上りと下りのエスカレーターがあるところは、下りのエスカレーターを停めているが、1本しかないエスカレーターも止めているところもある。

以前は、止まったエスカレーターに、「節電中」と書かれた断りの紙が貼られていたが、今は止まっているのが当たり前であるかのように、進入禁止のテープ、ロープが張られただけになっている。
それでも誰も文句はいわないようだ。

Image002


自販機の照明も無くなっている。
でもお金をいれれば、買うことはできる。
商品が良く見えないからといって、困ることはない。

日本は欧米に比べ、室内は極端に明るいといわれている。
たしかに日本のデパートは欧米のデパートに比べてはるかに明るい。
ホテルにしても明るい。
欧米では、ちょっと薄暗いホテルのほうが高級だとすらいわれているようだ。

その最たるのが、ドラッグストアのマツモトキヨシだろう。
店内が明るければ明るいほど、購買意欲が増すという理論があるようだ。

鉄道会社にしても、お店にしても、今までなら、照度を落としたり、エスカレーターを停めたりすれば、お客の顰蹙を買うだけでなく、売り上げを落とす結果になったのだろうが、今回は違う。
そんなことをやっても、節電中ですと、誰もがわかってくれるから、気兼ねなく停めている。

こうした試みは、逆に空間に明るいところから、薄暗いところ、暗いところというように、微妙なレベル差ができたことで、生活に幅ができた、潤いができたようにすら感じる。
可笑しい。

東京都は勤務時間を1時間早めるという。
企業は土日に勤務するようにし、平日に休むようにするともいう。
これで観光地のあの凄い休日の混雑が無くなるかもしれない。

広島県の湯崎知事はポロシャツ、チノパンツでの勤務をOKにしたという。
これで、紳士用衣料の販売額が増えるかもしれない。

企業にすれば、単純に節電に協力するというだけでなく、費用の削減にもなるという思惑も見えるが、
まあそれはそれで、いいではないか。


広島の鉄道会社もデパートも、節電だといって、駅や電車内の照明を落としたり、エスカレーターの運行を止めたり、電照広告を止めたらいい。

節電はあちこちに思わぬ効果ももたらしているようだ。
私たちにとって、無駄を無駄と思わなくなっていた生活を見直すいいチャンスかもしれない。


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 逃げる ・・三十六計逃げるに如かず | トップページ | もったいない ―クリーニング店のハンガー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節電中:

« 逃げる ・・三十六計逃げるに如かず | トップページ | もったいない ―クリーニング店のハンガー »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31