広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 癒しのスポット ―パセーラ屋上の広場とベトナミーズカフェ・ミス ホア | トップページ | 逃げる ・・三十六計逃げるに如かず »

2011年6月 1日 (水)

腕時計・・・・

夏になると、皮のバンドはべとつき、暑苦しいからと、金属バンドの腕時計を買った。
ちょっと重い。

Image002_2

近頃の若者は、腕時計をしない。
携帯電話をみれば、時間はわかるからということのようだ。
腕時計をしているだけで、おじん扱いをされる。

しかし時間を見るのに、いちいちポケットから携帯を取り出すなんてのは、かなり面倒ではないかと思うが、若者はそうは思わないようだ。

その昔懐中時計のいうのがあった。
そのころは、懐中時計をもっているだけで、結構なお金持ちであるとみなされた。
懐中時計を持っていることは大変なステータスでもあったのだ。

東大の卒業式では成績優秀者に、恩賜の懐中時計が贈られたという話を聞いたことがある。
鉄道員が「出発進行」というのも、懐中時計を睨んでだった。

そんな時代にあっては、正確であればあるほど、時計は高価だった。
高価な時計とは正確であるということを保証することでもあった。

それを日本が開発したオーツという技術が、そんな関係を吹き飛ばしてしまった。
今は、千円もしなくとも、充分正確な時計は買える。

今では逆に、スイスの時計は、全ての部品を一つ一つ職人の手作りするということを売りにして、数千万円もする時計がある。

それでも、正確さということからいえば、千円もしない時計の方が正確だったりするのではないだろうか。

随分昔、ある国の留学生から、ダンヒルの腕時計をプレゼントされたことがある。
「君から、こんな高価な腕時計をもらう理由はないよ」というと、
「偽物、偽物・・・」
「大丈夫! 先生がすれば、本物に見えますよ」といわれ、唖然としたことがある。

電池が切れ、デパートで電池交換を頼んだら、
店員に「この時計の電池の交換は、ここではできませんので、しばらく預けさせてください」
と言われ、困ったことがある。

アンカレッジの空港の免税店で、初めて買ったスイス製のロンジンの腕時計は、1カ月分の給料、全額を払って買ったような記憶がある。
今娘がしている。
手巻きの時計は、恰好いいのだという。

そういえば、家の中にある一つ一つの物に、様々な思い出がある。

東日本大震災で家を失った人は、そうした思い出をみんな失ってしまったんだろう。
辛いだろうな。

でも改めて考えてみると、我が家は戦災にあって、戦前からの物は全て失ってしまった。
両親の小さい頃の写真もない。
そうしたこともあってか、我が家には、まったく歴史という概念がなかった。

それもまた妙に、気楽なもんだった。
??


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 癒しのスポット ―パセーラ屋上の広場とベトナミーズカフェ・ミス ホア | トップページ | 逃げる ・・三十六計逃げるに如かず »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腕時計・・・・:

« 癒しのスポット ―パセーラ屋上の広場とベトナミーズカフェ・ミス ホア | トップページ | 逃げる ・・三十六計逃げるに如かず »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31