広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 節電中 | トップページ | 広島市の修学旅行生が増えている ―広島の価値 »

2011年6月 7日 (火)

もったいない ―クリーニング店のハンガー

ワイシャツ、スーツ等なんだかんだといって、クリーニングに出す洋服は多い。
すると必ず、プラスティック製のハンガーや針金にコーティングしたハンガーが付いて返ってくる。
ハンガーはクリーニングしたワイシャツをロッカーに吊るすには、絶対に必要だが、ロッカーから取り出して、ワイシャツを取った後は、全く不要になる。
そんな不要になったハンガーは平均すれば毎日1個は出て来る。
あっという間に凄い量が溜まってしまう。

Image002_3

そんなハンガーも以前は、クリーニング店が1個1円で引き取ってくれたが、今は引き取ってくれなくなった。
再利用するための手間暇を考えたら、捨てたほうが安いということだろう。
確かに誰が使ったか、どんな風に使われたか判らないハンガーを再利用するというのは、お客様に対して、責任が持てないということは、あるだろう。

捨てることを前提に作られているからだろう、デザインも恰好いいとは言えない。

しかし勿体ないよなー・・・

ハンガー代を有料にしてもいいから、恰好いいデザインのものを、何度でも使えるようにできないもんだろうか。

食料品スーパーでは、ビニール袋を有料にしたことで、誰もがマイバッグを持つようになった。
別にだからといって、それほど不便ではない。

クリーニング店もビニール袋を有料にして以来、私もクリーニング店専用のマイバッグを買った。
価格は1,000円だったから、5円のビニール袋に換算すると200回分になる。
約3年半程度使わなければ、元が取れないということになる。
原価計算するとそれほど得ではない。

こうした原価計算から、ハンガーをどうするかという捉え方も必要だろうが、一度使ったら、捨ててしまうというのは、どうもおかしい。

何度か使えるハンガー、そしてシャレたデザインのハンガーを考えて欲しい。
そのためなら、それなりの費用を別途払っても客は納得してくれるだろう。

クリーニング店が、広島市内のデザインを専攻する若者を対象にデザインコンペをしてデザインを決めれば、話題にだってなる。
そうなれば、そのクリーニング店の評価だって上がり、売り上げも伸びる可能性だってある。

中にはAKB48の写真入りのハンガーがあってもいいだろうし、
スポンサーのロゴ入りのハンガーがあってもいい。

いろいろやり方はありそうだ。
なにか考えられそうだ。


元安川

この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 節電中 | トップページ | 広島市の修学旅行生が増えている ―広島の価値 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もったいない ―クリーニング店のハンガー:

« 節電中 | トップページ | 広島市の修学旅行生が増えている ―広島の価値 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31