広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 美しいゴミ袋で、街を楽しくしよう | トップページ | 引きこもりは勿体ない ―ボランティア世代 »

2011年5月10日 (火)

がんばろう 日本! ―アキレス腱

今回の福島原発事故でわかってしまったことの一つに
「原発は、原子炉本体が壊れなくとも、冷却装置が壊れれば、原子炉は制御不能になり、放射線を撒き散らす」ということがある。

原子炉には、冷却装置というアキレス腱があったのだ。
原子炉本体がいくらを頑丈に作られていても、それでもう大丈夫だということにはならないというわけだ。
アキレス腱がどこにあるかがわかれば、そこを蹴っ飛ばせば、すぐ身動きができなくなるということでもある。

福島第1原発の設計図がネット上に流失したという。
そうであれば、どこをどう壊せばいいのかなんてことは、すぐにわかってしまう。

通常爆弾でもいいだろう。
冷却装置に、打ち込めば、冷却装置が壊れ、しばらくすると原子炉本体が制御不能になり、暴走し始め、放射線を撒き散らすことになる。
飲み水が汚染され、農地が汚染されれば、飲食にも事欠くようになる。
冷却装置を壊すだけで、核攻撃をしたのと同様の効果が得られるというわけだ。

ということであれば、北朝鮮にしても、膨大な資金と時間を費やして、核開発なんてやらなくていいということになる。

核弾頭をつけたミサイルをスカッドで撃ち落とすための、ミサイル防衛システムなんていう極めて高度な技術も意味がなくなってしまう。

日本もそんなもんの開発に、お金を使うなんてことは、止めたほうがよさそうだ。

しかし原子炉が壊れることで、放射能汚染が広がれば、北朝鮮も当然その被害を受けることになる。
だから北朝鮮は日本をせめてこないだろうと思うのは、ちょっと違うように思う。

冷戦時代には、核攻撃すれば、お互いに滅亡することになるから、そんな損なことはしないということが暗黙の了解事項としてあった。
フルシチョフのキューバへのミサイル基地建設計画とケネディーのキューバ封鎖作戦がそれだ。

しかしテロ国家、テロ集団は全く別の基準で行動する。
なにをしでかすかわからない、こちらがおもっていることと全く違う基準で行動をするのが、テロ国家であり、テロ集団だ。
想定外というのがあり得るのだ。

ということであれば、人類が生き延びるためには、これはもう原子炉をできるだけ早急に、それも1日も早く、地球上から撤去する以外にないということになる。

原発で、安く安定した電力を確保することで、経済発展をしようなんて、呑気なことはいってられなくなった。

生きるか死ぬかの瀬戸際に人類は立たされている、と自覚すべき時が来たようだ。

こうなれば、もう何が何でも、原発に代わるシステムを開発する以外になさそうだ。

日本は世界で唯一被爆した国として、核の恐ろしさを世界に訴えてきた。
それをいってきた国が、自ら核爆発の恐ろしさの中に飛び込んでしまったというのが、今回の福島原発の事故の構図だ。

その汚名を払うにも、もう原発依存の国家から脱皮する以外にない。
それができれば、それこそ日本は世界に誇れる国になる。
その技術を、世界に売れば、すごい経済発展だって可能になる。

日本はそうした国でありたい。

「がんばろう、日本!」
ダーッ!

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 美しいゴミ袋で、街を楽しくしよう | トップページ | 引きこもりは勿体ない ―ボランティア世代 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

本当の意味での「がんばろう、日本!」
本来的な唯一の被爆国としての取る道。

原発の脆弱さと他の電力でも実は賄えるという真実をを踏まえて「日本人にとっての真の幸せとは?」という命題を考える時期が来たのでしょうね。

戦後復興は既に終り、右肩下がりからさらに成熟した国家としての方向性をしっかりと考えたいです。

脱原発はなかなか大変なことのようですね。

頑張りましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/51577718

この記事へのトラックバック一覧です: がんばろう 日本! ―アキレス腱 :

« 美しいゴミ袋で、街を楽しくしよう | トップページ | 引きこもりは勿体ない ―ボランティア世代 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30