広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 元安川の汚れ | トップページ | がんばろう 日本! ―アキレス腱 »

2011年5月 8日 (日)

美しいゴミ袋で、街を楽しくしよう

本通りは夜8時頃になると、シャッターの閉まったお店の前に段ボールの束と幾つものビニールのゴミ袋が置かれる。
しばらくすると、巨大なゴミ収集車がモンスターのように本通りに入って来て、ゴミ袋を集めて回る。
ゴミと言っても、生ごみはなく、紙の類だから、あまり汚らしさはないが、それでもゴミはゴミだ。
決して美しくはない。
生ごみは別途集めるのか、ゴミ袋がカラスに突っつかれて、プラスチックの弁当箱、紙コップ等が歩道に散乱することもない。

シャッターが降り、暗くなった本通りに、ゴミ袋が積み上げられると、なんとなく腐臭の匂いがするのだろうか。
そこに不良たちが集まってくる。

なんとかなんないのかなーと思っていたら、
ヨーロッパのまちつくりを紹介している「シビック プライド」という本のなかに、ゴミ袋そのものを美しくデザインし、街の風景を一変させているという都市の例が紹介されていた。

ネットで調べてみると、
“ゴミ袋を美しくデザインする”ことで、街を美しくしようというGARBAGE BAG ARTWORKグループの活動の一環のようだ。
ゴミ袋は、10袋380円から販売しているようだが、色々なデザイナー、ブランドの提携することで価格も2,000円位のもあれば、スポンサーがついて無償で配られる場合もあるようだ。
写真も添付されていた。

1

「臭いものには蓋をする。
汚いものは汚いのだから仕方がない」
と諦めていては、街は奇麗にはならない。
ゴミを入れる袋という機能性だけの袋を、見た目も美しい袋にしようというのは、逆転の発想だ。

シャッターは閉まっていても、お店の前に、花が咲いていたり、魚が泳いでいたりするのをみれば、夜の街を歩くのもなんとなく楽しくなるかもしれない。

本通り商店街でも、広島市立大学デザイン学科の生徒たちとコラボして、こんな美しいゴミ袋を作ったらいい。
デザインだって、袋の材質だってもっといいものが作れるかもしれない。

広島ではスーパーで買い物をしたとき、ビニールの袋を頼むと5円~10円する。

業務用のゴミ袋は、45リッター入りで1,040円もする。

広島市は、ゴミ袋を有料にしたことで、かなりゴミの量も減ったという。
美しくなるには、お金もかかるが、ゴミを処理する費用の方が、はるかにお金がかかる。
ゴミの量をへらせば、美しくデザインされたゴミ袋位の費用はでそうだ。

本通り商店街で、独自のゴミ袋を作るだけでなく、デザインされたゴミ袋を売れば、商売になるかもしれない。

美しいゴミ袋は街を美しくする。
そして街歩きを楽しくしてくれる。
ゴミし出しすらも、楽しくしてくれる。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

« 元安川の汚れ | トップページ | がんばろう 日本! ―アキレス腱 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいですね。このゴミ袋。並べ方によっていろんな絵が完成すると面白いかも。

柿辰丸様

柿辰丸さんのいわれるように、並べたら、また違う絵になるというのも、面白そうですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/51577699

この記事へのトラックバック一覧です: 美しいゴミ袋で、街を楽しくしよう:

« 元安川の汚れ | トップページ | がんばろう 日本! ―アキレス腱 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31